Click here to Skip to main content
Click here to Skip to main content
 
Add your own
alternative version

Image Tracking and Computer Vision Using Fourier Image Correlation

, 23 Apr 2013
How to teach a program to recognize something within a video stream.
OpenCVDemo3-noexe.zip
OpenCVDemo
Description.odt
OpenCvSharp-2.3.1-x86-20111030
XmlDoc-English
XmlDoc-Japanese
TrackingEyes.jpg
WindowsFormsApplication1
Properties
Settings.settings
OpenCVDemo3.zip
Description.odt
OpenCv-2.3.1-x86
opencv_calib3d231.dll
opencv_contrib231.dll
opencv_core231.dll
opencv_features2d231.dll
opencv_ffmpeg.dll
opencv_flann231.dll
opencv_gpu231.dll
opencv_highgui231.dll
opencv_imgproc231.dll
opencv_legacy231.dll
opencv_ml231.dll
opencv_objdetect231.dll
opencv_ts231.dll
opencv_video231.dll
tbb.dll
OpenCvSharp.Blob.dll
OpenCvSharp.CPlusPlus.dll
OpenCvSharp.DebuggerVisualizers.dll
OpenCvSharp.dll
OpenCvSharp.Extensions.dll
OpenCvSharp.MachineLearning.dll
OpenCvSharp.UserInterface.dll
OpenCvSharpExtern.dll
TrackingEyes.jpg
Settings.settings
<?xml version="1.0"?>
<doc>
    <assembly>
        <name>OpenCvSharp</name>
    </assembly>
    <members>
        <member name="T:OpenCvSharp.CvObject">
            <summary>
            OpenCVのネイティブポインタをもったクラスの基本クラス
            </summary>
        </member>
        <member name="T:OpenCvSharp.ICvPtrHolder">
            <summary>
            OpenCVのネイティブデータポインタを持つことを示すインターフェイス
            </summary>
        </member>
        <member name="P:OpenCvSharp.ICvPtrHolder.CvPtr">
            <summary>
            Unmanaged OpenCV data pointer
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.CvObject._ptr">
            <summary>
            Data pointer
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvObject.#ctor">
            <summary>
            
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvObject.#ctor(System.IntPtr)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="ptr"></param>
        </member>
        <member name="P:OpenCvSharp.CvObject.CvPtr">
            <summary>
            OpenCVの構造体へのネイティブポインタ
            </summary>
        </member>
        <member name="T:OpenCvSharp.CvSize">
            <summary>
            矩形のピクセル精度でのサイズ
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.CvSize.SizeOf">
            <summary>
            sizeof(CvSize)
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.CvSize.Width">
            <summary>
            矩形の幅
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.CvSize.Height">
            <summary>
            矩形の高さ
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.CvSize.Empty">
            <summary>
            プロパティを初期化しない状態の CvSize 構造体を表す 
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvSize.#ctor(System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            初期化 
            </summary>
            <param name="width">矩形の幅</param>
            <param name="height">矩形の高さ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvSize.Equals(OpenCvSharp.CvSize)">
            <summary>
            指定したオブジェクトと等しければtrueを返す 
            </summary>
            <param name="obj">比較するオブジェクト</param>
            <returns>型が同じで、メンバの値が等しければtrue</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvSize.op_Equality(OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.CvSize)">
            <summary>
            == 演算子のオーバーロード
            </summary>
            <param name="lhs">左辺値</param>
            <param name="rhs">右辺値</param>
            <returns>等しければtrue</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvSize.op_Inequality(OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.CvSize)">
            <summary>
            != 演算子のオーバーロード
            </summary>
            <param name="lhs">左辺値</param>
            <param name="rhs">右辺値</param>
            <returns>等しくなければtrue</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvSize.Equals(System.Object)">
            <summary>
            Equalsのオーバーライド
            </summary>
            <param name="obj">比較するオブジェクト</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvSize.GetHashCode">
            <summary>
            GetHashCodeのオーバーライド
            </summary>
            <returns>このオブジェクトのハッシュ値を指定する整数値。</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvSize.ToString">
            <summary>
            文字列形式を返す 
            </summary>
            <returns>文字列形式</returns>
        </member>
        <member name="T:OpenCvSharp.CvRect">
            <summary>
            矩形のオフセットとサイズ
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.CvRect.SizeOf">
            <summary>
            sizeof(CvRect)
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.CvRect.X">
            <summary>
            x座標
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.CvRect.Y">
            <summary>
            y座標
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.CvRect.Width">
            <summary>
            矩形の幅
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.CvRect.Height">
            <summary>
            矩形の高さ
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.CvRect.Empty">
            <summary>
            プロパティを初期化しない状態の CvRect 構造体を表します。 
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvRect.#ctor(System.Int32,System.Int32,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            初期化 
            </summary>
            <param name="x">x座標</param>
            <param name="y">y座標</param>
            <param name="width">矩形の幅</param>
            <param name="height">矩形の高さ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvRect.#ctor(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvSize)">
            <summary>
            初期化 
            </summary>
            <param name="point">左上の頂点の座標</param>
            <param name="size">矩形の大きさ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvRect.Equals(OpenCvSharp.CvRect)">
            <summary>
            指定したオブジェクトと等しければtrueを返す 
            </summary>
            <param name="obj">比較するオブジェクト</param>
            <returns>型が同じで、メンバの値が等しければtrue</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvRect.op_Equality(OpenCvSharp.CvRect,OpenCvSharp.CvRect)">
            <summary>
            == 演算子のオーバーロード
            </summary>
            <param name="lhs">左辺値</param>
            <param name="rhs">右辺値</param>
            <returns>等しければtrue</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvRect.op_Inequality(OpenCvSharp.CvRect,OpenCvSharp.CvRect)">
            <summary>
            != 演算子のオーバーロード
            </summary>
            <param name="lhs">左辺値</param>
            <param name="rhs">右辺値</param>
            <returns>等しくなければtrue</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvRect.op_Addition(OpenCvSharp.CvRect,OpenCvSharp.CvPoint)">
            <summary>
            あるオフセットで矩形を移動させる
            </summary>
            <param name="rect"></param>
            <param name="pt"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvRect.op_Subtraction(OpenCvSharp.CvRect,OpenCvSharp.CvPoint)">
            <summary>
            あるオフセットで矩形を移動させる
            </summary>
            <param name="rect"></param>
            <param name="pt"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvRect.op_Addition(OpenCvSharp.CvRect,OpenCvSharp.CvSize)">
            <summary>
            指定したサイズ応じて、矩形を膨張または縮小する
            </summary>
            <param name="rect"></param>
            <param name="size"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvRect.op_Subtraction(OpenCvSharp.CvRect,OpenCvSharp.CvSize)">
            <summary>
            指定したサイズ応じて、矩形を膨張または縮小する
            </summary>
            <param name="rect"></param>
            <param name="size"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvRect.op_BitwiseAnd(OpenCvSharp.CvRect,OpenCvSharp.CvRect)">
            <summary>
            2つの矩形の交差部分を表す矩形を取得する
            </summary>
            <param name="a"></param>
            <param name="b"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvRect.op_BitwiseOr(OpenCvSharp.CvRect,OpenCvSharp.CvRect)">
            <summary>
            2つの矩形の和集合を表す矩形を取得する 
            </summary>
            <param name="a"></param>
            <param name="b"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvRect.Contains(System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            指定した点がこの矩形に含まれているかどうかを判断する
            </summary>
            <param name="x">x座標</param>
            <param name="y">y座標</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvRect.Contains(OpenCvSharp.CvPoint)">
            <summary>
            指定した点がこの矩形に含まれているかどうかを判断する
            </summary>
            <param name="pt">点</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvRect.Contains(OpenCvSharp.CvRect)">
            <summary>
            指定した矩形がこの矩形に含まれているかどうかを判断する
            </summary>
            <param name="rect">矩形</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvRect.Inflate(System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            このCvRectを指定の量だけ膨らませる 
            </summary>
            <param name="width">水平方向の膨張量</param>
            <param name="height">垂直方向の膨張量</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvRect.Inflate(OpenCvSharp.CvSize)">
            <summary>
            このCvRectを指定の量だけ膨らませる 
            </summary>
            <param name="size">この四角形の膨張量</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvRect.Inflate(OpenCvSharp.CvRect,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            このCvRectを指定の量だけ膨らませる 
            </summary>
            <param name="rect">対象の矩形</param>
            <param name="x">水平方向の膨張量</param>
            <param name="y">垂直方向の膨張量</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvRect.Intersect(OpenCvSharp.CvRect,OpenCvSharp.CvRect)">
            <summary>
            2つの矩形の交差部分を表す矩形を取得する
            </summary>
            <param name="a"></param>
            <param name="b"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvRect.Intersect(OpenCvSharp.CvRect)">
            <summary>
            2 つの矩形の交差部分を表す矩形を取得する
            </summary>
            <param name="rect"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvRect.InersectsWith(OpenCvSharp.CvRect)">
            <summary>
            指定した矩形がこの矩形と交差するかどうか判定する
            </summary>
            <param name="rect">矩形</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvRect.Union(OpenCvSharp.CvRect)">
            <summary>
            2つの矩形の和集合を表す矩形を取得する 
            </summary>
            <param name="rect"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvRect.Union(OpenCvSharp.CvRect,OpenCvSharp.CvRect)">
            <summary>
            2つの矩形の和集合を表す矩形を取得する 
            </summary>
            <param name="a"></param>
            <param name="b"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvRect.Equals(System.Object)">
            <summary>
            Equalsのオーバーライド
            </summary>
            <param name="obj">比較するオブジェクト</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvRect.GetHashCode">
            <summary>
            GetHashCodeのオーバーライド
            </summary>
            <returns>このオブジェクトのハッシュ値を指定する整数値。</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvRect.ToString">
            <summary>
            文字列形式を返す 
            </summary>
            <returns>文字列形式</returns>
        </member>
        <member name="P:OpenCvSharp.CvRect.Top">
            <summary>
            上端のy座標 
            </summary>
        </member>
        <member name="P:OpenCvSharp.CvRect.Bottom">
            <summary>
            下端のy座標 (Y + Height) 
            </summary>
        </member>
        <member name="P:OpenCvSharp.CvRect.Left">
            <summary>
            左端のx座標
            </summary>
        </member>
        <member name="P:OpenCvSharp.CvRect.Right">
            <summary>
            右端のx座標 (X + Width)
            </summary>
        </member>
        <member name="P:OpenCvSharp.CvRect.Location">
            <summary>
            矩形の左上頂点の位置 [CvPoint(X, Y)]
            </summary>
        </member>
        <member name="P:OpenCvSharp.CvRect.Size">
            <summary>
            矩形の大きさ [CvSize(Width, Height)]
            </summary>
        </member>
        <member name="P:OpenCvSharp.CvRect.TopLeft">
            <summary>
            左上の頂点
            </summary>
        </member>
        <member name="P:OpenCvSharp.CvRect.BottomRight">
            <summary>
            右下の頂点
            </summary>
        </member>
        <member name="T:OpenCvSharp.Interpolation">
            <summary>
            画像の補間方法
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.Interpolation.NearestNeighbor">
            <summary>
            最近隣接補間 
            [CV_INTER_NN]
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.Interpolation.Linear">
            <summary>
            バイリニア補間 
            [CV_INTER_LINEAR]
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.Interpolation.Cubic">
            <summary>
            バイキュービック補間 
            [CV_INTER_CUBIC]
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.Interpolation.Area">
            <summary>
            ピクセル領域の関係を用いてリサンプリングする.画像縮小の際は,モアレの無い処理結果を得ることができる手法である.拡大の際は,CV_INTER_NN と同様 .
            [CV_INTER_AREA]
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.Interpolation.FillOutliers">
            <summary>
            出力画像の全ピクセルの値を埋める.対応ピクセルが入力画像外であるようなピクセルである場合は, fillvalがセットされる 
            [CV_WARP_FILL_OUTLIERS]
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.Interpolation.InverseMap">
            <summary>
            このフラグは map_matrixが出力画像から入力画像への逆変換のための行列であることを意味するので,直接ピクセル補間に用いることができる.
            これがセットされていない場合,この関数は map_matrix を使って逆変換を計算する. 
            [CV_WARP_INVERSE_MAP]
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.Interpolation.Lanczos4">
            <summary>
            [INTER_LANCZOS4]
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.Interpolation.Max">
            <summary>
            [INTER_MAX]
            </summary>
        </member>
        <member name="T:OpenCvSharp.PointerAccessor1D`1">
            <summary>
            構造体のポインタに対して配列のようにアクセスするためのクラス
            </summary>
        </member>
        <member name="T:OpenCvSharp.IPointerAccessor1D`1">
            <summary>
            
            </summary>
            <typeparam name="T"></typeparam>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.IPointerAccessor1D`1.Get(System.Int32)">
            <summary>
            ptr[index]
            </summary>
            <param name="index"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.IPointerAccessor1D`1.Set(System.Int32,`0)">
            <summary>
            ptr[index] = value;
            </summary>
            <param name="index"></param>
            <param name="value"></param>
        </member>
        <member name="P:OpenCvSharp.IPointerAccessor1D`1.Ptr">
            <summary>
            Data pointer
            </summary>
        </member>
        <member name="P:OpenCvSharp.IPointerAccessor1D`1.Item(System.Int32)">
            <summary>
            Indexer
            </summary>
            <param name="index"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.PointerAccessor1D`1._ptr">
            <summary>
            pointer
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.PointerAccessor1D`1._size">
            <summary>
            sizeof(T)
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.PointerAccessor1D`1.#ctor(System.IntPtr)">
            <summary>
            IntPtrで初期化
            </summary>
            <param name="ptr"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.PointerAccessor1D`1.#ctor(System.Void*)">
            <summary>
            void*で初期化
            </summary>
            <param name="ptr"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.PointerAccessor1D`1.Get(System.Int32)">
            <summary>
            指定したインデックスの配列の要素を取得する
            </summary>
            <param name="index">配列のインデックス</param>
            <returns>要素の値</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.PointerAccessor1D`1.Set(System.Int32,`0)">
            <summary>
            指定したインデックスの配列の要素を設定する
            </summary>
            <param name="index">配列のインデックス</param>
            <param name="value">割り当てる値</param>
        </member>
        <member name="P:OpenCvSharp.PointerAccessor1D`1.Ptr">
            <summary>
            内部で保持しているポインタ (T*)
            </summary>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="P:OpenCvSharp.PointerAccessor1D`1.Item(System.Int32)">
            <summary>
            配列の要素にアクセスするインデクサ
            </summary>
            <param name="index">配列のインデックス</param>
            <returns>要素の値</returns>
        </member>
        <member name="T:OpenCvSharp.ReduceOperation">
            <summary>
            cvReduceで用いる縮小処理の種類
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.ReduceOperation.Sum">
            <summary>
            出力は各行(または各列)の総和
            [CV_REDUCE_SUM]
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.ReduceOperation.Avg">
            <summary>
            出力は各行(または各列)の平均ベクトル
            [CV_REDUCE_AVG]
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.ReduceOperation.Max">
            <summary>
            出力は各行(または各列)における最大値
            [CV_REDUCE_MAX]
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.ReduceOperation.Min">
            <summary>
            出力は各行(または各列)における最小値
            [CV_REDUCE_MIN]
            </summary>
        </member>
        <member name="T:OpenCvSharp.MatchShapesMethod">
            <summary>
            cvMatchShapesで用いる比較手法
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.MatchShapesMethod.I1">
            <summary>
            [CV_CONTOURS_MATCH_I1]
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.MatchShapesMethod.I2">
            <summary>
            [CV_CONTOURS_MATCH_I2]
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.MatchShapesMethod.I3">
            <summary>
            [CV_CONTOURS_MATCH_I3]
            </summary>
        </member>
        <member name="T:OpenCvSharp.HistogramComparison">
            <summary>
            cvCompareHistで用いる、CvHistogramの比較方法
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.HistogramComparison.Correl">
            <summary>
            相関 [CV_COMP_CORREL]
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.HistogramComparison.Chisqr">
            <summary>
            カイ二乗 [CV_COMP_CHISQR]
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.HistogramComparison.Intersect">
            <summary>
            交差 [CV_COMP_INTERSECT]
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.HistogramComparison.Bhattacharyya">
            <summary>
            Bhattacharyya距離 [CV_COMP_BHATTACHARYYA]. 正規化されたヒストグラムでのみ実行可能である.
            </summary>
        </member>
        <member name="T:OpenCvSharp.DisparityMode">
            <summary>
            視差を計算するためのアルゴリズム
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.DisparityMode.Birchfield">
            <summary>
            [CV_DISPARITY_BIRCHFIELD]
            </summary>
        </member>
        <member name="T:OpenCvSharp.ArrComparison">
            <summary>
            cvCmp, cvCmpS等のメソッドで用いる, CvArrの比較方法
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.ArrComparison.EQ">
            <summary>
            src1(I) と value は等しい 
            [CV_CMP_EQ]
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.ArrComparison.GT">
            <summary>
            src1(I) は value より大きい 
            [CV_CMP_GT]
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.ArrComparison.GE">
            <summary>
            src1(I) は value より大きいか等しい 
            [CV_CMP_GE]
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.ArrComparison.LT">
            <summary>
            src1(I) は value より小さい 
            [CV_CMP_LT]
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.ArrComparison.LE">
            <summary>
            src1(I) は value より小さいか等しい 
            [CV_CMP_LE]
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.ArrComparison.NE">
            <summary>
            src1(I) と value は等しくない 
            [CV_CMP_NE]
            </summary>
        </member>
        <member name="T:OpenCvSharp.ApproxPolyMethod">
            <summary>
            ポリラインの近似方法
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.ApproxPolyMethod.DP">
            <summary>
            Douglas-Peuckerアルゴリズム
            [CV_POLY_APPROX_DP]
            </summary>
        </member>
        <member name="T:OpenCvSharp.CvArr">
            <summary>
            IplImage, CvMatなどの各種配列データの基本クラス. 実体は void* 
            </summary>
        </member>
        <member name="T:OpenCvSharp.DisposableCvObject">
            <summary>
            リソースを解放すべきOpenCVのクラスに継承させる基本クラス
            </summary>
        </member>
        <member name="T:OpenCvSharp.DisposableObject">
            <summary>
            解放処理を行うクラスが継承するための基本クラス
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.DisposableObject.#ctor">
            <summary>
            デフォルトコンストラクタ
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.DisposableObject.#ctor(System.Boolean)">
            <summary>
            解放の可否を指定して初期化
            </summary>
            <param name="isEnabledDispose">GCで解放するならtrue</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.DisposableObject.Dispose">
            <summary>
            リソースの解放
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.DisposableObject.Dispose(System.Boolean)">
             <summary>
             リソースの解放
             </summary>
             <param name="disposing">
             trueの場合は、このメソッドがユーザコードから直接が呼ばれたことを示す。マネージ・アンマネージ双方のリソースが解放される。
             falseの場合は、このメソッドはランタイムからファイナライザによって呼ばれ、もうほかのオブジェクトから参照されていないことを示す。アンマネージリソースのみ解放される。
            </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.DisposableObject.Finalize">
            <summary>
            デストラクタ
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.DisposableObject.AllocGCHandle(System.Object)">
            <summary>
            cvSetDataで割り当てる配列データをGCHandleでピン止めする
            </summary>
            <param name="obj"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.DisposableObject.AllocMemory(System.Int32)">
            <summary>
            指定したサイズの量のメモリを割り当てる。
            Dispose時に解放する
            </summary>
            <param name="size">割り当てたメモリ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.DisposableObject.NotifyMemoryPressure(System.Int64)">
            <summary>
            アンマネージメモリを確保したメモリサイズを通知する。
            
            実際に確保するならAllocMemoryのほうを使う。
            確保はcvCreateXXXがやってくれるという場合はこっちを使う
            </summary>
            <param name="size"></param>
        </member>
        <member name="P:OpenCvSharp.DisposableObject.IsDisposed">
            <summary>
            リソースが解放済みかどうかを取得する
            </summary>
        </member>
        <member name="P:OpenCvSharp.DisposableObject.IsEnabledDispose">
            <summary>
            解放処理を許可するかどうかを取得・設定する. trueならばDisposeは何もしない.
            通常はユーザはこのフラグを変更してはならない. CvCapture.QueryFrameで取得したIplImageのように, 
            解放処理をするとエラーとなるオブジェクトの場合に自動的にこのフラグがtrueとなる。
            </summary>
        </member>
        <member name="P:OpenCvSharp.DisposableObject.DataHandle">
            <summary>
            cvSetDataで割り当てたGCHandle
            </summary>
        </member>
        <member name="P:OpenCvSharp.DisposableObject.AllocatedMemory">
            <summary>
            cvCreateXXX といった関数がなく自前で構造体の分のメモリを確保する場合、
            そのアドレスを入れておく場所
            </summary>
        </member>
        <member name="P:OpenCvSharp.DisposableObject.AllocatedMemorySize">
            <summary>
            AllocatedMemoryに確保されているメモリのサイズ
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.DisposableCvObject._ptr">
            <summary>
            Data pointer
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.DisposableCvObject._disposed">
            <summary>
            Track whether Dispose has been called
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.DisposableCvObject.#ctor">
            <summary>
            
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.DisposableCvObject.#ctor(System.IntPtr)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="ptr"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.DisposableCvObject.#ctor(System.Boolean)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="isEnabledDispose"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.DisposableCvObject.#ctor(System.IntPtr,System.Boolean)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="ptr"></param>
            <param name="isEnabledDispose"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.DisposableCvObject.Dispose(System.Boolean)">
             <summary>
             リソースの解放
             </summary>
             <param name="disposing">
             trueの場合は、このメソッドがユーザコードから直接が呼ばれたことを示す。マネージ・アンマネージ双方のリソースが解放される。
             falseの場合は、このメソッドはランタイムからファイナライザによって呼ばれ、もうほかのオブジェクトから参照されていないことを示す。アンマネージリソースのみ解放される。
            </param>
        </member>
        <member name="P:OpenCvSharp.DisposableCvObject.CvPtr">
            <summary>
            OpenCVの構造体へのネイティブポインタ
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.#ctor">
            <summary>
            デフォルトコンストラクタ
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.#ctor(System.Boolean)">
            <summary>
            解放の可否を指定して初期化
            </summary>
            <param name="isEnabledDispose">GCで解放するならtrue</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Dispose(System.Boolean)">
             <summary>
             リソースの解放
             </summary>
             <param name="disposing">
             trueの場合は、このメソッドがユーザコードから直接が呼ばれたことを示す。マネージ・アンマネージ双方のリソースが解放される。
             falseの場合は、このメソッドはランタイムからファイナライザによって呼ばれ、もうほかのオブジェクトから参照されていないことを示す。アンマネージリソースのみ解放される。
            </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.HoughLinesStandard(System.Double,System.Double,System.Int32)">
            <summary>
            ハフ(Hough)変換で、method=CV_HOUGH_STANDARDを用いて2値画像から直線を検出する
            </summary>
            <param name="rho">距離解像度(1ピクセル当たりの単位)</param>
            <param name="theta">角度解像度(ラジアン単位で計測)</param>
            <param name="threshold">閾値パラメータ.対応する投票数がthresholdより大きい場合のみ,抽出された線が返される.</param>
            <returns>検出した直線の極座標形式、の配列</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.HoughLinesStandard(System.Double,System.Double,System.Int32,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            ハフ(Hough)変換で、method=CV_HOUGH_STANDARDを用いて2値画像から直線を検出する
            </summary>
            <param name="rho">距離解像度(1ピクセル当たりの単位)</param>
            <param name="theta">角度解像度(ラジアン単位で計測)</param>
            <param name="threshold">閾値パラメータ.対応する投票数がthresholdより大きい場合のみ,抽出された線が返される.</param>
            <param name="param1">各手法に応じた1番目のパラメータ.標準的ハフ変換では,使用しない(0).確率的ハフ変換では,最小の線の長さ.マルチスケールハフ変換では, 距離解像度rhoの除数.(荒い距離解像度では rho であり,詳細な解像度では (rho / param1) となる).</param>
            <param name="param2">各手法に応じた2番目のパラメータ.標準的ハフ変換では,使用しない(0).確率的ハフ変換では,同一線上に存在する線分として扱う(つまり,それらを統合しても問題ない),二つの線分の最大の間隔. マルチスケールハフ変換では,角度解像度 thetaの除数. (荒い角度解像度では theta であり,詳細な解像度では (theta / param2) となる). </param>
            <returns>検出した直線の極座標形式、の配列</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.HoughLinesProbabilistic(System.Double,System.Double,System.Int32)">
            <summary>
            ハフ(Hough)変換で、method=CV_HOUGH_PROBABILISTICを用いて2値画像から直線を検出する
            </summary>
            <param name="rho">距離解像度(1ピクセル当たりの単位)</param>
            <param name="theta">角度解像度(ラジアン単位で計測)</param>
            <param name="threshold">閾値パラメータ.対応する投票数がthresholdより大きい場合のみ,抽出された線が返される.</param>
            <returns>検出した直線を両端の点で表した形式、の配列</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.HoughLinesProbabilistic(System.Double,System.Double,System.Int32,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            ハフ(Hough)変換で、method=CV_HOUGH_PROBABILISTICを用いて2値画像から直線を検出する
            </summary>
            <param name="rho">距離解像度(1ピクセル当たりの単位)</param>
            <param name="theta">角度解像度(ラジアン単位で計測)</param>
            <param name="threshold">閾値パラメータ.対応する投票数がthresholdより大きい場合のみ,抽出された線が返される.</param>
            <param name="param1">各手法に応じた1番目のパラメータ.標準的ハフ変換では,使用しない(0).確率的ハフ変換では,最小の線の長さ.マルチスケールハフ変換では, 距離解像度rhoの除数.(荒い距離解像度では rho であり,詳細な解像度では (rho / param1) となる).</param>
            <param name="param2">各手法に応じた2番目のパラメータ.標準的ハフ変換では,使用しない(0).確率的ハフ変換では,同一線上に存在する線分として扱う(つまり,それらを統合しても問題ない),二つの線分の最大の間隔. マルチスケールハフ変換では,角度解像度 thetaの除数. (荒い角度解像度では theta であり,詳細な解像度では (theta / param2) となる). </param>
            <returns>検出した直線を両端の点で表した形式、の配列</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Merge(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            複数のシングルチャンネルの配列からマルチチャンネル配列を構成する.または,配列に一つのシングルチャンネルを挿入する. (cvMerge)
            </summary>
            <param name="src0">入力配列1</param>
            <param name="src1">入力配列2</param>
            <param name="src2">入力配列3</param>
            <param name="src3">入力配列4</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CvtPlaneToPix(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            複数のシングルチャンネルの配列からマルチチャンネル配列を構成する.または,配列に一つのシングルチャンネルを挿入する. (cvCvtPlaneToPix)
            </summary>
            <param name="src0">入力配列1</param>
            <param name="src1">入力配列2</param>
            <param name="src2">入力配列3</param>
            <param name="src3">入力配列4</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.RandArr(OpenCvSharp.CvRNG,OpenCvSharp.DistributionType,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            一様または正規分布の乱数で出力配列を埋める 
            </summary>
            <param name="rng">cvRNGによって初期化されたRNGの状態</param>
            <param name="dist_type">分布のタイプ</param>
            <param name="param1">分布の第一パラメータ.一様分布では,発生する乱数の下限値(この値を含む)である. 正規分布では,乱数の平均値である.</param>
            <param name="param2">分布の第二パラメータ.一様分布では,発生する乱数の上限値(この値は含まない)である. 正規分布では,乱数の標準偏差である.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.SaveImage(System.String)">
            <summary>
            画像を指定したファイルに保存する.画像フォーマットは,filename の拡張子により決定される.
            この関数で保存できるのは,8 ビット 1チャンネル,あるいは 8 ビット3 チャンネル('BGR' の順)画像だけである.
            </summary>
            <param name="filename">ファイル名</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.SaveImage(System.String,System.Int32[])">
            <summary>
            画像を指定したファイルに保存する.画像フォーマットは,filename の拡張子により決定される.
            この関数で保存できるのは,8 ビット 1チャンネル,あるいは 8 ビット3 チャンネル('BGR' の順)画像だけである.
            </summary>
            <param name="filename">ファイル名</param>
            <param name="prms"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.SaveImage(System.String,OpenCvSharp.ImageEncodingParam[])">
            <summary>
            画像を指定したファイルに保存する.画像フォーマットは,filename の拡張子により決定される.
            この関数で保存できるのは,8 ビット 1チャンネル,あるいは 8 ビット3 チャンネル('BGR' の順)画像だけである.
            </summary>
            <param name="filename">ファイル名</param>
            <param name="prms"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.AbsDiff(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            二つの配列の要素ごとの差の絶対値を計算する.
            dst(I) = abs(src1(I) - src2(I)).
            </summary>
            <param name="src2">2番目の入力画像</param>
            <param name="dst">出力画像</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Abs(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列の要素の絶対値を計算する. 
            dst(I) = abs(src(I)).
            すべての配列は同じタイプ,同じサイズ(または同じROIサイズ)でなければならない.
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.AbsDiffS(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            配列の要素と定数との差の絶対値を計算する. 
            dst(I) = abs(src(I) - value).
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="value">スカラー</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Acc(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            アキュムレータにフレームを加算する
            </summary>
            <param name="sum">入力画像と同じチャンネル数のアキュムレータ,32 ビットあるいは 64 ビット浮動小数点型.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Acc(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            アキュムレータにフレームを加算する
            </summary>
            <param name="sum">入力画像と同じチャンネル数のアキュムレータ,32 ビットあるいは 64 ビット浮動小数点型.</param>
            <param name="mask">オプションの処理マスク.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.AdaptiveThreshold(OpenCvSharp.CvArr,System.Double)">
            <summary>
            適応的な閾値処理を行い、グレースケール画像を2値画像に変換する
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="max_value">threshold_type がBinaryあるいはBinaryInvのときに用いる最大値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.AdaptiveThreshold(OpenCvSharp.CvArr,System.Double,OpenCvSharp.AdaptiveThresholdType)">
            <summary>
            適応的な閾値処理を行い、グレースケール画像を2値画像に変換する
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="max_value">threshold_type がBinaryあるいはBinaryInvのときに用いる最大値</param>
            <param name="adaptive_method">適応的閾値処理で使用するアルゴリズム</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.AdaptiveThreshold(OpenCvSharp.CvArr,System.Double,OpenCvSharp.AdaptiveThresholdType,OpenCvSharp.ThresholdType)">
            <summary>
            適応的な閾値処理を行い、グレースケール画像を2値画像に変換する
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="max_value">threshold_type がBinaryあるいはBinaryInvのときに用いる最大値</param>
            <param name="adaptive_method">適応的閾値処理で使用するアルゴリズム</param>
            <param name="threshold_type">閾値処理の種類. BinaryかBinaryInvのどちらか</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.AdaptiveThreshold(OpenCvSharp.CvArr,System.Double,OpenCvSharp.AdaptiveThresholdType,OpenCvSharp.ThresholdType,System.Int32)">
            <summary>
            適応的な閾値処理を行い、グレースケール画像を2値画像に変換する
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="max_value">threshold_type がBinaryあるいはBinaryInvのときに用いる最大値</param>
            <param name="adaptive_method">適応的閾値処理で使用するアルゴリズム</param>
            <param name="threshold_type">閾値処理の種類. BinaryかBinaryInvのどちらか</param>
            <param name="block_size">ピクセルの閾値を計算するために用いる隣接領域のサイズ: 3, 5, 7, ... </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.AdaptiveThreshold(OpenCvSharp.CvArr,System.Double,OpenCvSharp.AdaptiveThresholdType,OpenCvSharp.ThresholdType,System.Int32,System.Double)">
            <summary>
            適応的な閾値処理を行い、グレースケール画像を2値画像に変換する
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="max_value">threshold_type がBinaryあるいはBinaryInvのときに用いる最大値</param>
            <param name="adaptive_method">適応的閾値処理で使用するアルゴリズム</param>
            <param name="threshold_type">閾値処理の種類. BinaryかBinaryInvのどちらか</param>
            <param name="block_size">ピクセルの閾値を計算するために用いる隣接領域のサイズ: 3, 5, 7, ... </param>
            <param name="param1">各適応手法に応じたパラメータ. 適応手法がMeanCおよびGaussianCの場合は,平均値または重み付き平均値から引く定数. 負の値の場合もある.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Add(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            二つの配列を要素ごとに加算する. 
            dst(I)=src1(I)+src2(I)
            </summary>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Add(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            二つの配列を要素ごとに加算する. 
            dst(I)=src1(I)+src2(I) [mask(I)!=0の場合]
            </summary>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="mask">処理マスク.8ビットシングルチャンネル配列(出力配列のどの要素が変更されるかを指定する). </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.AddS(OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            入力配列 src1 のすべての要素にスカラー value を加え,結果を dst に保存する.
            dst(I)=src(I)+value
            </summary>
            <param name="value">加算するスカラー</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.AddS(OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            入力配列 src1 のすべての要素にスカラー value を加え,結果を dst に保存する.
            dst(I)=src(I)+value [mask(I)!=0 の場合]
            </summary>
            <param name="value">加算するスカラー</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="mask">処理マスク.8ビットシングルチャンネル配列(出力配列のどの要素が変更されるかを指定する).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.AddText(System.String,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvFont)">
            <summary>
            画像上にテキストを描画します.
            </summary>
            <param name="text">画像上に描画されるテキスト.</param>
            <param name="location">画像上のテキストの開始位置 Point(x,y).</param>
            <param name="font">テキストを描画するのに利用されるフォント.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.AddWeighted(System.Double,OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            入力配列 src1 のすべての要素にスカラー value を加え,結果を dst に保存する.
            dst(I) = src1(I)*alpha + src2(I)*beta + gamma
            </summary>
            <param name="alpha">1番目の配列要素への重み</param>
            <param name="src2">2番目の入力配列スカラー</param>
            <param name="beta">2番目の配列要素への重み</param>
            <param name="gamma">加算結果に,さらに加えられるスカラー値</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.And(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            二つの配列の要素ごとの論理積(AND)を計算する. 
            dst(I)=src1(I)&amp;src2(I)
            </summary>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.And(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            二つの配列の要素ごとの論理積(AND)を計算する. 
            dst(I)=src1(I)&amp;src2(I) [mask(I)!=0の場合]
            </summary>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="mask">処理マスク.8ビットシングルチャンネル配列(出力配列のどの要素が変更されるかを指定する). </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.AndS(OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列の各要素とスカラーとのビット単位の論理積(AND)を計算する. 
            実際の計算の前に,スカラーは配列と同じタイプに変換される.浮動小数点型配列の場合,それらのビット表現が処理に使われる.
            dst(I)=src(I)&amp;value
            </summary>
            <param name="value">処理に用いるスカラー</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.AndS(OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列の各要素とスカラーとのビット単位の論理積(AND)を計算する. 
            実際の計算の前に,スカラーは配列と同じタイプに変換される.浮動小数点型配列の場合,それらのビット表現が処理に使われる.
            dst(I)=src(I)&amp;value [mask(I)!=0の場合]
            </summary>
            <param name="value">処理に用いるスカラー</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="mask">処理マスク.8ビットシングルチャンネル配列(出力配列のどの要素が変更されるかを指定する).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.ArcLength">
            <summary>
            輪郭の周囲長または曲線の長さを計算する
            </summary>
            <returns>輪郭の周囲長または曲線の長さ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.ArcLength(OpenCvSharp.CvSlice)">
            <summary>
            輪郭の周囲長または曲線の長さを計算する
            </summary>
            <param name="slice">曲線の始点と終点.デフォルトでは曲線の全ての長さが計算される.</param>
            <returns>輪郭の周囲長または曲線の長さ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.ArcLength(OpenCvSharp.CvSlice,System.Int32)">
            <summary>
            輪郭の周囲長または曲線の長さを計算する
            </summary>
            <param name="slice">曲線の始点と終点.デフォルトでは曲線の全ての長さが計算される.</param>
            <param name="is_closed">閉曲線かどうかを示す.次の3つの状態がある: 
            is_closed=0 - 曲線は閉曲線として扱われない. 
            is_closed&gt;0 - 曲線は閉曲線として扱われる. 
            is_closed&lt;0 - 曲線がシーケンスの場合, ((CvSeq*)curve)-&gt;flagsのフラグCV_SEQ_FLAG_CLOSEDから閉曲線かどうかを判別する.そうでない(曲線が点の配列(CvMat*)で表現される)場合,閉曲線として扱われない. 
            </param>
            <returns>輪郭の周囲長または曲線の長さ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Avg">
            <summary>
            配列要素の平均値を各チャンネルで独立に計算する.
            </summary>
            <returns>平均値</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Avg(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列要素の平均値を各チャンネルで独立に計算する.
            </summary>
            <param name="mask">オプションの処理マスク</param>
            <returns>平均値</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.AvgSdv(OpenCvSharp.CvScalar@,OpenCvSharp.CvScalar@)">
            <summary>
            配列要素の平均と標準偏差を各チャンネルで独立に計算する.
            </summary>
            <param name="mean">計算結果の平均値の出力</param>
            <param name="std_dev">計算結果の標準偏差の出力</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.AvgSdv(OpenCvSharp.CvScalar@,OpenCvSharp.CvScalar@,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列要素の平均と標準偏差を各チャンネルで独立に計算する.
            </summary>
            <param name="mean">計算結果の平均値の出力</param>
            <param name="std_dev">計算結果の標準偏差の出力</param>
            <param name="mask">オプションの処理マスク</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.BoundingRect">
            <summary>
            2次元点列を包含するまっすぐな矩形を返す.
            </summary>
            <returns>矩形</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.BoundingRect(System.Boolean)">
            <summary>
            2次元点列を包含するまっすぐな矩形を返す.
            </summary>
            <param name="update">更新フラグ. 
            pointsがCvContour で,update=falseの場合: 包含矩形は計算されず,輪郭ヘッダのrectフィールドから読み込まれる. 
            pointsがCvContour で,update=trueの場合: 包含矩形は計算され,輪郭ヘッダのrectフィールドに書き込まれる. 
            pointsがCvSeqかCvMatの場合: updateは無視されて,包含矩形は計算されて返される. </param>
            <returns>矩形</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Canny(OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            Cannyアルゴリズムを使用して,入力画像 imageに含まれているエッジを検出し,それを出力画像 edges に保存する [aperture_size=3]. 
            threshold1 と threshold2 のうち小さいほうがエッジ同士を接続するために用いられ,大きいほうが強いエッジの初期検出に用いられる. 
            </summary>
            <param name="edges">この関数によって得られたエッジ画像</param>
            <param name="threshold1">1番目の閾値</param>
            <param name="threshold2">2番目の閾値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Canny(OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.ApertureSize)">
            <summary>
            Cannyアルゴリズムを使用して,入力画像 imageに含まれているエッジを検出し,それを出力画像 edges に保存する. 
            threshold1 と threshold2 のうち小さいほうがエッジ同士を接続するために用いられ,大きいほうが強いエッジの初期検出に用いられる. 
            </summary>
            <param name="edges">この関数によって得られたエッジ画像</param>
            <param name="threshold1">1番目の閾値</param>
            <param name="threshold2">2番目の閾値</param>
            <param name="aperture_size">Sobel演算子のアパーチャサイズ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CheckArr">
            <summary>
            入力配列のすべての要素について,無効な値が存在しないかをチェックする 
            </summary>
            <returns>チェックが正しく終わればtrue</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CheckArr(OpenCvSharp.CheckArrFlag)">
            <summary>
            入力配列のすべての要素について,無効な値が存在しないかをチェックする 
            </summary>
            <param name="flags">処理フラグ</param>
            <returns>チェックが正しく終わればtrue</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CheckArr(OpenCvSharp.CheckArrFlag,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            入力配列のすべての要素について,無効な値が存在しないかをチェックする
            </summary>
            <param name="flags">処理フラグ</param>
            <param name="min_val">有効な値域の下限値(この値以上).CheckArrFlag.Range がセットされているときのみ有効.</param>
            <param name="max_val">有効な値域の上限値(この値未満).CheckArrFlag.Range がセットされているときのみ有効.</param>
            <returns>チェックが正しく終わればtrue</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CheckArray">
            <summary>
            入力配列のすべての要素について,無効な値が存在しないかをチェックする. CheckArrのエイリアス.
            </summary>
            <returns>チェックが正しく終わればtrue</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CheckArray(OpenCvSharp.CheckArrFlag)">
            <summary>
            入力配列のすべての要素について,無効な値が存在しないかをチェックする. CheckArrのエイリアス. 
            </summary>
            <param name="flags">処理フラグ</param>
            <returns>チェックが正しく終わればtrue</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CheckArray(OpenCvSharp.CheckArrFlag,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            入力配列のすべての要素について,無効な値が存在しないかをチェックする. CheckArrのエイリアス. 
            </summary>
            <param name="flags">処理フラグ</param>
            <param name="min_val">有効な値域の下限値(この値以上).CheckArrFlag.Range がセットされているときのみ有効.</param>
            <param name="max_val">有効な値域の上限値(この値未満).CheckArrFlag.Range がセットされているときのみ有効.</param>
            <returns>チェックが正しく終わればtrue</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CheckContourConvexity">
            <summary>
            輪郭が凸であるかを調べる
            </summary>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Circle(System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="center_x">円の中心のx座標</param>
            <param name="center_y">円の中心のy座標</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Circle(System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="center_x">円の中心のx座標</param>
            <param name="center_y">円の中心のy座標</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
            <param name="thickness">線の幅.負の値を指定した場合は塗りつぶされる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Circle(System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="center_x">円の中心のx座標</param>
            <param name="center_y">円の中心のy座標</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
            <param name="thickness">線の幅.負の値を指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Circle(System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="center_x">円の中心のx座標</param>
            <param name="center_y">円の中心のy座標</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
            <param name="thickness">線の幅.負の値を指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
            <param name="shift">中心座標と半径の小数点以下の桁を表すビット数.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Circle(OpenCvSharp.CvPoint,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="center">円の中心</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Circle(OpenCvSharp.CvPoint,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="center">円の中心</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
            <param name="thickness">線の幅.負の値を指定した場合は塗りつぶされる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Circle(OpenCvSharp.CvPoint,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="center">円の中心</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
            <param name="thickness">線の幅.負の値を指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Circle(OpenCvSharp.CvPoint,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="center">円の中心</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
            <param name="thickness">線の幅.負の値を指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
            <param name="shift">中心座標と半径の小数点以下の桁を表すビット数.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawCircle(System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="center_x">円の中心のx座標</param>
            <param name="center_y">円の中心のy座標</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawCircle(System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="center_x">円の中心のx座標</param>
            <param name="center_y">円の中心のy座標</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
            <param name="thickness">線の幅.負の値を指定した場合は塗りつぶされる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawCircle(System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="center_x">円の中心のx座標</param>
            <param name="center_y">円の中心のy座標</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
            <param name="thickness">線の幅.負の値を指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawCircle(System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="center_x">円の中心のx座標</param>
            <param name="center_y">円の中心のy座標</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
            <param name="thickness">線の幅.負の値を指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
            <param name="shift">中心座標と半径の小数点以下の桁を表すビット数.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawCircle(OpenCvSharp.CvPoint,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="center">円の中心</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawCircle(OpenCvSharp.CvPoint,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="center">円の中心</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
            <param name="thickness">線の幅.負の値を指定した場合は塗りつぶされる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawCircle(OpenCvSharp.CvPoint,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="center">円の中心</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
            <param name="thickness">線の幅.負の値を指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawCircle(OpenCvSharp.CvPoint,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="center">円の中心</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
            <param name="thickness">線の幅.負の値を指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
            <param name="shift">中心座標と半径の小数点以下の桁を表すビット数.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.ClearND(System.Int32[])">
            <summary>
            密な配列と疎な配列の指定した要素をクリア(0にセット)する.要素が存在しなければ,この関数は何もしない.
            </summary>
            <param name="idx">要素のインデックスの配列(可変長引数)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Cmp(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.ArrComparison)">
            <summary>
            二つの配列の各要素ごとの比較を行う. 対応する要素を比較し,出力配列の値にセットする.
            dst(I) = src1(I) op src2(I) .
            比較結果が真(true)であれば dst(I) には 0xff(要素すべてのビットが 1 )をセットし,それ以外の場合(false)であれば 0 をセットする.
            </summary>
            <param name="src2">2番目の入力配列.どちらの入力配列もシングルチャンネルでなければならない.</param>
            <param name="dst">出力配列(タイプは 8u か 8s でないといけない)</param>
            <param name="cmp_op">比較方法を示すフラグ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CmpS(System.Double,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.ArrComparison)">
            <summary>
            配列要素とスカラーを比較し,出力配列の値をセットする.
            dst(I) = src1(I) op scalar .
            比較結果が真(true)であれば dst(I) には 0xff(要素すべてのビットが 1 )をセットし,それ以外の場合(false)であれば 0 をセットする.
            </summary>
            <param name="value">それぞれの配列要素と比較されるスカラー</param>
            <param name="dst">出力配列(タイプは 8u か 8s でないといけない)</param>
            <param name="cmp_op">比較方法を示すフラグ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.ContourArea">
            <summary>
            輪郭全体の領域,または輪郭の一部を計算する. 
            後者の場合,輪郭の弧と選択された2点を繋ぐ弦で区切られたエリア全体が計算される.
            </summary>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.ContourArea(OpenCvSharp.CvSlice)">
            <summary>
            輪郭全体の領域,または輪郭の一部を計算する. 
            後者の場合,輪郭の弧と選択された2点を繋ぐ弦で区切られたエリア全体が計算される.
            </summary>
            <param name="slice">注目領域の輪郭の始点と終点.デフォルトでは全領域が計算される.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.ContourPerimeter">
            <summary>
            cvArcLength(curve,Whole_Seq,1) のエイリアス
            </summary>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.ConvertScale(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            任意の線形変換によって配列の値を変換する.[scale=1, shift=0]
            </summary>
            <param name="dst">出力配列(デプスは 8u)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.ConvertScale(OpenCvSharp.CvArr,System.Double)">
            <summary>
            任意の線形変換によって配列の値を変換する.[shift=0]
            </summary>
            <param name="dst">出力配列(デプスは 8u)</param>
            <param name="scale">スケーリング係数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.ConvertScale(OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            任意の線形変換によって配列の値を変換する.
            </summary>
            <param name="dst">出力配列(デプスは 8u)</param>
            <param name="scale">スケーリング係数</param>
            <param name="shift">スケーリングした入力配列の要素に加える値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CvtScale(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            任意の線形変換によって配列の値を変換する.[scale=1, shift=0]
            </summary>
            <param name="dst">出力配列(デプスは 8u)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CvtScale(OpenCvSharp.CvArr,System.Double)">
            <summary>
            任意の線形変換によって配列の値を変換する.[shift=0]
            </summary>
            <param name="dst">出力配列(デプスは 8u)</param>
            <param name="scale">スケーリング係数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CvtScale(OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            任意の線形変換によって配列の値を変換する.
            </summary>
            <param name="dst">出力配列(デプスは 8u)</param>
            <param name="scale">スケーリング係数</param>
            <param name="shift">スケーリングした入力配列の要素に加える値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Scale(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            任意の線形変換によって配列の値を変換する.[scale=1, shift=0]
            </summary>
            <param name="dst">出力配列(デプスは 8u)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Scale(OpenCvSharp.CvArr,System.Double)">
            <summary>
            任意の線形変換によって配列の値を変換する.[shift=0]
            </summary>
            <param name="dst">出力配列(デプスは 8u)</param>
            <param name="scale">スケーリング係数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Scale(OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            任意の線形変換によって配列の値を変換する.
            </summary>
            <param name="dst">出力配列(デプスは 8u)</param>
            <param name="scale">スケーリング係数</param>
            <param name="shift">スケーリングした入力配列の要素に加える値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Convert(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            scale=1, shift=0 でのcvConvertScale呼び出し. 任意の線形変換によって配列の値を変換する.
            </summary>
            <param name="dst">出力配列(デプスは 8u)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.ConvertScaleAbs(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            任意の線形変換によって,入力配列の要素を8ビット符号無し整数型の配列に変換する.[scale=1, shift=0]
            </summary>
            <param name="dst">出力配列(デプスは 8u)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.ConvertScaleAbs(OpenCvSharp.CvArr,System.Double)">
            <summary>
            任意の線形変換によって,入力配列の要素を8ビット符号無し整数型の配列に変換する.[shift=0]
            </summary>
            <param name="dst">出力配列(デプスは 8u)</param>
            <param name="scale">ScaleAbs 係数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.ConvertScaleAbs(OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            任意の線形変換によって,入力配列の要素を8ビット符号無し整数型の配列に変換する.
            </summary>
            <param name="dst">出力配列(デプスは 8u)</param>
            <param name="scale">ScaleAbs 係数</param>
            <param name="shift">スケーリングした入力配列の要素に加える値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CvtScaleAbs(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            任意の線形変換によって,入力配列の要素を8ビット符号無し整数型の配列に変換する.[scale=1, shift=0]
            </summary>
            <param name="dst">出力配列(デプスは 8u)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CvtScaleAbs(OpenCvSharp.CvArr,System.Double)">
            <summary>
            任意の線形変換によって,入力配列の要素を8ビット符号無し整数型の配列に変換する.[shift=0]
            </summary>
            <param name="dst">出力配列(デプスは 8u)</param>
            <param name="scale">ScaleAbs 係数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CvtScaleAbs(OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            任意の線形変換によって,入力配列の要素を8ビット符号無し整数型の配列に変換する.
            </summary>
            <param name="dst">出力配列(デプスは 8u)</param>
            <param name="scale">ScaleAbs 係数</param>
            <param name="shift">スケーリングした入力配列の要素に加える値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.ConvexHull2(System.Int32[]@,OpenCvSharp.ConvexHullOrientation)">
            <summary>
            Sklanskyのアルゴリズムを使って2次元の点列の凸包を見つける
            </summary>
            <param name="hull">出力される凸包.凸包を構成する点の元の配列におけるインデックス(0基準)のベクトル</param>
            <param name="orientation">凸包を構成するデータの並び.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.ConvexHull2(OpenCvSharp.CvPoint[]@,OpenCvSharp.ConvexHullOrientation)">
            <summary>
            Sklanskyのアルゴリズムを使って2次元の点列の凸包を見つける
            </summary>
            <param name="hull">出力される凸包.凸包を構成する点の元の配列におけるインデックス(0基準)のベクトル</param>
            <param name="orientation">凸包を構成するデータの並び.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.ConvexHull2(OpenCvSharp.CvPoint2D32f[]@,OpenCvSharp.ConvexHullOrientation)">
            <summary>
            Sklanskyのアルゴリズムを使って2次元の点列の凸包を見つける
            </summary>
            <param name="hull">出力される凸包.凸包を構成する点の元の配列におけるインデックス(0基準)のベクトル</param>
            <param name="orientation">凸包を構成するデータの並び.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.ConvexityDefects(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            輪郭の凸包から凹状欠損を見つける
            </summary>
            <param name="convexhull">凸包の点そのものではなく,輪郭の点へのポインタまたはインデックスを持つ,つまりcvConvexHull2のreturn_pointsパラメータが0であるような cvConvexHull2 を使って得られた凸包.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.ConvexityDefects(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMemStorage)">
            <summary>
            輪郭の凸包から凹状欠損を見つける
            </summary>
            <param name="convexhull">凸包の点そのものではなく,輪郭の点へのポインタまたはインデックスを持つ,つまりcvConvexHull2のreturn_pointsパラメータが0であるような cvConvexHull2 を使って得られた凸包.</param>
            <param name="storage">凹状欠損の出力シーケンスを格納する変数.これがnullである場合,代わりに,輪郭あるいは凸包のストレージが(この順番で)利用される.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.ConvexityDefects(System.Int32[])">
            <summary>
            輪郭の凸包から凹状欠損を見つける
            </summary>
            <param name="convexhull">凸包の点そのものではなく,輪郭の点へのインデックスを持つ cvConvexHull2 を使って得られた凸包.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Copy(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            一つの配列を別の配列にコピーする.
            </summary>
            <param name="dst">コピー先の画像</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Copy(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            一つの配列を別の配列にコピーする.
            </summary>
            <param name="dst">コピー先の画像</param>
            <param name="mask">8 ビットシングルチャンネル配列の処理マスク.コピー先の配列の変更する要素を指定する.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CopyMakeBorder(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.BorderType)">
            <summary>
            画像をコピーし,その周りに境界線をつける
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="offset">入力画像(あるいはROI)がコピーされる出力画像内矩形領域の左上角座標 (左下に原点を持つ画像の場合は,左下角座標).</param>
            <param name="bordertype">コピーされた矩形領域の周りに生成する境界線のタイプ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CopyMakeBorder(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.BorderType,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            画像をコピーし,その周りに境界線をつける
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="offset">入力画像(あるいはROI)がコピーされる出力画像内矩形領域の左上角座標 (左下に原点を持つ画像の場合は,左下角座標).</param>
            <param name="bordertype">コピーされた矩形領域の周りに生成する境界線のタイプ</param>
            <param name="value">bordertype=Constant の場合は境界を埋める値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CornerEigenValsAndVecs(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32)">
            <summary>
            コーナー検出のために画像ブロックの固有値と固有ベクトルを計算する.
            </summary>
            <param name="eigenvv">結果保存用の画像.入力画像の6倍のサイズが必要.</param>
            <param name="block_size">隣接ブロックのサイズ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CornerEigenValsAndVecs(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,OpenCvSharp.ApertureSize)">
            <summary>
            コーナー検出のために画像ブロックの固有値と固有ベクトルを計算する.
            </summary>
            <param name="eigenvv">結果保存用の画像.入力画像の6倍のサイズが必要.</param>
            <param name="block_size">隣接ブロックのサイズ</param>
            <param name="aperture_size">Sobel演算子のアパーチャサイズ(cvSobel参照).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CornerHarris(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32)">
            <summary>
            入力画像について Harris エッジ検出を行う. 
            cvCornerMinEigenVal や cvCornerEigenValsAndVecsと同様の機能を持ち,それぞれのピクセルにおいて,
            block_size×block_size 隣接における 2×2 サイズの勾配から共変動行列M を計算する.その後, 
            det(M) - k * trace(M)^2
            を計算し,検出結果として出力画像に保存する.結果画像の極大値を求めることで,画像のコーナーを検出することができる. 
            </summary>
            <param name="harris_responce">検出結果を保存する画像.入力画像 image と同じサイズでなくてはならない.</param>
            <param name="block_size">隣接ブロックのサイズ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CornerHarris(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,OpenCvSharp.ApertureSize)">
            <summary>
            入力画像について Harris エッジ検出を行う. 
            cvCornerMinEigenVal や cvCornerEigenValsAndVecsと同様の機能を持ち,それぞれのピクセルにおいて,
            block_size×block_size 隣接における 2×2 サイズの勾配から共変動行列M を計算する.その後, 
            det(M) - k * trace(M)^2
            を計算し,検出結果として出力画像に保存する.結果画像の極大値を求めることで,画像のコーナーを検出することができる. 
            </summary>
            <param name="harris_responce">検出結果を保存する画像.入力画像 image と同じサイズでなくてはならない.</param>
            <param name="block_size">隣接ブロックのサイズ</param>
            <param name="aperture_size">Sobel演算子のアパーチャサイズ(cvSobel参照).入力画像が浮動小数点型である場合,このパラメータは差分を計算するために用いられる固定小数点型フィルタの数を表す</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CornerHarris(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,OpenCvSharp.ApertureSize,System.Double)">
            <summary>
            入力画像について Harris エッジ検出を行う. 
            cvCornerMinEigenVal や cvCornerEigenValsAndVecsと同様の機能を持ち,それぞれのピクセルにおいて,
            block_size×block_size 隣接における 2×2 サイズの勾配から共変動行列M を計算する.その後, 
            det(M) - k * trace(M)^2
            を計算し,検出結果として出力画像に保存する.結果画像の極大値を求めることで,画像のコーナーを検出することができる. 
            </summary>
            <param name="harris_responce">検出結果を保存する画像.入力画像 image と同じサイズでなくてはならない.</param>
            <param name="block_size">隣接ブロックのサイズ</param>
            <param name="aperture_size">Sobel演算子のアパーチャサイズ(cvSobel参照).入力画像が浮動小数点型である場合,このパラメータは差分を計算するために用いられる固定小数点型フィルタの数を表す</param>
            <param name="k">Harris検出器のパラメータ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CornerMinEigenVal(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32)">
            <summary>
            コーナー検出のために,画像ブロックの最小固有値を計算する. 
            すべてのピクセルについて,隣接ブロックにおける導関数の共変動行列の最小固有値だけを求める関数である.
            </summary>
            <param name="eigenval">最小固有値を保存する画像.image と同じサイズでなくてはならない.</param>
            <param name="block_size">隣接ブロックのサイズ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CornerMinEigenVal(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,OpenCvSharp.ApertureSize)">
            <summary>
            コーナー検出のために,画像ブロックの最小固有値を計算する. 
            すべてのピクセルについて,隣接ブロックにおける導関数の共変動行列の最小固有値だけを求める関数である.
            </summary>
            <param name="eigenval">最小固有値を保存する画像.image と同じサイズでなくてはならない.</param>
            <param name="block_size">隣接ブロックのサイズ</param>
            <param name="aperture_size">Sobel演算子のアパーチャサイズ(cvSobel参照).入力画像が浮動小数点型である場合,このパラメータは差分を計算するために用いられる固定小数点型フィルタの数を表す</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CountNonZero">
            <summary>
            配列要素において 0 ではない要素をカウントする.
            配列が IplImage の場合, ROI,COI の両方に対応している.
            </summary>
            <returns>0 ではない要素数</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CreateData">
            <summary>
            画像,行列あるいは多次元配列のデータを確保する.
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CreatePyramid(System.Int32,System.Double,OpenCvSharp.CvSize[],OpenCvSharp.CvArr,System.Boolean,OpenCvSharp.CvFilter)">
            <summary>
            Builds pyramid for an image
            </summary>
            <param name="extra_layers"></param>
            <param name="rate"></param>
            <param name="layer_sizes"></param>
            <param name="bufarr"></param>
            <param name="calc"></param>
            <param name="filter"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CrossProduct(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            二つの3次元ベクトルの外積を計算する.
            dst = src1 × src2,  (dst1 = src12src23 - src13src22 , dst2 = src13src21 - src11src23 , dst3 = src11src22 - src12src21).
            </summary>
            <param name="src2">2番目の入力ベクトル</param>
            <param name="dst">出力ベクトル</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CvtColor(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.ColorConversion)">
            <summary>
            入力画像の色空間を変換する
            </summary>
            <param name="dst">出力画像. 入力画像と同じデータタイプ. チャンネル数は違うこともある.</param>
            <param name="code">色空間の変換の方法</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DCT(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.DCTFlag)">
            <summary>
            次元あるいは2次元浮動小数点型配列の順方向・逆方向離散コサイン変換を行う
            </summary>
            <param name="dst">入力と同じサイズ・タイプの出力配列</param>
            <param name="flags">変換フラグ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DecRefData">
            <summary>
            参照カウンタのポインタが null ではない場合に CvMat あるいは CvMatND のデータの参照カウンタをデクリメントし,さらにカウンタが 0 になった場合にはデータを解放する.
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Det">
            <summary>
            行列式を返す
            </summary>
            <returns>行列式</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DFT(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.DFTFlag)">
            <summary>
            1次元あるいは2次元浮動小数点型配列に対して離散フーリエ変換(DFT),逆離散フーリエ変換(IDFT)を行う.
            </summary>
            <param name="dst">入力配列と同じサイズ・タイプの出力配列</param>
            <param name="flags">変換フラグ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DFT(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.DFTFlag,System.Int32)">
            <summary>
            1次元あるいは2次元浮動小数点型配列に対して離散フーリエ変換(DFT),逆離散フーリエ変換(IDFT)を行う.
            </summary>
            <param name="dst">入力配列と同じサイズ・タイプの出力配列</param>
            <param name="flags">変換フラグ</param>
            <param name="nonzero_rows">入力配列の非0である行の数(2次元順変換の場合),あるいは出力配列で注目する行の数(2次元逆変換の場合).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.FFT(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.DFTFlag)">
            <summary>
            1次元あるいは2次元浮動小数点型配列に対して離散フーリエ変換(DFT),逆離散フーリエ変換(IDFT)を行う. cvDFTのエイリアス.
            </summary>
            <param name="dst">入力配列と同じサイズ・タイプの出力配列</param>
            <param name="flags">変換フラグ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.FFT(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.DFTFlag,System.Int32)">
            <summary>
            1次元あるいは2次元浮動小数点型配列に対して離散フーリエ変換(DFT),逆離散フーリエ変換(IDFT)を行う.cvDFTのエイリアス.
            </summary>
            <param name="dst">入力配列と同じサイズ・タイプの出力配列</param>
            <param name="flags">変換フラグ</param>
            <param name="nonzero_rows">入力配列の非0である行の数(2次元順変換の場合),あるいは出力配列で注目する行の数(2次元逆変換の場合).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Dilate(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            隣接ピクセルの形状を決定する指定された構造要素を用いて,入力画像を膨張する. 
            この関数はインプレースモード(src=dstである入力)をサポートする.膨張は複数回 (iterations) 繰り返すことができる.
            カラー画像の場合は,それぞれのチャンネルが独立に処理される. 
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Dilate(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.IplConvKernel)">
            <summary>
            隣接ピクセルの形状を決定する指定された構造要素を用いて,入力画像を膨張する. 
            この関数はインプレースモード(src=dstである入力)をサポートする.膨張は複数回 (iterations) 繰り返すことができる.
            カラー画像の場合は,それぞれのチャンネルが独立に処理される. 
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="element">膨張に用いる構造要素.nullの場合は, 3×3 の矩形形状の構造要素を用いる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Dilate(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.IplConvKernel,System.Int32)">
            <summary>
            隣接ピクセルの形状を決定する指定された構造要素を用いて,入力画像を膨張する. 
            この関数はインプレースモード(src=dstである入力)をサポートする.膨張は複数回 (iterations) 繰り返すことができる.
            カラー画像の場合は,それぞれのチャンネルが独立に処理される. 
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="element">膨張に用いる構造要素.nullの場合は, 3×3 の矩形形状の構造要素を用いる.</param>
            <param name="iterations">膨張の回数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DistTransform(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            入力画像中の値が0でないピクセルから,最も近い値が0のピクセルまでの距離を計算する
            </summary>
            <param name="dst">距離計算結果をピクセル値として持つ出力画像 (32ビット浮動小数点型,シングルチャンネル)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DistTransform(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.DistanceType)">
            <summary>
            入力画像中の値が0でないピクセルから,最も近い値が0のピクセルまでの距離を計算する
            </summary>
            <param name="dst">距離計算結果をピクセル値として持つ出力画像 (32ビット浮動小数点型,シングルチャンネル)</param>
            <param name="distance_type">距離の種類.L1, L2, C か User</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DistTransform(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.DistanceType,System.Int32)">
            <summary>
            入力画像中の値が0でないピクセルから,最も近い値が0のピクセルまでの距離を計算する
            </summary>
            <param name="dst">距離計算結果をピクセル値として持つ出力画像 (32ビット浮動小数点型,シングルチャンネル)</param>
            <param name="distance_type">距離の種類.L1, L2, C か User</param>
            <param name="mask_size">距離変換マスクのサイズで,3,5,0 のいずれか. L1,C の場合,このパラメータ値は3に固定される.mask_size==0の場合,距離計算に別の近似無しアルゴリズムが用いられる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DistTransform(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.DistanceType,System.Int32,System.Single[])">
            <summary>
            入力画像中の値が0でないピクセルから,最も近い値が0のピクセルまでの距離を計算する
            </summary>
            <param name="dst">距離計算結果をピクセル値として持つ出力画像 (32ビット浮動小数点型,シングルチャンネル)</param>
            <param name="distance_type">距離の種類.L1, L2, C か User</param>
            <param name="mask_size">距離変換マスクのサイズで,3,5,0 のいずれか. L1,C の場合,このパラメータ値は3に固定される.mask_size==0の場合,距離計算に別の近似無しアルゴリズムが用いられる.</param>
            <param name="mask">ユーザ定義の距離の場合はユーザ定義のマスク.3×3のマスクを用いる場合は2つの値(上下シフト値,斜めシフト値)を指定,5×5のマスクを用いる場合は3つの値(上下シフト値,斜めシフト値,ナイト移動シフト値(桂馬飛びのシフト値))を指定する.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DistTransform(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.DistanceType,System.Int32,System.Single[],OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            入力画像中の値が0でないピクセルから,最も近い値が0のピクセルまでの距離を計算する
            </summary>
            <param name="dst">距離計算結果をピクセル値として持つ出力画像 (32ビット浮動小数点型,シングルチャンネル)</param>
            <param name="distance_type">距離の種類.L1, L2, C か User</param>
            <param name="mask_size">距離変換マスクのサイズで,3,5,0 のいずれか. L1,C の場合,このパラメータ値は3に固定される.mask_size==0の場合,距離計算に別の近似無しアルゴリズムが用いられる.</param>
            <param name="mask">ユーザ定義の距離の場合はユーザ定義のマスク.3×3のマスクを用いる場合は2つの値(上下シフト値,斜めシフト値)を指定,5×5のマスクを用いる場合は3つの値(上下シフト値,斜めシフト値,ナイト移動シフト値(桂馬飛びのシフト値))を指定する.</param>
            <param name="labels">オプション出力.整数ラベルに変換された2次元配列で,src ,dstと同じサイズ.現在は mask_size==3 あるいは 5 のときのみに使用される.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Div(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            二つの配列の要素同士を除算する (scale=1).
            dst(I)=scale*src1(I)/src2(I) [src1!=nullの場合],  
            dst(I)=scale/src2(I) [src1=nullの場合]
            </summary>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Div(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double)">
            <summary>
            二つの配列の要素同士を除算する.
            dst(I)=scale*src1(I)/src2(I) [src1!=nullの場合],  
            dst(I)=scale/src2(I) [src1=nullの場合]
            </summary>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="scale">任意のスケーリング係数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawChessboardCorners(OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.CvPoint2D32f[],System.Boolean)">
            <summary>
            チェスボードからコーナーが完全に検出されていない場合(pattern_was_found=false)は,検出されたコーナーそれぞれに赤色の円を描く.
            また完全に検出されている場合(pattern_was_found=true)は,色付けされた各コーナを線分で接続して表示する. 
            </summary>
            <param name="pattern_size">チェスボードの各行と各列の内部コーナーの数.</param>
            <param name="corners">検出されたコーナーの配列.</param>
            <param name="pattern_was_found">チェスボードからコーナーが完全に発見された(true)か,そうでない(false)かを示す.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawContours(OpenCvSharp.CvSeq{OpenCvSharp.CvPoint},OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            画像の外側輪郭線,または内側輪郭線を描画する
            </summary>
            <param name="contour">最初の輪郭へのポインタ</param>
            <param name="external_color">外側輪郭線の色</param>
            <param name="hole_color">内側輪郭線(穴)の色</param>
            <param name="max_level">描画される輪郭の最大レベル. 0にした場合,contourのみが描画される. 1にした場合,先頭の輪郭と,同レベルのすべての輪郭が描画される. 2にした場合,先頭の輪郭と同レベルのすべての輪郭と,先頭の輪郭の一つ下のレベルのすべての輪郭が描画される.以下同様.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawContours(OpenCvSharp.CvSeq{OpenCvSharp.CvPoint},OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            画像の外側輪郭線,または内側輪郭線を描画する
            </summary>
            <param name="contour">最初の輪郭へのポインタ</param>
            <param name="external_color">外側輪郭線の色</param>
            <param name="hole_color">内側輪郭線(穴)の色</param>
            <param name="max_level">描画される輪郭の最大レベル. 0にした場合,contourのみが描画される. 1にした場合,先頭の輪郭と,同レベルのすべての輪郭が描画される. 2にした場合,先頭の輪郭と同レベルのすべての輪郭と,先頭の輪郭の一つ下のレベルのすべての輪郭が描画される.以下同様.</param>
            <param name="thickness">描画される輪郭線の太さ. 負(例えば=Cv.FILLED)にした場合には,内部を塗りつぶす.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawContours(OpenCvSharp.CvSeq{OpenCvSharp.CvPoint},OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            画像の外側輪郭線,または内側輪郭線を描画する
            </summary>
            <param name="contour">最初の輪郭へのポインタ</param>
            <param name="external_color">外側輪郭線の色</param>
            <param name="hole_color">内側輪郭線(穴)の色</param>
            <param name="max_level">描画される輪郭の最大レベル. 0にした場合,contourのみが描画される. 1にした場合,先頭の輪郭と,同レベルのすべての輪郭が描画される. 2にした場合,先頭の輪郭と同レベルのすべての輪郭と,先頭の輪郭の一つ下のレベルのすべての輪郭が描画される.以下同様.</param>
            <param name="thickness">描画される輪郭線の太さ. 負(例えば=Cv.FILLED)にした場合には,内部を塗りつぶす.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawContours(OpenCvSharp.CvSeq{OpenCvSharp.CvPoint},OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,OpenCvSharp.CvPoint)">
            <summary>
            画像の外側輪郭線,または内側輪郭線を描画する
            </summary>
            <param name="contour">最初の輪郭へのポインタ</param>
            <param name="external_color">外側輪郭線の色</param>
            <param name="hole_color">内側輪郭線(穴)の色</param>
            <param name="max_level">描画される輪郭の最大レベル. 0にした場合,contourのみが描画される. 1にした場合,先頭の輪郭と,同レベルのすべての輪郭が描画される. 2にした場合,先頭の輪郭と同レベルのすべての輪郭と,先頭の輪郭の一つ下のレベルのすべての輪郭が描画される.以下同様.</param>
            <param name="thickness">描画される輪郭線の太さ. 負(例えば=Cv.FILLED)にした場合には,内部を塗りつぶす.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
            <param name="offset">全ての座標を指定した値だけシフトする</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.EigenVV(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            対称行列の固有値と固有ベクトルを計算する
            </summary>
            <param name="evects">固有ベクトルの出力行列.連続した行として保存される. </param>
            <param name="evals">固有値ベクトルの出力ベクトル.降順に保存される(もちろん固有値と固有ベクトルの順番は一致する).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.EigenVV(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double)">
            <summary>
            対称行列の固有値と固有ベクトルを計算する
            </summary>
            <param name="evects">固有ベクトルの出力行列.連続した行として保存される. </param>
            <param name="evals">固有値ベクトルの出力ベクトル.降順に保存される(もちろん固有値と固有ベクトルの順番は一致する).</param>
            <param name="eps">対角化の精度(一般的に,DBL_EPSILON=≈10^-15 で十分である)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Ellipse(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvSize,System.Double,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            枠だけの楕円,楕円弧,もしくは塗りつぶされた扇形の楕円を描画する
            </summary>
            <param name="center">楕円の中心</param>
            <param name="axes">楕円の軸の長さ</param>
            <param name="angle">回転角度</param>
            <param name="start_angle">楕円弧の開始角度</param>
            <param name="end_angle">楕円弧の終了角度</param>
            <param name="color">楕円の色</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Ellipse(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvSize,System.Double,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            枠だけの楕円,楕円弧,もしくは塗りつぶされた扇形の楕円を描画する
            </summary>
            <param name="center">楕円の中心</param>
            <param name="axes">楕円の軸の長さ</param>
            <param name="angle">回転角度</param>
            <param name="start_angle">楕円弧の開始角度</param>
            <param name="end_angle">楕円弧の終了角度</param>
            <param name="color">楕円の色</param>
            <param name="thickness">楕円弧の線の幅</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Ellipse(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvSize,System.Double,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            枠だけの楕円,楕円弧,もしくは塗りつぶされた扇形の楕円を描画する
            </summary>
            <param name="center">楕円の中心</param>
            <param name="axes">楕円の軸の長さ</param>
            <param name="angle">回転角度</param>
            <param name="start_angle">楕円弧の開始角度</param>
            <param name="end_angle">楕円弧の終了角度</param>
            <param name="color">楕円の色</param>
            <param name="thickness">楕円弧の線の幅</param>
            <param name="line_type">楕円弧の線の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Ellipse(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvSize,System.Double,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            枠だけの楕円,楕円弧,もしくは塗りつぶされた扇形の楕円を描画する
            </summary>
            <param name="center">楕円の中心</param>
            <param name="axes">楕円の軸の長さ</param>
            <param name="angle">回転角度</param>
            <param name="start_angle">楕円弧の開始角度</param>
            <param name="end_angle">楕円弧の終了角度</param>
            <param name="color">楕円の色</param>
            <param name="thickness">楕円弧の線の幅</param>
            <param name="line_type">楕円弧の線の種類</param>
            <param name="shift">中心座標と軸の長さの小数点以下の桁を表すビット数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawEllipse(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvSize,System.Double,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            枠だけの楕円,楕円弧,もしくは塗りつぶされた扇形の楕円を描画する
            </summary>
            <param name="center">楕円の中心</param>
            <param name="axes">楕円の軸の長さ</param>
            <param name="angle">回転角度</param>
            <param name="start_angle">楕円弧の開始角度</param>
            <param name="end_angle">楕円弧の終了角度</param>
            <param name="color">楕円の色</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawEllipse(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvSize,System.Double,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            枠だけの楕円,楕円弧,もしくは塗りつぶされた扇形の楕円を描画する
            </summary>
            <param name="center">楕円の中心</param>
            <param name="axes">楕円の軸の長さ</param>
            <param name="angle">回転角度</param>
            <param name="start_angle">楕円弧の開始角度</param>
            <param name="end_angle">楕円弧の終了角度</param>
            <param name="color">楕円の色</param>
            <param name="thickness">楕円弧の線の幅</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawEllipse(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvSize,System.Double,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            枠だけの楕円,楕円弧,もしくは塗りつぶされた扇形の楕円を描画する
            </summary>
            <param name="center">楕円の中心</param>
            <param name="axes">楕円の軸の長さ</param>
            <param name="angle">回転角度</param>
            <param name="start_angle">楕円弧の開始角度</param>
            <param name="end_angle">楕円弧の終了角度</param>
            <param name="color">楕円の色</param>
            <param name="thickness">楕円弧の線の幅</param>
            <param name="line_type">楕円弧の線の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawEllipse(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvSize,System.Double,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            枠だけの楕円,楕円弧,もしくは塗りつぶされた扇形の楕円を描画する
            </summary>
            <param name="center">楕円の中心</param>
            <param name="axes">楕円の軸の長さ</param>
            <param name="angle">回転角度</param>
            <param name="start_angle">楕円弧の開始角度</param>
            <param name="end_angle">楕円弧の終了角度</param>
            <param name="color">楕円の色</param>
            <param name="thickness">楕円弧の線の幅</param>
            <param name="line_type">楕円弧の線の種類</param>
            <param name="shift">中心座標と軸の長さの小数点以下の桁を表すビット数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.EllipseBox(OpenCvSharp.CvBox2D,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            枠だけの楕円,もしくは塗りつぶされた楕円を描画する
            </summary>
            <param name="box">描画したい楕円を囲む矩形領域.</param>
            <param name="color">楕円の色.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.EllipseBox(OpenCvSharp.CvBox2D,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            枠だけの楕円,もしくは塗りつぶされた楕円を描画する
            </summary>
            <param name="box">描画したい楕円を囲む矩形領域.</param>
            <param name="color">楕円の色.</param>
            <param name="thickness">楕円境界線の幅.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.EllipseBox(OpenCvSharp.CvBox2D,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            枠だけの楕円,もしくは塗りつぶされた楕円を描画する
            </summary>
            <param name="box">描画したい楕円を囲む矩形領域.</param>
            <param name="color">楕円の色.</param>
            <param name="thickness">楕円境界線の幅.</param>
            <param name="line_type">楕円境界線の種類.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.EllipseBox(OpenCvSharp.CvBox2D,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            枠だけの楕円,もしくは塗りつぶされた楕円を描画する
            </summary>
            <param name="box">描画したい楕円を囲む矩形領域.</param>
            <param name="color">楕円の色.</param>
            <param name="thickness">楕円境界線の幅.</param>
            <param name="line_type">楕円境界線の種類.</param>
            <param name="shift">矩形領域の頂点座標の小数点以下の桁を表すビット数.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.EqualizeHist(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            グレースケール画像のヒストグラムを均一化する.輝度を均一化し,画像のコントラストを上げる.
            </summary>
            <param name="dst">出力画像.srcと同じサイズ, 同じデータタイプ.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Erode(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            隣接ピクセルの形状を決定する指定された構造要素を用いて,入力画像を収縮する. 
            この関数はインプレースモード(src=dstである入力)をサポートする.収縮は複数回 (iterations) 繰り返すことができる.
            カラー画像の場合は,それぞれのチャンネルが独立に処理される. 
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Erode(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.IplConvKernel)">
            <summary>
            隣接ピクセルの形状を決定する指定された構造要素を用いて,入力画像を収縮する. 
            この関数はインプレースモード(src=dstである入力)をサポートする.収縮は複数回 (iterations) 繰り返すことができる.
            カラー画像の場合は,それぞれのチャンネルが独立に処理される. 
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="element">収縮に用いる構造要素.nullの場合は, 3×3 の矩形形状の構造要素を用いる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Erode(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.IplConvKernel,System.Int32)">
            <summary>
            隣接ピクセルの形状を決定する指定された構造要素を用いて,入力画像を収縮する. 
            この関数はインプレースモード(src=dstである入力)をサポートする.収縮は複数回 (iterations) 繰り返すことができる.
            カラー画像の場合は,それぞれのチャンネルが独立に処理される. 
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="element">収縮に用いる構造要素.nullの場合は, 3×3 の矩形形状の構造要素を用いる.</param>
            <param name="iterations">収縮の回数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Exp(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            すべての配列要素について自然対数の底(ネイピア数)eのべき乗を求める
            </summary>
            <param name="dst">出力配列.倍精度の浮動小数点型(double),または入力配列と同じタイプでなければならない.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.ExtractMSER(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.CvMSERParams)">
            <summary>
            Extracts the contours of Maximally Stable Extremal Regions
            </summary>
            <param name="mask"></param>
            <param name="storage"></param>
            <param name="params"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.ExtractSURF(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvSeq{OpenCvSharp.CvSURFPoint}@,OpenCvSharp.CvSeq{System.Single}@,OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.CvSURFParams)">
            <summary>
            画像中からSURF(Speeded Up Robust Features)を検出する
            </summary>
            <param name="mask">オプション:8ビットのマスク画像.非0 のマスクピクセルが50%以上を占める領域からのみ,特徴点検出を行う.</param>
            <param name="keypoints">出力パラメータ.キーポイントのシーケンスへのポインタのポインタ. これは,CvSURFPoint 構造体のシーケンスになる</param>
            <param name="descriptors">オプション:出力パラメータ.ディスクリプタのシーケンスへのポインタのポインタ. シーケンスの各要素は,params.extended の値に依存して, 64-要素,あるいは 128-要素の浮動小数点数(CV_32F)ベクトルとなる. パラメータが NULL の場合,ディスクリプタは計算されない.</param>
            <param name="storage">キーポイントとディスクリプタが格納されるメモリストレージ</param>
            <param name="param">CvSURFParams 構造体に入れられた,様々なアルゴリズムパラメータ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.FillConvexPoly(OpenCvSharp.CvPoint[],OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            凸ポリゴンの内部を塗りつぶす.
            </summary>
            <param name="pts">一つのポリゴンへのポインタの配列</param>
            <param name="color">ポリゴンの色</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.FillConvexPoly(OpenCvSharp.CvPoint[],OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            凸ポリゴンの内部を塗りつぶす.
            </summary>
            <param name="pts">一つのポリゴンへのポインタの配列</param>
            <param name="color">ポリゴンの色</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.FillConvexPoly(OpenCvSharp.CvPoint[],OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            凸ポリゴンの内部を塗りつぶす.
            </summary>
            <param name="pts">一つのポリゴンへのポインタの配列</param>
            <param name="color">ポリゴンの色</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
            <param name="shift">頂点座標の小数点以下の桁を表すビット数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.FillPoly(OpenCvSharp.CvPoint[][],OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            ポリゴン内部を塗りつぶす
            </summary>
            <param name="pts">ポリゴンへのポインタ配列.</param>
            <param name="color">ポリゴンの色.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.FillPoly(OpenCvSharp.CvPoint[][],OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            ポリゴン内部を塗りつぶす
            </summary>
            <param name="pts">ポリゴンへのポインタ配列.</param>
            <param name="color">ポリゴンの色.</param>
            <param name="line_type">線の種類.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.FillPoly(OpenCvSharp.CvPoint[][],OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            ポリゴン内部を塗りつぶす
            </summary>
            <param name="pts">ポリゴンへのポインタ配列.</param>
            <param name="color">ポリゴンの色.</param>
            <param name="line_type">線の種類.</param>
            <param name="shift">頂点座標の小数点以下の桁を表すビット数.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Filter2D(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            画像に線形フィルタを適用する
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="kernel">フィルタマスク.係数のシングルチャンネルの2次元浮動小数点型行列.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Filter2D(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvPoint)">
            <summary>
            画像に線形フィルタを適用する
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="kernel">フィルタマスク.係数のシングルチャンネルの2次元浮動小数点型行列.</param>
            <param name="anchor">カーネルのアンカー.カーネルマスクでカバーされる隣接領域内における, フィルタ対象となるピクセルの相対位置を表す.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.FindChessboardCorners(OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.CvPoint2D32f[]@)">
            <summary>
            入力画像がチェスボードパターンであるかどうかを確認し,チェスボードの各コーナーの位置検出を試みる.
            </summary>
            <param name="pattern_size">チェスボードの行と列ごとのコーナーの数</param>
            <param name="corners">検出されたコーナーの配列. Length=pattern_size.Width*pattern_size.Height</param>
            <returns>すべてのコーナーが検出され,正しい順番(行順で,かつ各行は左から右に並ぶ)でそれらが配置されている場合には, true</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.FindChessboardCorners(OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.CvPoint2D32f[]@,System.Int32@)">
            <summary>
            入力画像がチェスボードパターンであるかどうかを確認し,チェスボードの各コーナーの位置検出を試みる.
            </summary>
            <param name="pattern_size">チェスボードの行と列ごとのコーナーの数</param>
            <param name="corners">検出されたコーナーの配列. Length=pattern_size.Width*pattern_size.Height</param>
            <param name="corner_count">コーナーの数が出力される</param>
            <returns>すべてのコーナーが検出され,正しい順番(行順で,かつ各行は左から右に並ぶ)でそれらが配置されている場合には, true</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.FindChessboardCorners(OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.CvPoint2D32f[]@,System.Int32@,OpenCvSharp.ChessboardFlag)">
            <summary>
            入力画像がチェスボードパターンであるかどうかを確認し,チェスボードの各コーナーの位置検出を試みる.
            </summary>
            <param name="pattern_size">チェスボードの行と列ごとのコーナーの数</param>
            <param name="corners">検出されたコーナーの配列. Length=pattern_size.Width*pattern_size.Height</param>
            <param name="corner_count">コーナーの数が出力される</param>
            <param name="flags">処理フラグ</param>
            <returns>すべてのコーナーが検出され,正しい順番(行順で,かつ各行は左から右に並ぶ)でそれらが配置されている場合には, true</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.FindContours(OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.CvSeq{OpenCvSharp.CvPoint}@)">
            <summary>
            2値画像中の輪郭を見つける
            </summary>
            <param name="storage">抽出された輪郭を保存する領域</param>
            <param name="first_contour">出力パラメータ.一番外側の輪郭へのポインタが入っている.</param>
            <returns>抽出した輪郭の個数</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.FindContours(OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.CvSeq{OpenCvSharp.CvPoint}@,System.Int32)">
            <summary>
            2値画像中の輪郭を見つける
            </summary>
            <param name="storage">抽出された輪郭を保存する領域</param>
            <param name="first_contour">出力パラメータ.一番外側の輪郭へのポインタが入っている.</param>
            <param name="header_size">シーケンスヘッダのサイズ.method=CV_CHAIN_CODEの場合,>=sizeof(CvChain) ,それ以外の場合 >=sizeof(CvContour).</param>
            <returns>抽出した輪郭の個数</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.FindContours(OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.CvSeq{OpenCvSharp.CvPoint}@,System.Int32,OpenCvSharp.ContourRetrieval)">
            <summary>
            2値画像中の輪郭を見つける
            </summary>
            <param name="storage">抽出された輪郭を保存する領域</param>
            <param name="first_contour">出力パラメータ.一番外側の輪郭へのポインタが入っている.</param>
            <param name="header_size">シーケンスヘッダのサイズ.method=CV_CHAIN_CODEの場合,>=sizeof(CvChain) ,それ以外の場合 >=sizeof(CvContour).</param>
            <param name="mode">抽出モード </param>
            <returns>抽出した輪郭の個数</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.FindContours(OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.CvSeq{OpenCvSharp.CvPoint}@,System.Int32,OpenCvSharp.ContourRetrieval,OpenCvSharp.ContourChain)">
            <summary>
            2値画像中の輪郭を見つける
            </summary>
            <param name="storage">抽出された輪郭を保存する領域</param>
            <param name="first_contour">出力パラメータ.一番外側の輪郭へのポインタが入っている.</param>
            <param name="header_size">シーケンスヘッダのサイズ.method=CV_CHAIN_CODEの場合,>=sizeof(CvChain) ,それ以外の場合 >=sizeof(CvContour).</param>
            <param name="mode">抽出モード </param>
            <param name="method">近似手法</param>
            <returns>抽出した輪郭の個数</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.FindContours(OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.CvSeq{OpenCvSharp.CvPoint}@,System.Int32,OpenCvSharp.ContourRetrieval,OpenCvSharp.ContourChain,OpenCvSharp.CvPoint)">
            <summary>
            2値画像中の輪郭を見つける
            </summary>
            <param name="storage">抽出された輪郭を保存する領域</param>
            <param name="first_contour">出力パラメータ.一番外側の輪郭へのポインタが入っている.</param>
            <param name="header_size">シーケンスヘッダのサイズ.method=CV_CHAIN_CODEの場合,>=sizeof(CvChain) ,それ以外の場合 >=sizeof(CvContour).</param>
            <param name="mode">抽出モード </param>
            <param name="method">近似手法</param>
            <param name="offset">オフセット.全ての輪郭点はこれによってシフトされる.</param>
            <returns>抽出した輪郭の個数</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.FindCornerSubPix(OpenCvSharp.CvPoint2D32f[],System.Int32,OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.CvTermCriteria)">
            <summary>
            コーナー位置を高精度化する.
            </summary>
            <param name="corners">コーナーの初期座標が入力され,高精度化された座標が出力される.</param>
            <param name="count">コーナーの数</param>
            <param name="win">検索ウィンドウの半分のサイズ.(例)win=(5,5) ならば 5*2+1 × 5*2+1 = 11 × 11 が探索ウィンドウして使われる.</param>
            <param name="zero_zone">総和を計算する際に含まれない,探索領域の中心に存在する総和対象外領域の半分のサイズ.この値は,自己相関行列において発生しうる特異点を避けるために用いられる. 値が (-1,-1) の場合は,そのようなサイズはないということを意味する</param>
            <param name="criteria">コーナー座標の高精度化のための繰り返し処理の終了条件.コーナー位置の高精度化の繰り返し処理は,規定回数に達するか,目標精度に達したときに終了する.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.FitEllipse2">
            <summary>
            2次元の点列に楕円をフィッティングする
            </summary>
            <returns>2次元の点列にフィットする最良の楕円</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.FitLine(OpenCvSharp.DistanceType,System.Double,System.Double,System.Double,System.Single[])">
            <summary>
            2次元または3次元の点列に線をフィッティングする
            </summary>
            <param name="dist_type">フィッティングに使われる距離.</param>
            <param name="param">それぞれの距離関数における数値パラメータ(C).0を指定した場合,最適な値が選択される.</param>
            <param name="reps">半径(座標原点と線の距離)と角度に対する精度.それぞれ0.01が初期値として適している.</param>
            <param name="aeps">半径(座標原点と線の距離)と角度に対する精度.それぞれ0.01が初期値として適している.</param>
            <param name="line">出力される線のパラメータ.2次元フィッティングの場合,四つの浮動小数点型数(vx, vy, x0, y0)の配列で,(vx, vy)は正規化された方向ベクトル,(x0, y0)は線上の点を意味する.3次元フィッティングの場合,(vx, vy, vz, x0, y0, z0)の六つの浮動小数点型数の配列で,(vx, vy, vz)は正規化された方向ベクトル,(x0, y0, z0)は線上の点を意味する.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Flip">
            <summary>
            2次元配列を垂直,水平,または両軸で反転する
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Flip(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            2次元配列を垂直,水平,または両軸で反転する
            </summary>
            <param name="dst">出力配列.もしnullであれば,反転はインプレースモードで行われる</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Flip(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.FlipMode)">
            <summary>
            2次元配列を垂直,水平,または両軸で反転する
            </summary>
            <param name="dst">出力配列.もしnullであれば,反転はインプレースモードで行われる</param>
            <param name="flip_mode">配列の反転方法の指定</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Mirror">
            <summary>
            2次元配列を垂直,水平,または両軸で反転する. cvFlipのエイリアス.
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Mirror(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            2次元配列を垂直,水平,または両軸で反転する. cvFlipのエイリアス.
            </summary>
            <param name="dst">出力配列.もしnullであれば,反転はインプレースモードで行われる</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Mirror(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.FlipMode)">
            <summary>
            2次元配列を垂直,水平,または両軸で反転する. cvFlipのエイリアス.
            </summary>
            <param name="dst">出力配列.もしnullであれば,反転はインプレースモードで行われる</param>
            <param name="flip_mode">配列の反転方法の指定</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.FloodFill(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            連結成分を指定した色で塗りつぶす
            </summary>
            <param name="seed_point">連結成分の開始点.シードピクセル. </param>
            <param name="new_val">塗りつぶされる領域の新しいピクセル値(塗りつぶす値).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.FloodFill(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            連結成分を指定した色で塗りつぶす
            </summary>
            <param name="seed_point">連結成分の開始点.シードピクセル. </param>
            <param name="new_val">塗りつぶされる領域の新しいピクセル値(塗りつぶす値).</param>
            <param name="lo_diff">現在の観測対象ピクセルと,その連結成分に属する隣接ピクセル, またはそのピクセルを連結成分に追加するためのシードピクセルとの,輝度値/色の差(違い)の許容下限値. 8ビットカラー画像のときは,パックされた値. </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.FloodFill(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            連結成分を指定した色で塗りつぶす
            </summary>
            <param name="seed_point">連結成分の開始点.シードピクセル. </param>
            <param name="new_val">塗りつぶされる領域の新しいピクセル値(塗りつぶす値).</param>
            <param name="lo_diff">現在の観測対象ピクセルと,その連結成分に属する隣接ピクセル, またはそのピクセルを連結成分に追加するためのシードピクセルとの,輝度値/色の差(違い)の許容下限値. 8ビットカラー画像のときは,パックされた値. </param>
            <param name="up_diff">現在の観測対象ピクセルと,その連結成分に属する隣接ピクセル, またはそのピクセルを連結成分に追加するためのシードピクセルとの,輝度値/色の差(違い)の許容上限値. 8ビットカラー画像のときは,パックされた値. </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.FloodFill(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvConnectedComp@)">
            <summary>
            連結成分を指定した色で塗りつぶす
            </summary>
            <param name="seed_point">連結成分の開始点.シードピクセル. </param>
            <param name="new_val">塗りつぶされる領域の新しいピクセル値(塗りつぶす値).</param>
            <param name="lo_diff">現在の観測対象ピクセルと,その連結成分に属する隣接ピクセル, またはそのピクセルを連結成分に追加するためのシードピクセルとの,輝度値/色の差(違い)の許容下限値. 8ビットカラー画像のときは,パックされた値. </param>
            <param name="up_diff">現在の観測対象ピクセルと,その連結成分に属する隣接ピクセル, またはそのピクセルを連結成分に追加するためのシードピクセルとの,輝度値/色の差(違い)の許容上限値. 8ビットカラー画像のときは,パックされた値. </param>
            <param name="comp">構造体へのポインタ.この関数は,塗りつぶされた領域の情報を構造体に代入する. </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.FloodFill(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvConnectedComp@,System.Int32)">
            <summary>
            連結成分を指定した色で塗りつぶす
            </summary>
            <param name="seed_point">連結成分の開始点.シードピクセル. </param>
            <param name="new_val">塗りつぶされる領域の新しいピクセル値(塗りつぶす値).</param>
            <param name="lo_diff">現在の観測対象ピクセルと,その連結成分に属する隣接ピクセル, またはそのピクセルを連結成分に追加するためのシードピクセルとの,輝度値/色の差(違い)の許容下限値. 8ビットカラー画像のときは,パックされた値. </param>
            <param name="up_diff">現在の観測対象ピクセルと,その連結成分に属する隣接ピクセル, またはそのピクセルを連結成分に追加するためのシードピクセルとの,輝度値/色の差(違い)の許容上限値. 8ビットカラー画像のときは,パックされた値. </param>
            <param name="comp">構造体へのポインタ.この関数は,塗りつぶされた領域の情報を構造体に代入する. </param>
            <param name="flags">操作フラグ.下位ビットは関数内で用いられる連結性に関する値4(デフォルト)または8が入っている. 
            連結性は,どのピクセルを隣接ピクセルと見なすかを定義する.上位ビットは0,あるいはCv.FLOODFILL_FIXED_RANGE, Cv.FLOODFILL_MASK_ONLY との組み合わせである.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.FloodFill(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvConnectedComp@,System.Int32,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            連結成分を指定した色で塗りつぶす
            </summary>
            <param name="seed_point">連結成分の開始点.シードピクセル. </param>
            <param name="new_val">塗りつぶされる領域の新しいピクセル値(塗りつぶす値).</param>
            <param name="lo_diff">現在の観測対象ピクセルと,その連結成分に属する隣接ピクセル, またはそのピクセルを連結成分に追加するためのシードピクセルとの,輝度値/色の差(違い)の許容下限値. 8ビットカラー画像のときは,パックされた値. </param>
            <param name="up_diff">現在の観測対象ピクセルと,その連結成分に属する隣接ピクセル, またはそのピクセルを連結成分に追加するためのシードピクセルとの,輝度値/色の差(違い)の許容上限値. 8ビットカラー画像のときは,パックされた値. </param>
            <param name="comp">構造体へのポインタ.この関数は,塗りつぶされた領域の情報を構造体に代入する. </param>
            <param name="flags">操作フラグ.下位ビットは関数内で用いられる連結性に関する値4(デフォルト)または8が入っている. 
            連結性は,どのピクセルを隣接ピクセルと見なすかを定義する.上位ビットは0,あるいはCv.FLOODFILL_FIXED_RANGE, Cv.FLOODFILL_MASK_ONLY との組み合わせである.</param>
            <param name="mask">処理用マスク</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Get1D(System.Int32)">
            <summary>
            特定の配列要素を返す.
            </summary>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <returns>指定した要素の値. 疎な配列で,指定したノードが存在しない場合,0を返す(この関数によって新しいノードは生成されない).</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Get2D(System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            特定の配列要素を返す.
            </summary>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="idx1">要素インデックスの,0を基準とした第2成分.</param>
            <returns>指定した要素の値. 疎な配列で,指定したノードが存在しない場合,0を返す(この関数によって新しいノードは生成されない).</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Get3D(System.Int32,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            特定の配列要素を返す.
            </summary>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="idx1">要素インデックスの,0を基準とした第2成分.</param>
            <param name="idx2">要素インデックスの,0を基準とした第3成分.</param>
            <returns>指定した要素の値. 疎な配列で,指定したノードが存在しない場合,0を返す(この関数によって新しいノードは生成されない).</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.GetND(System.Int32[])">
            <summary>
            特定の配列要素を返す.
            </summary>
            <param name="idx">要素インデックスの配列(可変長引数)</param>
            <returns>指定した要素の値. </returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.GetCol(System.Int32)">
            <summary>
            指定された列を返す
            </summary>
            <param name="col">選択した列の,0を基準としたインデックス.</param>
            <returns>指定された範囲の列</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.GetCols(System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            指定された範囲の列(複数列)を返す
            </summary>
            <param name="start_col">範囲の最初の(この値を含む)列の,0を基準としたインデックス.</param>
            <param name="end_col">範囲の最後の(この値を含まない)列の,0を基準としたインデックス.</param>
            <returns>指定された範囲の列</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.GetDiag(OpenCvSharp.CvMat@)">
            <summary>
            入力配列中の指定された対角列に相当するヘッダを返す. 
            </summary>
            <param name="submat">結果として得られる部分配列のヘッダへの参照</param>
            <returns>結果として得られる部分配列のヘッダへの参照</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.GetDiag(OpenCvSharp.CvMat@,OpenCvSharp.DiagType)">
            <summary>
            入力配列中の指定された対角列に相当するヘッダを返す. 
            </summary>
            <param name="submat">結果として得られる部分配列のヘッダへの参照</param>
            <param name="diag">対角配列の種類</param>
            <returns>結果として得られる部分配列のヘッダへの参照</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.GetDims">
            <summary>
            配列の次元とそれらのサイズを返す.
            IplImageまたは CvMatの場合には,画像や行列の行数に関係なく常に 2 を返す.
            </summary>
            <returns>配列の次元数</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.GetDims(System.Int32[]@)">
            <summary>
            配列の次元とそれらのサイズを返す.
            IplImageまたは CvMatの場合には,画像や行列の行数に関係なく常に 2 を返す.
            </summary>
            <param name="sizes">配列の次元の大きさを示すオプションの出力ベクトル.2次元配列の場合は1番目に行数(高さ),次は列数(幅)を示す.</param>
            <returns>配列の次元数</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.GetDimSize(System.Int32)">
            <summary>
            配列の指定された次元の要素数を返す. 
            </summary>
            <param name="index">0を基準にした次元のインデックス(行列では0は行数,1は列数を示す.画像では0は高さ, 1は幅を示す).</param>
            <returns>指定された次元の要素数</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.GetElemType">
            <summary>
            配列要素のタイプを返す. 
            </summary>
            <returns>配列要素のタイプ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.GetQuadrangleSubPix(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            四角形領域のピクセル値を画像からサブピクセル精度で取得する(画像の回転+並進移動を行なう).
            </summary>
            <param name="dst">抽出された矩形</param>
            <param name="map_matrix">2 × 3 の変換行列[A|b]</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.GetRawData(System.IntPtr@)">
            <summary>
            配列の低レベル情報を取り出す
            </summary>
            <param name="data">出力である全画像の原点へのポインタ,あるいは ROI が設定されている場合は ROI の原点へのポインタ.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.GetRawData(System.IntPtr@,System.Int32@)">
            <summary>
            配列の低レベル情報を取り出す
            </summary>
            <param name="data">出力である全画像の原点へのポインタ,あるいは ROI が設定されている場合は ROI の原点へのポインタ.</param>
            <param name="step">出力であるバイト単位で表された行の長さ.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.GetRawData(System.IntPtr@,System.Int32@,OpenCvSharp.CvSize@)">
            <summary>
            配列の低レベル情報を取り出す
            </summary>
            <param name="data">出力である全画像の原点へのポインタ,あるいは ROI が設定されている場合は ROI の原点へのポインタ.</param>
            <param name="step">出力であるバイト単位で表された行の長さ.</param>
            <param name="roi_size">出力であるROI サイズ.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.GetReal1D(System.Int32)">
            <summary>
            シングルチャンネルの配列の特定の要素を返す.配列がマルチチャンネルの場合は,ランタイムエラーが発生する.
            </summary>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <returns>指定した要素の値. 指定したノードが存在しなければ,この関数は0を返す(この関数によって新しいノードは生成されない).</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.GetReal2D(System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            シングルチャンネルの配列の特定の要素を返す.配列がマルチチャンネルの場合は,ランタイムエラーが発生する.
            </summary>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="idx1">要素インデックスの,0を基準とした第2成分.</param>
            <returns>指定した要素の値. 指定したノードが存在しなければ,この関数は0を返す(この関数によって新しいノードは生成されない).</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.GetReal3D(System.Int32,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            シングルチャンネルの配列の特定の要素を返す.配列がマルチチャンネルの場合は,ランタイムエラーが発生する.
            </summary>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="idx1">要素インデックスの,0を基準とした第2成分.</param>
            <param name="idx2">要素インデックスの,0を基準とした第3成分.</param>
            <returns>指定した要素の値. 指定したノードが存在しなければ,この関数は0を返す(この関数によって新しいノードは生成されない).</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.GetRealND(System.Int32[])">
            <summary>
            シングルチャンネルの配列の特定の要素を返す.配列がマルチチャンネルの場合は,ランタイムエラーが発生する.
            </summary>
            <param name="idx">要素インデックスの配列(可変長引数)</param>
            <returns>指定した要素の値. 指定したノードが存在しなければ,この関数は0を返す(この関数によって新しいノードは生成されない).</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.GetRectSubPix(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint2D32f)">
            <summary>
            矩形領域のピクセル値を画像からサブピクセル精度で取得する(画像の並進移動を行なう).
            </summary>
            <param name="dst">抽出された矩形</param>
            <param name="center">入力画像中にある抽出された矩形中心の浮動小数点型座標.中心は画像中になければならない.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.GetRow(System.Int32)">
            <summary>
            指定された行を返す
            </summary>
            <param name="row">選択した行の,0を基準としたインデックス.</param>
            <returns>指定された範囲の行</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.GetRows(System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            指定された範囲の行(複数行)を返す
            </summary>
            <param name="start_row">範囲の最初の(この値を含む)行の,0を基準としたインデックス.</param>
            <param name="end_row">範囲の最後の(この値を含まない)行の,0を基準としたインデックス.</param>
            <returns>指定された範囲の行</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.GetRows(System.Int32,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            指定された範囲の行(複数行)を返す
            </summary>
            <param name="start_row">範囲の最初の(この値を含む)行の,0を基準としたインデックス.</param>
            <param name="end_row">範囲の最後の(この値を含まない)行の,0を基準としたインデックス.</param>
            <param name="delta_row">行の範囲のインデックス間隔. この関数は,start_rowからend_row(は含まない)まで,delta_row毎に行を抽出する. </param>
            <returns>指定された範囲の行</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.GetSize">
            <summary>
            行列または画像の ROI のサイズを返す
            </summary>
            <returns>サイズ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.GetStarKeypoints(OpenCvSharp.CvMemStorage)">
            <summary>
            StarDetectorアルゴリズムによりキーポイントを取得する
            </summary>
            <param name="storage">キーポイントが格納されるメモリストレージ</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.GetStarKeypoints(OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.CvStarDetectorParams)">
            <summary>
            StarDetectorアルゴリズムによりキーポイントを取得する
            </summary>
            <param name="storage">キーポイントが格納されるメモリストレージ</param>
            <param name="params">CvStarDetectorParams構造体としてまとめて与えられる、アルゴリズムのための各種パラメータ</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.GetSubRect(OpenCvSharp.CvMat@,OpenCvSharp.CvRect)">
            <summary>
            入力配列中の指定した矩形領域に相当するヘッダを返す.
            つまり,入力配列の一部の矩形領域を,独立した配列として扱えるようにする.この関数では ROI を考慮し,実際には ROI の部分配列が取り出される.
            </summary>
            <param name="submat">結果として得られる部分配列のヘッダへの参照</param>
            <param name="rect">着目する矩形領域の,0 を基準とした座標</param>
            <returns>結果として得られる部分配列のヘッダへの参照</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.GetSubArr(OpenCvSharp.CvMat@,OpenCvSharp.CvRect)">
            <summary>
            入力配列中の指定した矩形領域に相当するヘッダを返す.
            つまり,入力配列の一部の矩形領域を,独立した配列として扱えるようにする.この関数では ROI を考慮し,実際には ROI の部分配列が取り出される.
            </summary>
            <param name="submat">結果として得られる部分配列のヘッダへの参照</param>
            <param name="rect">着目する矩形領域の,0 を基準とした座標</param>
            <returns>結果として得られる部分配列のヘッダへの参照</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.HaarDetectObjects(OpenCvSharp.CvHaarClassifierCascade,OpenCvSharp.CvMemStorage)">
            <summary>
            与えられた画像からオブジェクトを含む様な矩形領域を検出し,それらの領域を矩形の列として返す.
            </summary>
            <param name="cascade">Haar 分類器カスケード の内部表現</param>
            <param name="storage">オブジェクト候補の矩形が得られた場合に,その矩形列を保存するメモリストレージ</param>
            <returns>CvAvgCompを要素とするCvSeq</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.HaarDetectObjects(OpenCvSharp.CvHaarClassifierCascade,OpenCvSharp.CvMemStorage,System.Double)">
            <summary>
            与えられた画像からオブジェクトを含む様な矩形領域を検出し,それらの領域を矩形の列として返す.
            </summary>
            <param name="cascade">Haar 分類器カスケード の内部表現</param>
            <param name="storage">オブジェクト候補の矩形が得られた場合に,その矩形列を保存するメモリストレージ</param>
            <param name="scale_factor">スキャン毎に探索ウィンドウがスケーリングされる際のスケールファクタ. 例えばこの値が 1.1 ならば,ウィンドウが 10% 大きくなる</param>
            <returns>CvAvgCompを要素とするCvSeq</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.HaarDetectObjects(OpenCvSharp.CvHaarClassifierCascade,OpenCvSharp.CvMemStorage,System.Double,System.Int32)">
            <summary>
            与えられた画像からオブジェクトを含む様な矩形領域を検出し,それらの領域を矩形の列として返す.
            </summary>
            <param name="cascade">Haar 分類器カスケード の内部表現</param>
            <param name="storage">オブジェクト候補の矩形が得られた場合に,その矩形列を保存するメモリストレージ</param>
            <param name="scale_factor">スキャン毎に探索ウィンドウがスケーリングされる際のスケールファクタ. 例えばこの値が 1.1 ならば,ウィンドウが 10% 大きくなる</param>
            <param name="min_neighbors">(これから 1 を引いた値が)オブジェクトを構成する近傍矩形の最小数となる. min_neighbors-1 よりも少ない矩形しか含まないようなグループは全て棄却される. もし min_neighbors が 0 である場合,この関数はグループを一つも生成せず,候補となる矩形を全て返す.これはユーザがカスタマイズしたグループ化処理を適用したい場合に有用である. </param>
            <returns>CvAvgCompを要素とするCvSeq</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.HaarDetectObjects(OpenCvSharp.CvHaarClassifierCascade,OpenCvSharp.CvMemStorage,System.Double,System.Int32,OpenCvSharp.HaarDetectionType)">
            <summary>
            与えられた画像からオブジェクトを含む様な矩形領域を検出し,それらの領域を矩形の列として返す.
            </summary>
            <param name="cascade">Haar 分類器カスケード の内部表現</param>
            <param name="storage">オブジェクト候補の矩形が得られた場合に,その矩形列を保存するメモリストレージ</param>
            <param name="scale_factor">スキャン毎に探索ウィンドウがスケーリングされる際のスケールファクタ. 例えばこの値が 1.1 ならば,ウィンドウが 10% 大きくなる</param>
            <param name="min_neighbors">(これから 1 を引いた値が)オブジェクトを構成する近傍矩形の最小数となる. min_neighbors-1 よりも少ない矩形しか含まないようなグループは全て棄却される. もし min_neighbors が 0 である場合,この関数はグループを一つも生成せず,候補となる矩形を全て返す.これはユーザがカスタマイズしたグループ化処理を適用したい場合に有用である. </param>
            <param name="flags">処理モード</param>
            <returns>CvAvgCompを要素とするCvSeq</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.HaarDetectObjects(OpenCvSharp.CvHaarClassifierCascade,OpenCvSharp.CvMemStorage,System.Double,System.Int32,OpenCvSharp.HaarDetectionType,OpenCvSharp.CvSize)">
            <summary>
            与えられた画像からオブジェクトを含む様な矩形領域を検出し,それらの領域を矩形の列として返す.
            </summary>
            <param name="cascade">Haar 分類器カスケード の内部表現</param>
            <param name="storage">オブジェクト候補の矩形が得られた場合に,その矩形列を保存するメモリストレージ</param>
            <param name="scale_factor">スキャン毎に探索ウィンドウがスケーリングされる際のスケールファクタ. 例えばこの値が 1.1 ならば,ウィンドウが 10% 大きくなる</param>
            <param name="min_neighbors">(これから 1 を引いた値が)オブジェクトを構成する近傍矩形の最小数となる. min_neighbors-1 よりも少ない矩形しか含まないようなグループは全て棄却される. もし min_neighbors が 0 である場合,この関数はグループを一つも生成せず,候補となる矩形を全て返す.これはユーザがカスタマイズしたグループ化処理を適用したい場合に有用である. </param>
            <param name="flags">処理モード</param>
            <param name="min_size">最小ウィンドウサイズ.デフォルトでは分類器の学習に用いられたサンプルのサイズが設定される(顔検出の場合は,~20×20).</param>
            <returns>CvAvgCompを要素とするCvSeq</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.HoughCircles(OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.HoughCirclesMethod,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            ハフ変換を用いてグレースケール画像中の円を検出する
            </summary>
            <param name="circle_storage">検出された円を保存するメモリストレージ</param>
            <param name="method">現状では,CV_HOUGH_GRADIENT(基本的な2段階のハフ変換)のみ実装されている. </param>
            <param name="dp">円の中心を求める際に用いられる計算時の解像度.例えば,この値が 1 の場合は,計算は入力画像と同じ解像度で行われる.2 の場合は,計算は幅・高さともに1/2の解像度になる,等. </param>
            <param name="min_dist">円検出における中心座標間の最小間隔.この値が非常に小さい場合は,正しく抽出されるべき円の近傍に複数の間違った円が検出されることになる.また,逆に非常に大きい場合は,円検出に失敗する. </param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.HoughCircles(OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.HoughCirclesMethod,System.Double,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            ハフ変換を用いてグレースケール画像中の円を検出する
            </summary>
            <param name="circle_storage">検出された円を保存するメモリストレージ</param>
            <param name="method">現状では,CV_HOUGH_GRADIENT(基本的な2段階のハフ変換)のみ実装されている. </param>
            <param name="dp">円の中心を求める際に用いられる計算時の解像度.例えば,この値が 1 の場合は,計算は入力画像と同じ解像度で行われる.2 の場合は,計算は幅・高さともに1/2の解像度になる,等. </param>
            <param name="min_dist">円検出における中心座標間の最小間隔.この値が非常に小さい場合は,正しく抽出されるべき円の近傍に複数の間違った円が検出されることになる.また,逆に非常に大きい場合は,円検出に失敗する. </param>
            <param name="param1">手法に応じた1番目のパラメータ. CV_HOUGH_GRADIENT の場合は,Cannyのエッジ検出器で用いる二つの閾値の高い方の値 (低い方の値は,この値を1/2したものになる).</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.HoughCircles(OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.HoughCirclesMethod,System.Double,System.Double,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            ハフ変換を用いてグレースケール画像中の円を検出する
            </summary>
            <param name="circle_storage">検出された円を保存するメモリストレージ</param>
            <param name="method">現状では,CV_HOUGH_GRADIENT(基本的な2段階のハフ変換)のみ実装されている. </param>
            <param name="dp">円の中心を求める際に用いられる計算時の解像度.例えば,この値が 1 の場合は,計算は入力画像と同じ解像度で行われる.2 の場合は,計算は幅・高さともに1/2の解像度になる,等. </param>
            <param name="min_dist">円検出における中心座標間の最小間隔.この値が非常に小さい場合は,正しく抽出されるべき円の近傍に複数の間違った円が検出されることになる.また,逆に非常に大きい場合は,円検出に失敗する. </param>
            <param name="param1">手法に応じた1番目のパラメータ. CV_HOUGH_GRADIENT の場合は,Cannyのエッジ検出器で用いる二つの閾値の高い方の値 (低い方の値は,この値を1/2したものになる).</param>
            <param name="param2">手法に応じた2番目のパラメータ. CV_HOUGH_GRADIENT の場合は,中心検出計算時の閾値.小さすぎると誤検出が多くなる.これに対応する値が大きい円から順に検出される.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.HoughCircles(OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.HoughCirclesMethod,System.Double,System.Double,System.Double,System.Double,System.Int32)">
            <summary>
            ハフ変換を用いてグレースケール画像中の円を検出する
            </summary>
            <param name="circle_storage">検出された円を保存するメモリストレージ</param>
            <param name="method">現状では,CV_HOUGH_GRADIENT(基本的な2段階のハフ変換)のみ実装されている. </param>
            <param name="dp">円の中心を求める際に用いられる計算時の解像度.例えば,この値が 1 の場合は,計算は入力画像と同じ解像度で行われる.2 の場合は,計算は幅・高さともに1/2の解像度になる,等. </param>
            <param name="min_dist">円検出における中心座標間の最小間隔.この値が非常に小さい場合は,正しく抽出されるべき円の近傍に複数の間違った円が検出されることになる.また,逆に非常に大きい場合は,円検出に失敗する. </param>
            <param name="param1">手法に応じた1番目のパラメータ. CV_HOUGH_GRADIENT の場合は,Cannyのエッジ検出器で用いる二つの閾値の高い方の値 (低い方の値は,この値を1/2したものになる).</param>
            <param name="param2">手法に応じた2番目のパラメータ. CV_HOUGH_GRADIENT の場合は,中心検出計算時の閾値.小さすぎると誤検出が多くなる.これに対応する値が大きい円から順に検出される.</param>
            <param name="min_radius">検出すべき円の最小半径.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.HoughCircles(OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.HoughCirclesMethod,System.Double,System.Double,System.Double,System.Double,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            ハフ変換を用いてグレースケール画像中の円を検出する
            </summary>
            <param name="circle_storage">検出された円を保存するメモリストレージ</param>
            <param name="method">現状では,CV_HOUGH_GRADIENT(基本的な2段階のハフ変換)のみ実装されている. </param>
            <param name="dp">円の中心を求める際に用いられる計算時の解像度.例えば,この値が 1 の場合は,計算は入力画像と同じ解像度で行われる.2 の場合は,計算は幅・高さともに1/2の解像度になる,等. </param>
            <param name="min_dist">円検出における中心座標間の最小間隔.この値が非常に小さい場合は,正しく抽出されるべき円の近傍に複数の間違った円が検出されることになる.また,逆に非常に大きい場合は,円検出に失敗する. </param>
            <param name="param1">手法に応じた1番目のパラメータ. CV_HOUGH_GRADIENT の場合は,Cannyのエッジ検出器で用いる二つの閾値の高い方の値 (低い方の値は,この値を1/2したものになる).</param>
            <param name="param2">手法に応じた2番目のパラメータ. CV_HOUGH_GRADIENT の場合は,中心検出計算時の閾値.小さすぎると誤検出が多くなる.これに対応する値が大きい円から順に検出される.</param>
            <param name="min_radius">検出すべき円の最小半径.</param>
            <param name="max_radius">検出すべき円の最大半径 デフォルトの最大半径は max(image_width, image_height) にセットされている.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.HoughCircles(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.HoughCirclesMethod,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            ハフ変換を用いてグレースケール画像中の円を検出する
            </summary>
            <param name="circle_storage">検出された円を保存するメモリストレージ</param>
            <param name="method">現状では,CV_HOUGH_GRADIENT(基本的な2段階のハフ変換)のみ実装されている. </param>
            <param name="dp">円の中心を求める際に用いられる計算時の解像度.例えば,この値が 1 の場合は,計算は入力画像と同じ解像度で行われる.2 の場合は,計算は幅・高さともに1/2の解像度になる,等. </param>
            <param name="min_dist">円検出における中心座標間の最小間隔.この値が非常に小さい場合は,正しく抽出されるべき円の近傍に複数の間違った円が検出されることになる.また,逆に非常に大きい場合は,円検出に失敗する. </param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.HoughCircles(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.HoughCirclesMethod,System.Double,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            ハフ変換を用いてグレースケール画像中の円を検出する
            </summary>
            <param name="circle_storage">検出された円を保存するメモリストレージ</param>
            <param name="method">現状では,CV_HOUGH_GRADIENT(基本的な2段階のハフ変換)のみ実装されている. </param>
            <param name="dp">円の中心を求める際に用いられる計算時の解像度.例えば,この値が 1 の場合は,計算は入力画像と同じ解像度で行われる.2 の場合は,計算は幅・高さともに1/2の解像度になる,等. </param>
            <param name="min_dist">円検出における中心座標間の最小間隔.この値が非常に小さい場合は,正しく抽出されるべき円の近傍に複数の間違った円が検出されることになる.また,逆に非常に大きい場合は,円検出に失敗する. </param>
            <param name="param1">手法に応じた1番目のパラメータ. CV_HOUGH_GRADIENT の場合は,Cannyのエッジ検出器で用いる二つの閾値の高い方の値 (低い方の値は,この値を1/2したものになる).</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.HoughCircles(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.HoughCirclesMethod,System.Double,System.Double,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            ハフ変換を用いてグレースケール画像中の円を検出する
            </summary>
            <param name="circle_storage">検出された円を保存するメモリストレージ</param>
            <param name="method">現状では,CV_HOUGH_GRADIENT(基本的な2段階のハフ変換)のみ実装されている. </param>
            <param name="dp">円の中心を求める際に用いられる計算時の解像度.例えば,この値が 1 の場合は,計算は入力画像と同じ解像度で行われる.2 の場合は,計算は幅・高さともに1/2の解像度になる,等. </param>
            <param name="min_dist">円検出における中心座標間の最小間隔.この値が非常に小さい場合は,正しく抽出されるべき円の近傍に複数の間違った円が検出されることになる.また,逆に非常に大きい場合は,円検出に失敗する. </param>
            <param name="param1">手法に応じた1番目のパラメータ. CV_HOUGH_GRADIENT の場合は,Cannyのエッジ検出器で用いる二つの閾値の高い方の値 (低い方の値は,この値を1/2したものになる).</param>
            <param name="param2">手法に応じた2番目のパラメータ. CV_HOUGH_GRADIENT の場合は,中心検出計算時の閾値.小さすぎると誤検出が多くなる.これに対応する値が大きい円から順に検出される.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.HoughCircles(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.HoughCirclesMethod,System.Double,System.Double,System.Double,System.Double,System.Int32)">
            <summary>
            ハフ変換を用いてグレースケール画像中の円を検出する
            </summary>
            <param name="circle_storage">検出された円を保存するメモリストレージ</param>
            <param name="method">現状では,CV_HOUGH_GRADIENT(基本的な2段階のハフ変換)のみ実装されている. </param>
            <param name="dp">円の中心を求める際に用いられる計算時の解像度.例えば,この値が 1 の場合は,計算は入力画像と同じ解像度で行われる.2 の場合は,計算は幅・高さともに1/2の解像度になる,等. </param>
            <param name="min_dist">円検出における中心座標間の最小間隔.この値が非常に小さい場合は,正しく抽出されるべき円の近傍に複数の間違った円が検出されることになる.また,逆に非常に大きい場合は,円検出に失敗する. </param>
            <param name="param1">手法に応じた1番目のパラメータ. CV_HOUGH_GRADIENT の場合は,Cannyのエッジ検出器で用いる二つの閾値の高い方の値 (低い方の値は,この値を1/2したものになる).</param>
            <param name="param2">手法に応じた2番目のパラメータ. CV_HOUGH_GRADIENT の場合は,中心検出計算時の閾値.小さすぎると誤検出が多くなる.これに対応する値が大きい円から順に検出される.</param>
            <param name="min_radius">検出すべき円の最小半径.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.HoughCircles(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.HoughCirclesMethod,System.Double,System.Double,System.Double,System.Double,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            ハフ変換を用いてグレースケール画像中の円を検出する
            </summary>
            <param name="circle_storage">検出された円を保存するメモリストレージ</param>
            <param name="method">現状では,CV_HOUGH_GRADIENT(基本的な2段階のハフ変換)のみ実装されている. </param>
            <param name="dp">円の中心を求める際に用いられる計算時の解像度.例えば,この値が 1 の場合は,計算は入力画像と同じ解像度で行われる.2 の場合は,計算は幅・高さともに1/2の解像度になる,等. </param>
            <param name="min_dist">円検出における中心座標間の最小間隔.この値が非常に小さい場合は,正しく抽出されるべき円の近傍に複数の間違った円が検出されることになる.また,逆に非常に大きい場合は,円検出に失敗する. </param>
            <param name="param1">手法に応じた1番目のパラメータ. CV_HOUGH_GRADIENT の場合は,Cannyのエッジ検出器で用いる二つの閾値の高い方の値 (低い方の値は,この値を1/2したものになる).</param>
            <param name="param2">手法に応じた2番目のパラメータ. CV_HOUGH_GRADIENT の場合は,中心検出計算時の閾値.小さすぎると誤検出が多くなる.これに対応する値が大きい円から順に検出される.</param>
            <param name="min_radius">検出すべき円の最小半径.</param>
            <param name="max_radius">検出すべき円の最大半径 デフォルトの最大半径は max(image_width, image_height) にセットされている.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.HoughLines2(OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.HoughLinesMethod,System.Double,System.Double,System.Int32)">
            <summary>
            ハフ(Hough)変換を用いて2値画像から直線を検出する
            </summary>
            <param name="line_storage">検出された線を保存するメモリストレージ. 関数によって線分のシーケンスがストレージ内につくられ,その参照が返される</param>
            <param name="method">ハフ変換の種類</param>
            <param name="rho">距離解像度(1ピクセル当たりの単位)</param>
            <param name="theta">角度解像度(ラジアン単位で計測)</param>
            <param name="threshold">閾値パラメータ.対応する投票数がthresholdより大きい場合のみ,抽出された線が返される.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.HoughLines2(OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.HoughLinesMethod,System.Double,System.Double,System.Int32,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            ハフ(Hough)変換を用いて2値画像から直線を検出する
            </summary>
            <param name="line_storage">検出された線を保存するメモリストレージ. 関数によって線分のシーケンスがストレージ内につくられ,その参照が返される</param>
            <param name="method">ハフ変換の種類</param>
            <param name="rho">距離解像度(1ピクセル当たりの単位)</param>
            <param name="theta">角度解像度(ラジアン単位で計測)</param>
            <param name="threshold">閾値パラメータ.対応する投票数がthresholdより大きい場合のみ,抽出された線が返される.</param>
            <param name="param1">各手法に応じた1番目のパラメータ.標準的ハフ変換では,使用しない(0).確率的ハフ変換では,最小の線の長さ.マルチスケールハフ変換では, 距離解像度rhoの除数.(荒い距離解像度では rho であり,詳細な解像度では (rho / param1) となる).</param>
            <param name="param2">各手法に応じた2番目のパラメータ.標準的ハフ変換では,使用しない(0).確率的ハフ変換では,同一線上に存在する線分として扱う(つまり,それらを統合しても問題ない),二つの線分の最大の間隔. マルチスケールハフ変換では,角度解像度 thetaの除数. (荒い角度解像度では theta であり,詳細な解像度では (theta / param2) となる). </param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.HoughLines2(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.HoughLinesMethod,System.Double,System.Double,System.Int32)">
            <summary>
            ハフ(Hough)変換を用いて2値画像から直線を検出する
            </summary>
            <param name="line_storage">検出された線を保存する1行の行列/1列の行列. 行列のヘッダは,そのcols か rowsが検出された線の数となるように,この関数によって変更される.もし実際の線の数が行列のサイズを超える場合は,線の最大可能数が返される(標準的ハフ変換の場合は 投票数でソートされる).</param>
            <param name="method">ハフ変換の種類</param>
            <param name="rho">距離解像度(1ピクセル当たりの単位)</param>
            <param name="theta">角度解像度(ラジアン単位で計測)</param>
            <param name="threshold">閾値パラメータ.対応する投票数がthresholdより大きい場合のみ,抽出された線が返される.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.HoughLines2(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.HoughLinesMethod,System.Double,System.Double,System.Int32,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            ハフ(Hough)変換を用いて2値画像から直線を検出する
            </summary>
            <param name="line_storage">検出された線を保存する1行の行列/1列の行列. 行列のヘッダは,そのcols か rowsが検出された線の数となるように,この関数によって変更される.もし実際の線の数が行列のサイズを超える場合は,線の最大可能数が返される(標準的ハフ変換の場合は 投票数でソートされる).</param>
            <param name="method">ハフ変換の種類</param>
            <param name="rho">距離解像度(1ピクセル当たりの単位)</param>
            <param name="theta">角度解像度(ラジアン単位で計測)</param>
            <param name="threshold">閾値パラメータ.対応する投票数がthresholdより大きい場合のみ,抽出された線が返される.</param>
            <param name="param1">各手法に応じた1番目のパラメータ.標準的ハフ変換では,使用しない(0).確率的ハフ変換では,最小の線の長さ.マルチスケールハフ変換では, 距離解像度rhoの除数.(荒い距離解像度では rho であり,詳細な解像度では (rho / param1) となる).</param>
            <param name="param2">各手法に応じた2番目のパラメータ.標準的ハフ変換では,使用しない(0).確率的ハフ変換では,同一線上に存在する線分として扱う(つまり,それらを統合しても問題ない),二つの線分の最大の間隔. マルチスケールハフ変換では,角度解像度 thetaの除数. (荒い角度解像度では theta であり,詳細な解像度では (theta / param2) となる). </param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.IncRefData">
            <summary>
            参照カウンタポインタが null ではない場合に, CvMat あるいは CvMatND のデータの参照カウンタをインクリメントし,新たなカウンタ値を返す.
            そうでない場合は 0 を返す. 
            </summary>
            <returns>新たなカウンタ値</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Inpaint(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double,OpenCvSharp.InpaintMethod)">
            <summary>
            配列の要素値が他の二つの配列要素で表される範囲内に位置するかをチェックする
            </summary>
            <param name="mask">修復マスク.8ビット,1チャンネル画像. 非0のピクセルが,修復の必要がある領域であることを示す.</param>
            <param name="dst">出力画像(入力画像と同じサイズ,同じタイプ).</param>
            <param name="inpaintRange">修復されるピクセルの円状の隣接領域を示す半径</param>
            <param name="flags">修復方法</param>	
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.InRange(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列の要素値が他の二つの配列要素で表される範囲内に位置するかをチェックする
            </summary>
            <param name="lower">下限値(その値を含む)を表す配列</param>
            <param name="upper">上限値(その値は含まない)を表す配列</param>
            <param name="dst">出力配列(タイプは8u または 8s)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.InRangeS(OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列の要素値が二つのスカラーの間に位置するかをチェックする
            </summary>
            <param name="lower">下限値(その値を含む)</param>
            <param name="upper">上限値(その値は含まない)</param>
            <param name="dst">出力配列(タイプは8u または 8s)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Integral(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            任意の矩形領域の画素値の総和を計算する
            </summary>
            <param name="sum">インテグラルイメージ(integral image),W+1×H+1,32ビット整数型あるいは倍精度浮動小数点型(64f). </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Integral(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            任意の矩形領域の画素値の総和を計算する
            </summary>
            <param name="sum">インテグラルイメージ(integral image),W+1×H+1,32ビット整数型あるいは倍精度浮動小数点型(64f). </param>
            <param name="sqsum">オプション:各ピクセル値を2乗したインテグラルイメージ,W+1×H+1,倍精度浮動小数点型(64f). </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Integral(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            任意の矩形領域の画素値の総和を計算する
            </summary>
            <param name="sum">インテグラルイメージ(integral image),W+1×H+1,32ビット整数型あるいは倍精度浮動小数点型(64f). </param>
            <param name="sqsum">オプション:各ピクセル値を2乗したインテグラルイメージ,W+1×H+1,倍精度浮動小数点型(64f). </param>
            <param name="tilted_sum">オプション:45度回転させた入力画像のインテグラルイメージ,W+1×H+1,sumと同じデータフォーマット.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Invert(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            逆行列または擬似逆行列を求める.
            </summary>
            <param name="dst">出力行列</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Invert(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.InvertMethod)">
            <summary>
            逆行列または擬似逆行列を求める.
            </summary>
            <param name="dst">出力行列</param>
            <param name="method">逆行列を求める手法</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Inv(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            逆行列または擬似逆行列を求める. Invertのエイリアス.
            </summary>
            <param name="dst">出力行列</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Inv(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.InvertMethod)">
            <summary>
            逆行列または擬似逆行列を求める. Invertのエイリアス.
            </summary>
            <param name="dst">出力行列</param>
            <param name="method">逆行列を求める手法</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.KMeans2(System.Int32,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvTermCriteria)">
            <summary>
            ベクトル集合を,与えられたクラスタ数に分割する.
            入力サンプルを各クラスタに分類するために cluster_count 個のクラスタの中心を求める k-means 法を実装する.
            出力 labels(i) は,配列 samples のi番目の行のサンプルが属するクラスタのインデックスを表す. 
            </summary>
            <param name="cluster_count">集合を分割するクラスタ数</param>
            <param name="labels">出力の整数ベクトル.すべてのサンプルについて,それぞれがどのクラスタに属しているかが保存されている.</param>
            <param name="termcrit">最大繰り返し数と(または),精度(1ループでの各クラスタ中心位置移動距離)の指定</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Laplace(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            Sobel演算子を用いて計算されたxとyの2次微分を加算することで,入力画像のラプラシアン(Laplacian)を計算する [aperture_size=3]
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Laplace(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.ApertureSize)">
            <summary>
            Sobel演算子を用いて計算されたxとyの2次微分を加算することで,入力画像のラプラシアン(Laplacian)を計算する
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="aperture_size">拡張Sobelカーネルのサイズ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Line(System.Int32,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            2点を結ぶ線分を画像上に描画する.
            </summary>
            <param name="pt1_x">線分の1番目の端点x</param>
            <param name="pt1_y">線分の1番目の端点y</param>
            <param name="pt2_x">線分の2番目の端点x</param>
            <param name="pt2_y">線分の2番目の端点y</param>
            <param name="color">線分の色</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Line(System.Int32,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            2点を結ぶ線分を画像上に描画する.
            </summary>
            <param name="pt1_x">線分の1番目の端点x</param>
            <param name="pt1_y">線分の1番目の端点y</param>
            <param name="pt2_x">線分の2番目の端点x</param>
            <param name="pt2_y">線分の2番目の端点y</param>
            <param name="color">線分の色</param>
            <param name="thickness">線分の太さ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Line(System.Int32,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            2点を結ぶ線分を画像上に描画する.
            </summary>
            <param name="pt1_x">線分の1番目の端点x</param>
            <param name="pt1_y">線分の1番目の端点y</param>
            <param name="pt2_x">線分の2番目の端点x</param>
            <param name="pt2_y">線分の2番目の端点y</param>
            <param name="color">線分の色</param>
            <param name="thickness">線分の太さ</param>
            <param name="line_type">線分の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Line(System.Int32,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            2点を結ぶ線分を画像上に描画する.
            </summary>
            <param name="pt1_x">線分の1番目の端点x</param>
            <param name="pt1_y">線分の1番目の端点y</param>
            <param name="pt2_x">線分の2番目の端点x</param>
            <param name="pt2_y">線分の2番目の端点y</param>
            <param name="color">線分の色</param>
            <param name="thickness">線分の太さ</param>
            <param name="line_type">線分の種類</param>
            <param name="shift">座標の小数点以下の桁を表すビット数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Line(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            2点を結ぶ線分を画像上に描画する.
            </summary>
            <param name="pt1">線分の1番目の端点</param>
            <param name="pt2">線分の2番目の端点</param>
            <param name="color">線分の色</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Line(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            2点を結ぶ線分を画像上に描画する.
            </summary>
            <param name="pt1">線分の1番目の端点</param>
            <param name="pt2">線分の2番目の端点</param>
            <param name="color">線分の色</param>
            <param name="thickness">線分の太さ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Line(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            2点を結ぶ線分を画像上に描画する.
            </summary>
            <param name="pt1">線分の1番目の端点</param>
            <param name="pt2">線分の2番目の端点</param>
            <param name="color">線分の色</param>
            <param name="thickness">線分の太さ</param>
            <param name="line_type">線分の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Line(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            2点を結ぶ線分を画像上に描画する.
            </summary>
            <param name="pt1">線分の1番目の端点</param>
            <param name="pt2">線分の2番目の端点</param>
            <param name="color">線分の色</param>
            <param name="thickness">線分の太さ</param>
            <param name="line_type">線分の種類</param>
            <param name="shift">座標の小数点以下の桁を表すビット数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawLine(System.Int32,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            2点を結ぶ線分を画像上に描画する.
            </summary>
            <param name="pt1_x">線分の1番目の端点x</param>
            <param name="pt1_y">線分の1番目の端点y</param>
            <param name="pt2_x">線分の2番目の端点x</param>
            <param name="pt2_y">線分の2番目の端点y</param>
            <param name="color">線分の色</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawLine(System.Int32,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            2点を結ぶ線分を画像上に描画する.
            </summary>
            <param name="pt1_x">線分の1番目の端点x</param>
            <param name="pt1_y">線分の1番目の端点y</param>
            <param name="pt2_x">線分の2番目の端点x</param>
            <param name="pt2_y">線分の2番目の端点y</param>
            <param name="color">線分の色</param>
            <param name="thickness">線分の太さ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawLine(System.Int32,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            2点を結ぶ線分を画像上に描画する.
            </summary>
            <param name="pt1_x">線分の1番目の端点x</param>
            <param name="pt1_y">線分の1番目の端点y</param>
            <param name="pt2_x">線分の2番目の端点x</param>
            <param name="pt2_y">線分の2番目の端点y</param>
            <param name="color">線分の色</param>
            <param name="thickness">線分の太さ</param>
            <param name="line_type">線分の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawLine(System.Int32,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            2点を結ぶ線分を画像上に描画する.
            </summary>
            <param name="pt1_x">線分の1番目の端点x</param>
            <param name="pt1_y">線分の1番目の端点y</param>
            <param name="pt2_x">線分の2番目の端点x</param>
            <param name="pt2_y">線分の2番目の端点y</param>
            <param name="color">線分の色</param>
            <param name="thickness">線分の太さ</param>
            <param name="line_type">線分の種類</param>
            <param name="shift">座標の小数点以下の桁を表すビット数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawLine(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            2点を結ぶ線分を画像上に描画する.
            </summary>
            <param name="pt1">線分の1番目の端点</param>
            <param name="pt2">線分の2番目の端点</param>
            <param name="color">線分の色</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawLine(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            2点を結ぶ線分を画像上に描画する.
            </summary>
            <param name="pt1">線分の1番目の端点</param>
            <param name="pt2">線分の2番目の端点</param>
            <param name="color">線分の色</param>
            <param name="thickness">線分の太さ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawLine(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            2点を結ぶ線分を画像上に描画する.
            </summary>
            <param name="pt1">線分の1番目の端点</param>
            <param name="pt2">線分の2番目の端点</param>
            <param name="color">線分の色</param>
            <param name="thickness">線分の太さ</param>
            <param name="line_type">線分の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawLine(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            2点を結ぶ線分を画像上に描画する.
            </summary>
            <param name="pt1">線分の1番目の端点</param>
            <param name="pt2">線分の2番目の端点</param>
            <param name="color">線分の色</param>
            <param name="thickness">線分の太さ</param>
            <param name="line_type">線分の種類</param>
            <param name="shift">座標の小数点以下の桁を表すビット数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.LinearPolar(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint2D32f,System.Double)">
            <summary>
            Performs forward or inverse linear-polar image transform
            </summary>
            <param name="dst"></param>
            <param name="center"></param>
            <param name="maxRadius"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.LinearPolar(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint2D32f,System.Double,OpenCvSharp.Interpolation)">
            <summary>
            Performs forward or inverse linear-polar image transform
            </summary>
            <param name="dst"></param>
            <param name="center"></param>
            <param name="maxRadius"></param>
            <param name="flags"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Log(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            すべての配列要素の絶対値の自然対数を計算する
            </summary>
            <param name="dst">出力配列.倍精度の浮動小数点型(double),または入力配列と同じタイプでなければならない.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.LogPolar(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint2D32f,System.Double)">
            <summary>
            画像を対数極座標(Log-Polar)空間に再マッピングする.
            この関数は人間の網膜をモデル化したものであり,オブジェクトトラッキング等のための高速なスケーリングと,
            回転に不変なテンプレートマッチングに用いることができる.
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="center">出力精度が最大となるような変換の中心座標</param>
            <param name="M">スケーリング係数の大きさ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.LogPolar(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint2D32f,System.Double,OpenCvSharp.Interpolation)">
            <summary>
            画像を対数極座標(Log-Polar)空間に再マッピングする. 
            この関数は人間の網膜をモデル化したものであり,オブジェクトトラッキング等のための高速なスケーリングと,
            回転に不変なテンプレートマッチングに用いることができる.
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="center">出力精度が最大となるような変換の中心座標</param>
            <param name="M">スケーリング係数の大きさ</param>
            <param name="flags">補間方法</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.LUT(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            出力配列の各要素値をルックアップテーブルを用いて決定する.
            </summary>
            <param name="dst">出力配列(任意のデプス,入力配列と同じチャンネル数).</param>
            <param name="lut">要素数が256であるルックアップテーブル(出力配列と同じデプスでなければならない).マルチチャンネルの入力/出力配列の場合,テーブルはシングルチャンネル(この場合すべてのチャンネル対して,同じテーブルを使う)か,入力/出力配列と同じチャンネル数でなければならない.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.LUT(OpenCvSharp.CvArr,System.Byte[])">
            <summary>
            出力配列の各要素値をルックアップテーブルを用いて決定する.ルックアップテーブルが配列で指定できる簡易バージョン.
            </summary>
            <param name="dst">出力配列(任意のデプス,入力配列と同じチャンネル数)</param>
            <param name="lut">要素数が256であるルックアップテーブル</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.LUT(OpenCvSharp.CvArr,System.Int16[])">
            <summary>
            出力配列の各要素値をルックアップテーブルを用いて決定する.ルックアップテーブルが配列で指定できる簡易バージョン.
            </summary>
            <param name="dst">出力配列(任意のデプス,入力配列と同じチャンネル数)</param>
            <param name="lut">要素数が256であるルックアップテーブル</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.LUT(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32[])">
            <summary>
            出力配列の各要素値をルックアップテーブルを用いて決定する.ルックアップテーブルが配列で指定できる簡易バージョン.
            </summary>
            <param name="dst">出力配列(任意のデプス,入力配列と同じチャンネル数)</param>
            <param name="lut">要素数が256であるルックアップテーブル</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.LUT(OpenCvSharp.CvArr,System.Single[])">
            <summary>
            出力配列の各要素値をルックアップテーブルを用いて決定する.ルックアップテーブルが配列で指定できる簡易バージョン.
            </summary>
            <param name="dst">出力配列(任意のデプス,入力配列と同じチャンネル数)</param>
            <param name="lut">要素数が256であるルックアップテーブル</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.LUT(OpenCvSharp.CvArr,System.Double[])">
            <summary>
            出力配列の各要素値をルックアップテーブルを用いて決定する.ルックアップテーブルが配列で指定できる簡易バージョン.
            </summary>
            <param name="dst">出力配列(任意のデプス,入力配列と同じチャンネル数)</param>
            <param name="lut">要素数が256であるルックアップテーブル</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.MatchTemplate(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.MatchTemplateMethod)">
            <summary>
            テンプレートと重なった画像領域を比較する. 
            templを,image全体に対してスライドさせ,それとサイズ w×h で重なる領域とを指定された方法で比較し,その結果を result に保存する. 
            </summary>
            <param name="templ">探索用テンプレート.画像より大きくてはならない,かつ画像と同じタイプである必要がある. </param>
            <param name="result">比較結果のマップ.シングルチャンネルの32ビット浮動小数点型データ.image が W×H で templ が w×h ならば, result は W-w+1×H-h+1のサイズが必要. </param>
            <param name="method">テンプレートマッチングの方法(以下を参照).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Max(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            二つの配列の各要素についての最大値を求める. 
            dst(I)=max(src1(I), src2(I)) 
            </summary>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.MaxS(System.Double,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列の各要素とスカラーについての最大値を求める. 
            dst(I)=max(src(I), value) 
            </summary>
            <param name="value">スカラー</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Min(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            二つの配列の各要素についての最小値を求める. 
            dst(I)=min(src1(I), src2(I)) 
            </summary>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.MinAreaRect2">
            <summary>
            与えられた2次元の点列を囲む最小矩形を求める
            </summary>
            <returns>2次元の点列に対する最小矩形</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.MinAreaRect2(OpenCvSharp.CvMemStorage)">
            <summary>
            与えられた2次元の点列を囲む最小矩形を求める
            </summary>
            <param name="storage">一時的なメモリストレージ</param>
            <returns>2次元の点列に対する最小矩形</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.MinEnclosingCircle(OpenCvSharp.CvPoint2D32f@,System.Single@)">
            <summary>
            与えられた2次元の点列を囲む最小円を求める
            </summary>
            <param name="center">出力パラメータ.囲む円の中心.</param>
            <param name="radius">出力パラメータ.囲む円の半径.</param>
            <returns>結果の円が全ての入力点を含む場合はtrueを返し, それ以外(すなわちアルゴリズムの失敗)の場合はfalseを返す.</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.MinMaxLoc(System.Double@,System.Double@)">
            <summary>
            配列あるいは部分配列内の最小値と最大値を求める
            </summary>
            <param name="min_val">戻り値の最小値</param>
            <param name="max_val">戻り値の最大値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.MinMaxLoc(System.Double@,System.Double@,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列あるいは部分配列内の最小値と最大値を求める
            </summary>
            <param name="min_val">戻り値の最小値</param>
            <param name="max_val">戻り値の最大値</param>
            <param name="mask">部分配列を指定するためのオプションのマスク</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.MinMaxLoc(OpenCvSharp.CvPoint@,OpenCvSharp.CvPoint@)">
            <summary>
            配列あるいは部分配列内の最小値と最大値を求める
            </summary>
            <param name="min_loc">戻り値の最小値を持つ位置</param>
            <param name="max_loc">戻り値の最大値を持つ位置</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.MinMaxLoc(OpenCvSharp.CvPoint@,OpenCvSharp.CvPoint@,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列あるいは部分配列内の最小値と最大値を求める
            </summary>
            <param name="min_loc">戻り値の最小値を持つ位置</param>
            <param name="max_loc">戻り値の最大値を持つ位置</param>
            <param name="mask">部分配列を指定するためのオプションのマスク</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.MinMaxLoc(System.Double@,System.Double@,OpenCvSharp.CvPoint@,OpenCvSharp.CvPoint@)">
            <summary>
            配列あるいは部分配列内の最小値と最大値を求める
            </summary>
            <param name="min_val">戻り値の最小値</param>
            <param name="max_val">戻り値の最大値</param>
            <param name="min_loc">戻り値の最小値を持つ位置</param>
            <param name="max_loc">戻り値の最大値を持つ位置</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.MinMaxLoc(System.Double@,System.Double@,OpenCvSharp.CvPoint@,OpenCvSharp.CvPoint@,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列あるいは部分配列内の最小値と最大値を求める
            </summary>
            <param name="min_val">戻り値の最小値</param>
            <param name="max_val">戻り値の最大値</param>
            <param name="min_loc">戻り値の最小値を持つ位置</param>
            <param name="max_loc">戻り値の最大値を持つ位置</param>
            <param name="mask">部分配列を指定するためのオプションのマスク</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.MinS(System.Double,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列の各要素とスカラーについての最小値を求める. 
            dst(I)=min(src(I), value) 
            </summary>
            <param name="value">スカラー</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Moments(System.Boolean)">
            <summary>
            ポリゴンまたはラスタ形状の3次までのモーメントを計算する
            </summary>
            <param name="isBinary">(画像の場合のみ)このフラグがtrueの場合,値0のピクセルは0として,その他のピクセル値は1として扱われる. </param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Mul(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            二つの配列の要素同士を乗算する (scale=1).
            dst(I) = scale * src1(I) * src2(I)
            </summary>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Mul(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double)">
            <summary>
            二つの配列の要素同士を乗算する.
            dst(I) = scale * src1(I) * src2(I)
            </summary>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="scale">任意のスケーリング係数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Norm">
            <summary>
            配列の絶対値ノルム(absolute array norm)を計算する
            </summary>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Norm(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列の絶対値ノルム(absolute array norm),絶対値差分ノルム(absolute difference norm),相対値差分ノルム(relative difference norm)を計算する
            </summary>
            <param name="arr2">2番目の入力画像.null の場合,arr1の絶対値ノルムが計算され,そうでない場合は,arr1-arr2 の絶対値あるいは相対値ノルムが計算される. </param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Norm(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.NormType)">
            <summary>
            配列の絶対値ノルム(absolute array norm),絶対値差分ノルム(absolute difference norm),相対値差分ノルム(relative difference norm)を計算する
            </summary>
            <param name="arr2">2番目の入力画像.null の場合,arr1の絶対値ノルムが計算され,そうでない場合は,arr1-arr2 の絶対値あるいは相対値ノルムが計算される. </param>
            <param name="norm_type">ノルムのタイプ</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Norm(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.NormType,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列の絶対値ノルム(absolute array norm),絶対値差分ノルム(absolute difference norm),相対値差分ノルム(relative difference norm)を計算する
            </summary>
            <param name="arr2">2番目の入力画像.null の場合,arr1の絶対値ノルムが計算され,そうでない場合は,arr1-arr2 の絶対値あるいは相対値ノルムが計算される. </param>
            <param name="norm_type">ノルムのタイプ</param>
            <param name="mask">オプションの処理マスク</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Normalize(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            指定のノルムになるように,あるいは値が指定の範囲になるように,配列を正規化する
            </summary>
            <param name="dst">出力配列.インプレース処理が可能.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Normalize(OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            指定のノルムになるように,あるいは値が指定の範囲になるように,配列を正規化する
            </summary>
            <param name="dst">出力配列.インプレース処理が可能.</param>
            <param name="a">出力配列の最小値または最大値,あるいは出力配列のノルム.</param>
            <param name="b">出力配列の最大値または最小値.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Normalize(OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.NormType)">
            <summary>
            指定のノルムになるように,あるいは値が指定の範囲になるように,配列を正規化する
            </summary>
            <param name="dst">出力配列.インプレース処理が可能.</param>
            <param name="a">出力配列の最小値または最大値,あるいは出力配列のノルム.</param>
            <param name="b">出力配列の最大値または最小値.</param>
            <param name="norm_type">正規化のタイプ. C, L1, L2, MinMaxのうち1つ.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Normalize(OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.NormType,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            指定のノルムになるように,あるいは値が指定の範囲になるように,配列を正規化する
            </summary>
            <param name="dst">出力配列.インプレース処理が可能.</param>
            <param name="a">出力配列の最小値または最大値,あるいは出力配列のノルム.</param>
            <param name="b">出力配列の最大値または最小値.</param>
            <param name="norm_type">正規化のタイプ. C, L1, L2, MinMaxのうち1つ.</param>
            <param name="mask">操作マスク.特定の配列要素のみを正規化するためのマスク.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Not(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            各配列要素のビット単位の反転を行う
            </summary>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Or(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            二つの配列の要素ごとの論理和(OR)を計算する. 
            dst(I)=src1(I)|src2(I)
            </summary>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Or(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            二つの配列の要素ごとの論理和(OR)を計算する. 
            dst(I)=src1(I)|src2(I) [mask(I)!=0の場合]
            </summary>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="mask">処理マスク.8ビットシングルチャンネル配列(出力配列のどの要素が変更されるかを指定する). </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.OrS(OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列の各要素とスカラーとのビット単位の論理和(OR)を計算する.
            実際の計算の前に,スカラーは配列と同じタイプに変換される.浮動小数点型配列の場合,それらのビット表現が処理に使われる.
            dst(I)=src(I)|value
            </summary>
            <param name="value">処理に用いるスカラー</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.OrS(OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列の各要素とスカラーとのビット単位の論理和(OR)を計算する. 
            実際の計算の前に,スカラーは配列と同じタイプに変換される.浮動小数点型配列の場合,それらのビット表現が処理に使われる.
            dst(I)=src(I)|value [mask(I)!=0の場合]
            </summary>
            <param name="value">処理に用いるスカラー</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="mask">処理マスク.8ビットシングルチャンネル配列(出力配列のどの要素が変更されるかを指定する).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.PerspectiveTransform(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            ベクトルの透視投影変換を行う
            </summary>
            <param name="dst">3チャンネルの浮動小数点型出力配列</param>
            <param name="mat">3×3 または 4×4 の変換行列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.PointPolygonTest(OpenCvSharp.CvPoint2D32f,System.Boolean)">
            <summary>
            点と輪郭の関係を調べる
            </summary>
            <param name="pt">入力輪郭に対して調べる点</param>
            <param name="measure_dist">非0の場合, この関数は与えた点に最も近い輪郭までの距離を求める.</param>
            <returns>点が輪郭の内側にあるか,外側にあるか,輪郭上に乗っている(あるいは,頂点と一致している)かを判別し,それぞれの場合に応じて正か負か0を返す.
            measure_dist=0の場合,戻り値はそれぞれ+1,-1,0である. measure_dist≠0の場合,点と最近傍輪郭までの符号付きの距離を返す.</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.PolyLine(OpenCvSharp.CvPoint[][],System.Boolean,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            ポリライン(枠だけのポリゴン)を描画する
            </summary>
            <param name="pts">ポリラインの配列の配列</param>
            <param name="is_closed">ポリラインを閉じるかどうかを指定する.閉じる場合,それぞれの領域の最後の頂点と最初の頂点を結ぶ線分を描画する. </param>
            <param name="color">線の色</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.PolyLine(OpenCvSharp.CvPoint[][],System.Boolean,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            ポリライン(枠だけのポリゴン)を描画する
            </summary>
            <param name="pts">ポリラインの配列の配列</param>
            <param name="is_closed">ポリラインを閉じるかどうかを指定する.閉じる場合,それぞれの領域の最後の頂点と最初の頂点を結ぶ線分を描画する. </param>
            <param name="color">線の色</param>
            <param name="thickness">線の太さ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.PolyLine(OpenCvSharp.CvPoint[][],System.Boolean,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            ポリライン(枠だけのポリゴン)を描画する
            </summary>
            <param name="pts">ポリラインの配列の配列</param>
            <param name="is_closed">ポリラインを閉じるかどうかを指定する.閉じる場合,それぞれの領域の最後の頂点と最初の頂点を結ぶ線分を描画する. </param>
            <param name="color">線の色</param>
            <param name="thickness">線の太さ</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.PolyLine(OpenCvSharp.CvPoint[][],System.Boolean,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            ポリライン(枠だけのポリゴン)を描画する
            </summary>
            <param name="pts">ポリラインの配列の配列</param>
            <param name="is_closed">ポリラインを閉じるかどうかを指定する.閉じる場合,それぞれの領域の最後の頂点と最初の頂点を結ぶ線分を描画する. </param>
            <param name="color">線の色</param>
            <param name="thickness">線の太さ</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
            <param name="shift">頂点座標の小数点以下の桁を表すビット数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawPolyLine(OpenCvSharp.CvPoint[][],System.Boolean,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            ポリライン(枠だけのポリゴン)を描画する
            </summary>
            <param name="pts">ポリラインの配列の配列</param>
            <param name="is_closed">ポリラインを閉じるかどうかを指定する.閉じる場合,それぞれの領域の最後の頂点と最初の頂点を結ぶ線分を描画する. </param>
            <param name="color">線の色</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawPolyLine(OpenCvSharp.CvPoint[][],System.Boolean,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            ポリライン(枠だけのポリゴン)を描画する
            </summary>
            <param name="pts">ポリラインの配列の配列</param>
            <param name="is_closed">ポリラインを閉じるかどうかを指定する.閉じる場合,それぞれの領域の最後の頂点と最初の頂点を結ぶ線分を描画する. </param>
            <param name="color">線の色</param>
            <param name="thickness">線の太さ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawPolyLine(OpenCvSharp.CvPoint[][],System.Boolean,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            ポリライン(枠だけのポリゴン)を描画する
            </summary>
            <param name="pts">ポリラインの配列の配列</param>
            <param name="is_closed">ポリラインを閉じるかどうかを指定する.閉じる場合,それぞれの領域の最後の頂点と最初の頂点を結ぶ線分を描画する. </param>
            <param name="color">線の色</param>
            <param name="thickness">線の太さ</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawPolyLine(OpenCvSharp.CvPoint[][],System.Boolean,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            ポリライン(枠だけのポリゴン)を描画する
            </summary>
            <param name="pts">ポリラインの配列の配列</param>
            <param name="is_closed">ポリラインを閉じるかどうかを指定する.閉じる場合,それぞれの領域の最後の頂点と最初の頂点を結ぶ線分を描画する. </param>
            <param name="color">線の色</param>
            <param name="thickness">線の太さ</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
            <param name="shift">頂点座標の小数点以下の桁を表すビット数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Pow(OpenCvSharp.CvArr,System.Double)">
            <summary>
            すべての配列要素を累乗する.
            </summary>
            <param name="dst">出力配列.入力と同じタイプでなければならない.</param>
            <param name="power">累乗の指数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.PreCornerDetect(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            コーナー検出のために,画像ブロックの最小固有値を計算する. 
            すべてのピクセルについて,隣接ブロックにおける導関数の共変動行列の最小固有値だけを求める関数である.
            </summary>
            <param name="corners">コーナーの候補を保存する画像</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.PreCornerDetect(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.ApertureSize)">
            <summary>
            コーナー検出のために,画像ブロックの最小固有値を計算する. 
            すべてのピクセルについて,隣接ブロックにおける導関数の共変動行列の最小固有値だけを求める関数である.
            </summary>
            <param name="corners">コーナーの候補を保存する画像</param>
            <param name="aperture_size">Sobel演算子のアパーチャサイズ(cvSobel参照).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Ptr1D(System.Int32)">
            <summary>
            特定の配列要素へのポインタを返す.
            </summary>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <returns>指定した要素のポインタ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Ptr1D(System.Int32,OpenCvSharp.MatrixType@)">
            <summary>
            特定の配列要素へのポインタを返す.
            </summary>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="type">行列要素のタイプ</param>
            <returns>指定した要素のポインタ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Ptr2D(System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            特定の配列要素へのポインタを返す.
            </summary>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="idx1">要素インデックスの,0を基準とした第2成分.</param>
            <returns>指定した要素のポインタ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Ptr2D(System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.MatrixType@)">
            <summary>
            特定の配列要素へのポインタを返す.
            </summary>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="idx1">要素インデックスの,0を基準とした第2成分.</param>
            <param name="type">行列要素のタイプ</param>
            <returns>指定した要素のポインタ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Ptr3D(System.Int32,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            特定の配列要素へのポインタを返す.
            </summary>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="idx1">要素インデックスの,0を基準とした第2成分.</param>
            <param name="idx2">要素インデックスの,0を基準とした第3成分.</param>
            <returns>指定した要素のポインタ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Ptr3D(System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.MatrixType@)">
            <summary>
            特定の配列要素へのポインタを返す.
            </summary>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="idx1">要素インデックスの,0を基準とした第2成分.</param>
            <param name="idx2">要素インデックスの,0を基準とした第3成分.</param>
            <param name="type">行列要素のタイプ</param>
            <returns>指定した要素のポインタ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.PtrND(System.Int32[])">
            <summary>
            特定の配列要素へのポインタを返す.
            </summary>
            <param name="idx">要素インデックスの配列(可変長引数)</param>
            <returns>指定した要素のポインタ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.PtrND(System.Int32[],OpenCvSharp.MatrixType@)">
            <summary>
            特定の配列要素へのポインタを返す.
            </summary>
            <param name="idx">要素インデックスの配列</param>
            <param name="type">行列要素のタイプ</param>
            <returns>指定した要素のポインタ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.PtrND(System.Int32[],OpenCvSharp.MatrixType@,System.Boolean)">
            <summary>
            特定の配列要素へのポインタを返す.
            </summary>
            <param name="idx">要素インデックスの配列</param>
            <param name="type">行列要素のタイプ</param>
            <param name="create_node">疎な行列に対するオプションの入力パラメータ. trueの場合,指定された要素が存在しないときは要素を生成する.</param>
            <returns>指定した要素のポインタ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.PtrND(System.Int32[],OpenCvSharp.MatrixType@,System.Boolean,System.Nullable{System.UInt32})">
            <summary>
            特定の配列要素へのポインタを返す.
            </summary>
            <param name="idx">要素インデックスの配列</param>
            <param name="type">行列要素のタイプ</param>
            <param name="create_node">疎な行列に対するオプションの入力パラメータ. trueの場合,指定された要素が存在しないときは要素を生成する.</param>
            <param name="precalc_hashval">疎な行列に対するオプションの入力パラメータ.nullでないとき,関数はノードのハッシュ値を再計算せず,指定された場所から取ってくる. これにより,ペアワイズ操作の速度が向上する.</param>
            <returns>指定した要素のポインタ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.PutText(System.String,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvFont,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            文字列を描画する
            </summary>
            <param name="text">描画する文字列</param>
            <param name="org">最初の文字の左下の座標</param>
            <param name="font">フォント構造体</param>
            <param name="color">文字の色</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.PyrDown(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            画像のダウンサンプリングを行う
            </summary>
            <param name="dst">出力画像.入力画像の1/2の幅と高さ.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.PyrDown(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvFilter)">
            <summary>
            画像のダウンサンプリングを行う
            </summary>
            <param name="dst">出力画像.入力画像の1/2の幅と高さ.</param>
            <param name="filter">畳み込みに使うフィルタ.現在は CV_GAUSSIAN_5x5 のみサポート.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.PyrMeanShiftFiltering(OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            平均値シフト法による画像のセグメント化アルゴリズムのフィルタリング部分を実装する.
            </summary>
            <param name="dst">出力画像.入力画像と同じフォーマット,同じサイズ</param>
            <param name="sp">空間ウィンドウの半径</param>
            <param name="sr">色空間ウィンドウの半径</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.PyrMeanShiftFiltering(OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Double,System.Int32)">
            <summary>
            平均値シフト法による画像のセグメント化アルゴリズムのフィルタリング部分を実装する.
            </summary>
            <param name="dst">出力画像.入力画像と同じフォーマット,同じサイズ</param>
            <param name="sp">空間ウィンドウの半径</param>
            <param name="sr">色空間ウィンドウの半径</param>
            <param name="max_level">セグメント化のためのピラミッドの最大レベル</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.PyrMeanShiftFiltering(OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Double,System.Int32,OpenCvSharp.CvTermCriteria)">
            <summary>
            平均値シフト法による画像のセグメント化アルゴリズムのフィルタリング部分を実装する.
            </summary>
            <param name="dst">出力画像.入力画像と同じフォーマット,同じサイズ</param>
            <param name="sp">空間ウィンドウの半径</param>
            <param name="sr">色空間ウィンドウの半径</param>
            <param name="max_level">セグメント化のためのピラミッドの最大レベル</param>
            <param name="termcrit">終了条件.平均値シフトをいつまで繰り返すか</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.PyrUp(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            画像のアップサンプリングを行う
            </summary>
            <param name="dst">出力画像.入力画像の1/2の幅と高さ.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.PyrUp(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvFilter)">
            <summary>
            画像のアップサンプリングを行う
            </summary>
            <param name="dst">出力画像.入力画像の1/2の幅と高さ.</param>
            <param name="filter">畳み込みに使うフィルタ.現在は CV_GAUSSIAN_5x5 のみサポート.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.RandShuffle">
            <summary>
            ランダムに選ばれた配列要素ペアの入れ替えを反復することにより行列をシャッフルする(マルチチャンネル配列の場合,それぞれの要素は複数の成分を含む).
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.RandShuffle(OpenCvSharp.CvRNG)">
            <summary>
            ランダムに選ばれた配列要素ペアの入れ替えを反復することにより行列をシャッフルする(マルチチャンネル配列の場合,それぞれの要素は複数の成分を含む).
            </summary>
            <param name="rng">要素のシャッフルで用いられる Random Number Generator.ポインタがnullの場合,一時的なRNGが生成され,利用される.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.RandShuffle(OpenCvSharp.CvRNG,System.Double)">
            <summary>
            ランダムに選ばれた配列要素ペアの入れ替えを反復することにより行列をシャッフルする(マルチチャンネル配列の場合,それぞれの要素は複数の成分を含む).
            </summary>
            <param name="rng">要素のシャッフルで用いられる Random Number Generator.ポインタがnullの場合,一時的なRNGが生成され,利用される.</param>
            <param name="iter_factor">シャッフルの強さを指定するパラメータ.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Range(System.Double,System.Double)">
            <summary>
            与えられた範囲の数で行列を埋める.次のように行列を初期化する.
            arr(i,j) = (End-Start) * (i*cols(arr)+j) / (cols(arr)*rows(arr)) 
            </summary>
            <param name="start">範囲の下限(範囲に含まれる)</param>
            <param name="end">範囲の上限(範囲に含まれない)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Rectangle(System.Int32,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            枠のみ,もしくは塗りつぶされた矩形を描画する
            </summary>
            <param name="pt1_x">矩形の一つの頂点のx座標</param>
            <param name="pt1_y">矩形の一つの頂点のy座標</param>
            <param name="pt2_x">矩形の反対側の頂点のx座標</param>
            <param name="pt2_y">矩形の反対側の頂点のy座標</param>
            <param name="color">線の色(RGB),もしくは輝度(グレースケール画像).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Rectangle(System.Int32,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            枠のみ,もしくは塗りつぶされた矩形を描画する
            </summary>
            <param name="pt1_x">矩形の一つの頂点のx座標</param>
            <param name="pt1_y">矩形の一つの頂点のy座標</param>
            <param name="pt2_x">矩形の反対側の頂点のx座標</param>
            <param name="pt2_y">矩形の反対側の頂点のy座標</param>
            <param name="color">線の色(RGB),もしくは輝度(グレースケール画像).</param>
            <param name="thickness">矩形を描く線の太さ.負の値,例えばCV_FILLEDを指定した場合は塗りつぶされる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Rectangle(System.Int32,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            枠のみ,もしくは塗りつぶされた矩形を描画する
            </summary>
            <param name="pt1_x">矩形の一つの頂点のx座標</param>
            <param name="pt1_y">矩形の一つの頂点のy座標</param>
            <param name="pt2_x">矩形の反対側の頂点のx座標</param>
            <param name="pt2_y">矩形の反対側の頂点のy座標</param>
            <param name="color">線の色(RGB),もしくは輝度(グレースケール画像).</param>
            <param name="thickness">矩形を描く線の太さ.負の値,例えばCV_FILLEDを指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Rectangle(System.Int32,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            枠のみ,もしくは塗りつぶされた矩形を描画する
            </summary>
            <param name="pt1_x">矩形の一つの頂点のx座標</param>
            <param name="pt1_y">矩形の一つの頂点のy座標</param>
            <param name="pt2_x">矩形の反対側の頂点のx座標</param>
            <param name="pt2_y">矩形の反対側の頂点のy座標</param>
            <param name="color">線の色(RGB),もしくは輝度(グレースケール画像).</param>
            <param name="thickness">矩形を描く線の太さ.負の値,例えばCV_FILLEDを指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
            <param name="shift">座標の小数点以下の桁を表すビット数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Rectangle(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            枠のみ,もしくは塗りつぶされた矩形を描画する
            </summary>
            <param name="pt1">矩形の一つの頂点</param>
            <param name="pt2">矩形の反対側の頂点</param>
            <param name="color">線の色(RGB),もしくは輝度(グレースケール画像).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Rectangle(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            枠のみ,もしくは塗りつぶされた矩形を描画する
            </summary>
            <param name="pt1">矩形の一つの頂点</param>
            <param name="pt2">矩形の反対側の頂点</param>
            <param name="color">線の色(RGB),もしくは輝度(グレースケール画像).</param>
            <param name="thickness">矩形を描く線の太さ.負の値,例えばCV_FILLEDを指定した場合は塗りつぶされる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Rectangle(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            枠のみ,もしくは塗りつぶされた矩形を描画する
            </summary>
            <param name="pt1">矩形の一つの頂点</param>
            <param name="pt2">矩形の反対側の頂点</param>
            <param name="color">線の色(RGB),もしくは輝度(グレースケール画像).</param>
            <param name="thickness">矩形を描く線の太さ.負の値,例えばCV_FILLEDを指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Rectangle(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            枠のみ,もしくは塗りつぶされた矩形を描画する
            </summary>
            <param name="pt1">矩形の一つの頂点</param>
            <param name="pt2">矩形の反対側の頂点</param>
            <param name="color">線の色(RGB),もしくは輝度(グレースケール画像).</param>
            <param name="thickness">矩形を描く線の太さ.負の値,例えばCV_FILLEDを指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
            <param name="shift">座標の小数点以下の桁を表すビット数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Rectangle(OpenCvSharp.CvRect,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            枠のみ,もしくは塗りつぶされた矩形を描画する
            </summary>
            <param name="rect">矩形</param>
            <param name="color">線の色(RGB),もしくは輝度(グレースケール画像).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Rectangle(OpenCvSharp.CvRect,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            枠のみ,もしくは塗りつぶされた矩形を描画する
            </summary>
            <param name="rect">矩形</param>
            <param name="color">線の色(RGB),もしくは輝度(グレースケール画像).</param>
            <param name="thickness">矩形を描く線の太さ.負の値,例えばCV_FILLEDを指定した場合は塗りつぶされる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Rectangle(OpenCvSharp.CvRect,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            枠のみ,もしくは塗りつぶされた矩形を描画する
            </summary>
            <param name="rect">矩形</param>
            <param name="color">線の色(RGB),もしくは輝度(グレースケール画像).</param>
            <param name="thickness">矩形を描く線の太さ.負の値,例えばCV_FILLEDを指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Rectangle(OpenCvSharp.CvRect,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            枠のみ,もしくは塗りつぶされた矩形を描画する
            </summary>
            <param name="rect">矩形</param>
            <param name="color">線の色(RGB),もしくは輝度(グレースケール画像).</param>
            <param name="thickness">矩形を描く線の太さ.負の値,例えばCV_FILLEDを指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
            <param name="shift">座標の小数点以下の桁を表すビット数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawRect(System.Int32,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            枠のみ,もしくは塗りつぶされた矩形を描画する
            </summary>
            <param name="pt1_x">矩形の一つの頂点のx座標</param>
            <param name="pt1_y">矩形の一つの頂点のy座標</param>
            <param name="pt2_x">矩形の反対側の頂点のx座標</param>
            <param name="pt2_y">矩形の反対側の頂点のy座標</param>
            <param name="color">線の色(RGB),もしくは輝度(グレースケール画像).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawRect(System.Int32,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            枠のみ,もしくは塗りつぶされた矩形を描画する
            </summary>
            <param name="pt1_x">矩形の一つの頂点のx座標</param>
            <param name="pt1_y">矩形の一つの頂点のy座標</param>
            <param name="pt2_x">矩形の反対側の頂点のx座標</param>
            <param name="pt2_y">矩形の反対側の頂点のy座標</param>
            <param name="color">線の色(RGB),もしくは輝度(グレースケール画像).</param>
            <param name="thickness">矩形を描く線の太さ.負の値,例えばCV_FILLEDを指定した場合は塗りつぶされる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawRect(System.Int32,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            枠のみ,もしくは塗りつぶされた矩形を描画する
            </summary>
            <param name="pt1_x">矩形の一つの頂点のx座標</param>
            <param name="pt1_y">矩形の一つの頂点のy座標</param>
            <param name="pt2_x">矩形の反対側の頂点のx座標</param>
            <param name="pt2_y">矩形の反対側の頂点のy座標</param>
            <param name="color">線の色(RGB),もしくは輝度(グレースケール画像).</param>
            <param name="thickness">矩形を描く線の太さ.負の値,例えばCV_FILLEDを指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawRect(System.Int32,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            枠のみ,もしくは塗りつぶされた矩形を描画する
            </summary>
            <param name="pt1_x">矩形の一つの頂点のx座標</param>
            <param name="pt1_y">矩形の一つの頂点のy座標</param>
            <param name="pt2_x">矩形の反対側の頂点のx座標</param>
            <param name="pt2_y">矩形の反対側の頂点のy座標</param>
            <param name="color">線の色(RGB),もしくは輝度(グレースケール画像).</param>
            <param name="thickness">矩形を描く線の太さ.負の値,例えばCV_FILLEDを指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
            <param name="shift">座標の小数点以下の桁を表すビット数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawRect(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            枠のみ,もしくは塗りつぶされた矩形を描画する
            </summary>
            <param name="pt1">矩形の一つの頂点</param>
            <param name="pt2">矩形の反対側の頂点</param>
            <param name="color">線の色(RGB),もしくは輝度(グレースケール画像).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawRect(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            枠のみ,もしくは塗りつぶされた矩形を描画する
            </summary>
            <param name="pt1">矩形の一つの頂点</param>
            <param name="pt2">矩形の反対側の頂点</param>
            <param name="color">線の色(RGB),もしくは輝度(グレースケール画像).</param>
            <param name="thickness">矩形を描く線の太さ.負の値,例えばCV_FILLEDを指定した場合は塗りつぶされる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawRect(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            枠のみ,もしくは塗りつぶされた矩形を描画する
            </summary>
            <param name="pt1">矩形の一つの頂点</param>
            <param name="pt2">矩形の反対側の頂点</param>
            <param name="color">線の色(RGB),もしくは輝度(グレースケール画像).</param>
            <param name="thickness">矩形を描く線の太さ.負の値,例えばCV_FILLEDを指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawRect(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            枠のみ,もしくは塗りつぶされた矩形を描画する
            </summary>
            <param name="pt1">矩形の一つの頂点</param>
            <param name="pt2">矩形の反対側の頂点</param>
            <param name="color">線の色(RGB),もしくは輝度(グレースケール画像).</param>
            <param name="thickness">矩形を描く線の太さ.負の値,例えばCV_FILLEDを指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
            <param name="shift">座標の小数点以下の桁を表すビット数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawRect(OpenCvSharp.CvRect,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            枠のみ,もしくは塗りつぶされた矩形を描画する
            </summary>
            <param name="rect">矩形</param>
            <param name="color">線の色(RGB),もしくは輝度(グレースケール画像).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawRect(OpenCvSharp.CvRect,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            枠のみ,もしくは塗りつぶされた矩形を描画する
            </summary>
            <param name="rect">矩形</param>
            <param name="color">線の色(RGB),もしくは輝度(グレースケール画像).</param>
            <param name="thickness">矩形を描く線の太さ.負の値,例えばCV_FILLEDを指定した場合は塗りつぶされる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawRect(OpenCvSharp.CvRect,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            枠のみ,もしくは塗りつぶされた矩形を描画する
            </summary>
            <param name="rect">矩形</param>
            <param name="color">線の色(RGB),もしくは輝度(グレースケール画像).</param>
            <param name="thickness">矩形を描く線の太さ.負の値,例えばCV_FILLEDを指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.DrawRect(OpenCvSharp.CvRect,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            枠のみ,もしくは塗りつぶされた矩形を描画する
            </summary>
            <param name="rect">矩形</param>
            <param name="color">線の色(RGB),もしくは輝度(グレースケール画像).</param>
            <param name="thickness">矩形を描く線の太さ.負の値,例えばCV_FILLEDを指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
            <param name="shift">座標の小数点以下の桁を表すビット数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Reduce(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            行列をベクトルへ縮小する
            </summary>
            <param name="dst">行(または1列)の出力ベクトル(すべての行/列から指定された方法で計算される)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Reduce(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.ReduceDimension)">
            <summary>
            行列をベクトルへ縮小する
            </summary>
            <param name="dst">行(または1列)の出力ベクトル(すべての行/列から指定された方法で計算される)</param>
            <param name="dim">配列をどのように縮小するかを示すインデックス</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Reduce(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.ReduceDimension,OpenCvSharp.ReduceOperation)">
            <summary>
            行列をベクトルへ縮小する
            </summary>
            <param name="dst">行(または1列)の出力ベクトル(すべての行/列から指定された方法で計算される)</param>
            <param name="dim">配列をどのように縮小するかを示すインデックス</param>
            <param name="type">縮小処理の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.ReleaseData">
            <summary>
            配列データを解放する. 
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Remap(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            画像に対して幾何変換を行う. 指定されたマップを用いて入力画像を以下のように変換する.
            dst(x,y)&lt;-src(mapx(x,y),mapy(x,y)) .
            他の幾何変換と同様,非整数座標値を持つピクセルを抽出するために,ユーザによって指定された補間方法が用いられる.
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="mapx">x座標マップ (32FC1 フォーマットの画像)</param>
            <param name="mapy">y座標マップ (32FC1 フォーマットの画像)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Remap(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.Interpolation)">
            <summary>
            画像に対して幾何変換を行う. 指定されたマップを用いて入力画像を以下のように変換する.
            dst(x,y)&lt;-src(mapx(x,y),mapy(x,y)) .
            他の幾何変換と同様,非整数座標値を持つピクセルを抽出するために,ユーザによって指定された補間方法が用いられる.
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="mapx">x座標マップ (32FC1 フォーマットの画像)</param>
            <param name="mapy">y座標マップ (32FC1 フォーマットの画像)</param>
            <param name="flags">補間方法</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Remap(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.Interpolation,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            画像に対して幾何変換を行う. 指定されたマップを用いて入力画像を以下のように変換する.
            dst(x,y)&lt;-src(mapx(x,y),mapy(x,y)) .
            他の幾何変換と同様,非整数座標値を持つピクセルを抽出するために,ユーザによって指定された補間方法が用いられる.
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="mapx">x座標マップ (32FC1 フォーマットの画像)</param>
            <param name="mapy">y座標マップ (32FC1 フォーマットの画像)</param>
            <param name="flags">補間方法</param>
            <param name="fillval">対応の取れない点に対して与える値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Repeat(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            出力配列を入力配列でタイル状に埋める
            </summary>
            <param name="dst">出力配列,画像または行列.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Reshape(OpenCvSharp.CvMat@,System.Int32)">
            <summary>
            オリジナルの配列と同じデータだが,異なる形状(異なるチャンネル数,異なる行数,またその両方)を持つCvMatのヘッダを初期化する.
            </summary>
            <param name="header">書き込まれる出力ヘッダ</param>
            <param name="new_cn">新しいチャンネル数 .new_cn = 0はチャンネル数が変更されていないことを意味する.</param>
            <returns>行列データ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Reshape(OpenCvSharp.CvMat@,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            オリジナルの配列と同じデータだが,異なる形状(異なるチャンネル数,異なる行数,またその両方)を持つCvMatのヘッダを初期化する.
            </summary>
            <param name="header">書き込まれる出力ヘッダ</param>
            <param name="new_cn">新しいチャンネル数 .new_cn = 0はチャンネル数が変更されていないことを意味する.</param>
            <param name="new_rows">新しい行数. new_rows = 0は,行数がnew_cnの値に応じて変更する必要があるのにも関わらず,変更されないままであることを意味する.</param>
            <returns>行列データ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Reshape(OpenCvSharp.CvMat,System.Int32)">
            <summary>
            オリジナルの配列と同じデータだが,異なる形状(異なるチャンネル数,異なる行数,またその両方)を持つCvMatのヘッダを初期化する.
            </summary>
            <param name="header">書き込まれる出力ヘッダ</param>
            <param name="new_cn">新しいチャンネル数 .new_cn = 0はチャンネル数が変更されていないことを意味する.</param>
            <returns>行列データ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Reshape(OpenCvSharp.CvMat,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            オリジナルの配列と同じデータだが,異なる形状(異なるチャンネル数,異なる行数,またその両方)を持つCvMatのヘッダを初期化する.
            </summary>
            <param name="header">書き込まれる出力ヘッダ</param>
            <param name="new_cn">新しいチャンネル数 .new_cn = 0はチャンネル数が変更されていないことを意味する.</param>
            <param name="new_rows">新しい行数. new_rows = 0は,行数がnew_cnの値に応じて変更する必要があるのにも関わらず,変更されないままであることを意味する.</param>
            <returns>行列データ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.ReshapeMatND``1(System.Int32,``0,System.Int32,System.Int32,System.Int32[])">
            <summary>
            cvReshape の拡張バージョン.
            これは多次元配列を扱うことが可能(普通の画像と行列に対しても使用することが可能)で,さらに次元の変更も可能である.
            </summary>
            <typeparam name="T">出力ヘッダの型</typeparam>
            <param name="sizeof_header">IplImageとCvMat,CvMatNDそれぞれの出力ヘッダを区別するための出力ヘッダのサイズ.</param>
            <param name="header">書き込まれる出力ヘッダ</param>
            <param name="new_cn">新しいチャンネル数 .new_cn = 0はチャンネル数が変更されていないことを意味する.</param>
            <param name="new_dims">新しい次元数. new_dims = 0は,次元数が同じままであることを意味する.</param>
            <param name="new_sizes">新しい次元サイズの配列.要素の総数は変化してはいけないので,new_dims-1の値のみ使用される.従って,new_dims = 1であればnew_sizesは使用されない.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.ReshapeND``1(``0,System.Int32,System.Int32,System.Int32[])">
            <summary>
            cvReshape の拡張バージョン.
            これは多次元配列を扱うことが可能(普通の画像と行列に対しても使用することが可能)で,さらに次元の変更も可能である.
            </summary>
            <typeparam name="T">出力ヘッダの型</typeparam>
            <param name="header">書き込まれる出力ヘッダ</param>
            <param name="new_cn">新しいチャンネル数 .new_cn = 0はチャンネル数が変更されていないことを意味する.</param>
            <param name="new_dims">新しい次元数. new_dims = 0は,次元数が同じままであることを意味する.</param>
            <param name="new_sizes">新しい次元サイズの配列.要素の総数は変化してはいけないので,new_dims-1の値のみ使用される.従って,new_dims = 1であればnew_sizesは使用されない.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Resize(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            画像のサイズ変更を行う (バイリニア補間)
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Resize(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.Interpolation)">
            <summary>
            画像のサイズ変更を行う
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="interpolation">補間方法</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.SampleLine(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvPoint[]@,System.Int32)">
            <summary>
            ラスタ表現の線分を構成する点をサンプリングする
            </summary>
            <param name="pt1">線分の始点</param>
            <param name="pt2">線分の終点</param>
            <param name="buffer">線分上の点を保存するためのバッファ</param>
            <param name="connectivity">線分の接続性.4 または 8.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.ScaleAdd(OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            スケーリングされた配列ともう一つの配列の和を計算する.
            dst(I)=src1(I)*scale + src2(I)
            </summary>
            <param name="scale">1番目の配列のためのスケールファクタ</param>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.MulAddS(OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            スケーリングされた配列ともう一つの配列の和を計算する (cvScaleAddのエイリアス).
            dst(I)=src1(I)*scale + src2(I)
            </summary>
            <param name="scale">1番目の配列のためのスケールファクタ</param>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Set(OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            スカラー値 value を,配列の選択された各要素にコピーする.
            </summary>
            <param name="value">配列を埋める値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Set(OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            スカラー値 value を,配列の選択された各要素にコピーする.
            mask(I) != null の場合,arr(I)=value. 
            </summary>
            <param name="value">配列を埋める値</param>
            <param name="mask">8 ビットシングルチャンネル配列の処理マスク.配列の変更する要素を指定する.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Set1D(System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            新しい値を指定した配列要素に割り当てる. 
            疎な配列の場合,ノードが存在しなければ,この関数はノードを生成する.
            </summary>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="value">割り当てる値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Set2D(System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            新しい値を指定した配列要素に割り当てる. 
            疎な配列の場合,ノードが存在しなければ,この関数はノードを生成する.
            </summary>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="idx1">要素インデックスの,0を基準とした第2成分.</param>
            <param name="value">割り当てる値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Set3D(System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            新しい値を指定した配列要素に割り当てる. 
            疎な配列の場合,ノードが存在しなければ,この関数はノードを生成する.
            </summary>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="idx1">要素インデックスの,0を基準とした第2成分.</param>
            <param name="idx2">要素インデックスの,0を基準とした第3成分.</param>
            <param name="value">割り当てる値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.SetND(OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32[])">
            <summary>
            新しい値を指定した配列要素に割り当てる. 
            疎な配列の場合,ノードが存在しなければ,この関数はノードを生成する.
            </summary>
            <param name="value">割り当てる値</param>
            <param name="idx">要素インデックスの配列(可変長引数)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.SetData``1(``0[],System.Int32)">
            <summary>
            ユーザデータを配列のヘッダに割り当てる. 
            ヘッダは,関数 cvCreate*Header,関数 cvInit*Header あるいは 関数 cvMat(行列の場合)を用いて,あらかじめ初期化されるべきである.
            </summary>
            <typeparam name="T"></typeparam>
            <param name="data">ユーザデータ</param>
            <param name="step">バイト単位で表された行の長さ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.SetData(System.IntPtr,System.Int32)">
            <summary>
            ユーザデータを配列のヘッダに割り当てる. 
            ヘッダは,関数 cvCreate*Header,関数 cvInit*Header あるいは 関数 cvMat(行列の場合)を用いて,あらかじめ初期化されるべきである.
            </summary>
            <param name="data">ユーザデータ</param>
            <param name="step">バイト単位で表された行の長さ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.SetIdentity">
            <summary>
            スカラー倍された単位行列を用いた初期化を行う
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.SetIdentity(OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            スカラー倍された単位行列を用いた初期化を行う
            </summary>
            <param name="value">対角成分の値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.SetReal1D(System.Int32,System.Double)">
            <summary>
            シングルチャンネルの配列の指定した要素に新しい値を割り当てる.配列がマルチチャンネルのときは,ランタイムエラーが起こる.
            疎な配列の場合に,ノードが存在しなれば,この関数はノードを生成する.
            </summary>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="value">割り当てる値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.SetReal2D(System.Int32,System.Int32,System.Double)">
            <summary>
            シングルチャンネルの配列の指定した要素に新しい値を割り当てる.配列がマルチチャンネルのときは,ランタイムエラーが起こる.
            疎な配列の場合に,ノードが存在しなれば,この関数はノードを生成する.
            </summary>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="idx1">要素インデックスの,0を基準とした第2成分.</param>
            <param name="value">割り当てる値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.SetReal3D(System.Int32,System.Int32,System.Int32,System.Double)">
            <summary>
            シングルチャンネルの配列の指定した要素に新しい値を割り当てる.配列がマルチチャンネルのときは,ランタイムエラーが起こる.
            疎な配列の場合に,ノードが存在しなれば,この関数はノードを生成する.
            </summary>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="idx1">要素インデックスの,0を基準とした第2成分.</param>
            <param name="idx2">要素インデックスの,0を基準とした第3成分.</param>
            <param name="value">割り当てる値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.SetRealND(System.Double,System.Int32[])">
            <summary>
            シングルチャンネルの配列の指定した要素に新しい値を割り当てる.配列がマルチチャンネルのときは,ランタイムエラーが起こる.
            疎な配列の場合に,ノードが存在しなれば,この関数はノードを生成する.
            </summary>
            <param name="value">割り当てる値</param>
            <param name="idx">要素インデックスの配列(可変長引数)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.SetZero">
            <summary>
            配列をクリアする
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Zero">
            <summary>
            配列をクリアする
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Smooth(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            画像の平滑化を行う
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Smooth(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.SmoothType)">
            <summary>
            画像の平滑化を行う
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="smoothtype">平滑化の方法</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Smooth(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.SmoothType,System.Int32)">
            <summary>
            画像の平滑化を行う
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="smoothtype">平滑化の方法</param>
            <param name="param1">平滑化処理のパラメータ1</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Smooth(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.SmoothType,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            画像の平滑化を行う
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="smoothtype">平滑化の方法</param>
            <param name="param1">平滑化処理のパラメータ1</param>
            <param name="param2">平滑化処理のパラメータ2.スケーリング有り/無しの単純平滑またはガウシアン平滑化の場合,param2 が0のときは param1 にセットされる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Smooth(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.SmoothType,System.Int32,System.Int32,System.Double)">
            <summary>
            画像の平滑化を行う
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="smoothtype">平滑化の方法</param>
            <param name="param1">平滑化処理のパラメータ1</param>
            <param name="param2">平滑化処理のパラメータ2.スケーリング有り/無しの単純平滑またはガウシアン平滑化の場合,param2 が0のときは param1 にセットされる.</param>
            <param name="param3">ガウシアン平滑化 の場合,このパラメータがガウシアンsigma(標準偏差)を示す.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Smooth(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.SmoothType,System.Int32,System.Int32,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            画像の平滑化を行う
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="smoothtype">平滑化の方法</param>
            <param name="param1">平滑化処理のパラメータ1</param>
            <param name="param2">平滑化処理のパラメータ2.スケーリング有り/無しの単純平滑またはガウシアン平滑化の場合,param2 が0のときは param1 にセットされる.</param>
            <param name="param3">ガウシアン平滑化 の場合,このパラメータがガウシアンsigma(標準偏差)を示す.</param>
            <param name="param4">非正方形のガウシアンカーネルを使用する場合,垂直方向に異なるsigma 値(param3と違う値)指定するために用いられる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Sobel(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            拡張Sobel演算子を用いて1次,2次,3次または混合次数の微分画像を計算する [aperture_size=3]
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="xorder">x-導関数の次数</param>
            <param name="yorder">y-導関数の次数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Sobel(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.ApertureSize)">
            <summary>
            拡張Sobel演算子を用いて1次,2次,3次または混合次数の微分画像を計算する
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="xorder">x-導関数の次数</param>
            <param name="yorder">y-導関数の次数</param>
            <param name="aperture_size">拡張Sobelカーネルのサイズ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Sort">
            <summary>
            Sorts the rows/cols of an array ascending/descending
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Sort(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            Sorts the rows/cols of an array ascending/descending
            </summary>
            <param name="dst">Optional destination array</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Sort(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            Sorts the rows/cols of an array ascending/descending
            </summary>
            <param name="dst">Optional destination array</param>
            <param name="idxmat">Index matrix</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Sort(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.SortFlag)">
            <summary>
            Sorts the rows/cols of an array ascending/descending
            </summary>
            <param name="dst">Optional destination array</param>
            <param name="idxmat">Index matrix</param>
            <param name="flags">Sorting parameter</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Split(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            マルチチャンネルの配列を,複数のシングルチャンネルの配列に分割する.または,配列から一つのチャンネルを取り出す.
            </summary>
            <param name="dst0">出力チャンネル1</param>
            <param name="dst1">出力チャンネル2</param>
            <param name="dst2">出力チャンネル3</param>
            <param name="dst3">出力チャンネル4</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.CvtPixToPlane(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            マルチチャンネルの配列を,複数のシングルチャンネルの配列に分割する.または,配列から一つのチャンネルを取り出す.
            </summary>
            <param name="dst0">出力チャンネル1</param>
            <param name="dst1">出力チャンネル2</param>
            <param name="dst2">出力チャンネル3</param>
            <param name="dst3">出力チャンネル4</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.SquareAcc(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            アキュムレータに入力画像の二乗を加算する
            </summary>
            <param name="sqsum">入力画像と同じチャンネル数のアキュムレータ,32 ビットあるいは 64 ビット浮動小数点型. </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.SquareAcc(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            アキュムレータに入力画像の二乗を加算する
            </summary>
            <param name="sqsum">入力画像と同じチャンネル数のアキュムレータ,32 ビットあるいは 64 ビット浮動小数点型. </param>
            <param name="mask">オプションの処理マスク</param>        
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.StartFindContours(OpenCvSharp.CvMemStorage)">
            <summary>
            輪郭走査処理の初期化を行う
            </summary>
            <param name="storage">抽出された輪郭データの保存領域. </param>
            <returns>輪郭スキャナのポインタ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.StartFindContours(OpenCvSharp.CvMemStorage,System.Int32)">
            <summary>
            輪郭走査処理の初期化を行う
            </summary>
            <param name="storage">抽出された輪郭データの保存領域. </param>
            <param name="header_size"></param>
            <returns>輪郭スキャナのポインタ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.StartFindContours(OpenCvSharp.CvMemStorage,System.Int32,OpenCvSharp.ContourRetrieval)">
            <summary>
            輪郭走査処理の初期化を行う
            </summary>
            <param name="storage">抽出された輪郭データの保存領域. </param>
            <param name="header_size">シーケンスヘッダのサイズ. method=CV_CHAIN_CODEの時, >=sizeof(CvChain) ,それ以外の場合 >=sizeof(CvContour). </param>
            <param name="mode">抽出モード.</param>
            <returns>輪郭スキャナのポインタ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.StartFindContours(OpenCvSharp.CvMemStorage,System.Int32,OpenCvSharp.ContourRetrieval,OpenCvSharp.ContourChain)">
            <summary>
            輪郭走査処理の初期化を行う
            </summary>
            <param name="storage">抽出された輪郭データの保存領域. </param>
            <param name="header_size">シーケンスヘッダのサイズ. method=CV_CHAIN_CODEの時, >=sizeof(CvChain) ,それ以外の場合 >=sizeof(CvContour). </param>
            <param name="mode">抽出モード.</param>
            <param name="method">近似手法.cvFindContoursと同様,但し CV_LINK_RUNS は使用不可. </param>
            <returns>輪郭スキャナのポインタ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.StartFindContours(OpenCvSharp.CvMemStorage,System.Int32,OpenCvSharp.ContourRetrieval,OpenCvSharp.ContourChain,OpenCvSharp.CvPoint)">
            <summary>
            輪郭走査処理の初期化を行う
            </summary>
            <param name="storage">抽出された輪郭データの保存領域. </param>
            <param name="header_size">シーケンスヘッダのサイズ. method=CV_CHAIN_CODEの時, >=sizeof(CvChain) ,それ以外の場合 >=sizeof(CvContour). </param>
            <param name="mode">抽出モード.</param>
            <param name="method">近似手法.cvFindContoursと同様,但し CV_LINK_RUNS は使用不可. </param>
            <param name="offset">ROIのオフセット.cvFindContoursを参照. </param>
            <returns>輪郭スキャナのポインタ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Sub(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            二つの配列の要素ごとの減算を行う. 
            dst(I)=src1(I)-src2(I) 
            </summary>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Sub(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            二つの配列の要素ごとの減算を行う.
            dst(I)=src1(I)-src2(I) [mask(I)!=0 の場合]
            </summary>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="mask">処理マスク.8ビットシングルチャンネル配列(出力配列のどの要素が変更されるかを指定する). </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.SubS(OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列要素からスカラーを減算する.
            dst(I) = src(I)-value 
            </summary>
            <param name="value">加算するスカラー</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.SubS(OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列要素からスカラーを減算する.
            dst(I) = src(I)-value [mask(I)!=0]
            </summary>
            <param name="value">加算するスカラー</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="mask">処理マスク.8ビットシングルチャンネル配列(出力配列のどの要素が変更されるかを指定する).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.SubRS(OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            スカラーから配列要素を減算する.
            dst(I)=value-src(I)
            </summary>
            <param name="value">加算するスカラー</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.SubRS(OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            スカラーから配列要素を減算する.
            dst(I)=value-src(I) [mask(I)!=0 の場合]
            </summary>
            <param name="value">加算するスカラー</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="mask">処理マスク.8ビットシングルチャンネル配列(出力配列のどの要素が変更されるかを指定する).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Sum">
            <summary>
            配列要素の総和を計算する.
            配列のタイプが IplImage で COI がセットされている場合,指定されたチャンネルのみを処理し,総和を1番目のスカラー値(S0)として保存する.
            </summary>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.SVD(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            浮動小数点型の実数行列の特異値分解を行う.
            行列Aを二つの直交行列と一つの対角行列の積に分解する.A=U*W*VT
            </summary>
            <param name="W">特異値行列の結果 (M×N または N×N)またはベクトル(N×1).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.SVD(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            浮動小数点型の実数行列の特異値分解を行う.
            行列Aを二つの直交行列と一つの対角行列の積に分解する.A=U*W*VT
            </summary>
            <param name="W">特異値行列の結果 (M×N または N×N)またはベクトル(N×1).</param>
            <param name="U">任意の左直交行列 (M×M または M×N).もしCV_SVD_U_Tが指定された場合,上で述べた,行と列の数は入れ替わる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.SVD(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            浮動小数点型の実数行列の特異値分解を行う.
            行列Aを二つの直交行列と一つの対角行列の積に分解する.A=U*W*VT
            </summary>
            <param name="W">特異値行列の結果 (M×N または N×N)またはベクトル(N×1).</param>
            <param name="U">任意の左直交行列 (M×M または M×N).もしCV_SVD_U_Tが指定された場合,上で述べた,行と列の数は入れ替わる.</param>
            <param name="V">任意の右直交行列(N×N).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.SVD(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.SVDFlag)">
            <summary>
            浮動小数点型の実数行列の特異値分解を行う.
            行列Aを二つの直交行列と一つの対角行列の積に分解する.A=U*W*VT
            </summary>
            <param name="W">特異値行列の結果 (M×N または N×N)またはベクトル(N×1).</param>
            <param name="U">任意の左直交行列 (M×M または M×N).もしCV_SVD_U_Tが指定された場合,上で述べた,行と列の数は入れ替わる.</param>
            <param name="V">任意の右直交行列(N×N).</param>
            <param name="flags">操作フラグ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Threshold(OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.ThresholdType)">
            <summary>
            シングルチャンネルの配列に対して,固定閾値での閾値処理を行う
            </summary>
            <param name="dst">出力配列.src と同じデータタイプ,または8ビット. </param>
            <param name="threshold">閾値</param>
            <param name="max_value">threshold_type が Binary と BinaryInv のときに使用する最大値</param>
            <param name="threshold_type">閾値処理の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Trace">
            <summary>
            行列のトレース(対角成分の和)を返す
            </summary>
            <returns>対角成分の和</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Transpose(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            行列の転置を行う.
            </summary>
            <param name="dst">出力行列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.T(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            行列の転置を行う.
            </summary>
            <param name="dst">出力行列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Undistort2(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            半径方向や円周方向のレンズ歪みを補正するために画像を変換する.
            </summary>
            <param name="dst">出力画像(補正済み)</param>
            <param name="intrinsic_matrix">カメラ内部行列 (A) [fx 0 cx; 0 fy cy; 0 0 1]. </param>
            <param name="distortion_coeffs">歪み係数ベクトル. 4x1 または 1x4 [k1, k2, p1, p2]. </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Undistort2(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            半径方向や円周方向のレンズ歪みを補正するために画像を変換する.
            </summary>
            <param name="dst">出力画像(補正済み)</param>
            <param name="intrinsic_matrix">カメラ内部行列 (A) [fx 0 cx; 0 fy cy; 0 0 1]. </param>
            <param name="distortion_coeffs">歪み係数ベクトル. 4x1 または 1x4 [k1, k2, p1, p2]. </param>
            <param name="new_camera_matrix"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.ValidateDisparity(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="cost"></param>
            <param name="minDisparity"></param>
            <param name="numberOfDisparities"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.ValidateDisparity(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="cost"></param>
            <param name="minDisparity"></param>
            <param name="numberOfDisparities"></param>
            <param name="disp12MaxDiff"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.WarpPerspective(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            画像の透視変換を行う.
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="map_matrix">3×3 の変換行列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.WarpPerspective(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.Interpolation)">
            <summary>
            画像の透視変換を行う.
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="map_matrix">3×3 の変換行列</param>
            <param name="flags">補間方法</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.WarpPerspective(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.Interpolation,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            画像の透視変換を行う.
            </summary>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="map_matrix">3×3 の変換行列</param>
            <param name="flags">補間方法</param>
            <param name="fillval">対応の取れない点に対して与える値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Watershed(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            watershedアルゴリズムによる画像のセグメント化を行う.
            画像をこの関数に渡す前に,ユーザーは大まかに画像markers中の処理対象領域を,正(>0)のインデックスを用いて区切っておかなければならない.
            </summary>
            <param name="markers">入出力画像.32ビットシングルチャンネルのマーカー画像(マップ).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Xor(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            二つの配列の要素ごとの排他的論理和(XOR)を計算する. 
            dst(I)=src1(I)^src2(I)
            </summary>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.Xor(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            二つの配列の要素ごとの排他的論理和(XOR)を計算する. 
            dst(I)=src1(I)^src2(I) [mask(I)!=0の場合]
            </summary>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="mask">処理マスク.8ビットシングルチャンネル配列(出力配列のどの要素が変更されるかを指定する). </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.XorS(OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列の各要素とスカラーとのビット単位の排他的論理和(XOR)を計算する.
            実際の計算の前に,スカラーは配列と同じタイプに変換される.浮動小数点型配列の場合,それらのビット表現が処理に使われる.
            dst(I)=src(I)^value
            </summary>
            <param name="value">処理に用いるスカラー</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvArr.XorS(OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列の各要素とスカラーとのビット単位の排他的論理和(XOR)を計算する. 
            実際の計算の前に,スカラーは配列と同じタイプに変換される.浮動小数点型配列の場合,それらのビット表現が処理に使われる.
            dst(I)=src(I)^value [mask(I)!=0の場合]
            </summary>
            <param name="value">処理に用いるスカラー</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="mask">処理マスク.8ビットシングルチャンネル配列(出力配列のどの要素が変更されるかを指定する).</param>
        </member>
        <member name="P:OpenCvSharp.CvArr.Dims">
            <summary>
            配列の次元数を取得する 
            </summary>
        </member>
        <member name="P:OpenCvSharp.CvArr.ElemType">
            <summary>
            配列要素のタイプを取得する 
            </summary>
        </member>
        <member name="P:OpenCvSharp.CvArr.ElemChannels">
            <summary>
            配列要素のチャンネル数を取得する. 
            </summary>
        </member>
        <member name="P:OpenCvSharp.CvArr.ElemDepth">
            <summary>
            配列要素のビット深度を取得する. 
            </summary>
        </member>
        <member name="P:OpenCvSharp.CvArr.Item(System.Int32)">
            <summary>
            特定の配列要素を返す (cvGet/Set1D相当). 
            比較的低速なため、高速にアクセスしたい場合はこのメソッドではなくポインタを利用すること。
            </summary>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
        </member>
        <member name="P:OpenCvSharp.CvArr.Item(System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            特定の配列要素を返す (cvGet/Set2D相当). 
            比較的低速なため、高速にアクセスしたい場合はこのメソッドではなくポインタを利用すること。
            </summary>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="idx1">要素インデックスの,0を基準とした第2成分.</param>
        </member>
        <member name="P:OpenCvSharp.CvArr.Item(System.Int32,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            特定の配列要素を返す (cvGet/Set3D相当). 
            比較的低速なため、高速にアクセスしたい場合はこのメソッドではなくポインタを利用すること。
            </summary>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="idx1">要素インデックスの,0を基準とした第2成分.</param>
            <param name="idx2">要素インデックスの,0を基準とした第3成分.</param>
        </member>
        <member name="T:OpenCvSharp.CvFeatureTree">
            <summary>
            特徴ベクトルのインデックスに対するバランスk-d木
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.CvFeatureTree._disposed">
            <summary>
            Track whether Dispose has been called
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvFeatureTree.#ctor(OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            特徴ベクトルのツリーを作成する
            </summary>
            <param name="desc">d 次元特徴ベクトルの n × d 行列 (CV_32FC1 or CV_64FC1).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvFeatureTree.#ctor(System.IntPtr)">
            <summary>
            ポインタから初期化
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvFeatureTree.CreateFeatureTree(OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            特徴ベクトルのツリーを作成する
            </summary>
            <param name="desc">d 次元特徴ベクトルの n × d 行列(CV_32FC1 or CV_64FC1).</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvFeatureTree.CreateKDTree(OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="desc"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvFeatureTree.CreateSpillTree(OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="raw_data"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvFeatureTree.CreateSpillTree(OpenCvSharp.CvMat,System.Int32)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="raw_data"></param>
            <param name="naive"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvFeatureTree.CreateSpillTree(OpenCvSharp.CvMat,System.Int32,System.Double)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="raw_data"></param>
            <param name="naive"></param>
            <param name="rho"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvFeatureTree.CreateSpillTree(OpenCvSharp.CvMat,System.Int32,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="raw_data"></param>
            <param name="naive"></param>
            <param name="rho"></param>
            <param name="tau"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvFeatureTree.Dispose(System.Boolean)">
             <summary>
             リソースの解放
             </summary>
             <param name="disposing">
             trueの場合は、このメソッドがユーザコードから直接が呼ばれたことを示す。マネージ・アンマネージ双方のリソースが解放される。
             falseの場合は、このメソッドはランタイムからファイナライザによって呼ばれ、もうほかのオブジェクトから参照されていないことを示す。アンマネージリソースのみ解放される。
            </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvFeatureTree.FindFeatures(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            最適ビン優先(Best-Bin-First)探索を用いて,与えられたベクトルのおおよその k 近傍値を求める
            </summary>
            <param name="desc">(行)ベクトルの m × d 行列.これらのベクトルの近傍値を探索する.</param>
            <param name="results">一致したベクトルの行インデックス (cvCreateFeatureTreeに引数として渡される行列を参照する) の集合.m × kの行列.k 近傍より遠い場合は,その列には -1 が入る.</param>
            <param name="dist">k 近傍値までの距離のm × k 行列.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvFeatureTree.FindFeatures(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,System.Int32)">
            <summary>
            最適ビン優先(Best-Bin-First)探索を用いて,与えられたベクトルのおおよその k 近傍値を求める
            </summary>
            <param name="desc">(行)ベクトルの m × d 行列.これらのベクトルの近傍値を探索する.</param>
            <param name="results">一致したベクトルの行インデックス (cvCreateFeatureTreeに引数として渡される行列を参照する) の集合.m × kの行列.k 近傍より遠い場合は,その列には -1 が入る.</param>
            <param name="dist">k 近傍値までの距離のm × k 行列.</param>
            <param name="k">検出される近傍の数.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvFeatureTree.FindFeatures(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            最適ビン優先(Best-Bin-First)探索を用いて,与えられたベクトルのおおよその k 近傍値を求める
            </summary>
            <param name="desc">(行)ベクトルの m × d 行列.これらのベクトルの近傍値を探索する.</param>
            <param name="results">一致したベクトルの行インデックス (cvCreateFeatureTreeに引数として渡される行列を参照する) の集合.m × kの行列.k 近傍より遠い場合は,その列には -1 が入る.</param>
            <param name="dist">k 近傍値までの距離のm × k 行列.</param>
            <param name="k">検出される近傍の数.</param>
            <param name="emax">探索する葉の最大数.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.CvFeatureTree.FindFeaturesBoxed(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            与えられたk-d木上で直交領域探索を行う.
            </summary>
            <param name="bounds_min">各次元の最小値を与える 1×d あるいは d×1 のベクトル(CV_32FC1 or CV_64FC1)</param>
            <param name="bounds_max">各次元の最大値を与える 1×d あるいは d×1 のベクトル(CV_32FC1 or CV_64FC1)</param>
            <param name="result">出力行インデックス(cvCreateFeatureTreeに引数として渡される行列を参照する) の 1×m あるいは m×1 のベクトル(CV_32SC1)</param>
            <returns>求められたベクトル数</returns>
        </member>
        <member name="T:OpenCvSharp.CvCallback">
            <summary>
            読み込みコールバック関数
            </summary>
            <param name="index"></param>
            <param name="buffer"></param>
            <param name="user_data"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="T:OpenCvSharp.Cv">
            <summary>
            OpenCvのcvXXX関数のラッパー。
            IntPtrを使わずにラッパークラスを使って、ネイティブのOpenCVに近い感じで自然にアクセスできる。
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.Cv.AA">
            <summary>
            CV_AA
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.Cv.AUTOSTEP">
            <summary>
            CV_AUTOSTEP
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.Cv.FILLED">
            <summary>
            CV_FILLED
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.Cv.LOG2">
            <summary>
            CV_LOG2
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.Cv.PI">
            <summary>
            CV_PI
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.Cv.WHOLE_SEQ_END_INDEX">
            <summary>
            CV_WHOLE_SEQ_END_INDEX
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.Cv.FLOODFILL_FIXED_RANGE">
            <summary>
            セットされている場合は,現在のピクセルとシードピクセルとの差が対象となる.それ以外は,隣接同士の差が対象となる(つまりこのフラグがセットされない場合,レンジは変動的である). 
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.Cv.FLOODFILL_MASK_ONLY">
            <summary>
            セットされている場合は,この関数では画像を塗りつぶさない(new_val は無視される)が, マスク(この場合,マスクはnull以外の値でないといけない)は塗りつぶす. 
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.Cv.CV_MAX_DIM">
            <summary>
            
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.Cv.CV_FOURCC_DEFAULT">
            <summary>
            
            </summary>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.Cv.CV_FOURCC_PROMPT">
            <summary>
            
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Xor(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            二つの配列の要素ごとの排他的論理和(XOR)を計算する. 
            dst(I)=src1(I)^src2(I)
            </summary>
            <param name="src1">1番目の入力配列</param>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Xor(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            二つの配列の要素ごとの排他的論理和(XOR)を計算する. 
            dst(I)=src1(I)^src2(I) [mask(I)!=0の場合]
            </summary>
            <param name="src1">1番目の入力配列</param>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="mask">処理マスク.8ビットシングルチャンネル配列(出力配列のどの要素が変更されるかを指定する). </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.XorS(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列の各要素とスカラーとのビット単位の排他的論理和(XOR)を計算する.
            実際の計算の前に,スカラーは配列と同じタイプに変換される.浮動小数点型配列の場合,それらのビット表現が処理に使われる.
            dst(I)=src(I)^value
            </summary>
            <param name="src1">入力配列</param>
            <param name="value">処理に用いるスカラー</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.XorS(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列の各要素とスカラーとのビット単位の排他的論理和(XOR)を計算する. 
            実際の計算の前に,スカラーは配列と同じタイプに変換される.浮動小数点型配列の場合,それらのビット表現が処理に使われる.
            dst(I)=src(I)^value [mask(I)!=0の場合]
            </summary>
            <param name="src1">入力配列</param>
            <param name="value">処理に用いるスカラー</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="mask">処理マスク.8ビットシングルチャンネル配列(出力配列のどの要素が変更されるかを指定する).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GEMM(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double,OpenCvSharp.CvArr,System.Double,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            汎用的な行列の乗算を行う.
            dst = alpha*op(src1)*op(src2) + beta*op(src3), ここで, op(X) は X あるいは X^t. 
            </summary>
            <param name="src1">1番目の入力配列</param>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="alpha">乗算結果に対するスケーリング係数</param>
            <param name="src3">3番目の入力配列(シフト用).もしシフトしない場合はNULLにできる</param>
            <param name="beta">3番目の入力配列に対するスケーリング係数</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GEMM(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double,OpenCvSharp.CvArr,System.Double,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.GemmOperation)">
            <summary>
            汎用的な行列の乗算を行う.
            dst = alpha*op(src1)*op(src2) + beta*op(src3), ここで, op(X) は X あるいは X^t. 
            </summary>
            <param name="src1">1番目の入力配列</param>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="alpha">乗算結果に対するスケーリング係数</param>
            <param name="src3">3番目の入力配列(シフト用).もしシフトしない場合はNULLにできる</param>
            <param name="beta">3番目の入力配列に対するスケーリング係数</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="tABC">操作フラグ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.MatMul(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            行列の乗算を行う.
            dst = A*B.
            </summary>
            <param name="src1">1番目の入力配列</param>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.MatMulAdd(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            行列の乗算を行う.
            dst = A*B + C, C is optional.
            </summary>
            <param name="src1">1番目の入力配列</param>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="src3">3番目の入力配列(シフト用).もしシフトしない場合はnullにできる</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.MatMulAddEx(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double,OpenCvSharp.CvArr,System.Double,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            汎用的な行列の乗算を行う.
            dst = alpha*op(src1)*op(src2) + beta*op(src3), ここで, op(X) は X あるいは X^t. 
            </summary>
            <param name="src1">1番目の入力配列</param>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="alpha">乗算結果に対するスケーリング係数</param>
            <param name="src3">3番目の入力配列(シフト用).もしシフトしない場合はNULLにできる</param>
            <param name="beta">3番目の入力配列に対するスケーリング係数</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.MatMulAddEx(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double,OpenCvSharp.CvArr,System.Double,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.GemmOperation)">
            <summary>
            汎用的な行列の乗算を行う.
            dst = alpha*op(src1)*op(src2) + beta*op(src3), ここで, op(X) は X あるいは X^t. 
            </summary>
            <param name="src1">1番目の入力配列</param>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="alpha">乗算結果に対するスケーリング係数</param>
            <param name="src3">3番目の入力配列(シフト用).もしシフトしない場合はNULLにできる</param>
            <param name="beta">3番目の入力配列に対するスケーリング係数</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="tABC">操作フラグ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Get1D(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32)">
            <summary>
            特定の配列要素を返す.
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <returns>指定した要素の値. 疎な配列で,指定したノードが存在しない場合,0を返す(この関数によって新しいノードは生成されない).</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Get2D(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            特定の配列要素を返す.
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="idx1">要素インデックスの,0を基準とした第2成分.</param>
            <returns>指定した要素の値. 疎な配列で,指定したノードが存在しない場合,0を返す(この関数によって新しいノードは生成されない).</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Get3D(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            特定の配列要素を返す.
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="idx1">要素インデックスの,0を基準とした第2成分.</param>
            <param name="idx2">要素インデックスの,0を基準とした第3成分.</param>
            <returns>指定した要素の値. 疎な配列で,指定したノードが存在しない場合,0を返す(この関数によって新しいノードは生成されない).</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetND(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32[])">
            <summary>
            特定の配列要素を返す.
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="idx">要素インデックスの配列(可変長引数)</param>
            <returns>指定した要素の値. </returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetAffineTransform(OpenCvSharp.CvPoint2D32f[],OpenCvSharp.CvPoint2D32f[])">
            <summary>
            3点とそれぞれに対応する点からアフィン変換を計算する (2 x 3 のCV_32FC1型). 引数としてoutを取るオーバーロードの簡略版.
            おそらくoutで出てくる行列と関数の返り値は同じなので、out引数の方を省いたものである.
            </summary>
            <param name="src">入力(変換前)画像内に存在する三角形の3つの頂点座標を格納した配列</param>
            <param name="dst">出力(変換後)画像内に存在するsrcに対応した三角形の3つの頂点座標を格納した配列</param>
            <returns>求められた 2×3のアフィン変換行列</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetAffineTransform(OpenCvSharp.CvPoint2D32f[],OpenCvSharp.CvPoint2D32f[],OpenCvSharp.CvMat@)">
            <summary>
            3点とそれぞれに対応する点からアフィン変換を計算する (2 x 3 のCV_32FC1型).
            </summary>
            <param name="src">入力(変換前)画像内に存在する三角形の3つの頂点座標を格納した配列</param>
            <param name="dst">出力(変換後)画像内に存在するsrcに対応した三角形の3つの頂点座標を格納した配列</param>
            <param name="map_matrix">出力される 2×3のアフィン変換行列</param>
            <returns>求められた 2×3のアフィン変換行列</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetCaptureProperty(OpenCvSharp.CvCapture,OpenCvSharp.CaptureProperty)">
            <summary>
            ビデオキャプチャのプロパティを取得する
            </summary>
            <param name="capture">ビデオキャプチャクラス</param>
            <param name="property_id">プロパティID</param>
            <returns>プロパティの値</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetCentralMoment(OpenCvSharp.CvMoments,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            画像モーメント構造体から中心モーメントを計算する
            </summary>
            <param name="moments">画像モーメント構造体へのポインタ</param>
            <param name="x_order">取り出すモーメントのx方向の次数,x_order &gt;= 0. </param>
            <param name="y_order">取り出すモーメントのy方向の次数, y_order &gt;= 0 かつ x_order + y_order &lt;= 3. </param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetCol(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat@,System.Int32)">
            <summary>
            指定された列を返す
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="submat">結果として得られる部分配列のヘッダへの参照</param>
            <param name="col">選択した列の,0を基準としたインデックス.</param>
            <returns>指定された範囲の列</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetCols(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat@,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            指定された範囲の列(複数列)を返す
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="submat">結果として得られる部分配列のヘッダへの参照</param>
            <param name="start_col">範囲の最初の(この値を含む)列の,0を基準としたインデックス.</param>
            <param name="end_col">範囲の最後の(この値を含まない)列の,0を基準としたインデックス.</param>
            <returns>指定された範囲の列</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetDiag(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat@)">
            <summary>
            入力配列中の指定された対角列に相当するヘッダを返す. 
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="submat">結果として得られる部分配列のヘッダへの参照</param>
            <returns>結果として得られる部分配列のヘッダへの参照</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetDiag(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat@,OpenCvSharp.DiagType)">
            <summary>
            入力配列中の指定された対角列に相当するヘッダを返す. 
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="submat">結果として得られる部分配列のヘッダへの参照</param>
            <param name="diag">対角配列の種類</param>
            <returns>結果として得られる部分配列のヘッダへの参照</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetDims(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列の次元とそれらのサイズを返す.
            IplImageまたは CvMatの場合には,画像や行列の行数に関係なく常に 2 を返す.
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <returns>配列の次元数</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetDims(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32[]@)">
            <summary>
            配列の次元とそれらのサイズを返す.
            IplImageまたは CvMatの場合には,画像や行列の行数に関係なく常に 2 を返す.
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="sizes">配列の次元の大きさを示すオプションの出力ベクトル.2次元配列の場合は1番目に行数(高さ),次は列数(幅)を示す.</param>
            <returns>配列の次元数</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetDimSize(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32)">
            <summary>
            配列の指定された次元の要素数を返す. 
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="index">0を基準にした次元のインデックス(行列では0は行数,1は列数を示す.画像では0は高さ, 1は幅を示す).</param>
            <returns>指定された次元の要素数</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetElemType(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列要素のタイプを返す. 
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <returns>配列要素のタイプ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetErrMode">
            <summary>
            現在のエラーモードを返す
            </summary>
            <returns>現在のエラーモード</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetErrStatus">
            <summary>
            現在のエラーステータスを返す
            </summary>
            <returns>現在のエラーステータス</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetFileNode(OpenCvSharp.CvFileStorage,OpenCvSharp.CvFileNode,OpenCvSharp.CvStringHashNode)">
            <summary>
            マップまたはファイルストレージ内のノードを見つける
            </summary>
            <param name="fs">ファイルストレージ</param>
            <param name="map">親マップ.nullの場合,この関数はトップレベルノードを探す.もしmapとkeyの両方がnullの場合には, この関数はトップレベルノードを持つマップであるルートファイルノードを返す.</param>
            <param name="key">cvGetHashedKeyで取得されるノード名ヘの唯一のポインタ</param>
            <returns>与えたmap,keyに対するファイルノード</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetFileNode(OpenCvSharp.CvFileStorage,OpenCvSharp.CvFileNode,OpenCvSharp.CvStringHashNode,System.Boolean)">
            <summary>
            マップまたはファイルストレージ内のノードを見つける
            </summary>
            <param name="fs">ファイルストレージ</param>
            <param name="map">親マップ.nullの場合,この関数はトップレベルノードを探す.もしmapとkeyの両方がnullの場合には, この関数はトップレベルノードを持つマップであるルートファイルノードを返す.</param>
            <param name="key">cvGetHashedKeyで取得されるノード名ヘの唯一のポインタ</param>
            <param name="create_missing">absent keyをハッシュテーブルに追加するかどうかを指定するフラグ</param>
            <returns>与えたmap,keyに対するファイルノード</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetFileNodeName(OpenCvSharp.CvFileNode)">
            <summary>
            ファイルノードの名前を返す.ファイルノードが名前を持たないか,nodeがnullの場合にはnullを返す.
            </summary>
            <param name="node">ファイルノード</param>
            <returns>ファイルノードの名前</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetFileNodeByName(OpenCvSharp.CvFileStorage,OpenCvSharp.CvFileNode,System.String)">
            <summary>
            マップ内またはファイルストレージ内からノードを探索する
            </summary>
            <param name="fs">ファイルストレージ</param>
            <param name="map">親マップ.nullの場合,この関数は一番最初のものから開始して,全てのトップレベルノード(ストリーム)内を探索する.</param>
            <param name="name">ファイルノード名</param>
            <returns>名前がnameのファイルノード</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetGraphVtx(OpenCvSharp.CvGraph,System.Int32)">
            <summary>
            インデックスを用いてグラフの頂点を検索する
            </summary>
            <param name="graph">グラフ</param>
            <param name="vtx_idx">頂点のインデックス</param>
            <returns>グラフの頂点</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetHashedKey(OpenCvSharp.CvFileStorage,System.String)">
            <summary>
            与えた名前に対するユニークなポインタを返す 
            </summary>
            <param name="fs">ファイルストレージ</param>
            <param name="name">ファイルノード名</param>
            <returns>与えた名前に対するユニークなポインタ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetHashedKey(OpenCvSharp.CvFileStorage,System.String,System.Boolean)">
            <summary>
            与えた名前に対するユニークなポインタを返す 
            </summary>
            <param name="fs">ファイルストレージ</param>
            <param name="name">ファイルノード名</param>
            <param name="create_missing">absent keyをハッシュテーブルに追加するかどうかを指定するフラグ</param>
            <returns>与えた名前に対するユニークなポインタ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetHistValue_1D(OpenCvSharp.CvHistogram,System.Int32)">
            <summary>
            1次元ヒストグラムの指定されたビンへのポインタを返す. 
            疎なヒストグラムの場合で,既にビンが存在している場合以外は,この関数が新しいビンを作成し,0にセットする.
            </summary>
            <param name="hist">ヒストグラム</param>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <returns>指定した要素のポインタ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetHistValue_2D(OpenCvSharp.CvHistogram,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            2次元ヒストグラムの指定されたビンへのポインタを返す. 
            疎なヒストグラムの場合で,既にビンが存在している場合以外は,この関数が新しいビンを作成し,0にセットする.
            </summary>
            <param name="hist">ヒストグラム</param>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="idx1">要素インデックスの,0を基準とした第2成分.</param>
            <returns>指定した要素のポインタ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetHistValue_3D(OpenCvSharp.CvHistogram,System.Int32,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            3次元ヒストグラムの指定されたビンへのポインタを返す. 
            疎なヒストグラムの場合で,既にビンが存在している場合以外は,この関数が新しいビンを作成し,0にセットする.
            </summary>
            <param name="hist">ヒストグラム</param>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="idx1">要素インデックスの,0を基準とした第2成分.</param>
            <param name="idx2">要素インデックスの,0を基準とした第3成分.</param>
            <returns>指定した要素のポインタ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetHistValue_nD(OpenCvSharp.CvHistogram,System.Int32[])">
            <summary>
            n次元ヒストグラムの指定されたビンへのポインタを返す. 
            疎なヒストグラムの場合で,既にビンが存在している場合以外は,この関数が新しいビンを作成し,0にセットする.
            </summary>
            <param name="hist">ヒストグラム</param>
            <param name="idx">要素インデックスの配列(可変長引数)</param>
            <returns>指定した要素のポインタ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetHuMoments(OpenCvSharp.CvMoments,OpenCvSharp.CvHuMoments@)">
            <summary>
            7つのHuモーメント不変量を計算する
            </summary>
            <param name="moments">画像モーメント構造体への参照</param>
            <param name="humoments">Huモーメント構造体への参照</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetImage(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            任意の配列に対する画像ヘッダを返す
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <returns>入力配列に対する画像ヘッダ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetImage(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.IplImage@)">
            <summary>
            任意の配列に対する画像ヘッダを返す
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="image_header">出力される画像ヘッダ</param>
            <returns>入力配列に対する画像ヘッダ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetImageCOI(OpenCvSharp.IplImage)">
            <summary>
            画像の COI(channel of interest)を返す.
            全チャンネルが選択される場合には,0 が返される).
            </summary>
            <param name="image">画像ヘッダ</param>
            <returns>COI(channel of interest)を返す(全チャンネルが選択される場合には,0 が返される).</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetImageROI(OpenCvSharp.IplImage)">
            <summary>
            画像の ROI 座標を返す.
            ROI が存在しない場合には,矩形 cvRect(0,0,image.Width,image.Height) が返される.
            </summary>
            <param name="image">画像ヘッダ</param>
            <returns>ROI</returns> 
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetMat(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            任意の配列に対する行列ヘッダを返す
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <returns>入力配列に対する行列ヘッダ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetMat(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat@)">
            <summary>
            任意の配列に対する行列ヘッダを返す
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="header">出力されるCvMatヘッダ</param>
            <returns>入力配列に対する行列ヘッダ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetMat(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat@,System.Int32@)">
            <summary>
            任意の配列に対する行列ヘッダを返す
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="header">出力されるCvMatヘッダ</param>
            <param name="coi">COIを記憶するための,オプションの出力パラメータ.</param>
            <returns>入力配列に対する行列ヘッダ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetMat(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat@,System.Int32@,System.Boolean)">
            <summary>
            任意の配列に対する行列ヘッダを返す
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="header">出力されるCvMatヘッダ</param>
            <param name="coi">COIを記憶するための,オプションの出力パラメータ.</param>
            <param name="allowND">これが 0 でない場合,この関数は多次元の密な配列(CvMatND*)を扱うことが可能で, 2次元行列(CvMatND が2次元の場合)あるいは 1次元行列(CvMatNDが 1次元,あるいは 2次元より大きい場合)を返す. 配列は連続でなければならない. </param>       
            <returns>入力配列に対する行列ヘッダ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetNextSparseNode(OpenCvSharp.CvSparseMatIterator)">
            <summary>
            疎な配列において次の要素のポインタを返す
            </summary>
            <param name="mat_iterator">疎な配列のイテレータ.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetMinMaxHistValue(OpenCvSharp.CvHistogram,System.Single@,System.Single@)">
            <summary>
            ヒストグラムのビンの最小値/最大値を求める. 
            同じ値の最大値や最小値が複数存在する場合,辞書順に並べたときに最も先頭になるインデックスが返される. 
            </summary>
            <param name="hist">ヒストグラム</param>
            <param name="min_value">ヒストグラムの最小値の出力</param>
            <param name="max_value">ヒストグラムの最大値の出力</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetMinMaxHistValue(OpenCvSharp.CvHistogram,System.Single@,System.Single@,System.Int32[]@,System.Int32[]@)">
            <summary>
            ヒストグラムのビンの最小値/最大値とそれらの場所を求める. 
            同じ値の最大値や最小値が複数存在する場合,辞書順に並べたときに最も先頭になるインデックスが返される. 
            </summary>
            <param name="hist">ヒストグラム</param>
            <param name="min_value">ヒストグラムの最小値の出力</param>
            <param name="max_value">ヒストグラムの最大値の出力</param>
            <param name="min_idx">最小値の配列中のインデックスの出力</param>
            <param name="max_idx">最大値の配列中のインデックスの出力</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetModuleInfo(System.String,System.String@,System.String@)">
            <summary>
            登録されたモジュールとプラグインの情報を取り出す
            </summary>
            <param name="module_name">対象のモジュール名,nullの場合はすべてのモジュール.</param>
            <param name="version">出力パラメータ.モジュールについての情報(バージョンを含む).</param>
            <param name="loaded_addon_plugins">CXCOREがロード可能な最適化プラグインの名前とバージョンのリスト.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetNormalizedCentralMoment(OpenCvSharp.CvMoments,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            画像モーメント構造体から正規化された中心モーメントを計算する
            </summary>
            <param name="moments">画像モーメント構造体への参照</param>
            <param name="x_order">取り出すモーメントのx方向の次数,x_order &gt;= 0. </param>
            <param name="y_order">取り出すモーメントのy方向の次数, y_order &gt;= 0 かつ x_order + y_order &lt;= 3. </param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetNumThreads">
            <summary>
            OpenMPを用いて並列化されたOpenCV関数によって使用される現在のスレッド数を返す.
            </summary>
            <returns>現在使われているスレッド数</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetOptimalDFTSize(System.Int32)">
            <summary>
            与えられたベクトルのサイズに対する最適なDFTのサイズを返す
            </summary>
            <param name="size0">ベクトルのサイズ</param>
            <returns>最適なDFTのサイズ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetOptimalNewCameraMatrix(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvSize,System.Double,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            フリースケーリングパラメータに基づいて,新たなカメラ行列を返します
            </summary>
            <param name="cameraMatrix">入力されるカメラ行列</param>
            <param name="distCoeffs">入力される 4x1, 1x4, 5x1 または 1x5 の歪み係数ベクトル (k_1, k_2, p_1, p_2[, k_3])</param>
            <param name="imageSize">最適画像サイズ</param>
            <param name="alpha">フリースケーリングパラメータ.0(歪み補正された画像のすべてのピクセルが有効)から1(歪み補正された画像においても,元画像のすべてのピクセルを保持)の間の値をとります.</param>
            <param name="newCameraMatrix">出力される新たなカメラ行列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetOptimalNewCameraMatrix(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvSize,System.Double,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvSize)">
            <summary>
            フリースケーリングパラメータに基づいて,新たなカメラ行列を返します
            </summary>
            <param name="cameraMatrix">入力されるカメラ行列</param>
            <param name="distCoeffs">入力される 4x1, 1x4, 5x1 または 1x5 の歪み係数ベクトル (k_1, k_2, p_1, p_2[, k_3])</param>
            <param name="imageSize">最適画像サイズ</param>
            <param name="alpha">フリースケーリングパラメータ.0(歪み補正された画像のすべてのピクセルが有効)から1(歪み補正された画像においても,元画像のすべてのピクセルを保持)の間の値をとります.</param>
            <param name="newCameraMatrix">出力される新たなカメラ行列</param>
            <param name="newImageSize">平行化された後の画像サイズ.デフォルトでは imageSize にセットされます</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetOptimalNewCameraMatrix(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvSize,System.Double,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.CvRect@)">
            <summary>
            フリースケーリングパラメータに基づいて,新たなカメラ行列を返します
            </summary>
            <param name="cameraMatrix">入力されるカメラ行列</param>
            <param name="distCoeffs">入力される 4x1, 1x4, 5x1 または 1x5 の歪み係数ベクトル (k_1, k_2, p_1, p_2[, k_3])</param>
            <param name="imageSize">最適画像サイズ</param>
            <param name="alpha">フリースケーリングパラメータ.0(歪み補正された画像のすべてのピクセルが有効)から1(歪み補正された画像においても,元画像のすべてのピクセルを保持)の間の値をとります.</param>
            <param name="newCameraMatrix">出力される新たなカメラ行列</param>
            <param name="newImageSize">平行化された後の画像サイズ.デフォルトでは imageSize にセットされます</param>
            <param name="validPixROI">オプション出力.歪み補正された画像中のすべての有効なピクセル領域を囲む矩形.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetPerspectiveTransform(OpenCvSharp.CvPoint2D32f[],OpenCvSharp.CvPoint2D32f[])">
            <summary>
            4点とそれぞれに対応する点を用いて透視変換行列を求める (3 x 3 のCV_32FC1型). 引数としてoutを取るオーバーロードの簡略版.
            おそらくoutで出てくる行列と関数の返り値は同じなので、out引数の方を省いたものである.
            </summary>
            <param name="src">入力画像中の矩形の4頂点の座標</param>
            <param name="dst">出力画像中の対応する矩形の4頂点の座標</param>
            <returns>求められた 3×3の射影変換行列</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetPerspectiveTransform(OpenCvSharp.CvPoint2D32f[],OpenCvSharp.CvPoint2D32f[],OpenCvSharp.CvMat@)">
            <summary>
            4点とそれぞれに対応する点を用いて透視変換行列を求める (3 x 3 のCV_32FC1型).
            </summary>
            <param name="src">入力画像中の矩形の4頂点の座標</param>
            <param name="dst">出力画像中の対応する矩形の4頂点の座標</param>
            <param name="map_matrix">出力される 3×3の射影変換行列</param>
            <returns>求められた 3×3の射影変換行列</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.WarpPerspectiveQMatrix(OpenCvSharp.CvPoint2D32f[],OpenCvSharp.CvPoint2D32f[])">
            <summary>
            4点とそれぞれに対応する点を用いて透視変換行列を求める (3 x 3 のCV_32FC1型). GetPerspectiveTransformのエイリアス.
            </summary>
            <param name="src">入力画像中の矩形の4頂点の座標</param>
            <param name="dst">出力画像中の対応する矩形の4頂点の座標</param>
            <returns>求められた 3×3の射影変換行列</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.WarpPerspectiveQMatrix(OpenCvSharp.CvPoint2D32f[],OpenCvSharp.CvPoint2D32f[],OpenCvSharp.CvMat@)">
            <summary>
            4点とそれぞれに対応する点を用いて透視変換行列を求める (3 x 3 のCV_32FC1型).GetPerspectiveTransformのエイリアス.
            </summary>
            <param name="src">入力画像中の矩形の4頂点の座標</param>
            <param name="dst">出力画像中の対応する矩形の4頂点の座標</param>
            <param name="map_matrix">出力される 3×3の射影変換行列</param>
            <returns>求められた 3×3の射影変換行列</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetQuadrangleSubPix(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            四角形領域のピクセル値を画像からサブピクセル精度で取得する(画像の回転+並進移動を行なう).
            </summary>
            <param name="src">入力画像</param>
            <param name="dst">抽出された矩形</param>
            <param name="map_matrix">2 × 3 の変換行列[A|b]</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetRawData(OpenCvSharp.CvArr,System.IntPtr@)">
            <summary>
            配列の低レベル情報を取り出す
            </summary>
            <param name="arr">配列ヘッダ.</param>
            <param name="data">出力である全画像の原点へのポインタ,あるいは ROI が設定されている場合は ROI の原点へのポインタ.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetRawData(OpenCvSharp.CvArr,System.IntPtr@,System.Int32@)">
            <summary>
            配列の低レベル情報を取り出す
            </summary>
            <param name="arr">配列ヘッダ.</param>
            <param name="data">出力である全画像の原点へのポインタ,あるいは ROI が設定されている場合は ROI の原点へのポインタ.</param>
            <param name="step">出力であるバイト単位で表された行の長さ.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetRawData(OpenCvSharp.CvArr,System.IntPtr@,System.Int32@,OpenCvSharp.CvSize@)">
            <summary>
            配列の低レベル情報を取り出す
            </summary>
            <param name="arr">配列ヘッダ.</param>
            <param name="data">出力である全画像の原点へのポインタ,あるいは ROI が設定されている場合は ROI の原点へのポインタ.</param>
            <param name="step">出力であるバイト単位で表された行の長さ.</param>
            <param name="roi_size">出力であるROI サイズ.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetReal1D(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32)">
            <summary>
            シングルチャンネルの配列の特定の要素を返す.配列がマルチチャンネルの場合は,ランタイムエラーが発生する.
            </summary>
            <param name="arr">入力配列.シングルチャンネルでなくてはならない.</param>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <returns>指定した要素の値. 指定したノードが存在しなければ,この関数は0を返す(この関数によって新しいノードは生成されない).</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetReal2D(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            シングルチャンネルの配列の特定の要素を返す.配列がマルチチャンネルの場合は,ランタイムエラーが発生する.
            </summary>
            <param name="arr">入力配列.シングルチャンネルでなくてはならない.</param>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="idx1">要素インデックスの,0を基準とした第2成分.</param>
            <returns>指定した要素の値. 指定したノードが存在しなければ,この関数は0を返す(この関数によって新しいノードは生成されない).</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetReal3D(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            シングルチャンネルの配列の特定の要素を返す.配列がマルチチャンネルの場合は,ランタイムエラーが発生する.
            </summary>
            <param name="arr">入力配列.シングルチャンネルでなくてはならない.</param>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="idx1">要素インデックスの,0を基準とした第2成分.</param>
            <param name="idx2">要素インデックスの,0を基準とした第3成分.</param>
            <returns>指定した要素の値. 指定したノードが存在しなければ,この関数は0を返す(この関数によって新しいノードは生成されない).</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetRealND(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32[])">
            <summary>
            シングルチャンネルの配列の特定の要素を返す.配列がマルチチャンネルの場合は,ランタイムエラーが発生する.
            </summary>
            <param name="arr">入力配列.シングルチャンネルでなくてはならない.</param>
            <param name="idx">要素インデックスの配列(可変長引数)</param>
            <returns>指定した要素の値. 指定したノードが存在しなければ,この関数は0を返す(この関数によって新しいノードは生成されない).</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetRectSubPix(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint2D32f)">
            <summary>
            矩形領域のピクセル値を画像からサブピクセル精度で取得する(画像の並進移動を行なう).
            </summary>
            <param name="src">入力画像</param>
            <param name="dst">抽出された矩形</param>
            <param name="center">入力画像中にある抽出された矩形中心の浮動小数点型座標.中心は画像中になければならない.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetRootFileNode(OpenCvSharp.CvFileStorage)">
            <summary>
            トップレベルファイルノードの一つを返す.
            </summary>
            <param name="fs">ファイルストレージ</param>
            <returns>トップレベルファイルノードの一つ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetRootFileNode(OpenCvSharp.CvFileStorage,System.Int32)">
            <summary>
            トップレベルファイルノードの一つを返す.
            </summary>
            <param name="fs">ファイルストレージ</param>
            <param name="stream_index">0から始まるストリームのインデックス.多くの場合,ファイル中に存在するのは一つのストームであるが,複数にもなり得る.</param>
            <returns>トップレベルファイルノードの一つ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetRotationMatrix2D(OpenCvSharp.CvPoint2D32f,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            2次元回転のアフィン行列を計算する (2 x 3 のCV_32FC1型). 引数としてoutを取るオーバーロードの簡略版.
            おそらくoutで出てくる行列と関数の返り値は同じなので、out引数の方を省いたものである.
            </summary>
            <param name="center">入力画像内の回転中心 </param>
            <param name="angle">度(degree)単位の回転角度.正の値は反時計方向の回転を意味する(座標原点は左上にあると仮定).</param>
            <param name="scale">等方性スケーリング係数(x,y方向とも同じ係数 scale を使う) </param>
            <returns>2x3の2次元回転のアフィン行列</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv._2DRotationMatrix(OpenCvSharp.CvPoint2D32f,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            2次元回転のアフィン行列を計算する (2 x 3 のCV_32FC1型). 引数としてoutを取るオーバーロードの簡略版.
            おそらくoutで出てくる行列と関数の返り値は同じなので、out引数の方を省いたものである.
            </summary>
            <param name="center">入力画像内の回転中心 </param>
            <param name="angle">度(degree)単位の回転角度.正の値は反時計方向の回転を意味する(座標原点は左上にあると仮定).</param>
            <param name="scale">等方性スケーリング係数(x,y方向とも同じ係数 scale を使う) </param>
            <returns>2x3の2次元回転のアフィン行列</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv._2DRotationMatrix(OpenCvSharp.CvPoint2D32f,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.CvMat@)">
            <summary>
            2次元回転のアフィン行列を計算する (2 x 3 のCV_32FC1型). 
            </summary>
            <param name="center">入力画像内の回転中心 </param>
            <param name="angle">度(degree)単位の回転角度.正の値は反時計方向の回転を意味する(座標原点は左上にあると仮定).</param>
            <param name="scale">等方性スケーリング係数(x,y方向とも同じ係数 scale を使う) </param>
            <param name="map_matrix">出力される 2x3の行列</param>
            <returns>2x3の2次元回転のアフィン行列</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetRow(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat@,System.Int32)">
            <summary>
            指定された行を返す
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="submat">結果として得られる部分配列のヘッダへの参照</param>
            <param name="row">選択した行の,0を基準としたインデックス.</param>
            <returns>指定された範囲の行</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetRows(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat@,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            指定された範囲の行(複数行)を返す
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="submat">結果として得られる部分配列のヘッダへの参照</param>
            <param name="start_row">範囲の最初の(この値を含む)行の,0を基準としたインデックス.</param>
            <param name="end_row">範囲の最後の(この値を含まない)行の,0を基準としたインデックス.</param>
            <returns>指定された範囲の行</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetRows(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat@,System.Int32,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            指定された範囲の行(複数行)を返す
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="submat">結果として得られる部分配列のヘッダへの参照</param>
            <param name="start_row">範囲の最初の(この値を含む)行の,0を基準としたインデックス.</param>
            <param name="end_row">範囲の最後の(この値を含まない)行の,0を基準としたインデックス.</param>
            <param name="delta_row">行の範囲のインデックス間隔. この関数は,start_rowからend_row(は含まない)まで,delta_row毎に行を抽出する. </param>
            <returns>指定された範囲の行</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetSeqElem``1(OpenCvSharp.CvSeq,System.Int32)">
            <summary>
            与えられたインデックスを持つ要素をシーケンスの中から求め,その要素を返す.
            </summary>
            <typeparam name="T">出力オブジェクトの型</typeparam>
            <param name="seq">シーケンス</param>
            <param name="index">要素のインデックス. 負のインデックスの指定も可能で, 例えば,-1はシーケンスの最後の要素,-2は最後の一つ前を指す.</param>
            <returns>与えられたインデックスを持つ要素.要素が見つからない場合はnull.</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetSeqElem``1(OpenCvSharp.CvSeq{``0},System.Int32)">
            <summary>
            与えられたインデックスを持つ要素をシーケンスの中から求め,その要素を返す.
            </summary>
            <typeparam name="T">出力オブジェクトの型</typeparam>
            <param name="seq">シーケンス</param>
            <param name="index">要素のインデックス. 負のインデックスの指定も可能で, 例えば,-1はシーケンスの最後の要素,-2は最後の一つ前を指す.</param>
            <returns>与えられたインデックスを持つ要素.要素が見つからない場合はnull.</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetSeqReaderPos(OpenCvSharp.CvSeqReader)">
            <summary>
            現在のリーダの位置(0 ... reader->seq->total - 1 の範囲)を返す.
            </summary>
            <param name="reader">リーダの状態</param>
            <returns>リーダの位置</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetSetElem(OpenCvSharp.CvSet,System.Int32)">
            <summary>
            インデックスによってセットの要素を検索する
            </summary>
            <param name="set_header">セット.</param>
            <param name="index">シーケンスの中のセットの要素のインデックス.</param>
            <returns>見つけた要素への参照</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetSize(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            行列または画像の ROI のサイズを返す
            </summary>
            <param name="arr">配列のヘッダ</param>
            <returns>サイズ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetSpatialMoment(OpenCvSharp.CvMoments,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            画像モーメント構造体から空間モーメントを計算する
            </summary>
            <param name="moments">cvMoments によって得られる画像モーメント構造体.</param>
            <param name="x_order">取り出すモーメントのx方向の次数,x_order >= 0. </param>
            <param name="y_order">取り出すモーメントのy方向の次数, y_order >= 0 かつ x_order + y_order &lt;= 3. </param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetStarKeypoints(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMemStorage)">
            <summary>
            StarDetectorアルゴリズムによりキーポイントを取得する
            </summary>
            <param name="img">8ビット グレースケールの入力画像</param>
            <param name="storage">キーポイントが格納されるメモリストレージ</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetStarKeypoints(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.CvStarDetectorParams)">
            <summary>
            StarDetectorアルゴリズムによりキーポイントを取得する
            </summary>
            <param name="img">8ビット グレースケールの入力画像</param>
            <param name="storage">キーポイントが格納されるメモリストレージ</param>
            <param name="params">CvStarDetectorParams構造体としてまとめて与えられる、アルゴリズムのための各種パラメータ</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetSubRect(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat@,OpenCvSharp.CvRect)">
            <summary>
            入力配列中の指定した矩形領域に相当するヘッダを返す.
            つまり,入力配列の一部の矩形領域を,独立した配列として扱えるようにする.この関数では ROI を考慮し,実際には ROI の部分配列が取り出される.
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="submat">結果として得られる部分配列のヘッダへの参照</param>
            <param name="rect">着目する矩形領域の,0 を基準とした座標</param>
            <returns>結果として得られる部分配列のヘッダへの参照</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetSubArr(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat@,OpenCvSharp.CvRect)">
            <summary>
            入力配列中の指定した矩形領域に相当するヘッダを返す.
            つまり,入力配列の一部の矩形領域を,独立した配列として扱えるようにする.この関数では ROI を考慮し,実際には ROI の部分配列が取り出される.
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="submat">結果として得られる部分配列のヘッダへの参照</param>
            <param name="rect">着目する矩形領域の,0 を基準とした座標</param>
            <returns>結果として得られる部分配列のヘッダへの参照</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetTextSize(System.String,OpenCvSharp.CvFont,OpenCvSharp.CvSize@,System.Int32@)">
            <summary>
            文字列の幅と高さを取得する
            </summary>
            <param name="text_string">入力文字列</param>
            <param name="font">フォント構造体への参照</param>
            <param name="text_size">結果として得られる文字列のサイズ.文字の高さには,ベースラインより下の部分の高さは含まれない.</param>
            <param name="baseline">文字の最下点から見たベースラインのy座標</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetTickCount">
            <summary>
            プラットフォーム依存の開始時点からのtics数(スタートアップからのCPU ticks数,1970年からのミリ秒等)を返す.
            </summary>
            <returns>プラットフォーム依存の開始時点からのticks数</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetTickFrequency">
            <summary>
            1マイクロ秒あたりのtics数を返す. 
            </summary>
            <returns>1マイクロ秒あたりのticks数</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetThreadNum">
            <summary>
            現在のスレッドのインデックスを返す
            </summary>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetTrackbarPos(System.String,System.String)">
            <summary>
            指定されたトラックバーの現在位置を返す
            </summary>
            <param name="trackbar_name">トラックバーの名前</param>
            <param name="window_name">トラックバーの親ウィンドウの名前</param>
            <returns>トラックバーの現在位置</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetValidDisparityROI(OpenCvSharp.CvRect,OpenCvSharp.CvRect,System.Int32,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="roi1"></param>
            <param name="roi2"></param>
            <param name="minDisparity"></param>
            <param name="numberOfDisparities"></param>
            <param name="SADWindowSize"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetWindowHandle(System.String)">
            <summary>
            ネイティブウィンドウハンドル(Win32 の 場合は HWND,GTK+ の場合は GtkWidget)を返す.
            </summary>
            <param name="name">ウィンドウの名前</param>
            <returns>ウィンドウハンドル</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetWindowName(System.IntPtr)">
            <summary>
            与えられたネイティブウィンドウハンドル(Win32 の場合は HWND,GTK+ の場合は GtkWidget)が示すウィンドウの名前を返す.
            </summary>
            <param name="window_handle">ウィンドウのハンドル</param>
            <returns>ウィンドウの名前</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GetWindowProperty(System.String,OpenCvSharp.WindowProperty)">
            <summary>
            ウィンドウのプロパティを取得する
            </summary>
            <param name="name">ウィンドウ名</param>
            <param name="prop_id">プロパティの種類</param>
            <returns>プロパティの値</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GoodFeaturesToTrack(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint2D32f[]@,System.Int32@,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            画像中から大きな固有値を持つコーナーを検出する.
            </summary>
            <param name="image">8ビット,または32ビット浮動小数点型シングルチャンネルの入力画像</param>
            <param name="eig_image">32ビット浮動小数点型のテンポラリ画像.サイズは image と同じである</param>
            <param name="temp_image">別のテンポラリ画像.サイズ・フォーマットともに eig_image と同じである</param>
            <param name="corners">出力パラメータ.検出されたコーナー</param>
            <param name="corner_count">出力パラメータ.検出されたコーナーの数</param>
            <param name="quality_level">最大・最小の固有値に乗ずる定数(検出される画像コーナの許容最低品質を指定する)</param>
            <param name="min_distance">出力される画像コーナー間の許容最低距離(ユークリッド距離を用いる)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GoodFeaturesToTrack(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint2D32f[]@,System.Int32@,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            画像中から大きな固有値を持つコーナーを検出する.
            </summary>
            <param name="image">8ビット,または32ビット浮動小数点型シングルチャンネルの入力画像</param>
            <param name="eig_image">32ビット浮動小数点型のテンポラリ画像.サイズは image と同じである</param>
            <param name="temp_image">別のテンポラリ画像.サイズ・フォーマットともに eig_image と同じである</param>
            <param name="corners">出力パラメータ.検出されたコーナー</param>
            <param name="corner_count">出力パラメータ.検出されたコーナーの数</param>
            <param name="quality_level">最大・最小の固有値に乗ずる定数(検出される画像コーナの許容最低品質を指定する)</param>
            <param name="min_distance">出力される画像コーナー間の許容最低距離(ユークリッド距離を用いる)</param>
            <param name="mask">注目領域(ROI).指定された領域またはmask が null の場合は画像全体から点を選ぶ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GoodFeaturesToTrack(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint2D32f[]@,System.Int32@,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.CvArr,System.Int32)">
            <summary>
            画像中から大きな固有値を持つコーナーを検出する.
            </summary>
            <param name="image">8ビット,または32ビット浮動小数点型シングルチャンネルの入力画像</param>
            <param name="eig_image">32ビット浮動小数点型のテンポラリ画像.サイズは image と同じである</param>
            <param name="temp_image">別のテンポラリ画像.サイズ・フォーマットともに eig_image と同じである</param>
            <param name="corners">出力パラメータ.検出されたコーナー</param>
            <param name="corner_count">出力パラメータ.検出されたコーナーの数</param>
            <param name="quality_level">最大・最小の固有値に乗ずる定数(検出される画像コーナの許容最低品質を指定する)</param>
            <param name="min_distance">出力される画像コーナー間の許容最低距離(ユークリッド距離を用いる)</param>
            <param name="mask">注目領域(ROI).指定された領域またはmask が null の場合は画像全体から点を選ぶ</param>
            <param name="block_size">平均化ブロックのサイズ.この関数で内部的に用いられる cvCornerMinEigenVal あるいは, cvCornerHarris に,この引数が渡される.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GoodFeaturesToTrack(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint2D32f[]@,System.Int32@,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,System.Boolean)">
            <summary>
            画像中から大きな固有値を持つコーナーを検出する.
            </summary>
            <param name="image">8ビット,または32ビット浮動小数点型シングルチャンネルの入力画像</param>
            <param name="eig_image">32ビット浮動小数点型のテンポラリ画像.サイズは image と同じである</param>
            <param name="temp_image">別のテンポラリ画像.サイズ・フォーマットともに eig_image と同じである</param>
            <param name="corners">出力パラメータ.検出されたコーナー</param>
            <param name="corner_count">出力パラメータ.検出されたコーナーの数</param>
            <param name="quality_level">最大・最小の固有値に乗ずる定数(検出される画像コーナの許容最低品質を指定する)</param>
            <param name="min_distance">出力される画像コーナー間の許容最低距離(ユークリッド距離を用いる)</param>
            <param name="mask">注目領域(ROI).指定された領域またはmask が null の場合は画像全体から点を選ぶ</param>
            <param name="block_size">平均化ブロックのサイズ.この関数で内部的に用いられる cvCornerMinEigenVal あるいは, cvCornerHarris に,この引数が渡される.</param>
            <param name="use_harris">trueの場合は,デフォルトの cvCornerMinEigenVal の代わりに,Harris検出器(cvCornerHarris)を用いる</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GoodFeaturesToTrack(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint2D32f[]@,System.Int32@,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,System.Boolean,System.Double)">
            <summary>
            画像中から大きな固有値を持つコーナーを検出する.
            </summary>
            <param name="image">8ビット,または32ビット浮動小数点型シングルチャンネルの入力画像</param>
            <param name="eig_image">32ビット浮動小数点型のテンポラリ画像.サイズは image と同じである</param>
            <param name="temp_image">別のテンポラリ画像.サイズ・フォーマットともに eig_image と同じである</param>
            <param name="corners">出力パラメータ.検出されたコーナー</param>
            <param name="corner_count">出力パラメータ.検出されたコーナーの数</param>
            <param name="quality_level">最大・最小の固有値に乗ずる定数(検出される画像コーナの許容最低品質を指定する)</param>
            <param name="min_distance">出力される画像コーナー間の許容最低距離(ユークリッド距離を用いる)</param>
            <param name="mask">注目領域(ROI).指定された領域またはmask が null の場合は画像全体から点を選ぶ</param>
            <param name="block_size">平均化ブロックのサイズ.この関数で内部的に用いられる cvCornerMinEigenVal あるいは, cvCornerHarris に,この引数が渡される.</param>
            <param name="use_harris">trueの場合は,デフォルトの cvCornerMinEigenVal の代わりに,Harris検出器(cvCornerHarris)を用いる</param>
            <param name="k">Harris検出器のパラメータ(use_harris==true のときのみ使用)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GrabFrame(OpenCvSharp.CvCapture)">
            <summary>
            カメラやファイルからフレームを取り出す.取り出されたフレームは内部的に保存される.
            取り出されたフレームをユーザ側で利用するためには,cvRetrieveFrame を用いるべきである.
            </summary>
            <param name="capture">ビデオキャプチャクラス</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GraphAddVtx(OpenCvSharp.CvGraph)">
            <summary>
            グラフに頂点を追加する
            </summary>
            <param name="graph">グラフ</param>
            <returns>頂点のインデックス</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GraphAddVtx(OpenCvSharp.CvGraph,OpenCvSharp.CvGraphVtx)">
            <summary>
            グラフに頂点を追加する
            </summary>
            <param name="graph">グラフ</param>
            <param name="vtx">追加される頂点の初期化に使用される,オプションの入力引数(sizeof(CvGraphVtx)の領域を超えたユーザー定義フィールドのみコピーされる). </param>
            <returns>頂点のインデックス</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GraphAddVtx(OpenCvSharp.CvGraph,OpenCvSharp.CvGraphVtx,OpenCvSharp.CvGraphVtx@)">
            <summary>
            グラフに頂点を追加する
            </summary>
            <param name="graph">グラフ</param>
            <param name="vtx">追加される頂点の初期化に使用される,オプションの入力引数(sizeof(CvGraphVtx)の領域を超えたユーザー定義フィールドのみコピーされる). </param>
            <param name="inserted_vtx">新しい頂点のアドレスがここに書かれる.</param>
            <returns>頂点のインデックス</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GraphAddEdge(OpenCvSharp.CvGraph,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            グラフに辺を追加する(インデックス指定)
            </summary>
            <param name="graph">グラフ</param>
            <param name="start_idx">辺の始点を示すインデックス</param>
            <param name="end_idx">辺の終点を示すインデックス.無向グラフの場合,順序はどちらでもよい. </param>
            <returns>追加に成功すると1を返し,すでに二つの頂点を接続する辺が存在する場合は0を返し,頂点のどちらかが存在しない,始点と終点が同じとき,他の重大な問題があるときには-1を返す.</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GraphAddEdge(OpenCvSharp.CvGraph,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvGraphEdge)">
            <summary>
            グラフに辺を追加する(インデックス指定)
            </summary>
            <param name="graph">グラフ</param>
            <param name="start_idx">辺の始点を示すインデックス</param>
            <param name="end_idx">辺の終点を示すインデックス.無向グラフの場合,順序はどちらでもよい. </param>
            <param name="edge">オプションの入力パラメータ.辺の初期化のためのデータ. </param>
            <returns>追加に成功すると1を返し,すでに二つの頂点を接続する辺が存在する場合は0を返し,頂点のどちらかが存在しない,始点と終点が同じとき,他の重大な問題があるときには-1を返す.</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GraphAddEdge(OpenCvSharp.CvGraph,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvGraphEdge,System.IntPtr)">
            <summary>
            グラフに辺を追加する(インデックス指定)
            </summary>
            <param name="graph">グラフ</param>
            <param name="start_idx">辺の始点を示すインデックス</param>
            <param name="end_idx">辺の終点を示すインデックス.無向グラフの場合,順序はどちらでもよい. </param>
            <param name="edge">オプションの入力パラメータ.辺の初期化のためのデータ. </param>
            <param name="inserted_edge">入力された辺のアドレスを保存するための,オプションの出力パラメータ. </param>
            <returns>追加に成功すると1を返し,すでに二つの頂点を接続する辺が存在する場合は0を返し,頂点のどちらかが存在しない,始点と終点が同じとき,他の重大な問題があるときには-1を返す.</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GraphAddEdgeByPtr(OpenCvSharp.CvGraph,OpenCvSharp.CvGraphEdge,OpenCvSharp.CvGraphEdge)">
            <summary>
            グラフに辺を追加する(ポインタ指定)
            </summary>
            <param name="graph">グラフ</param>
            <param name="start_vtx">辺の始点を示す頂点</param>
            <param name="end_vtx">辺の終点を示す頂点</param>
            <returns>追加に成功すると1を返し,すでに二つの頂点を接続する辺が存在する場合は0を返し,頂点のどちらかが存在しない,始点と終点が同じとき,他の重大な問題があるときには-1を返す.</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GraphAddEdgeByPtr(OpenCvSharp.CvGraph,OpenCvSharp.CvGraphEdge,OpenCvSharp.CvGraphEdge,OpenCvSharp.CvGraphEdge)">
            <summary>
            グラフに辺を追加する(ポインタ指定)
            </summary>
            <param name="graph">グラフ</param>
            <param name="start_vtx">辺の始点を示す頂点</param>
            <param name="end_vtx">辺の終点を示す頂点</param>
            <param name="edge">オプションの入力パラメータ,辺の初期化データ.</param>
            <returns>追加に成功すると1を返し,すでに二つの頂点を接続する辺が存在する場合は0を返し,頂点のどちらかが存在しない,始点と終点が同じとき,他の重大な問題があるときには-1を返す.</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GraphAddEdgeByPtr(OpenCvSharp.CvGraph,OpenCvSharp.CvGraphEdge,OpenCvSharp.CvGraphEdge,OpenCvSharp.CvGraphEdge,System.IntPtr)">
            <summary>
            グラフに辺を追加する(ポインタ指定)
            </summary>
            <param name="graph"></param>
            <param name="start_vtx">辺の始点を示す頂点</param>
            <param name="end_vtx">辺の終点を示す頂点</param>
            <param name="edge">オプションの入力パラメータ,辺の初期化データ.</param>
            <param name="inserted_edge">辺の集合の中で入力された辺のアドレスを保存するための,オプションの出力パラメータ.</param>
            <returns>追加に成功すると1を返し,すでに二つの頂点を接続する辺が存在する場合は0を返し,頂点のどちらかが存在しない,始点と終点が同じとき,他の重大な問題があるときには-1を返す.</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GraphEdgeIdx(OpenCvSharp.CvGraph,OpenCvSharp.CvGraphEdge)">
            <summary>
            グラフの辺のインデックスを返す
            </summary>
            <param name="graph">グラフ</param>
            <param name="edge">辺への参照</param>
            <returns>グラフの辺のインデックス</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GraphGetEdgeCount(OpenCvSharp.CvGraph)">
            <summary>
            Returns count of edges
            </summary>
            <param name="graph">グラフ</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GraphGetVtxCount(OpenCvSharp.CvGraph)">
            <summary>
            Returns count of vertex
            </summary>
            <param name="graph">グラフ</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GraphRemoveEdge(OpenCvSharp.CvGraph,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            グラフから辺を削除する(インデックス指定)
            </summary>
            <param name="graph">グラフ</param>
            <param name="start_idx">辺の始点を示す頂点のインデックス. </param>
            <param name="end_idx">辺の終点を示す頂点のインデックス.無向グラフの場合,順序はどちらでもよい. </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GraphRemoveEdgeByPtr(OpenCvSharp.CvGraph,OpenCvSharp.CvGraphVtx,OpenCvSharp.CvGraphVtx)">
            <summary>
            グラフから辺を削除する(ポインタ指定)
            </summary>
            <param name="graph">グラフ</param>
            <param name="start_vtx">辺の始点を示す頂点へのポインタ.</param>
            <param name="end_vtx">辺の終点を示す頂点へのポインタ.無向グラフの場合,順序はどちらでもよい. </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GraphRemoveVtx(OpenCvSharp.CvGraph,System.Int32)">
            <summary>
            グラフから頂点を削除する(インデックス指定)
            </summary>
            <param name="graph">グラフ</param>
            <param name="index">削除される頂点のインデックス</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GraphRemoveVtxByPtr(OpenCvSharp.CvGraph,OpenCvSharp.CvGraphVtx)">
            <summary>
            グラフから頂点を削除する(ポインタ指定)
            </summary>
            <param name="graph">グラフ</param>
            <param name="vtx">削除される頂点へのポインタ</param>
            <returns>削除された辺の数,あるいは頂点がグラフに存在しない場合は-1</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GraphVtxDegree(OpenCvSharp.CvGraph,System.Int32)">
            <summary>
            頂点に接続している辺の数を数える(インデックス指定)
            </summary>
            <param name="graph">グラフ</param>
            <param name="vtx_idx">頂点のインデックス</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GraphVtxDegreeByPtr(OpenCvSharp.CvGraph,OpenCvSharp.CvGraphVtx)">
            <summary>
            頂点に接続している辺の数を数える(ポインタ指定)
            </summary>
            <param name="graph">グラフ</param>
            <param name="vtx">頂点へのポインタ</param>
            <returns>指定した頂点に接続した(入る/出る両方向の)辺の数</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GraphVtxIdx(OpenCvSharp.CvGraph,OpenCvSharp.CvGraphVtx)">
            <summary>
            グラフ頂点のインデックスを返す
            </summary>
            <param name="graph">グラフ</param>
            <param name="vtx">グラフ頂点への参照</param>
            <returns>グラフ頂点のインデックスを返す</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.WaitKey">
            <summary>
            Waits for key event infinitely (delay&lt;=0) or for "delay" milliseconds. 
            Returns the code of the pressed key or -1 if no key were pressed until the specified timeout has elapsed. 
            </summary>
            <returns>key code</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.WaitKey(System.Int32)">
            <summary>
            Waits for key event infinitely (delay&lt;=0) or for "delay" milliseconds. 
            Returns the code of the pressed key or -1 if no key were pressed until the specified timeout has elapsed. 
            </summary>
            <param name="delay">Delay in milliseconds. </param>
            <returns>key code</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.WarpAffine(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            画像のアフィン変換を行う
            </summary>
            <param name="src">入力画像</param>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="map_matrix">2×3 変換行列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.WarpAffine(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.Interpolation)">
            <summary>
            画像のアフィン変換を行う
            </summary>
            <param name="src">入力画像</param>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="map_matrix">2×3 変換行列</param>
            <param name="flags">補間方法</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.WarpAffine(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.Interpolation,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            画像のアフィン変換を行う
            </summary>
            <param name="src">入力画像</param>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="map_matrix">2×3 変換行列</param>
            <param name="flags">補間方法</param>
            <param name="fillval">対応の取れない点に対して与える値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.WarpPerspective(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            画像の透視変換を行う.
            </summary>
            <param name="src">入力画像</param>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="map_matrix">3×3 の変換行列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.WarpPerspective(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.Interpolation)">
            <summary>
            画像の透視変換を行う.
            </summary>
            <param name="src">入力画像</param>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="map_matrix">3×3 の変換行列</param>
            <param name="flags">補間方法</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.WarpPerspective(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.Interpolation,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            画像の透視変換を行う.
            </summary>
            <param name="src">入力画像</param>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="map_matrix">3×3 の変換行列</param>
            <param name="flags">補間方法</param>
            <param name="fillval">対応の取れない点に対して与える値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Watershed(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            watershedアルゴリズムによる画像のセグメント化を行う.
            画像をこの関数に渡す前に,ユーザーは大まかに画像markers中の処理対象領域を,正(>0)のインデックスを用いて区切っておかなければならない.
            </summary>
            <param name="image">入力画像.8ビット,3チャンネル画像.</param>
            <param name="markers">入出力画像.32ビットシングルチャンネルのマーカー画像(マップ).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Write(OpenCvSharp.CvFileStorage,System.String,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            オブジェクトをファイルストレージに書き込む.
            </summary>
            <param name="fs">ファイルストレージ</param>
            <param name="name">書き込まれるオブジェクトの名前.親の構造体がシーケンスの場合は,nullにしなければならない.</param>
            <param name="ptr">オブジェクトへの参照</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Write(OpenCvSharp.CvFileStorage,System.String,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvAttrList)">
            <summary>
            オブジェクトをファイルストレージに書き込む.
            </summary>
            <param name="fs">ファイルストレージ.</param>
            <param name="name">書き込まれるオブジェクトの名前.親の構造体がシーケンスの場合は,nullにしなければならない.</param>
            <param name="ptr">オブジェクトへの参照.</param>
            <param name="attributes">オブジェクトの属性.これは特定の型に対して固有である.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.WriteComment(OpenCvSharp.CvFileStorage,System.String)">
            <summary>
            ファイルストレージにコメントを書き込む (eol_comment = false).
            このコメントはデバッグや説明を記述するために使われるもので,読み込み時には読み飛ばされる.
            </summary>
            <param name="fs">ファイルストレージ</param>
            <param name="comment">一行または複数行の,書き込まれるコメ文字列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.WriteComment(OpenCvSharp.CvFileStorage,System.String,System.Boolean)">
            <summary>
            ファイルストレージにコメントを書き込む.
            このコメントはデバッグや説明を記述するために使われるもので,読み込み時には読み飛ばされる.
            </summary>
            <param name="fs">ファイルストレージ</param>
            <param name="comment">一行または複数行の,書き込まれるコメ文字列</param>
            <param name="eol_comment">trueの場合,この関数は現在の行の最後にコメントを入れようと試みる.
            falseで,コメントが複数,または現在の行の最後に納まらない場合は,コメントは新しい行から始められる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.WriteFileNode(OpenCvSharp.CvFileStorage,System.String,OpenCvSharp.CvFileNode,System.Boolean)">
            <summary>
            ファイルノードを他のファイルストレージに書き込む
            </summary>
            <param name="fs">書き込み先のファイルストレージ.</param>
            <param name="new_node_name">書き込み先ファイルストレージ内のファイルノードの新しい名前.元の名前を維持するためには,cvGetFileNodeName(node)を用いる.</param>
            <param name="node">書き込まれるノード.</param>
            <param name="embed">書き込まれるノードがコレクションで,このパラメータがtrueの場合,階層の余分なレベルは生成されない.
            その代わりに,nodeの全ての要素は現在書き込まれている構造体に書き込まれる.
            当然,マップ要素はマップにのみ書き込まれ,シーケンス要素はシーケンスにのみ書き込まれる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.WriteFrame(OpenCvSharp.CvVideoWriter,OpenCvSharp.IplImage)">
            <summary>
            一つのフレームをビデオファイルに書き込む/追加する
            </summary>
            <param name="writer">ビデオライタクラス</param>
            <param name="image">書き込まれるフレーム</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.WriteInt(OpenCvSharp.CvFileStorage,System.String,System.Int32)">
            <summary>
            1つの整数値(名前あり,または無し)をファイルに書き込む.
            </summary>
            <param name="fs">ファイルストレージ</param>
            <param name="name">書き込まれる文字列の名前.親の構造体がシーケンスの場合は,nullにしなければならない.</param>
            <param name="value">書き込まれる値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.WriteRawData``1(OpenCvSharp.CvFileStorage,``0[],System.String)">
            <summary>
            複数の数値を書き込む
            </summary>
            <typeparam name="T">srcの要素の型</typeparam>
            <param name="fs">ファイルストレージ</param>
            <param name="src">書き込む配列</param>
            <param name="dt">フォーマット</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.WriteReal(OpenCvSharp.CvFileStorage,System.String,System.Double)">
            <summary>
            単精度浮動小数点型の値(名前あり,または無し)をファイルに書き込む.
            特別な値はエンコードされる:Not A NumberはNaN に,±Infinityは +.Inf (-.Inf) になる.
            </summary>
            <param name="fs">ファイルストレージ</param>
            <param name="name">書き込まれる文字列の名前.親の構造体がシーケンスの場合は,nullにしなければならない.</param>
            <param name="value">書き込まれる値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.WriteString(OpenCvSharp.CvFileStorage,System.String,System.String)">
            <summary>
            文字列をファイルストレージに書き込む.
            </summary>
            <param name="fs">ファイルストレージ</param>
            <param name="name">書き込まれる文字列の名前.親の構造体がシーケンスの場合は,nullにしなければならない.</param>
            <param name="str">書き込まれる文字列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.WriteString(OpenCvSharp.CvFileStorage,System.String,System.String,System.Boolean)">
            <summary>
            文字列をファイルストレージに書き込む.
            </summary>
            <param name="fs">ファイルストレージ</param>
            <param name="name">書き込まれる文字列の名前.親の構造体がシーケンスの場合は,nullにしなければならない.</param>
            <param name="str">書き込まれる文字列</param>
            <param name="quote">trueの場合,書き込まれる文字列は必要かどうかに関わらず引用符で挟まれる.
            falseの場合,必要な場合にのみ引用符が使われる(例えば,文字列が数字で始まっていたり,スペースを含む場合).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FastArctan(System.Single,System.Single)">
            <summary>
            入力された2次元ベクトルの角度を計算する.角度は度(degree)単位で扱われ,0°から360°の範囲で変化する.精度は ~0.1°.
            </summary>
            <param name="y">2次元ベクトルのy座標</param>
            <param name="x">2次元ベクトルのx座標</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FillConvexPoly(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint[],OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            凸ポリゴンの内部を塗りつぶす.
            </summary>
            <param name="img">ポリゴンが描かれる画像</param>
            <param name="pts">一つのポリゴンへのポインタの配列</param>
            <param name="color">ポリゴンの色</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FillConvexPoly(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint[],OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            凸ポリゴンの内部を塗りつぶす.
            </summary>
            <param name="img">ポリゴンが描かれる画像</param>
            <param name="pts">一つのポリゴンへのポインタの配列</param>
            <param name="color">ポリゴンの色</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FillConvexPoly(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint[],OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            凸ポリゴンの内部を塗りつぶす.
            </summary>
            <param name="img">ポリゴンが描かれる画像</param>
            <param name="pts">一つのポリゴンへのポインタの配列</param>
            <param name="color">ポリゴンの色</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
            <param name="shift">頂点座標の小数点以下の桁を表すビット数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FillPoly(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint[][],OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            ポリゴン内部を塗りつぶす
            </summary>
            <param name="img">ポリゴンが描かれる画像.</param>
            <param name="pts">ポリゴンへのポインタ配列.</param>
            <param name="color">ポリゴンの色.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FillPoly(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint[][],OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            ポリゴン内部を塗りつぶす
            </summary>
            <param name="img">ポリゴンが描かれる画像.</param>
            <param name="pts">ポリゴンへのポインタ配列.</param>
            <param name="color">ポリゴンの色.</param>
            <param name="line_type">線の種類.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FillPoly(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint[][],OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            ポリゴン内部を塗りつぶす
            </summary>
            <param name="img">ポリゴンが描かれる画像.</param>
            <param name="pts">ポリゴンへのポインタ配列.</param>
            <param name="color">ポリゴンの色.</param>
            <param name="line_type">線の種類.</param>
            <param name="shift">頂点座標の小数点以下の桁を表すビット数.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Filter2D(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            画像に線形フィルタを適用する
            </summary>
            <param name="src">入力画像</param>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="kernel">フィルタマスク.係数のシングルチャンネルの2次元浮動小数点型行列.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Filter2D(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvPoint)">
            <summary>
            画像に線形フィルタを適用する
            </summary>
            <param name="src">入力画像</param>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="kernel">フィルタマスク.係数のシングルチャンネルの2次元浮動小数点型行列.</param>
            <param name="anchor">カーネルのアンカー.カーネルマスクでカバーされる隣接領域内における, フィルタ対象となるピクセルの相対位置を表す.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindChessboardCorners(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.CvPoint2D32f[]@)">
            <summary>
            入力画像がチェスボードパターンであるかどうかを確認し,チェスボードの各コーナーの位置検出を試みる.
            </summary>
            <param name="image">入力のチェスボード画像.8ビットのグレースケールまたはカラー画像.</param>
            <param name="pattern_size">チェスボードの行と列ごとのコーナーの数</param>
            <param name="corners">検出されたコーナーの配列. Length=pattern_size.Width*pattern_size.Height</param>
            <returns>すべてのコーナーが検出され,正しい順番(行順で,かつ各行は左から右に並ぶ)でそれらが配置されている場合には, true</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindChessboardCorners(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.CvPoint2D32f[]@,System.Int32@)">
            <summary>
            入力画像がチェスボードパターンであるかどうかを確認し,チェスボードの各コーナーの位置検出を試みる.
            </summary>
            <param name="image">入力のチェスボード画像.8ビットのグレースケールまたはカラー画像.</param>
            <param name="pattern_size">チェスボードの行と列ごとのコーナーの数</param>
            <param name="corners">検出されたコーナーの配列. Length=pattern_size.Width*pattern_size.Height</param>
            <param name="corner_count">コーナーの数が出力される</param>
            <returns>すべてのコーナーが検出され,正しい順番(行順で,かつ各行は左から右に並ぶ)でそれらが配置されている場合には, true</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindChessboardCorners(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.CvPoint2D32f[]@,System.Int32@,OpenCvSharp.ChessboardFlag)">
            <summary>
            入力画像がチェスボードパターンであるかどうかを確認し,チェスボードの各コーナーの位置検出を試みる.
            </summary>
            <param name="image">入力のチェスボード画像.8ビットのグレースケールまたはカラー画像.</param>
            <param name="pattern_size">チェスボードの行と列ごとのコーナーの数</param>
            <param name="corners">検出されたコーナーの配列. Length=pattern_size.Width*pattern_size.Height</param>
            <param name="corner_count">コーナーの数が出力される</param>
            <param name="flags">処理フラグ</param>
            <returns>すべてのコーナーが検出され,正しい順番(行順で,かつ各行は左から右に並ぶ)でそれらが配置されている場合には, true</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindContours(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.CvSeq{OpenCvSharp.CvPoint}@)">
            <summary>
            2値画像中の輪郭を見つける
            </summary>
            <param name="image">入力画像(8ビットシングルチャンネル).値が0以外のピクセルは「1」,0のピクセルは「0」とする.</param>
            <param name="storage">抽出された輪郭を保存する領域</param>
            <param name="first_contour">出力パラメータ.一番外側の輪郭へのポインタが入っている.</param>
            <returns>抽出した輪郭の個数</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindContours(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.CvSeq{OpenCvSharp.CvPoint}@,System.Int32)">
            <summary>
            2値画像中の輪郭を見つける
            </summary>
            <param name="image">入力画像(8ビットシングルチャンネル).値が0以外のピクセルは「1」,0のピクセルは「0」とする.</param>
            <param name="storage">抽出された輪郭を保存する領域</param>
            <param name="first_contour">出力パラメータ.一番外側の輪郭へのポインタが入っている.</param>
            <param name="header_size">シーケンスヘッダのサイズ.method=CV_CHAIN_CODEの場合,>=sizeof(CvChain) ,それ以外の場合 >=sizeof(CvContour).</param>
            <returns>抽出した輪郭の個数</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindContours(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.CvSeq{OpenCvSharp.CvPoint}@,System.Int32,OpenCvSharp.ContourRetrieval)">
            <summary>
            2値画像中の輪郭を見つける
            </summary>
            <param name="image">入力画像(8ビットシングルチャンネル).値が0以外のピクセルは「1」,0のピクセルは「0」とする.</param>
            <param name="storage">抽出された輪郭を保存する領域</param>
            <param name="first_contour">出力パラメータ.一番外側の輪郭へのポインタが入っている.</param>
            <param name="header_size">シーケンスヘッダのサイズ.method=CV_CHAIN_CODEの場合,>=sizeof(CvChain) ,それ以外の場合 >=sizeof(CvContour).</param>
            <param name="mode">抽出モード </param>
            <returns>抽出した輪郭の個数</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindContours(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.CvSeq{OpenCvSharp.CvPoint}@,System.Int32,OpenCvSharp.ContourRetrieval,OpenCvSharp.ContourChain)">
            <summary>
            2値画像中の輪郭を見つける
            </summary>
            <param name="image">入力画像(8ビットシングルチャンネル).値が0以外のピクセルは「1」,0のピクセルは「0」とする.</param>
            <param name="storage">抽出された輪郭を保存する領域</param>
            <param name="first_contour">出力パラメータ.一番外側の輪郭へのポインタが入っている.</param>
            <param name="header_size">シーケンスヘッダのサイズ.method=CV_CHAIN_CODEの場合,>=sizeof(CvChain) ,それ以外の場合 >=sizeof(CvContour).</param>
            <param name="mode">抽出モード </param>
            <param name="method">近似手法</param>
            <returns>抽出した輪郭の個数</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindContours(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.CvSeq{OpenCvSharp.CvPoint}@,System.Int32,OpenCvSharp.ContourRetrieval,OpenCvSharp.ContourChain,OpenCvSharp.CvPoint)">
            <summary>
            2値画像中の輪郭を見つける
            </summary>
            <param name="image">入力画像(8ビットシングルチャンネル).値が0以外のピクセルは「1」,0のピクセルは「0」とする.</param>
            <param name="storage">抽出された輪郭を保存する領域</param>
            <param name="first_contour">出力パラメータ.一番外側の輪郭へのポインタが入っている.</param>
            <param name="header_size">シーケンスヘッダのサイズ.method=CV_CHAIN_CODEの場合,>=sizeof(CvChain) ,それ以外の場合 >=sizeof(CvContour).</param>
            <param name="mode">抽出モード </param>
            <param name="method">近似手法</param>
            <param name="offset">オフセット.全ての輪郭点はこれによってシフトされる.</param>
            <returns>抽出した輪郭の個数</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindCornerSubPix(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint2D32f[],System.Int32,OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.CvTermCriteria)">
            <summary>
            コーナー位置を高精度化する.
            </summary>
            <param name="image">入力画像</param>
            <param name="corners">コーナーの初期座標が入力され,高精度化された座標が出力される.</param>
            <param name="count">コーナーの数</param>
            <param name="win">検索ウィンドウの半分のサイズ.(例)win=(5,5) ならば 5*2+1 × 5*2+1 = 11 × 11 が探索ウィンドウして使われる.</param>
            <param name="zero_zone">総和を計算する際に含まれない,探索領域の中心に存在する総和対象外領域の半分のサイズ.この値は,自己相関行列において発生しうる特異点を避けるために用いられる. 値が (-1,-1) の場合は,そのようなサイズはないということを意味する</param>
            <param name="criteria">コーナー座標の高精度化のための繰り返し処理の終了条件.コーナー位置の高精度化の繰り返し処理は,規定回数に達するか,目標精度に達したときに終了する.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindDominantPoints(OpenCvSharp.CvSeq,OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.DominantsFlag,System.Double,System.Double,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            Finds high-curvature points of the contour
            </summary>
            <param name="contour">pointer to input contour object.</param>
            <param name="storage">memory storage</param>
            <param name="method"></param>
            <param name="parameter1">for IPAN algorithm - minimal distance</param>
            <param name="parameter2">for IPAN algorithm - maximal distance</param>
            <param name="parameter3">for IPAN algorithm - neighborhood distance (must be not greater than dmaximal distance)</param>
            <param name="parameter4">for IPAN algorithm - minimal distance</param>
            <returns>array of dominant points indices</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindExtrinsicCameraParams2(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            既知の内部パラメータを用いて,それぞれのビューにおける外部パラメータを推定する.
            3次元のオブジェクトの点とそれに対応する2次元投影点が指定されなければならない.この関数も逆投影誤差の最小化を行う.
            </summary>
            <param name="object_points">オブジェクトの点の配列.3xNまたはNx3でNはビューにおける点の数.</param>
            <param name="image_points">対応する画像上の点の配列.2xNまたはNx2でNはビューにおける点の数.</param>
            <param name="intrinsic_matrix">カメラ内部行列 (A) [fx 0 cx; 0 fy cy; 0 0 1]. </param>
            <param name="distortion_coeffs">歪み係数のベクトル.4x1または1x4 [k1, k2, p1, p2].nullの場合,歪み係数はすべて0 であるとする.</param>
            <param name="rotation_vector">出力される 3x1 の回転ベクトル</param>
            <param name="translation_vector">出力される 3x1 の並進ベクトル</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindExtrinsicCameraParams2(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,System.Boolean)">
            <summary>
            既知の内部パラメータを用いて,それぞれのビューにおける外部パラメータを推定する.
            3次元のオブジェクトの点とそれに対応する2次元投影点が指定されなければならない.この関数も逆投影誤差の最小化を行う.
            </summary>
            <param name="object_points">オブジェクトの点の配列.3xNまたはNx3でNはビューにおける点の数.</param>
            <param name="image_points">対応する画像上の点の配列.2xNまたはNx2でNはビューにおける点の数.</param>
            <param name="intrinsic_matrix">カメラ内部行列 (A) [fx 0 cx; 0 fy cy; 0 0 1]. </param>
            <param name="distortion_coeffs">歪み係数のベクトル.4x1または1x4 [k1, k2, p1, p2].nullの場合,歪み係数はすべて0 であるとする.</param>
            <param name="rotation_vector">出力される 3x1 の回転ベクトル</param>
            <param name="translation_vector">出力される 3x1 の並進ベクトル</param>
            <param name="use_extrinsic_guess"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindExtrinsicCameraParams2_(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            既知の内部パラメータを用いて,それぞれのビューにおける外部パラメータを推定する.
            3次元のオブジェクトの点とそれに対応する2次元投影点が指定されなければならない.この関数も逆投影誤差の最小化を行う.
            </summary>
            <param name="objectPoints">オブジェクトの点の配列.3xNまたはNx3でNはビューにおける点の数.</param>
            <param name="imagePoints">対応する画像上の点の配列.2xNまたはNx2でNはビューにおける点の数.</param>
            <param name="cameraMatrix">カメラ内部行列 (A) [fx 0 cx; 0 fy cy; 0 0 1]. </param>
            <param name="distCoeffs">歪み係数のベクトル.4x1または1x4 [k1, k2, p1, p2].nullの場合,歪み係数はすべて0 であるとする.</param>
            <param name="rvec">出力される 3x1 の回転ベクトル</param>
            <param name="tvec">出力される 3x1 の並進ベクトル</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindExtrinsicCameraParams2_(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,System.Boolean)">
            <summary>
            既知の内部パラメータを用いて,それぞれのビューにおける外部パラメータを推定する.
            3次元のオブジェクトの点とそれに対応する2次元投影点が指定されなければならない.この関数も逆投影誤差の最小化を行う.
            </summary>
            <param name="objectPoints">オブジェクトの点の配列.3xNまたはNx3でNはビューにおける点の数.</param>
            <param name="imagePoints">対応する画像上の点の配列.2xNまたはNx2でNはビューにおける点の数.</param>
            <param name="cameraMatrix">カメラ内部行列 (A) [fx 0 cx; 0 fy cy; 0 0 1]. </param>
            <param name="distCoeffs">歪み係数のベクトル.4x1または1x4 [k1, k2, p1, p2].nullの場合,歪み係数はすべて0 であるとする.</param>
            <param name="rvec">出力される 3x1 の回転ベクトル</param>
            <param name="tvec">出力される 3x1 の並進ベクトル</param>
            <param name="useExtrinsicGuess"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.UndistortPoints_(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="_src"></param>
            <param name="_dst"></param>
            <param name="_cameraMatrix"></param>
            <param name="_distCoeffs"></param>
            <param name="matR"></param>
            <param name="matP"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindHomography_(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="objectPoints"></param>
            <param name="imagePoints"></param>
            <param name="__H"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Rodrigues2_(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="src"></param>
            <param name="dst"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindFace(OpenCvSharp.IplImage,OpenCvSharp.CvMemStorage)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="image"></param>
            <param name="storage"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindFeatures(OpenCvSharp.CvFeatureTree,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            最適ビン優先(Best-Bin-First)探索を用いて,与えられたベクトルのおおよその k 近傍値を求める
            </summary>
            <param name="tr">参照ベクトルに対するk-d木インデックスへのポインタ.</param>
            <param name="desc">(行)ベクトルの m × d 行列.これらのベクトルの近傍値を探索する.</param>
            <param name="results">一致したベクトルの行インデックス (cvCreateFeatureTreeに引数として渡される行列を参照する) の集合.m × kの行列.k 近傍より遠い場合は,その列には -1 が入る.</param>
            <param name="dist">k 近傍値までの距離のm × k 行列.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindFeatures(OpenCvSharp.CvFeatureTree,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,System.Int32)">
            <summary>
            最適ビン優先(Best-Bin-First)探索を用いて,与えられたベクトルのおおよその k 近傍値を求める
            </summary>
            <param name="tr">参照ベクトルに対するk-d木インデックスへのポインタ.</param>
            <param name="desc">(行)ベクトルの m × d 行列.これらのベクトルの近傍値を探索する.</param>
            <param name="results">一致したベクトルの行インデックス (cvCreateFeatureTreeに引数として渡される行列を参照する) の集合.m × kの行列.k 近傍より遠い場合は,その列には -1 が入る.</param>
            <param name="dist">k 近傍値までの距離のm × k 行列.</param>
            <param name="k">検出される近傍の数.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindFeatures(OpenCvSharp.CvFeatureTree,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            最適ビン優先(Best-Bin-First)探索を用いて,与えられたベクトルのおおよその k 近傍値を求める
            </summary>
            <param name="tr">参照ベクトルに対するk-d木インデックスへのポインタ.</param>
            <param name="desc">(行)ベクトルの m × d 行列.これらのベクトルの近傍値を探索する.</param>
            <param name="results">一致したベクトルの行インデックス (cvCreateFeatureTreeに引数として渡される行列を参照する) の集合.m × kの行列.k 近傍より遠い場合は,その列には -1 が入る.</param>
            <param name="dist">k 近傍値までの距離のm × k 行列.</param>
            <param name="k">検出される近傍の数.</param>
            <param name="emax">探索する葉の最大数.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindFeaturesBoxed(OpenCvSharp.CvFeatureTree,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            与えられたk-d木上で直交領域探索を行う.
            </summary>
            <param name="tr">参照ベクトルに対するk-d木インデックスへのポインタ.</param>
            <param name="bounds_min">各次元の最小値を与える 1×d あるいは d×1 のベクトル(CV_32FC1 or CV_64FC1)</param>
            <param name="bounds_max">各次元の最大値を与える 1×d あるいは d×1 のベクトル(CV_32FC1 or CV_64FC1)</param>
            <param name="result">出力行インデックス(cvCreateFeatureTreeに引数として渡される行列を参照する) の 1×m あるいは m×1 のベクトル(CV_32SC1)</param>
            <returns>求められたベクトル数</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindFundamentalMat(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            2枚の画像間の点対応から基礎行列(F行列)を計算する
            </summary>
            <param name="points1">大きさが2xN, Nx2, 3xN,または Nx3 の1枚目の画像上の点の配列 (N は点の数).マルチチャンネルで大きさ 1xN,または Nx1 の配 列も使用可能である. 点の座標は浮動小数点型で表される(単精度または倍精度).</param>
            <param name="points2">2枚目の画像上の点の配列で point1とフォーマットやサイズは同じ.</param>
            <param name="fundamental_matrix">出力される基礎行列.サイズは 3x3, または 9x3(7-point methodは3つの行列を返す).</param>
            <returns>求めた基礎行列の数(1 または 3).もし行列が求まらないときは0.</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindFundamentalMat(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.FundamentalMatMethod)">
            <summary>
            2枚の画像間の点対応から基礎行列(F行列)を計算する
            </summary>
            <param name="points1">大きさが2xN, Nx2, 3xN,または Nx3 の1枚目の画像上の点の配列 (N は点の数).マルチチャンネルで大きさ 1xN,または Nx1 の配 列も使用可能である. 点の座標は浮動小数点型で表される(単精度または倍精度).</param>
            <param name="points2">2枚目の画像上の点の配列で point1とフォーマットやサイズは同じ.</param>
            <param name="fundamental_matrix">出力される基礎行列.サイズは 3x3, または 9x3(7-point methodは3つの行列を返す).</param>
            <param name="method">基礎行列の計算手法</param>
            <returns>求めた基礎行列の数(1 または 3).もし行列が求まらないときは0.</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindFundamentalMat(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.FundamentalMatMethod,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            2枚の画像間の点対応から基礎行列(F行列)を計算する
            </summary>
            <param name="points1">大きさが2xN, Nx2, 3xN,または Nx3 の1枚目の画像上の点の配列 (N は点の数).マルチチャンネルで大きさ 1xN,または Nx1 の配 列も使用可能である. 点の座標は浮動小数点型で表される(単精度または倍精度).</param>
            <param name="points2">2枚目の画像上の点の配列で point1とフォーマットやサイズは同じ.</param>
            <param name="fundamental_matrix">出力される基礎行列.サイズは 3x3, または 9x3(7-point methodは3つの行列を返す).</param>
            <param name="method">基礎行列の計算手法</param>
            <param name="param1">RANSAC メソッドのときにのみ使用されるパラメータ.点からエピポーラ線までの最大距離(その距離を超えるものは外れ値であると判断し,それらを最終的な基礎行列の計算に使用しない)をピクセル単位で示す. 通常は 1~3 の値にセットされる. </param>
            <param name="param2">RANSAC または LMedSメソッドのときにのみ使用されるパラメータ. F行列の推定精度の信頼レベルを示す.</param>
            <returns>求めた基礎行列の数(1 または 3).もし行列が求まらないときは0.</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindFundamentalMat(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.FundamentalMatMethod,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            2枚の画像間の点対応から基礎行列(F行列)を計算する
            </summary>
            <param name="points1">大きさが2xN, Nx2, 3xN,または Nx3 の1枚目の画像上の点の配列 (N は点の数).マルチチャンネルで大きさ 1xN,または Nx1 の配 列も使用可能である. 点の座標は浮動小数点型で表される(単精度または倍精度).</param>
            <param name="points2">2枚目の画像上の点の配列で point1とフォーマットやサイズは同じ.</param>
            <param name="fundamental_matrix">出力される基礎行列.サイズは 3x3, または 9x3(7-point methodは3つの行列を返す).</param>
            <param name="method">基礎行列の計算手法</param>
            <param name="param1">RANSAC メソッドのときにのみ使用されるパラメータ.点からエピポーラ線までの最大距離(その距離を超えるものは外れ値であると判断し,それらを最終的な基礎行列の計算に使用しない)をピクセル単位で示す. 通常は 1~3 の値にセットされる. </param>
            <param name="param2">RANSAC または LMedSメソッドのときにのみ使用されるパラメータ. F行列の推定精度の信頼レベルを示す.</param>
            <param name="status">N個の要素からなる出力配列. 各要素は,アウトライア(外れ値)に対しては 0,「インライア」,つまり推定されたエピポーラ幾何に良く適合する値, に対しては 1 にセットされる. この配列は RANSAC または LMedS のときのみ計算される.他の手法では,すべて 1 にセットされる.</param>
            <returns>求めた基礎行列の数(1 または 3).もし行列が求まらないときは0.</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindGraphEdge(OpenCvSharp.CvGraph,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            グラフから辺を検出する(インデックス指定)
            </summary>
            <param name="graph">グラフ. </param>
            <param name="start_idx">辺の始点を示す頂点のインデックス. </param>
            <param name="end_idx">辺の終点を示す頂点のインデックス.無向グラフの場合,順序はどちらでもよい. </param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GraphFindEdge(OpenCvSharp.CvGraph,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            グラフから辺を検出する(インデックス指定)
            </summary>
            <param name="graph">グラフ. </param>
            <param name="start_idx">辺の始点を示す頂点のインデックス. </param>
            <param name="end_idx">辺の終点を示す頂点のインデックス.無向グラフの場合,順序はどちらでもよい. </param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindGraphEdgeByPtr(OpenCvSharp.CvGraph,OpenCvSharp.CvGraphVtx,OpenCvSharp.CvGraphVtx)">
            <summary>
            グラフから辺を検出する(ポインタ指定)
            </summary>
            <param name="graph">グラフ. </param>
            <param name="start_vtx">辺の始点を示す頂点へのポインタ. </param>
            <param name="end_vtx">辺の終点を示す頂点へのポインタ.無向グラフの場合,順序はどちらでもよい. </param>
            <returns>指定した二つの頂点を接続する辺</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.GraphFindEdgeByPtr(OpenCvSharp.CvGraph,OpenCvSharp.CvGraphVtx,OpenCvSharp.CvGraphVtx)">
            <summary>
            グラフから辺を検出する(ポインタ指定)
            </summary>
            <param name="graph">グラフ. </param>
            <param name="start_vtx">辺の始点を示す頂点へのポインタ. </param>
            <param name="end_vtx">辺の終点を示す頂点へのポインタ.無向グラフの場合,順序はどちらでもよい. </param>
            <returns>指定した二つの頂点を接続する辺</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindHomography(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            2枚の画像間の射影変換を求める
            </summary>
            <param name="src_points">1枚目の画像上の座標. 2xN,Nx2,3xN または Nx3の配列 (後ろ二つは同次座標系表記である).ここで N は点の数.</param>
            <param name="dst_points">2枚目の画像上の座標. 2xN,Nx2,3xN または Nx3の配列 (後ろ二つは同次座標系表記である).</param>
            <param name="homography">出力される3x3ホモグラフィ行列(平面射影変換行列). </param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindHomography(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.HomographyMethod)">
            <summary>
            2枚の画像間の射影変換を求める
            </summary>
            <param name="src_points">1枚目の画像上の座標. 2xN,Nx2,3xN または Nx3の配列 (後ろ二つは同次座標系表記である).ここで N は点の数.</param>
            <param name="dst_points">2枚目の画像上の座標. 2xN,Nx2,3xN または Nx3の配列 (後ろ二つは同次座標系表記である).</param>
            <param name="homography">出力される3x3ホモグラフィ行列(平面射影変換行列). </param>
            <param name="method">ホモグラフィ行列を計算するための手法</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindHomography(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.HomographyMethod,System.Double)">
            <summary>
            2枚の画像間の射影変換を求める
            </summary>
            <param name="src_points">1枚目の画像上の座標. 2xN,Nx2,3xN または Nx3の配列 (後ろ二つは同次座標系表記である).ここで N は点の数.</param>
            <param name="dst_points">2枚目の画像上の座標. 2xN,Nx2,3xN または Nx3の配列 (後ろ二つは同次座標系表記である).</param>
            <param name="homography">出力される3x3ホモグラフィ行列(平面射影変換行列). </param>
            <param name="method">ホモグラフィ行列を計算するための手法</param>
            <param name="ransacReprojThreshold">点のペアをインライア値として扱うために許容される,逆投影誤差の最大値.このパラメータは,CV_RANSAC が指定された場合にのみ利用される.例えば,dst_points がピクセル精度のピクセル座標である場合,このパラメータは,おおよそ 1〜3 にセットされるのが正しい. </param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindHomography(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.HomographyMethod,System.Double,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            2枚の画像間の射影変換を求める
            </summary>
            <param name="src_points">1枚目の画像上の座標. 2xN,Nx2,3xN または Nx3の配列 (後ろ二つは同次座標系表記である).ここで N は点の数.</param>
            <param name="dst_points">2枚目の画像上の座標. 2xN,Nx2,3xN または Nx3の配列 (後ろ二つは同次座標系表記である).</param>
            <param name="homography">出力される3x3ホモグラフィ行列(平面射影変換行列). </param>
            <param name="method">ホモグラフィ行列を計算するための手法</param>
            <param name="ransacReprojThreshold">点のペアをインライア値として扱うために許容される,逆投影誤差の最大値.このパラメータは,CV_RANSAC が指定された場合にのみ利用される.例えば,dst_points がピクセル精度のピクセル座標である場合,このパラメータは,おおよそ 1〜3 にセットされるのが正しい. </param>
            <param name="mask">オプション:ロバスト推定(CV_RANSAC, CV_LMEDS)で利用される出力マスク. </param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindNearestPoint2D(OpenCvSharp.CvSubdiv2D,OpenCvSharp.CvPoint2D32f)">
            <summary>
            与えられた点に最も近い細分割の頂点を求める. 入力点を細分割内に配置するもう一つの関数である.
            この関数は入力された点に最も近い頂点を求める. 
            </summary>
            <param name="subdiv">ドロネー,または他の細分割</param>
            <param name="pt">入力点</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindNextContour(OpenCvSharp.CvContourScanner)">
            <summary>
            画像中の次の輪郭を検索する
            </summary>
            <param name="scanner">関数cvStartFindContoursで初期化された輪郭スキャナ</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindStereoCorrespondence(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.DisparityMode,OpenCvSharp.CvArr,System.Int32)">
            <summary>
            ステレオペア間の視差を計算する
            </summary>
            <param name="leftImage">ステレオペアの左画像.8ビット,グレースケールの(傾きや位置などが)修正された画像.</param>
            <param name="rightImage">ステレオペアの右画像.8ビット,グレースケールの修正された画像.</param>
            <param name="mode">視差を計算するためのアルゴリズム(現在は,CV_DISPARITY_BIRCHFIELD のみをサポートしている).</param>
            <param name="depthImage">結果のデプス画像.視差を表すようにスケーリングされた,8ビット,グレースケール画像. つまり,ゼロ視差(これは,カメラから非常に遠い場所の点にあたる)は 0 にマッピングされ,最大視差は 255 にマッピングされる.</param>
            <param name="maxDisparity">取りうる最大視差.オブジェクトがカメラに近ければ近い程,ここには大きな値が指定されるべきである. ただし,大きすぎる値は,処理速度を極端に低下させる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindStereoCorrespondence(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.DisparityMode,OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,System.Double,System.Double,System.Double,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            ステレオペア間の視差を計算する
            </summary>
            <param name="leftImage">ステレオペアの左画像.8ビット,グレースケールの(傾きや位置などが)修正された画像.</param>
            <param name="rightImage">ステレオペアの右画像.8ビット,グレースケールの修正された画像.</param>
            <param name="mode">視差を計算するためのアルゴリズム(現在は,CV_DISPARITY_BIRCHFIELD のみをサポートしている).</param>
            <param name="depthImage">結果のデプス画像.視差を表すようにスケーリングされた,8ビット,グレースケール画像. つまり,ゼロ視差(これは,カメラから非常に遠い場所の点にあたる)は 0 にマッピングされ,最大視差は 255 にマッピングされる.</param>
            <param name="maxDisparity">取りうる最大視差.オブジェクトがカメラに近ければ近い程,ここには大きな値が指定されるべきである. ただし,大きすぎる値は,処理速度を極端に低下させる.</param>
            <param name="param1">アルゴリズムのパラメータ. オクルージョンペナルティ定数 など</param>
            <param name="param2">アルゴリズムのパラメータ. 一致報酬 など</param>
            <param name="param3">アルゴリズムのパラメータ. 高信頼度の領域(param3 以上の信頼性を持つ,隣接するピクセルの組)の定義 など</param>
            <param name="param4">アルゴリズムのパラメータ. 中信頼度の領域の定義 など</param>
            <param name="param5">アルゴリズムのパラメータ. 低信頼度の領域の定義 など</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindStereoCorrespondenceBM(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvStereoBMState)">
            <summary>
            ブロックマッチングアルゴリズムを用いて視差画像を計算する
            </summary>
            <param name="left">左画像.シングルチャンネル,8ビット.</param>
            <param name="right">右画像.左画像と同じサイズ,同じ種類.</param>
            <param name="disparity">出力の視差配列.シングルチャンネル,16ビット,符号有り整数,入力画像と同サイズ.各要素は,計算された視差であり,16倍されて整数値にまるめられる.</param>
            <param name="state">ステレオマッチング構造体.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindStereoCorrespondenceGC(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvStereoGCState)">
            <summary>
            グラフカットに基づくアルゴリズムにより視差画像を計算する
            </summary>
            <param name="left">左画像.シングルチャンネル,8ビット.</param>
            <param name="right">右画像.左画像と同じサイズ,同じ種類.</param>
            <param name="dispLeft">出力オプション:シングルチャンネル,16ビット,符号有り整数.入力画像と同じサイズの左視差画像. </param>
            <param name="dispRight">出力オプション:シングルチャンネル,16ビット,符号有り整数.入力画像と同じサイズの右視差画像. </param>
            <param name="state">ステレオマッチング構造体.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindStereoCorrespondenceGC(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvStereoGCState,System.Boolean)">
            <summary>
            グラフカットに基づくアルゴリズムにより視差画像を計算する
            </summary>
            <param name="left">左画像.シングルチャンネル,8ビット.</param>
            <param name="right">右画像.左画像と同じサイズ,同じ種類.</param>
            <param name="dispLeft">出力オプション:シングルチャンネル,16ビット,符号有り整数.入力画像と同じサイズの左視差画像. </param>
            <param name="dispRight">出力オプション:シングルチャンネル,16ビット,符号有り整数.入力画像と同じサイズの右視差画像. </param>
            <param name="state">ステレオマッチング構造体.</param>
            <param name="useDisparityGuess">このパラメータが 0 でない場合, あらかじめ定義された視差画像を用いて計算が開始される.つまり, dispLeft と dispRight が共に,妥当な視差画像である必要がある. そうでない場合は,(すべてのピクセルがオクルージョンとなっている)空の視差画像から開始される.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FindType(System.String)">
            <summary>
            名前から型を見つける
            </summary>
            <param name="type_name">型の名前</param>
            <returns>登録された型.nullの場合,指定した名前の型は存在しない.</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FirstType">
            <summary>
            型リストの先頭を返す
            </summary>
            <returns>登録されている型のリストの先頭のもの</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FitEllipse2(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            2次元の点列に楕円をフィッティングする
            </summary>
            <param name="points">点のシーケンス,または配列</param>
            <returns>2次元の点列にフィットする最良の楕円</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FitLine(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.DistanceType,System.Double,System.Double,System.Double,System.Single[])">
            <summary>
            2次元または3次元の点列に線をフィッティングする
            </summary>
            <param name="points">32ビット整数型または浮動小数点型の2次元または3次元の点の配列,またはシーケンス.</param>
            <param name="dist_type">フィッティングに使われる距離.</param>
            <param name="param">それぞれの距離関数における数値パラメータ(C).0を指定した場合,最適な値が選択される.</param>
            <param name="reps">半径(座標原点と線の距離)と角度に対する精度.それぞれ0.01が初期値として適している.</param>
            <param name="aeps">半径(座標原点と線の距離)と角度に対する精度.それぞれ0.01が初期値として適している.</param>
            <param name="line">出力される線のパラメータ.2次元フィッティングの場合,四つの浮動小数点型数(vx, vy, x0, y0)の配列で,(vx, vy)は正規化された方向ベクトル,(x0, y0)は線上の点を意味する.3次元フィッティングの場合,(vx, vy, vz, x0, y0, z0)の六つの浮動小数点型数の配列で,(vx, vy, vz)は正規化された方向ベクトル,(x0, y0, z0)は線上の点を意味する.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Flip(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            2次元配列を垂直,水平,または両軸で反転する
            </summary>
            <param name="src">入力配列(出力もここに格納される)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Flip(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            2次元配列を垂直,水平,または両軸で反転する
            </summary>
            <param name="src">入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列.もしnullであれば,反転はインプレースモードで行われる</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Flip(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.FlipMode)">
            <summary>
            2次元配列を垂直,水平,または両軸で反転する
            </summary>
            <param name="src">入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列.もしnullであれば,反転はインプレースモードで行われる</param>
            <param name="flip_mode">配列の反転方法の指定</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Mirror(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            2次元配列を垂直,水平,または両軸で反転する. cvFlipのエイリアス.
            </summary>
            <param name="src">入力配列(出力もここに格納される)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Mirror(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            2次元配列を垂直,水平,または両軸で反転する. cvFlipのエイリアス.
            </summary>
            <param name="src">入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列.もしnullであれば,反転はインプレースモードで行われる</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Mirror(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.FlipMode)">
            <summary>
            2次元配列を垂直,水平,または両軸で反転する. cvFlipのエイリアス.
            </summary>
            <param name="src">入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列.もしnullであれば,反転はインプレースモードで行われる</param>
            <param name="flip_mode">配列の反転方法の指定</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FloodFill(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            連結成分を指定した色で塗りつぶす
            </summary>
            <param name="image">入力画像.1チャンネルあるいは3チャンネル,8ビットあるいは浮動小数点型.CV_FLOODFILL_MASK_ONLYフラグがセットされたとき以外は,データが書き換えられる.</param>
            <param name="seed_point">連結成分の開始点.シードピクセル. </param>
            <param name="new_val">塗りつぶされる領域の新しいピクセル値(塗りつぶす値).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FloodFill(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            連結成分を指定した色で塗りつぶす
            </summary>
            <param name="image">入力画像.1チャンネルあるいは3チャンネル,8ビットあるいは浮動小数点型.CV_FLOODFILL_MASK_ONLYフラグがセットされたとき以外は,データが書き換えられる.</param>
            <param name="seed_point">連結成分の開始点.シードピクセル. </param>
            <param name="new_val">塗りつぶされる領域の新しいピクセル値(塗りつぶす値).</param>
            <param name="lo_diff">現在の観測対象ピクセルと,その連結成分に属する隣接ピクセル, またはそのピクセルを連結成分に追加するためのシードピクセルとの,輝度値/色の差(違い)の許容下限値. 8ビットカラー画像のときは,パックされた値. </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FloodFill(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            連結成分を指定した色で塗りつぶす
            </summary>
            <param name="image">入力画像.1チャンネルあるいは3チャンネル,8ビットあるいは浮動小数点型.CV_FLOODFILL_MASK_ONLYフラグがセットされたとき以外は,データが書き換えられる.</param>
            <param name="seed_point">連結成分の開始点.シードピクセル. </param>
            <param name="new_val">塗りつぶされる領域の新しいピクセル値(塗りつぶす値).</param>
            <param name="lo_diff">現在の観測対象ピクセルと,その連結成分に属する隣接ピクセル, またはそのピクセルを連結成分に追加するためのシードピクセルとの,輝度値/色の差(違い)の許容下限値. 8ビットカラー画像のときは,パックされた値. </param>
            <param name="up_diff">現在の観測対象ピクセルと,その連結成分に属する隣接ピクセル, またはそのピクセルを連結成分に追加するためのシードピクセルとの,輝度値/色の差(違い)の許容上限値. 8ビットカラー画像のときは,パックされた値. </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FloodFill(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvConnectedComp@)">
            <summary>
            連結成分を指定した色で塗りつぶす
            </summary>
            <param name="image">入力画像.1チャンネルあるいは3チャンネル,8ビットあるいは浮動小数点型.CV_FLOODFILL_MASK_ONLYフラグがセットされたとき以外は,データが書き換えられる.</param>
            <param name="seed_point">連結成分の開始点.シードピクセル. </param>
            <param name="new_val">塗りつぶされる領域の新しいピクセル値(塗りつぶす値).</param>
            <param name="lo_diff">現在の観測対象ピクセルと,その連結成分に属する隣接ピクセル, またはそのピクセルを連結成分に追加するためのシードピクセルとの,輝度値/色の差(違い)の許容下限値. 8ビットカラー画像のときは,パックされた値. </param>
            <param name="up_diff">現在の観測対象ピクセルと,その連結成分に属する隣接ピクセル, またはそのピクセルを連結成分に追加するためのシードピクセルとの,輝度値/色の差(違い)の許容上限値. 8ビットカラー画像のときは,パックされた値. </param>
            <param name="comp">構造体へのポインタ.この関数は,塗りつぶされた領域の情報を構造体に代入する. </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FloodFill(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvConnectedComp@,System.Int32)">
            <summary>
            連結成分を指定した色で塗りつぶす
            </summary>
            <param name="image">入力画像.1チャンネルあるいは3チャンネル,8ビットあるいは浮動小数点型.CV_FLOODFILL_MASK_ONLYフラグがセットされたとき以外は,データが書き換えられる.</param>
            <param name="seed_point">連結成分の開始点.シードピクセル. </param>
            <param name="new_val">塗りつぶされる領域の新しいピクセル値(塗りつぶす値).</param>
            <param name="lo_diff">現在の観測対象ピクセルと,その連結成分に属する隣接ピクセル, またはそのピクセルを連結成分に追加するためのシードピクセルとの,輝度値/色の差(違い)の許容下限値. 8ビットカラー画像のときは,パックされた値. </param>
            <param name="up_diff">現在の観測対象ピクセルと,その連結成分に属する隣接ピクセル, またはそのピクセルを連結成分に追加するためのシードピクセルとの,輝度値/色の差(違い)の許容上限値. 8ビットカラー画像のときは,パックされた値. </param>
            <param name="comp">構造体へのポインタ.この関数は,塗りつぶされた領域の情報を構造体に代入する. </param>
            <param name="flags">操作フラグ.下位ビットは関数内で用いられる連結性に関する値4(デフォルト)または8が入っている. 
            連結性は,どのピクセルを隣接ピクセルと見なすかを定義する.上位ビットは0,あるいはCv.FLOODFILL_FIXED_RANGE, Cv.FLOODFILL_MASK_ONLY との組み合わせである.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FloodFill(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvConnectedComp@,System.Int32,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            連結成分を指定した色で塗りつぶす
            </summary>
            <param name="image">入力画像.1チャンネルあるいは3チャンネル,8ビットあるいは浮動小数点型.CV_FLOODFILL_MASK_ONLYフラグがセットされたとき以外は,データが書き換えられる.</param>
            <param name="seed_point">連結成分の開始点.シードピクセル. </param>
            <param name="new_val">塗りつぶされる領域の新しいピクセル値(塗りつぶす値).</param>
            <param name="lo_diff">現在の観測対象ピクセルと,その連結成分に属する隣接ピクセル, またはそのピクセルを連結成分に追加するためのシードピクセルとの,輝度値/色の差(違い)の許容下限値. 8ビットカラー画像のときは,パックされた値. </param>
            <param name="up_diff">現在の観測対象ピクセルと,その連結成分に属する隣接ピクセル, またはそのピクセルを連結成分に追加するためのシードピクセルとの,輝度値/色の差(違い)の許容上限値. 8ビットカラー画像のときは,パックされた値. </param>
            <param name="comp">構造体へのポインタ.この関数は,塗りつぶされた領域の情報を構造体に代入する. </param>
            <param name="flags">操作フラグ.下位ビットは関数内で用いられる連結性に関する値4(デフォルト)または8が入っている. 
            連結性は,どのピクセルを隣接ピクセルと見なすかを定義する.上位ビットは0,あるいはCv.FLOODFILL_FIXED_RANGE, Cv.FLOODFILL_MASK_ONLY との組み合わせである.</param>
            <param name="mask">処理用マスク</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Floor(System.Double)">
            <summary>
            引数より大きくない最大の整数値を返す.
            </summary>
            <param name="value">浮動小数点型の入力値</param>
            <returns>引数より大きくない最大の整数値</returns>]
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FlushSeqWriter(OpenCvSharp.CvSeqWriter)">
            <summary>
            ライタの状態からシーケンスヘッダを更新する
            </summary>
            <param name="writer">ライタの状態.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FontQt(System.String)">
            <summary>
            画像上にテキストを描画する際に利用されるフォントを作成します.
            </summary>
            <param name="nameFont">フォント名. 指定のフォントが見つからなければ,デフォルトフォントが利用されます.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FontQt(System.String,System.Int32)">
            <summary>
            画像上にテキストを描画する際に利用されるフォントを作成します.
            </summary>
            <param name="nameFont">フォント名. 指定のフォントが見つからなければ,デフォルトフォントが利用されます.</param>
            <param name="pointSize">ォントサイズ.これが,未指定,または0以下の値の場合,フォンとのポイントサイズはシステム依存のデフォルト値にセットされます.通常は,12ポイントです.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FontQt(System.String,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            画像上にテキストを描画する際に利用されるフォントを作成します.
            </summary>
            <param name="nameFont">フォント名. 指定のフォントが見つからなければ,デフォルトフォントが利用されます.</param>
            <param name="pointSize">ォントサイズ.これが,未指定,または0以下の値の場合,フォンとのポイントサイズはシステム依存のデフォルト値にセットされます.通常は,12ポイントです.</param>
            <param name="color">BGRA で表現されるフォントカラー.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FontQt(System.String,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.FontWeight)">
            <summary>
            画像上にテキストを描画する際に利用されるフォントを作成します.
            </summary>
            <param name="nameFont">フォント名. 指定のフォントが見つからなければ,デフォルトフォントが利用されます.</param>
            <param name="pointSize">ォントサイズ.これが,未指定,または0以下の値の場合,フォンとのポイントサイズはシステム依存のデフォルト値にセットされます.通常は,12ポイントです.</param>
            <param name="color">BGRA で表現されるフォントカラー.</param>
            <param name="weight">フォントの太さ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FontQt(System.String,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.FontWeight,OpenCvSharp.FontStyle)">
            <summary>
            画像上にテキストを描画する際に利用されるフォントを作成します.
            </summary>
            <param name="nameFont">フォント名. 指定のフォントが見つからなければ,デフォルトフォントが利用されます.</param>
            <param name="pointSize">ォントサイズ.これが,未指定,または0以下の値の場合,フォンとのポイントサイズはシステム依存のデフォルト値にセットされます.通常は,12ポイントです.</param>
            <param name="color">BGRA で表現されるフォントカラー.</param>
            <param name="weight">フォントの太さ</param>
            <param name="style">処理フラグ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FontQt(System.String,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.FontWeight,OpenCvSharp.FontStyle,System.Int32)">
            <summary>
            画像上にテキストを描画する際に利用されるフォントを作成します.
            </summary>
            <param name="nameFont">フォント名. 指定のフォントが見つからなければ,デフォルトフォントが利用されます.</param>
            <param name="pointSize">ォントサイズ.これが,未指定,または0以下の値の場合,フォンとのポイントサイズはシステム依存のデフォルト値にセットされます.通常は,12ポイントです.</param>
            <param name="color">BGRA で表現されるフォントカラー.</param>
            <param name="weight">フォントの太さ</param>
            <param name="style">処理フラグ</param>
            <param name="spacing">文字間のスペース.正負の値が利用できます.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Free(System.IntPtr@)">
            <summary>
            メモリバッファの領域を解放する
            </summary>
            <param name="ptr">解放する領域へのポインタのポインタ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ValidateDisparity(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="disparity"></param>
            <param name="cost"></param>
            <param name="minDisparity"></param>
            <param name="numberOfDisparities"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ValidateDisparity(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="disparity"></param>
            <param name="cost"></param>
            <param name="minDisparity"></param>
            <param name="numberOfDisparities"></param>
            <param name="disp12MaxDiff"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.EigenDecomposite(OpenCvSharp.IplImage,OpenCvSharp.IplImage[],OpenCvSharp.IplImage,System.Single[])">
            <summary>
            入力オブジェクトのすべての分解係数を計算する. (ioFlags = CV_EIGOBJ_NO_CALLBACK)
            </summary>
            <param name="obj">入力オブジェクト.</param>
            <param name="eigInput">IplImage 型の入力オブジェクトの配列.</param>
            <param name="avg">平均オブジェクト.</param>
            <param name="coeffs">計算された係数; 出力パラメータ.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.EigenDecomposite(OpenCvSharp.IplImage,System.Int32,OpenCvSharp.CvCallback,OpenCvSharp.EigenObjectsIOFlag,System.IntPtr,OpenCvSharp.IplImage,System.Single[])">
            <summary>
            入力オブジェクトのすべての分解係数を計算する.
            </summary>
            <param name="obj">入力オブジェクト</param>
            <param name="eigenvec_count">固有オブジェクトの個数.</param>
            <param name="eigInput">読み込みコールバック関数.</param>
            <param name="ioFlags">入出力フラグ.</param>
            <param name="userData">コールバック関数に必要なすべてのデータを含む構造体へのポインタ.</param>
            <param name="avg">平均オブジェクト.</param>
            <param name="coeffs">計算された係数; 出力パラメータ.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.EigenProjection(OpenCvSharp.IplImage[],System.Int32,System.Single[],OpenCvSharp.IplImage,OpenCvSharp.IplImage)">
            <summary>
            オブジェクトの固有部分空間への投影を計算する (ioFlags = CV_EIGOBJ_NO_CALLBACK)
            </summary>
            <param name="input_vecs">IplImage 型の入力オブジェクトの配列</param>
            <param name="eigenvec_count">固有ベクトルの個数. </param>
            <param name="coeffs">事前に計算された分解係数. </param>
            <param name="avg">cvCalcEigenObjects  によって計算された平均ベクトル.</param>
            <param name="proj">固有部分空間への投影.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.EigenProjection(OpenCvSharp.CvCallback,System.Int32,OpenCvSharp.EigenObjectsIOFlag,System.IntPtr,System.Single[],OpenCvSharp.IplImage,OpenCvSharp.IplImage)">
            <summary>
            オブジェクトの固有部分空間への投影を計算する
            </summary>
            <param name="input_vecs">コールバック関数</param>
            <param name="eigenvec_count">固有ベクトルの個数. </param>
            <param name="io_flags">入出力フラグ.</param>
            <param name="userdata">コールバック関数に必要なすべてのデータを含む構造体へのポインタ.</param>
            <param name="coeffs">事前に計算された分解係数. </param>
            <param name="avg">cvCalcEigenObjects  によって計算された平均ベクトル.</param>
            <param name="proj">固有部分空間への投影.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.EigenVV(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            対称行列の固有値と固有ベクトルを計算する
            </summary>
            <param name="mat">入力対称正方行列.処理中に変更される.</param>
            <param name="evects">固有ベクトルの出力行列.連続した行として保存される. </param>
            <param name="evals">固有値ベクトルの出力ベクトル.降順に保存される(もちろん固有値と固有ベクトルの順番は一致する).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.EigenVV(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double)">
            <summary>
            対称行列の固有値と固有ベクトルを計算する
            </summary>
            <param name="mat">入力対称正方行列.処理中に変更される.</param>
            <param name="evects">固有ベクトルの出力行列.連続した行として保存される. </param>
            <param name="evals">固有値ベクトルの出力ベクトル.降順に保存される(もちろん固有値と固有ベクトルの順番は一致する).</param>
            <param name="eps">対角化の精度(一般的に,DBL_EPSILON=≈10^-15 で十分である)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.EigenVV(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Int32)">
            <summary>
            対称行列の固有値と固有ベクトルを計算する
            </summary>
            <param name="mat">入力対称正方行列.処理中に変更される.</param>
            <param name="evects">固有ベクトルの出力行列.連続した行として保存される. </param>
            <param name="evals">固有値ベクトルの出力ベクトル.降順に保存される(もちろん固有値と固有ベクトルの順番は一致する).</param>
            <param name="eps">対角化の精度(一般的に,DBL_EPSILON=≈10^-15 で十分である)</param>
            <param name="lowindex">求める最大の固有値/固有ベクトルのインデックス</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.EigenVV(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            対称行列の固有値と固有ベクトルを計算する
            </summary>
            <param name="mat">入力対称正方行列.処理中に変更される.</param>
            <param name="evects">固有ベクトルの出力行列.連続した行として保存される. </param>
            <param name="evals">固有値ベクトルの出力ベクトル.降順に保存される(もちろん固有値と固有ベクトルの順番は一致する).</param>
            <param name="eps">対角化の精度(一般的に,DBL_EPSILON=≈10^-15 で十分である)</param>
            <param name="lowindex">求める最大の固有値/固有ベクトルのインデックス</param>
            <param name="highindex">求める最小の固有値/固有ベクトルのインデックス</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Ellipse(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvSize,System.Double,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            枠だけの楕円,楕円弧,もしくは塗りつぶされた扇形の楕円を描画する
            </summary>
            <param name="img">楕円が描画される画像</param>
            <param name="center">楕円の中心</param>
            <param name="axes">楕円の軸の長さ</param>
            <param name="angle">回転角度</param>
            <param name="start_angle">楕円弧の開始角度</param>
            <param name="end_angle">楕円弧の終了角度</param>
            <param name="color">楕円の色</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Ellipse(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvSize,System.Double,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            枠だけの楕円,楕円弧,もしくは塗りつぶされた扇形の楕円を描画する
            </summary>
            <param name="img">楕円が描画される画像</param>
            <param name="center">楕円の中心</param>
            <param name="axes">楕円の軸の長さ</param>
            <param name="angle">回転角度</param>
            <param name="start_angle">楕円弧の開始角度</param>
            <param name="end_angle">楕円弧の終了角度</param>
            <param name="color">楕円の色</param>
            <param name="thickness">楕円弧の線の幅</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Ellipse(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvSize,System.Double,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            枠だけの楕円,楕円弧,もしくは塗りつぶされた扇形の楕円を描画する
            </summary>
            <param name="img">楕円が描画される画像</param>
            <param name="center">楕円の中心</param>
            <param name="axes">楕円の軸の長さ</param>
            <param name="angle">回転角度</param>
            <param name="start_angle">楕円弧の開始角度</param>
            <param name="end_angle">楕円弧の終了角度</param>
            <param name="color">楕円の色</param>
            <param name="thickness">楕円弧の線の幅</param>
            <param name="line_type">楕円弧の線の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Ellipse(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvSize,System.Double,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            枠だけの楕円,楕円弧,もしくは塗りつぶされた扇形の楕円を描画する
            </summary>
            <param name="img">楕円が描画される画像</param>
            <param name="center">楕円の中心</param>
            <param name="axes">楕円の軸の長さ</param>
            <param name="angle">回転角度</param>
            <param name="start_angle">楕円弧の開始角度</param>
            <param name="end_angle">楕円弧の終了角度</param>
            <param name="color">楕円の色</param>
            <param name="thickness">楕円弧の線の幅</param>
            <param name="line_type">楕円弧の線の種類</param>
            <param name="shift">中心座標と軸の長さの小数点以下の桁を表すビット数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DrawEllipse(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvSize,System.Double,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            枠だけの楕円,楕円弧,もしくは塗りつぶされた扇形の楕円を描画する
            </summary>
            <param name="img">楕円が描画される画像</param>
            <param name="center">楕円の中心</param>
            <param name="axes">楕円の軸の長さ</param>
            <param name="angle">回転角度</param>
            <param name="start_angle">楕円弧の開始角度</param>
            <param name="end_angle">楕円弧の終了角度</param>
            <param name="color">楕円の色</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DrawEllipse(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvSize,System.Double,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            枠だけの楕円,楕円弧,もしくは塗りつぶされた扇形の楕円を描画する
            </summary>
            <param name="img">楕円が描画される画像</param>
            <param name="center">楕円の中心</param>
            <param name="axes">楕円の軸の長さ</param>
            <param name="angle">回転角度</param>
            <param name="start_angle">楕円弧の開始角度</param>
            <param name="end_angle">楕円弧の終了角度</param>
            <param name="color">楕円の色</param>
            <param name="thickness">楕円弧の線の幅</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DrawEllipse(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvSize,System.Double,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            枠だけの楕円,楕円弧,もしくは塗りつぶされた扇形の楕円を描画する
            </summary>
            <param name="img">楕円が描画される画像</param>
            <param name="center">楕円の中心</param>
            <param name="axes">楕円の軸の長さ</param>
            <param name="angle">回転角度</param>
            <param name="start_angle">楕円弧の開始角度</param>
            <param name="end_angle">楕円弧の終了角度</param>
            <param name="color">楕円の色</param>
            <param name="thickness">楕円弧の線の幅</param>
            <param name="line_type">楕円弧の線の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DrawEllipse(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvSize,System.Double,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            枠だけの楕円,楕円弧,もしくは塗りつぶされた扇形の楕円を描画する
            </summary>
            <param name="img">楕円が描画される画像</param>
            <param name="center">楕円の中心</param>
            <param name="axes">楕円の軸の長さ</param>
            <param name="angle">回転角度</param>
            <param name="start_angle">楕円弧の開始角度</param>
            <param name="end_angle">楕円弧の終了角度</param>
            <param name="color">楕円の色</param>
            <param name="thickness">楕円弧の線の幅</param>
            <param name="line_type">楕円弧の線の種類</param>
            <param name="shift">中心座標と軸の長さの小数点以下の桁を表すビット数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.EllipseBox(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvBox2D,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            枠だけの楕円,もしくは塗りつぶされた楕円を描画する
            </summary>
            <param name="img">楕円が描かれる画像.</param>
            <param name="box">描画したい楕円を囲む矩形領域.</param>
            <param name="color">楕円の色.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.EllipseBox(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvBox2D,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            枠だけの楕円,もしくは塗りつぶされた楕円を描画する
            </summary>
            <param name="img">楕円が描かれる画像.</param>
            <param name="box">描画したい楕円を囲む矩形領域.</param>
            <param name="color">楕円の色.</param>
            <param name="thickness">楕円境界線の幅.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.EllipseBox(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvBox2D,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            枠だけの楕円,もしくは塗りつぶされた楕円を描画する
            </summary>
            <param name="img">楕円が描かれる画像.</param>
            <param name="box">描画したい楕円を囲む矩形領域.</param>
            <param name="color">楕円の色.</param>
            <param name="thickness">楕円境界線の幅.</param>
            <param name="line_type">楕円境界線の種類.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.EllipseBox(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvBox2D,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            枠だけの楕円,もしくは塗りつぶされた楕円を描画する
            </summary>
            <param name="img">楕円が描かれる画像.</param>
            <param name="box">描画したい楕円を囲む矩形領域.</param>
            <param name="color">楕円の色.</param>
            <param name="thickness">楕円境界線の幅.</param>
            <param name="line_type">楕円境界線の種類.</param>
            <param name="shift">矩形領域の頂点座標の小数点以下の桁を表すビット数.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Ellipse2Poly(OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvSize,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvPoint[]@,System.Int32)">
            <summary>
            楕円弧をポリラインで近似する
            </summary>
            <param name="center">弧の中心</param>
            <param name="axes">楕円の軸の長さ</param>
            <param name="angle">楕円の回転角度</param>
            <param name="arc_start">楕円弧の開始角度</param>
            <param name="arc_end">楕円弧の終了角度</param>
            <param name="pts">この関数で塗りつぶされる点の配列</param>
            <param name="delta">ポリラインの連続した頂点間の角度,近似精度.出力される点の総数は最大で ceil((end_angle - start_angle)/delta) + 1.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.EncodeImage(System.String,OpenCvSharp.CvArr,System.Int32[])">
            <summary>
            画像をエンコードしてバイト列として出力する
            </summary>
            <param name="ext">出力形式として定義されているファイル拡張子</param>
            <param name="image">入力画像</param>
            <param name="prms">画像フォーマット固有の各種パラメータ</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.EncodeImage(System.String,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.ImageEncodingParam[])">
            <summary>
            画像をエンコードしてバイト列として出力する
            </summary>
            <param name="ext">出力形式として定義されているファイル拡張子</param>
            <param name="image">入力画像</param>
            <param name="prms">画像フォーマット固有の各種パラメータ</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.EndFindContours(OpenCvSharp.CvContourScanner)">
            <summary>
            輪郭走査処理を終了する
            </summary>
            <param name="scanner">輪郭スキャナへのポインタ</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.EndWriteSeq(OpenCvSharp.CvSeqWriter)">
            <summary>
            シーケンス書き込み処理を終了する
            </summary>
            <param name="writer">ライタの状態. </param>
            <returns>書き込まれたシーケンスへのポインタ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.EndWriteStruct(OpenCvSharp.CvFileStorage)">
            <summary>
            ファイルストレージへの構造体の書き込みを終了する.
            </summary>
            <param name="fs">ファイルストレージ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.EqualizeHist(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            グレースケール画像のヒストグラムを均一化する.輝度を均一化し,画像のコントラストを上げる.
            </summary>
            <param name="src">入力画像.8ビットシングルチャンネル. </param>
            <param name="dst">出力画像.srcと同じサイズ, 同じデータタイプ.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Erode(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            隣接ピクセルの形状を決定する指定された構造要素を用いて,入力画像を収縮する. 
            この関数はインプレースモード(src=dstである入力)をサポートする.収縮は複数回 (iterations) 繰り返すことができる.
            カラー画像の場合は,それぞれのチャンネルが独立に処理される. 
            </summary>
            <param name="src">入力画像</param>
            <param name="dst">出力画像</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Erode(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.IplConvKernel)">
            <summary>
            隣接ピクセルの形状を決定する指定された構造要素を用いて,入力画像を収縮する. 
            この関数はインプレースモード(src=dstである入力)をサポートする.収縮は複数回 (iterations) 繰り返すことができる.
            カラー画像の場合は,それぞれのチャンネルが独立に処理される. 
            </summary>
            <param name="src">入力画像</param>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="element">収縮に用いる構造要素.nullの場合は, 3×3 の矩形形状の構造要素を用いる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Erode(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.IplConvKernel,System.Int32)">
            <summary>
            隣接ピクセルの形状を決定する指定された構造要素を用いて,入力画像を収縮する. 
            この関数はインプレースモード(src=dstである入力)をサポートする.収縮は複数回 (iterations) 繰り返すことができる.
            カラー画像の場合は,それぞれのチャンネルが独立に処理される. 
            </summary>
            <param name="src">入力画像</param>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="element">収縮に用いる構造要素.nullの場合は, 3×3 の矩形形状の構造要素を用いる.</param>
            <param name="iterations">収縮の回数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Error(OpenCvSharp.CvStatus,System.String,System.String,System.String,System.Int32)">
            <summary>
            エラーを発生させる
            </summary>
            <param name="status">エラーステータス</param>
            <param name="func_name">エラーが発生した関数名</param>
            <param name="err_msg">エラーについての追加情報/診断結果</param>
            <param name="file_name">エラーが発生したファイル名</param>
            <param name="line">エラーが発生した行番号</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ErrorStr(OpenCvSharp.CvStatus)">
            <summary>
            エラーステータスのコードのテキスト情報を返す
            </summary>
            <param name="status">エラーステータス</param>
            <returns>指定したエラーステータスコードのテキスト記述</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.EstimateRigidTransform(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat,System.Boolean)">
            <summary>
            Estimate rigid transformation between 2 images or 2 point sets
            </summary>
            <param name="A"></param>
            <param name="B"></param>
            <param name="M"></param>
            <param name="full_affine"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Exp(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            すべての配列要素について自然対数の底(ネイピア数)eのべき乗を求める
            </summary>
            <param name="src">入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列.倍精度の浮動小数点型(double),または入力配列と同じタイプでなければならない.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ExtractMSER(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvContour[]@,OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.CvMSERParams)">
            <summary>
            MSERのすべての輪郭情報を抽出する
            </summary>
            <param name="img"></param>
            <param name="mask"></param>
            <param name="contours"></param>
            <param name="storage"></param>
            <param name="params"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ExtractSURF(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvSeq{OpenCvSharp.CvSURFPoint}@,OpenCvSharp.CvSeq{System.Single}@,OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.CvSURFParams)">
            <summary>
            画像中からSURF(Speeded Up Robust Features)を検出する
            </summary>
            <param name="image">8ビット,グレースケールの入力画像. </param>
            <param name="mask">オプション:8ビットのマスク画像.非0 のマスクピクセルが50%以上を占める領域からのみ,特徴点検出を行う.</param>
            <param name="keypoints">出力パラメータ.キーポイントのシーケンスへのポインタのポインタ. これは,CvSURFPoint 構造体のシーケンスになる</param>
            <param name="descriptors">オプション:出力パラメータ.ディスクリプタのシーケンスへのポインタのポインタ. シーケンスの各要素は,params.extended の値に依存して, 64-要素,あるいは 128-要素の浮動小数点数(CV_32F)ベクトルとなる. パラメータが NULL の場合,ディスクリプタは計算されない.</param>
            <param name="storage">キーポイントとディスクリプタが格納されるメモリストレージ</param>
            <param name="param">CvSURFParams 構造体に入れられた,様々なアルゴリズムパラメータ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ExtractSURF(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvSeq{OpenCvSharp.CvSURFPoint}@,OpenCvSharp.CvSeq{System.Single}@,OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.CvSURFParams,System.Boolean)">
            <summary>
            画像中からSURF(Speeded Up Robust Features)を検出する
            </summary>
            <param name="image">8ビット,グレースケールの入力画像. </param>
            <param name="mask">オプション:8ビットのマスク画像.非0 のマスクピクセルが50%以上を占める領域からのみ,特徴点検出を行う.</param>
            <param name="keypoints">出力パラメータ.キーポイントのシーケンスへのポインタのポインタ. これは,CvSURFPoint 構造体のシーケンスになる</param>
            <param name="descriptors">オプション:出力パラメータ.ディスクリプタのシーケンスへのポインタのポインタ. シーケンスの各要素は,params.extended の値に依存して, 64-要素,あるいは 128-要素の浮動小数点数(CV_32F)ベクトルとなる. パラメータが NULL の場合,ディスクリプタは計算されない.</param>
            <param name="storage">キーポイントとディスクリプタが格納されるメモリストレージ</param>
            <param name="param">CvSURFParams 構造体に入れられた,様々なアルゴリズムパラメータ</param>
            <param name="useProvidedKeyPts">If useProvidedKeyPts!=0, keypoints are not detected, but descriptors are computed at the locations provided in keypoints (a CvSeq of CvSURFPoint).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DecRefData(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            参照カウンタのポインタが null ではない場合に CvMat あるいは CvMatND のデータの参照カウンタをデクリメントし,さらにカウンタが 0 になった場合にはデータを解放する.
            </summary>
            <param name="arr">配列ヘッダ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Det(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            行列式を返す
            </summary>
            <param name="mat">入力行列</param>
            <returns>行列式</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DCT(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.DCTFlag)">
            <summary>
            次元あるいは2次元浮動小数点型配列の順方向・逆方向離散コサイン変換を行う
            </summary>
            <param name="src">入力配列(実数の1次元あるいは2次元配列)</param>
            <param name="dst">入力と同じサイズ・タイプの出力配列</param>
            <param name="flags">変換フラグ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DecodeImage(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.LoadMode)">
            <summary>
            指定したバッファメモリから画像を読み込む
            </summary>
            <param name="buf">入力のbyte配列</param>
            <param name="iscolor">出力の色を指定するフラグ</param>
            <returns></returns>        
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DecodeImageM(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.LoadMode)">
            <summary>
            指定したバッファメモリから画像をCvMatとして読み込む
            </summary>
            <param name="buf">入力のbyte配列</param>
            <param name="iscolor">出力の色を指定するフラグ</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DecomposeProjectionMatrix(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            射影行列をキャリブレーション行列と回転行列とカメラの同次座標系での位置ベクトルに分解する
            </summary>
            <param name="projMatr">入力の3x4の射影行列 P</param>
            <param name="calibMatr">出力の3x3の内部キャリブレーション行列 K</param>
            <param name="rotMatr">出力の3x3の外部回転行列 R</param>
            <param name="posVect">出力の4x1の同次座標系での外部位置ベクトル C</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DecomposeProjectionMatrix(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            射影行列をキャリブレーション行列と回転行列とカメラの同次座標系での位置ベクトルに分解する
            </summary>
            <param name="projMatr">入力の3x4の射影行列 P</param>
            <param name="calibMatr">出力の3x3の内部キャリブレーション行列 K</param>
            <param name="rotMatr">出力の3x3の外部回転行列 R</param>
            <param name="posVect">出力の4x1の同次座標系での外部位置ベクトル C</param>
            <param name="rotMatrX">オプション出力の3x3のx軸周りでの回転行列</param>
            <param name="rotMatrY">オプション出力の3x3のy軸周りでの回転行列</param>
            <param name="rotMatrZ">オプション出力の3x3のz軸周りでの回転行列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DecomposeProjectionMatrix(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvPoint3D64f@)">
            <summary>
            射影行列をキャリブレーション行列と回転行列とカメラの同次座標系での位置ベクトルに分解する
            </summary>
            <param name="projMatr">入力の3x4の射影行列 P</param>
            <param name="calibMatr">出力の3x3の内部キャリブレーション行列 K</param>
            <param name="rotMatr">出力の3x3の外部回転行列 R</param>
            <param name="posVect">出力の4x1の同次座標系での外部位置ベクトル C</param>
            <param name="rotMatrX">オプション出力の3x3のx軸周りでの回転行列</param>
            <param name="rotMatrY">オプション出力の3x3のy軸周りでの回転行列</param>
            <param name="rotMatrZ">オプション出力の3x3のz軸周りでの回転行列</param>
            <param name="eulerAngles">オプション出力の回転のオイラー角</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DeleteMoire(OpenCvSharp.IplImage)">
            <summary>
            入力画像のモアレを削除する
            </summary>
            <param name="img">入力画像</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DestroyAllWindows">
            <summary>
            オープンされている全ての HighGUI ウィンドウを破棄する
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DestroyWindow(System.String)">
            <summary>
            指定された名前のウィンドウを破棄する
            </summary>
            <param name="name">破棄するウィンドウの名前</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DFT(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.DFTFlag)">
            <summary>
            1次元あるいは2次元浮動小数点型配列に対して離散フーリエ変換(DFT),逆離散フーリエ変換(IDFT)を行う.
            </summary>
            <param name="src">入力配列(実数または複素数)</param>
            <param name="dst">入力配列と同じサイズ・タイプの出力配列</param>
            <param name="flags">変換フラグ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DFT(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.DFTFlag,System.Int32)">
            <summary>
            1次元あるいは2次元浮動小数点型配列に対して離散フーリエ変換(DFT),逆離散フーリエ変換(IDFT)を行う.
            </summary>
            <param name="src">入力配列(実数または複素数)</param>
            <param name="dst">入力配列と同じサイズ・タイプの出力配列</param>
            <param name="flags">変換フラグ</param>
            <param name="nonzero_rows">入力配列の非0である行の数(2次元順変換の場合),あるいは出力配列で注目する行の数(2次元逆変換の場合).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FFT(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.DFTFlag)">
            <summary>
            1次元あるいは2次元浮動小数点型配列に対して離散フーリエ変換(DFT),逆離散フーリエ変換(IDFT)を行う. cvDFTのエイリアス.
            </summary>
            <param name="src">入力配列(実数または複素数)</param>
            <param name="dst">入力配列と同じサイズ・タイプの出力配列</param>
            <param name="flags">変換フラグ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FFT(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.DFTFlag,System.Int32)">
            <summary>
            1次元あるいは2次元浮動小数点型配列に対して離散フーリエ変換(DFT),逆離散フーリエ変換(IDFT)を行う.cvDFTのエイリアス.
            </summary>
            <param name="src">入力配列(実数または複素数)</param>
            <param name="dst">入力配列と同じサイズ・タイプの出力配列</param>
            <param name="flags">変換フラグ</param>
            <param name="nonzero_rows">入力配列の非0である行の数(2次元順変換の場合),あるいは出力配列で注目する行の数(2次元逆変換の場合).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Dilate(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            隣接ピクセルの形状を決定する指定された構造要素を用いて,入力画像を膨張する. 
            この関数はインプレースモード(src=dstである入力)をサポートする.膨張は複数回 (iterations) 繰り返すことができる.
            カラー画像の場合は,それぞれのチャンネルが独立に処理される. 
            </summary>
            <param name="src">入力画像</param>
            <param name="dst">出力画像</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Dilate(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.IplConvKernel)">
            <summary>
            隣接ピクセルの形状を決定する指定された構造要素を用いて,入力画像を膨張する. 
            この関数はインプレースモード(src=dstである入力)をサポートする.膨張は複数回 (iterations) 繰り返すことができる.
            カラー画像の場合は,それぞれのチャンネルが独立に処理される. 
            </summary>
            <param name="src">入力画像</param>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="element">膨張に用いる構造要素.nullの場合は, 3×3 の矩形形状の構造要素を用いる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Dilate(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.IplConvKernel,System.Int32)">
            <summary>
            隣接ピクセルの形状を決定する指定された構造要素を用いて,入力画像を膨張する. 
            この関数はインプレースモード(src=dstである入力)をサポートする.膨張は複数回 (iterations) 繰り返すことができる.
            カラー画像の場合は,それぞれのチャンネルが独立に処理される. 
            </summary>
            <param name="src">入力画像</param>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="element">膨張に用いる構造要素.nullの場合は, 3×3 の矩形形状の構造要素を用いる.</param>
            <param name="iterations">膨張の回数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DisplayOverlay(System.String,System.String,System.Int32)">
            <summary>
            ウィンドウ画像上に,delay ミリ秒間だけテキストをオーバレイ表示します.これは,画像データを変更しません.テキストは画像の一番上に表示されます.
            </summary>
            <param name="name">ウィンドウの名前.</param>
            <param name="text">ウィンドウ画像上に描画される,オーバレイテキスト.</param>
            <param name="delayms">オーバレイテキストを表示する時間.直前のオーバレイテキストがタイムアウトするより前に,この関数が呼ばれると,タイマーは再起動されてテキストが更新されます.この値が0の場合,テキストは表示されません.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DisplayStatusBar(System.String,System.String,System.Int32)">
            <summary>
            ウィンドウのステータスバーに,delay ミリ秒間だけテキストを表示します.
            </summary>
            <param name="name">ウィンドウの名前.</param>
            <param name="text">ウィンドウのステータスバー上に描画されるテキスト.</param>
            <param name="delayms">テキストが表示される時間.直前のテキストがタイムアウトするより前に,この関数が呼ばれると,タイマーは再起動されてテキストが更新されます.この値が0の場合,テキストは表示されません.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DistTransform(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            入力画像中の値が0でないピクセルから,最も近い値が0のピクセルまでの距離を計算する
            </summary>
            <param name="src">入力画像(8ビット,シングルチャンネル,2値画像)</param>
            <param name="dst">距離計算結果をピクセル値として持つ出力画像 (32ビット浮動小数点型,シングルチャンネル)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DistTransform(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.DistanceType)">
            <summary>
            入力画像中の値が0でないピクセルから,最も近い値が0のピクセルまでの距離を計算する
            </summary>
            <param name="src">入力画像(8ビット,シングルチャンネル,2値画像)</param>
            <param name="dst">距離計算結果をピクセル値として持つ出力画像 (32ビット浮動小数点型,シングルチャンネル)</param>
            <param name="distance_type">距離の種類.L1, L2, C か User</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DistTransform(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.DistanceType,System.Int32)">
            <summary>
            入力画像中の値が0でないピクセルから,最も近い値が0のピクセルまでの距離を計算する
            </summary>
            <param name="src">入力画像(8ビット,シングルチャンネル,2値画像)</param>
            <param name="dst">距離計算結果をピクセル値として持つ出力画像 (32ビット浮動小数点型,シングルチャンネル)</param>
            <param name="distance_type">距離の種類.L1, L2, C か User</param>
            <param name="mask_size">距離変換マスクのサイズで,3,5,0 のいずれか. L1,C の場合,このパラメータ値は3に固定される.mask_size==0の場合,距離計算に別の近似無しアルゴリズムが用いられる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DistTransform(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.DistanceType,System.Int32,System.Single[])">
            <summary>
            入力画像中の値が0でないピクセルから,最も近い値が0のピクセルまでの距離を計算する
            </summary>
            <param name="src">入力画像(8ビット,シングルチャンネル,2値画像)</param>
            <param name="dst">距離計算結果をピクセル値として持つ出力画像 (32ビット浮動小数点型,シングルチャンネル)</param>
            <param name="distance_type">距離の種類.L1, L2, C か User</param>
            <param name="mask_size">距離変換マスクのサイズで,3,5,0 のいずれか. L1,C の場合,このパラメータ値は3に固定される.mask_size==0の場合,距離計算に別の近似無しアルゴリズムが用いられる.</param>
            <param name="mask">ユーザ定義の距離の場合はユーザ定義のマスク.3×3のマスクを用いる場合は2つの値(上下シフト値,斜めシフト値)を指定,5×5のマスクを用いる場合は3つの値(上下シフト値,斜めシフト値,ナイト移動シフト値(桂馬飛びのシフト値))を指定する.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DistTransform(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.DistanceType,System.Int32,System.Single[],OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            入力画像中の値が0でないピクセルから,最も近い値が0のピクセルまでの距離を計算する
            </summary>
            <param name="src">入力画像(8ビット,シングルチャンネル,2値画像)</param>
            <param name="dst">距離計算結果をピクセル値として持つ出力画像 (32ビット浮動小数点型,シングルチャンネル)</param>
            <param name="distance_type">距離の種類.L1, L2, C か User</param>
            <param name="mask_size">距離変換マスクのサイズで,3,5,0 のいずれか. L1,C の場合,このパラメータ値は3に固定される.mask_size==0の場合,距離計算に別の近似無しアルゴリズムが用いられる.</param>
            <param name="mask">ユーザ定義の距離の場合はユーザ定義のマスク.3×3のマスクを用いる場合は2つの値(上下シフト値,斜めシフト値)を指定,5×5のマスクを用いる場合は3つの値(上下シフト値,斜めシフト値,ナイト移動シフト値(桂馬飛びのシフト値))を指定する.</param>
            <param name="labels">オプション出力.整数ラベルに変換された2次元配列で,src ,dstと同じサイズ.現在は mask_size==3 あるいは 5 のときのみに使用される.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Div(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            二つの配列の要素同士を除算する (scale=1).
            dst(I)=scale*src1(I)/src2(I) [src1!=nullの場合],  
            dst(I)=scale/src2(I) [src1=nullの場合]
            </summary>
            <param name="src1">1番目の入力配列. nullの場合は,すべての要素が 1であると仮定する.</param>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Div(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double)">
            <summary>
            二つの配列の要素同士を除算する.
            dst(I)=scale*src1(I)/src2(I) [src1!=nullの場合],  
            dst(I)=scale/src2(I) [src1=nullの場合]
            </summary>
            <param name="src1">1番目の入力配列. nullの場合は,すべての要素が 1であると仮定する.</param>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="scale">任意のスケーリング係数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DotProduct(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            ユークリッド距離に基づく2つの配列の内積を計算する.
            src1•src2 = sumI(src1(I)*src2(I))
            </summary>
            <param name="src1">1番目の入力配列</param>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <returns>ユークリッド距離に基づく2つの配列の内積</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DrawChessboardCorners(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.CvPoint2D32f[],System.Boolean)">
            <summary>
            チェスボードからコーナーが完全に検出されていない場合(pattern_was_found=false)は,検出されたコーナーそれぞれに赤色の円を描く.
            また完全に検出されている場合(pattern_was_found=true)は,色付けされた各コーナを線分で接続して表示する. 
            </summary>
            <param name="image">コーナー点を表示する画像.8ビットカラー画像.</param>
            <param name="pattern_size">チェスボードの各行と各列の内部コーナーの数.</param>
            <param name="corners">検出されたコーナーの配列.</param>
            <param name="pattern_was_found">チェスボードからコーナーが完全に発見された(true)か,そうでない(false)かを示す.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DrawContours(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvSeq{OpenCvSharp.CvPoint},OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            画像の外側輪郭線,または内側輪郭線を描画する
            </summary>
            <param name="img">輪郭を描画する元画像.輪郭はROIで切り取られる.</param>
            <param name="contour">最初の輪郭へのポインタ</param>
            <param name="external_color">外側輪郭線の色</param>
            <param name="hole_color">内側輪郭線(穴)の色</param>
            <param name="max_level">描画される輪郭の最大レベル. 0にした場合,contourのみが描画される. 1にした場合,先頭の輪郭と,同レベルのすべての輪郭が描画される. 2にした場合,先頭の輪郭と同レベルのすべての輪郭と,先頭の輪郭の一つ下のレベルのすべての輪郭が描画される.以下同様.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DrawContours(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvSeq{OpenCvSharp.CvPoint},OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            画像の外側輪郭線,または内側輪郭線を描画する
            </summary>
            <param name="img">輪郭を描画する元画像.輪郭はROIで切り取られる.</param>
            <param name="contour">最初の輪郭へのポインタ</param>
            <param name="external_color">外側輪郭線の色</param>
            <param name="hole_color">内側輪郭線(穴)の色</param>
            <param name="max_level">描画される輪郭の最大レベル. 0にした場合,contourのみが描画される. 1にした場合,先頭の輪郭と,同レベルのすべての輪郭が描画される. 2にした場合,先頭の輪郭と同レベルのすべての輪郭と,先頭の輪郭の一つ下のレベルのすべての輪郭が描画される.以下同様.</param>
            <param name="thickness">描画される輪郭線の太さ. 負(例えば=Cv.FILLED)にした場合には,内部を塗りつぶす.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DrawContours(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvSeq{OpenCvSharp.CvPoint},OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            画像の外側輪郭線,または内側輪郭線を描画する
            </summary>
            <param name="img">輪郭を描画する元画像.輪郭はROIで切り取られる.</param>
            <param name="contour">最初の輪郭へのポインタ</param>
            <param name="external_color">外側輪郭線の色</param>
            <param name="hole_color">内側輪郭線(穴)の色</param>
            <param name="max_level">描画される輪郭の最大レベル. 0にした場合,contourのみが描画される. 1にした場合,先頭の輪郭と,同レベルのすべての輪郭が描画される. 2にした場合,先頭の輪郭と同レベルのすべての輪郭と,先頭の輪郭の一つ下のレベルのすべての輪郭が描画される.以下同様.</param>
            <param name="thickness">描画される輪郭線の太さ. 負(例えば=Cv.FILLED)にした場合には,内部を塗りつぶす.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DrawContours(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvSeq{OpenCvSharp.CvPoint},OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,OpenCvSharp.CvPoint)">
            <summary>
            画像の外側輪郭線,または内側輪郭線を描画する
            </summary>
            <param name="img">輪郭を描画する元画像.輪郭はROIで切り取られる.</param>
            <param name="contour">最初の輪郭へのポインタ</param>
            <param name="external_color">外側輪郭線の色</param>
            <param name="hole_color">内側輪郭線(穴)の色</param>
            <param name="max_level">描画される輪郭の最大レベル. 0にした場合,contourのみが描画される. 1にした場合,先頭の輪郭と,同レベルのすべての輪郭が描画される. 2にした場合,先頭の輪郭と同レベルのすべての輪郭と,先頭の輪郭の一つ下のレベルのすべての輪郭が描画される.以下同様.</param>
            <param name="thickness">描画される輪郭線の太さ. 負(例えば=Cv.FILLED)にした場合には,内部を塗りつぶす.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
            <param name="offset">全ての座標を指定した値だけシフトする</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Undistort2(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            半径方向や円周方向のレンズ歪みを補正するために画像を変換する.
            </summary>
            <param name="src">入力画像(歪みあり)</param>
            <param name="dst">出力画像(補正済み)</param>
            <param name="intrinsic_matrix">カメラ内部行列 (A) [fx 0 cx; 0 fy cy; 0 0 1]. </param>
            <param name="distortion_coeffs">歪み係数ベクトル. 4x1 または 1x4 [k1, k2, p1, p2]. </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Undistort2(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            半径方向や円周方向のレンズ歪みを補正するために画像を変換する.
            </summary>
            <param name="src">入力画像(歪みあり)</param>
            <param name="dst">出力画像(補正済み)</param>
            <param name="intrinsic_matrix">カメラ内部行列 (A) [fx 0 cx; 0 fy cy; 0 0 1]. </param>
            <param name="distortion_coeffs">歪み係数ベクトル. 4x1 または 1x4 [k1, k2, p1, p2]. </param>
            <param name="new_camera_matrix"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.UndistortPoints(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            観測された点座標から理想的な点座標を計算する
            </summary>
            <param name="src">カメラで観測された点座標の集合.</param>
            <param name="dst">歪み補正後に逆透視投影を行った理想的な点座標.</param>
            <param name="camera_matrix">カメラ行列 A=[fx 0 cx; 0 fy cy; 0 0 1] </param>
            <param name="dist_coeffs">歪み係数のベクトル,4x1, 1x4, 5x1, 1x5.</param>
            <param name="R">オブジェクト空間での平行化変換(3x3 行列). cvStereoRectify で計算された値, R1 あるいは R2 が渡される.このパラメータが null の場合,単位行列が用いられる.</param>
            <param name="P">新しいカメラ行列(3x3),あるいは,新しい投影行列(3x4). cvStereoRectify  で計算された値, P1 あるいは P2  が渡される. このパラメータが null の場合,単位行列が用いられる. </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.UnregisterType(System.String)">
            <summary>
            型の登録を取り消す
            </summary>
            <param name="type_name">登録を取り消す型の名前</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.UpdateMotionHistory(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            動くシルエットを用いてモーション履歴画像を更新する
            </summary>
            <param name="silhouette">モーションが発生した場所が 0 以外のピクセル値をもつシルエットマスク.</param>
            <param name="mhi">関数によって更新される,モーション履歴画像(シングルチャンネル,32 ビット浮動小数点型).</param>
            <param name="timestamp">ミリ秒単位,あるはその他の単位で表される現在時間.</param>
            <param name="duration">timestamp と同じ時間単位で表される,モーション軌跡の最大保持時間. </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.UseOptimized(System.Boolean)">
            <summary>
            最適化モード/非最適化モードを切り替える
            </summary>
            <param name="on_off">trueのとき最適化,falseのとき非最適化.</param>
            <returns>ロードされた最適化関数の数</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.TermCriteria(OpenCvSharp.CriteriaType,System.Int32,System.Double)">
            <summary>
            反復アルゴリズムのための終了条件を生成する
            </summary>
            <param name="type">終了条件</param>
            <param name="max_iter">反復数の最大値</param>
            <param name="epsilon">目標精度</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ThreshHist(OpenCvSharp.CvHistogram,System.Double)">
            <summary>
            ヒストグラムの閾値処理を行う.
            指定した閾値以下のヒストグラムのビンをクリアする.
            </summary>
            <param name="hist">ヒストグラムへの参照</param>
            <param name="threshold">閾値レベル</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Threshold(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.ThresholdType)">
            <summary>
            シングルチャンネルの配列に対して,固定閾値での閾値処理を行う
            </summary>
            <param name="src">入力配列 (シングルチャンネル,8ビット,あるいは32ビット浮動小数点型)</param>
            <param name="dst">出力配列.src と同じデータタイプ,または8ビット. </param>
            <param name="threshold">閾値</param>
            <param name="max_value">threshold_type が Binary と BinaryInv のときに使用する最大値</param>
            <param name="threshold_type">閾値処理の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Trace(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            行列のトレース(対角成分の和)を返す
            </summary>
            <param name="mat">入力行列</param>
            <returns>対角成分の和</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.TrackFace(OpenCvSharp.CvFaceTracker,OpenCvSharp.IplImage,OpenCvSharp.CvRect[],OpenCvSharp.CvPoint@,System.Double@)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="pFaceTracker"></param>
            <param name="imgGray"></param>
            <param name="pRects"></param>
            <param name="ptRotate"></param>
            <param name="dbAngleRotate"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Transform(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            すべての配列要素を行列により変換する
            </summary>
            <param name="src">入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="transmat">変換行列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Transform(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            すべての配列要素を行列により変換する
            </summary>
            <param name="src">入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="transmat">変換行列</param>
            <param name="shiftvec">オプションのシフトベクトル</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.MatMulAddS(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            すべての配列要素を行列により変換する
            </summary>
            <param name="src">入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="transmat">変換行列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.MatMulAddS(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            すべての配列要素を行列により変換する
            </summary>
            <param name="src">入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="transmat">変換行列</param>
            <param name="shiftvec">オプションのシフトベクトル</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Transpose(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            行列の転置を行う.
            </summary>
            <param name="src">入力行列</param>
            <param name="dst">出力行列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.T(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            行列の転置を行う.
            </summary>
            <param name="src">入力行列</param>
            <param name="dst">出力行列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.TreeToNodeSeq``1(OpenCvSharp.CvTreeNode{``0},System.Int32,OpenCvSharp.CvMemStorage)">
            <summary>
            すべてのノードへのポインタを一つのシーケンスに集める
            </summary>
            <typeparam name="T"></typeparam>
            <param name="first">ツリーの先頭ノード.</param>
            <param name="header_size">作成したシーケンスのヘッダサイズ(sizeof(CvSeq) が用いられることが多い).</param>
            <param name="storage">シーケンスのためのコンテナ.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.TriangulatePoints(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="projMatr1"></param>
            <param name="projMatr2"></param>
            <param name="projPoints1"></param>
            <param name="projPoints2"></param>
            <param name="points4D"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.TypeOf(System.IntPtr)">
            <summary>
            オブジェクトの型を返す
            </summary>
            <param name="struct_ptr">オブジェクトへのポインタ</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.TypeOf(OpenCvSharp.ICvPtrHolder)">
            <summary>
            オブジェクトの型を返す
            </summary>
            <param name="struct_ptr">OpenCVのオブジェクト</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcAffineFlowPyrLK(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint2D32f[],OpenCvSharp.CvPoint2D32f[]@,System.Single[]@,System.Int32,OpenCvSharp.CvSize,System.Int32,System.SByte[]@,System.Single[]@,OpenCvSharp.CvTermCriteria,OpenCvSharp.LKFlowFlag)">
            <summary>
            Modification of a previous sparse optical flow algorithm to calculate affine flow
            </summary>
            <param name="prev"></param>
            <param name="curr"></param>
            <param name="prev_pyr"></param>
            <param name="curr_pyr"></param>
            <param name="prev_features"></param>
            <param name="curr_features"></param>
            <param name="matrices"></param>
            <param name="count"></param>
            <param name="win_size"></param>
            <param name="level"></param>
            <param name="status"></param>
            <param name="track_error"></param>
            <param name="criteria"></param>
            <param name="flags"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcArrHist(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvHistogram)">
            <summary>
            1つの配列のヒストグラムを計算する.
            ヒストグラムのビンを増加(インクリメント)するために用いられるタプルの各要素は, 対応する入力画像群の同じ場所から取り出される.
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="hist">ヒストグラムへの参照</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcArrHist(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvHistogram,System.Boolean)">
            <summary>
            1つの配列のヒストグラムを計算する.
            ヒストグラムのビンを増加(インクリメント)するために用いられるタプルの各要素は, 対応する入力画像群の同じ場所から取り出される.
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="hist">ヒストグラムへの参照</param>
            <param name="accumulate">計算フラグ.セットされている場合は,ヒストグラムは処理前には最初にクリアされない.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcArrHist(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvHistogram,System.Boolean,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            1つの配列のヒストグラムを計算する.
            ヒストグラムのビンを増加(インクリメント)するために用いられるタプルの各要素は, 対応する入力画像群の同じ場所から取り出される.
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="hist">ヒストグラムへの参照</param>
            <param name="accumulate">計算フラグ.セットされている場合は,ヒストグラムは処理前には最初にクリアされない.</param>
            <param name="mask">処理マスク.入力画像中のどのピクセルをカウントするかを決定する.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcArrHist(OpenCvSharp.CvArr[],OpenCvSharp.CvHistogram)">
            <summary>
            配列群のヒストグラムを計算する.
            ヒストグラムのビンを増加(インクリメント)するために用いられるタプルの各要素は, 対応する入力画像群の同じ場所から取り出される.
            </summary>
            <param name="arr">入力配列群.全て同じサイズ・タイプ.</param>
            <param name="hist">ヒストグラムへの参照</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcArrHist(OpenCvSharp.CvArr[],OpenCvSharp.CvHistogram,System.Boolean)">
            <summary>
            配列群のヒストグラムを計算する.
            ヒストグラムのビンを増加(インクリメント)するために用いられるタプルの各要素は, 対応する入力画像群の同じ場所から取り出される.
            </summary>
            <param name="arr">入力配列群.全て同じサイズ・タイプ.</param>
            <param name="hist">ヒストグラムへの参照</param>
            <param name="accumulate">計算フラグ.セットされている場合は,ヒストグラムは処理前には最初にクリアされない. </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcArrHist(OpenCvSharp.CvArr[],OpenCvSharp.CvHistogram,System.Boolean,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列群のヒストグラムを計算する.
            ヒストグラムのビンを増加(インクリメント)するために用いられるタプルの各要素は, 対応する入力画像群の同じ場所から取り出される.
            </summary>
            <param name="arr">入力配列群.全て同じサイズ・タイプ.</param>
            <param name="hist">ヒストグラムへの参照</param>
            <param name="accumulate">計算フラグ.セットされている場合は,ヒストグラムは処理前には最初にクリアされない. </param>
            <param name="mask">処理マスク.入力画像中のどのピクセルをカウントするかを決定する.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcArrBackProject(OpenCvSharp.CvArr[],OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvHistogram)">
            <summary>
            バックプロジェクションの計算を行う
            </summary>
            <param name="image">入力画像群</param>
            <param name="back_project">出力のバックプロジェクション画像.入力画像群と同じタイプ.</param>
            <param name="hist">ヒストグラム</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcBackProject(OpenCvSharp.IplImage[],OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvHistogram)">
            <summary>
            バックプロジェクションの計算を行う
            </summary>
            <param name="image">入力画像群</param>
            <param name="back_project">出力のバックプロジェクション画像.入力画像群と同じタイプ.</param>
            <param name="hist">ヒストグラム</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcArrBackProjectPatch(OpenCvSharp.CvArr[],OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.CvHistogram,OpenCvSharp.HistogramComparison)">
            <summary>
            ヒストグラムの比較に基づき画像内部でのテンプレート位置を求める
            </summary>
            <param name="image">入力画像群( CvMat** 形式でも構わない).すべて同じサイズ.</param>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="patch_size">入力画像群上をスライドさせるテンプレートのサイズ</param>
            <param name="hist">テンプレートのヒストグラム</param>
            <param name="method">比較方法.値は関数 cvCompareHist に渡される(この関数に関する記述を参照)</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcArrBackProjectPatch(OpenCvSharp.CvArr[],OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.CvHistogram,OpenCvSharp.HistogramComparison,System.Single)">
            <summary>
            ヒストグラムの比較に基づき画像内部でのテンプレート位置を求める
            </summary>
            <param name="image">入力画像群( CvMat** 形式でも構わない).すべて同じサイズ.</param>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="patch_size">入力画像群上をスライドさせるテンプレートのサイズ</param>
            <param name="hist">テンプレートのヒストグラム</param>
            <param name="method">比較方法.値は関数 cvCompareHist に渡される(この関数に関する記述を参照)</param>
            <param name="factor">ヒストグラムの正規化係数.出力画像の正規化スケールに影響する.値に確信がない場合は,1にする.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcBackProjectPatch(OpenCvSharp.IplImage[],OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.CvHistogram,OpenCvSharp.HistogramComparison)">
            <summary>
            ヒストグラムの比較に基づき画像内部でのテンプレート位置を求める
            </summary>
            <param name="image">入力画像群( CvMat** 形式でも構わない).すべて同じサイズ.</param>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="patch_size">入力画像群上をスライドさせるテンプレートのサイズ</param>
            <param name="hist">テンプレートのヒストグラム</param>
            <param name="method">比較方法.値は関数 cvCompareHist に渡される(この関数に関する記述を参照)</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcBackProjectPatch(OpenCvSharp.IplImage[],OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.CvHistogram,OpenCvSharp.HistogramComparison,System.Single)">
            <summary>
            ヒストグラムの比較に基づき画像内部でのテンプレート位置を求める
            </summary>
            <param name="image">入力画像群( CvMat** 形式でも構わない).すべて同じサイズ.</param>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="patch_size">入力画像群上をスライドさせるテンプレートのサイズ</param>
            <param name="hist">テンプレートのヒストグラム</param>
            <param name="method">比較方法.値は関数 cvCompareHist に渡される(この関数に関する記述を参照)</param>
            <param name="factor">ヒストグラムの正規化係数.出力画像の正規化スケールに影響する.値に確信がない場合は,1にする.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcBayesianProb(OpenCvSharp.CvHistogram[],OpenCvSharp.CvHistogram[])">
            <summary>
            Calculates bayesian probabilistic histograms
            </summary>
            <param name="src"></param>
            <param name="dst"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcCovarMatrix(OpenCvSharp.CvArr[],OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CovarMatrixFlag)">
            <summary>
            ベクトル集合の共変動行列を計算する
            </summary>
            <param name="vects">入力ベクトル.これらはすべて同じタイプで同じサイズでなくてはならない.</param>
            <param name="cov_mat">浮動小数点型の正方な出力共変動行列</param>
            <param name="avg">入力または出力配列(フラグに依存する) - 入力ベクトルの平均ベクトル</param>
            <param name="flags">操作フラグ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcCovarMatrixEx(System.Int32,OpenCvSharp.CvCallback,OpenCvSharp.EigenObjectsIOFlag,System.Int32,System.Byte[],System.IntPtr,OpenCvSharp.IplImage,System.Single[])">
            <summary>
            入力オブジェクト集合の正規直交基底と平均オブジェクトを計算する
            </summary>
            <param name="object_count">入力オブジェクトの個数.</param>
            <param name="input">読み込みコールバック関数へのポインタ.</param>
            <param name="io_flags">入出力フラグ.</param>
            <param name="iobuf_size">入出力バッファサイズ.</param>
            <param name="buffer">入出力バッファへのポインタ.</param>
            <param name="userdata">コールバック関数に必要なすべてのデータを含む構造体へのポインタ.</param>
            <param name="avg">平均オブジェクト.</param>
            <param name="covar_matrix">共分散行列. 出力パラメータであるので, 関数が呼ばれる前に確保されてなければならない.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcCovarMatrixEx(OpenCvSharp.IplImage[],OpenCvSharp.IplImage,System.Single[])">
            <summary>
            入力オブジェクト集合の正規直交基底と平均オブジェクトを計算する (ioFlags = CV_EIGOBJ_NO_CALLBACK)
            </summary>
            <param name="input">IplImage 型の入力オブジェクトの配列</param>
            <param name="avg">平均オブジェクト.</param>
            <param name="covar_matrix">共分散行列. 出力パラメータであるので, 関数が呼ばれる前に確保されてなければならない.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcDecompCoeff(OpenCvSharp.IplImage,OpenCvSharp.IplImage,OpenCvSharp.IplImage)">
            <summary>
            入力オブジェクトの分解係数を計算する
            </summary>
            <param name="obj">入力オブジェクト</param>
            <param name="eigObj">固有オブジェクト</param>
            <param name="avg">平均オブジェクト</param>
            <returns>分解系数</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcEigenObjects(OpenCvSharp.IplImage[],OpenCvSharp.IplImage[],System.Int32,OpenCvSharp.CvTermCriteria,OpenCvSharp.IplImage,System.Single[])">
            <summary>
            入力オブジェクト集合の共分散行列を計算する (ioFlags = CV_EIGOBJ_NO_CALLBACK)
            </summary>
            <param name="input">IplImage 型の入力オブジェクトの配列</param>
            <param name="output">固有オブジェクトの配列</param>
            <param name="ioBufSize">バイト単位で表される入出力バッファサイズ.サイズが分からない場合は,0 にする.</param>
            <param name="calcLimit">固有オブジェクトの計算を終了するための終了条件.</param>
            <param name="avg">平均オブジェクト.</param>
            <param name="eigVals">降順に並んだ固有値配列へのポインタ;null の場合もある.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcEigenObjects(System.Int32,OpenCvSharp.IplImage[],OpenCvSharp.CvCallback,System.Int32,System.IntPtr,OpenCvSharp.CvTermCriteria,OpenCvSharp.IplImage,System.Single[])">
            <summary>
            入力オブジェクト集合の共分散行列を計算する (ioFlags = CV_EIGOBJ_OUTPUT_CALLBACK)
            </summary>
            <param name="nObjects">入力オブジェクトの個数</param>
            <param name="input">IplImage 型の入力オブジェクトの配列</param>
            <param name="output">書き出しコールバック関数へのポインタ</param>
            <param name="ioBufSize">バイト単位で表される入出力バッファサイズ.サイズが分からない場合は,0 にする.</param>
            <param name="userData">コールバック関数に必要なすべてのデータを含む構造体へのポインタ.</param>
            <param name="calcLimit">固有オブジェクトの計算を終了するための終了条件.</param>
            <param name="avg">平均オブジェクト.</param>
            <param name="eigVals">降順に並んだ固有値配列へのポインタ;null の場合もある.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcEigenObjects(System.Int32,OpenCvSharp.CvCallback,OpenCvSharp.IplImage[],System.Int32,System.IntPtr,OpenCvSharp.CvTermCriteria,OpenCvSharp.IplImage,System.Single[])">
            <summary>
            入力オブジェクト集合の共分散行列を計算する (ioFlags = CV_EIGOBJ_INPUT_CALLBACK)
            </summary>
            <param name="nObjects">入力オブジェクトの個数</param>
            <param name="input">読み込みコールバック関数へのポインタ</param>
            <param name="output">固有オブジェクトの配列</param>
            <param name="ioBufSize">バイト単位で表される入出力バッファサイズ.サイズが分からない場合は,0 にする.</param>
            <param name="userData">コールバック関数に必要なすべてのデータを含む構造体へのポインタ.</param>
            <param name="calcLimit">固有オブジェクトの計算を終了するための終了条件.</param>
            <param name="avg">平均オブジェクト.</param>
            <param name="eigVals">降順に並んだ固有値配列へのポインタ;null の場合もある.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcEigenObjects(System.Int32,OpenCvSharp.CvCallback,OpenCvSharp.CvCallback,OpenCvSharp.EigenObjectsIOFlag,System.Int32,System.IntPtr,OpenCvSharp.CvTermCriteria,OpenCvSharp.IplImage,System.Single[])">
            <summary>
            入力オブジェクト集合の共分散行列を計算する
            </summary>
            <param name="nObjects">入力オブジェクトの個数</param>
            <param name="input">読み込みコールバック関数へのポインタ</param>
            <param name="output">書き出しコールバック関数へのポインタ</param>
            <param name="ioFlags">入出力フラグ</param>
            <param name="ioBufSize">バイト単位で表される入出力バッファサイズ.サイズが分からない場合は,0 にする.</param>
            <param name="userData">コールバック関数に必要なすべてのデータを含む構造体へのポインタ.</param>
            <param name="calcLimit">固有オブジェクトの計算を終了するための終了条件.</param>
            <param name="avg">平均オブジェクト.</param>
            <param name="eigVals">降順に並んだ固有値配列へのポインタ;null の場合もある.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcEMD2(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.DistanceType)">
            <summary>
            2つの重み付き点分布間の "最小コスト(minimal work)" 距離を計算する.
            </summary>
            <param name="signature1">1番目のシグネチャ(点分布),size1×dims+1の浮動小数点型行列.各行は,重みの後に座標を保存する.ユーザ定義のコスト行列を用いる場合は,1列の行列(重みだけ)でも構わない.</param>
            <param name="signature2">2番目のシグネチャ(点分布)(signature1と同じフォーマット).行数や重みの合計が異なることもあるが,この場合は余分の"dummy" 点が signature1 か signature2 のどちらかに追加される.</param>
            <param name="distance_type">用いる評価指標.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcEMD2(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.DistanceType,OpenCvSharp.CvDistanceFunction)">
            <summary>
            2つの重み付き点分布間の "最小コスト(minimal work)" 距離を計算する.
            </summary>
            <param name="signature1">1番目のシグネチャ(点分布),size1×dims+1の浮動小数点型行列.各行は,重みの後に座標を保存する.ユーザ定義のコスト行列を用いる場合は,1列の行列(重みだけ)でも構わない.</param>
            <param name="signature2">2番目のシグネチャ(点分布)(signature1と同じフォーマット).行数や重みの合計が異なることもあるが,この場合は余分の"dummy" 点が signature1 か signature2 のどちらかに追加される.</param>
            <param name="distance_type">用いる評価指標.</param>
            <param name="distance_func">ユーザ定義距離関数.2点の座標を与えると,その点間の距離を返す.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcEMD2(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.DistanceType,OpenCvSharp.CvDistanceFunction,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            2つの重み付き点分布間の "最小コスト(minimal work)" 距離を計算する.
            </summary>
            <param name="signature1">1番目のシグネチャ(点分布),size1×dims+1の浮動小数点型行列.各行は,重みの後に座標を保存する.ユーザ定義のコスト行列を用いる場合は,1列の行列(重みだけ)でも構わない.</param>
            <param name="signature2">2番目のシグネチャ(点分布)(signature1と同じフォーマット).行数や重みの合計が異なることもあるが,この場合は余分の"dummy" 点が signature1 か signature2 のどちらかに追加される.</param>
            <param name="distance_type">用いる評価指標.</param>
            <param name="distance_func">ユーザ定義距離関数.2点の座標を与えると,その点間の距離を返す.</param>
            <param name="cost_matrix">ユーザ定義の size1×size2のコスト行列.少なくとも,cost_matrix と distance_func のいずれか一つは NULL でなければならない.コスト行列を用いる場合は,下限値(下記参照)の計算は距離定義関数を必要とするため不可能である.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcEMD2(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.DistanceType,OpenCvSharp.CvDistanceFunction,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            2つの重み付き点分布間の "最小コスト(minimal work)" 距離を計算する.
            </summary>
            <param name="signature1">1番目のシグネチャ(点分布),size1×dims+1の浮動小数点型行列.各行は,重みの後に座標を保存する.ユーザ定義のコスト行列を用いる場合は,1列の行列(重みだけ)でも構わない.</param>
            <param name="signature2">2番目のシグネチャ(点分布)(signature1と同じフォーマット).行数や重みの合計が異なることもあるが,この場合は余分の"dummy" 点が signature1 か signature2 のどちらかに追加される.</param>
            <param name="distance_type">用いる評価指標.</param>
            <param name="distance_func">ユーザ定義距離関数.2点の座標を与えると,その点間の距離を返す.</param>
            <param name="cost_matrix">ユーザ定義の size1×size2のコスト行列.少なくとも,cost_matrix と distance_func のいずれか一つは NULL でなければならない.コスト行列を用いる場合は,下限値(下記参照)の計算は距離定義関数を必要とするため不可能である.</param>
            <param name="flow">結果の size1×size2のフロー行列(flow matrix). flow_ij はsignature1のi番目の点からsignature2のj番目の点へのフローを示す.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcEMD2(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.DistanceType,OpenCvSharp.CvDistanceFunction,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Single@)">
            <summary>
            2つの重み付き点分布間の "最小コスト(minimal work)" 距離を計算する.
            </summary>
            <param name="signature1">1番目のシグネチャ(点分布),size1×dims+1の浮動小数点型行列.各行は,重みの後に座標を保存する.ユーザ定義のコスト行列を用いる場合は,1列の行列(重みだけ)でも構わない.</param>
            <param name="signature2">2番目のシグネチャ(点分布)(signature1と同じフォーマット).行数や重みの合計が異なることもあるが,この場合は余分の"dummy" 点が signature1 か signature2 のどちらかに追加される.</param>
            <param name="distance_type">用いる評価指標.</param>
            <param name="distance_func">ユーザ定義距離関数.2点の座標を与えると,その点間の距離を返す.</param>
            <param name="cost_matrix">ユーザ定義の size1×size2のコスト行列.少なくとも,cost_matrix と distance_func のいずれか一つは NULL でなければならない.コスト行列を用いる場合は,下限値(下記参照)の計算は距離定義関数を必要とするため不可能である.</param>
            <param name="flow">結果の size1×size2のフロー行列(flow matrix). flow_ij はsignature1のi番目の点からsignature2のj番目の点へのフローを示す.</param>
            <param name="lower_bound">オプションの入出力パラメータ</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcGlobalOrientation(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            選択された複数の領域の全体的なモーション方向を計算する
            </summary>
            <param name="orientation">モーション勾配方向画像.関数 cvCalcMotionGradient によって計算されている. </param>
            <param name="mask">マスク画像.cvCalcMotionGradient によって得られる有効な勾配マスクと,方向を計算する必要がある領域を示すマスクの共通部分.</param>
            <param name="mhi">モーション履歴画像.</param>
            <param name="timestamp">ミリ秒単位,あるいはその他の単位で表される現在時間.cvUpdateMotionHistory の呼び出し時に引数として渡した時間を保存しておいて,ここでその値を再利用する方が良い.なぜなら大きな画像に対して cvUpdateMotionHistory と cvCalcMotionGradient を行った場合,長い処理時間を要することがあるためである. </param>
            <param name="duration">timestamp と同じ時間単位で表される,モーション軌跡の最大保持時間.cvUpdateMotionHistory での引数と同じ.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcImageHomography(System.Single[],OpenCvSharp.CvPoint3D32f,System.Single[0:,0:],System.Single[0:,0:]@)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="line"></param>
            <param name="center"></param>
            <param name="intrinsic"></param>
            <param name="homography"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcHist(OpenCvSharp.IplImage,OpenCvSharp.CvHistogram)">
            <summary>
            1つの画像のヒストグラムを計算する.
            ヒストグラムのビンを増加(インクリメント)するために用いられるタプルの各要素は, 対応する入力画像群の同じ場所から取り出される.
            </summary>
            <param name="image">入力画像</param>
            <param name="hist">ヒストグラムへの参照</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcHist(OpenCvSharp.IplImage,OpenCvSharp.CvHistogram,System.Boolean)">
            <summary>
            1つの画像のヒストグラムを計算する.
            ヒストグラムのビンを増加(インクリメント)するために用いられるタプルの各要素は, 対応する入力画像群の同じ場所から取り出される.
            </summary>
            <param name="image">入力画像</param>
            <param name="hist">ヒストグラムへの参照</param>
            <param name="accumulate">計算フラグ.セットされている場合は,ヒストグラムは処理前には最初にクリアされない. </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcHist(OpenCvSharp.IplImage,OpenCvSharp.CvHistogram,System.Boolean,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            1つの画像のヒストグラムを計算する.
            ヒストグラムのビンを増加(インクリメント)するために用いられるタプルの各要素は, 対応する入力画像群の同じ場所から取り出される.
            </summary>
            <param name="image">入力画像</param>
            <param name="hist">ヒストグラムへの参照</param>
            <param name="accumulate">計算フラグ.セットされている場合は,ヒストグラムは処理前には最初にクリアされない.</param>
            <param name="mask">処理マスク.入力画像中のどのピクセルをカウントするかを決定する.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcHist(OpenCvSharp.IplImage[],OpenCvSharp.CvHistogram)">
            <summary>
            画像群のヒストグラムを計算する.
            ヒストグラムのビンを増加(インクリメント)するために用いられるタプルの各要素は, 対応する入力画像群の同じ場所から取り出される.
            </summary>
            <param name="image">入力画像群.全て同じサイズ・タイプ.</param>
            <param name="hist">ヒストグラムへの参照</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcHist(OpenCvSharp.IplImage[],OpenCvSharp.CvHistogram,System.Boolean)">
            <summary>
            画像群のヒストグラムを計算する.
            ヒストグラムのビンを増加(インクリメント)するために用いられるタプルの各要素は, 対応する入力画像群の同じ場所から取り出される.
            </summary>
            <param name="image">入力画像群.全て同じサイズ・タイプ.</param>
            <param name="hist">ヒストグラムへの参照</param>
            <param name="accumulate">計算フラグ.セットされている場合は,ヒストグラムは処理前には最初にクリアされない. </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcHist(OpenCvSharp.IplImage[],OpenCvSharp.CvHistogram,System.Boolean,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            画像群のヒストグラムを計算する.
            ヒストグラムのビンを増加(インクリメント)するために用いられるタプルの各要素は, 対応する入力画像群の同じ場所から取り出される.
            </summary>
            <param name="image">入力画像群.全て同じサイズ・タイプ.</param>
            <param name="hist">ヒストグラムへの参照</param>
            <param name="accumulate">計算フラグ.セットされている場合は,ヒストグラムは処理前には最初にクリアされない. </param>
            <param name="mask">処理マスク.入力画像中のどのピクセルをカウントするかを決定する.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcMatMulDeriv(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            Computes d(AB)/dA and d(AB)/dB
            </summary>
            <param name="A"></param>
            <param name="B"></param>
            <param name="dABdA"></param>
            <param name="dABdB"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcMotionGradient(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            モーション履歴画像の勾配方向を計算する
            </summary>
            <param name="mhi">モーション履歴画像. </param>
            <param name="mask">マスク画像.モーション勾配方向として有効なピクセルがマーキングされているマスク.出力パラメータ.</param>
            <param name="orientation">モーション勾配方向画像.値は0~360°の角度値. </param>
            <param name="delta1">この関数は,各ピクセル (x,y) の近傍における 最小 (m(x,y)) および 最大 (M(x,y))の mhi 値を見つけ,次の条件を満たす場合にのみ,その勾配が有効であると仮定する.min(delta1,delta2) &lt;= M(x,y)-m(x,y) &lt;= max(delta1,delta2).</param>
            <param name="delta2">この関数は,各ピクセル (x,y) の近傍における 最小 (m(x,y)) および 最大 (M(x,y))の mhi 値を見つけ,次の条件を満たす場合にのみ,その勾配が有効であると仮定する.min(delta1,delta2) &lt;= M(x,y)-m(x,y) &lt;= max(delta1,delta2).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcMotionGradient(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.ApertureSize)">
            <summary>
            モーション履歴画像の勾配方向を計算する
            </summary>
            <param name="mhi">モーション履歴画像. </param>
            <param name="mask">マスク画像.モーション勾配方向として有効なピクセルがマーキングされているマスク.出力パラメータ.</param>
            <param name="orientation">モーション勾配方向画像.値は0~360°の角度値.</param>
            <param name="delta1">この関数は,各ピクセル (x,y) の近傍における 最小 (m(x,y)) および 最大 (M(x,y))の mhi 値を見つけ,次の条件を満たす場合にのみ,その勾配が有効であると仮定する.min(delta1,delta2) &lt;= M(x,y)-m(x,y) &lt;= max(delta1,delta2).</param>
            <param name="delta2">この関数は,各ピクセル (x,y) の近傍における 最小 (m(x,y)) および 最大 (M(x,y))の mhi 値を見つけ,次の条件を満たす場合にのみ,その勾配が有効であると仮定する.min(delta1,delta2) &lt;= M(x,y)-m(x,y) &lt;= max(delta1,delta2).</param>
            <param name="aperture_size">この関数で用いられるいられる微分オペレータのアパーチャサイズ.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcOpticalFlowBM(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.CvSize,System.Boolean,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            重なり合ったblock_size.Width x block_size.Heightピクセルのブロック毎にオプティカルフローを計算する
            </summary>
            <param name="prev">1番目の画像,8 ビット,シングルチャンネル.</param>
            <param name="curr">2番目の画像,8 ビット,シングルチャンネル.</param>
            <param name="block_size">比較対象となる基本ブロックのサイズ. </param>
            <param name="shift_size">ブロック座標の増加量. </param>
            <param name="max_range">走査対象となるブロックの近傍領域.ピクセル単位.</param>
            <param name="use_previous">trueの場合、前の(入力)速度場を用いる. </param>
            <param name="velx">次ののオプティカルフローの水平成分. ceil(prev->width/block_size.width)×ceil(prev->height/block_size.height) のサイズ, 32 ビット浮動小数点型,シングルチャンネル. </param>
            <param name="vely">velx と同一サイズ,32 ビット浮動小数点型,シングルチャンネルのオプティカルフローの垂直成分.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcOpticalFlowFarneback(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Int32,System.Int32,System.Int32,System.Int32,System.Double,OpenCvSharp.LKFlowFlag)">
            <summary>
            Estimate optical flow for each pixel using the two-frame G. Farneback algorithm
            </summary>
            <param name="prev"></param>
            <param name="next"></param>
            <param name="flow"></param>
            <param name="pyr_scale"></param>
            <param name="levels"></param>
            <param name="winsize"></param>
            <param name="iterations"></param>
            <param name="poly_n"></param>
            <param name="poly_sigma"></param>
            <param name="flags"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcOpticalFlowHS(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Boolean,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double,OpenCvSharp.CvTermCriteria)">
            <summary>
            Horn &amp; Schunck アルゴリズムを用いて,1番目の入力画像の全ピクセルに対するフローを,2番目の画像を参照して計算する.
            </summary>
            <param name="prev">1番目の画像,8 ビット,シングルチャンネル.</param>
            <param name="curr">2番目の画像,8 ビット,シングルチャンネル.</param>
            <param name="use_previous">trueの場合、前の(入力)速度場を用いる.</param>
            <param name="velx">入力画像と同じサイズのオプティカルフローの水平成分,32 ビット浮動小数点型,シングルチャンネル.</param>
            <param name="vely">入力画像と同じサイズのオプティカルフローの垂直成分,32 ビット浮動小数点型,シングルチャンネル.</param>
            <param name="lambda">ラグランジュ乗数</param>
            <param name="criteria">速度計算の終了条件</param>	
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcOpticalFlowLK(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            Lucas &amp; Kanade アルゴリズムを用いて,1番目の入力画像の全ピクセルに対するフローを,2番目の画像を参照して計算する.
            </summary>
            <param name="prev">1番目の画像,8 ビット,シングルチャンネル.</param>
            <param name="curr">2番目の画像,8 ビット,シングルチャンネル.</param>
            <param name="win_size">ピクセルをグループ化するために用いられる平均化ウィンドウのサイズ</param>
            <param name="velx">入力画像と同じサイズのオプティカルフローの水平成分,32 ビット浮動小数点型,シングルチャンネル.</param>
            <param name="vely">入力画像と同じサイズのオプティカルフローの垂直成分,32 ビット浮動小数点型,シングルチャンネル.</param>	
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcOpticalFlowPyrLK(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint2D32f[],OpenCvSharp.CvPoint2D32f[]@,OpenCvSharp.CvSize,System.Int32,System.SByte[]@,OpenCvSharp.CvTermCriteria,OpenCvSharp.LKFlowFlag)">
            <summary>
             Lucas-Kanade オプティカルフローの, ピラミッドを用いて疎な特徴に対応した反復バージョン([Bouguet00])の実装である.
            前フレームにおける特徴点の座標が与えられた場合に,現在のフレームにおける特徴点の座標が計算される.座標はサブピクセル精度で検出される. 
            </summary>
            <param name="prev">1番目のフレーム(時間 t)</param>
            <param name="curr">2番目のフレーム(時間 t + dt)</param>
            <param name="prev_pyr">最初の画像に対するピラミッドのバッファ.これが NULL でない場合は,このバッファは,レベル 1 からレベル#level までのピラミッドを格納するのに十分なサイズでなければならない. (image_width+8)*image_height/3 バイトの合計が十分なサイズとなる.</param>
            <param name="curr_pyr">prev_pyr と同様に,2番目のフレームに対して用いられる</param>
            <param name="prev_features">フローを検出するのに必要な点の配列</param>
            <param name="curr_features">2次元の点の配列.2番目の画像(フレーム)中の入力特徴の新たな位置が計算され,ここに格納される</param>
            <param name="win_size">各ピラミッドレベルでの探索ウィンドウのサイズ</param>
            <param name="level">ピラミッドレベルの最大値.0 の場合はピラミッドは用いられない(シングルレベル).1 の場合はレベル 2 となる.</param>
            <param name="status">配列.特徴に対応するフローが見つかった場合に,配列の各要素 が 1 にセットされる.そうでない場合は0 になる.</param>	
            <param name="criteria">各ピラミッドの各点に対するフローを検出する繰り返し計算の終了条件</param>
            <param name="flags">雑多なフラグ</param>	
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcOpticalFlowPyrLK(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint2D32f[],OpenCvSharp.CvPoint2D32f[]@,OpenCvSharp.CvSize,System.Int32,System.SByte[]@,System.Single[]@,OpenCvSharp.CvTermCriteria,OpenCvSharp.LKFlowFlag)">
            <summary>
             Lucas-Kanade オプティカルフローの, ピラミッドを用いて疎な特徴に対応した反復バージョン([Bouguet00])の実装である.
            前フレームにおける特徴点の座標が与えられた場合に,現在のフレームにおける特徴点の座標が計算される.座標はサブピクセル精度で検出される. 
            </summary>
            <param name="prev">1番目のフレーム(時間 t)</param>
            <param name="curr">2番目のフレーム(時間 t + dt)</param>
            <param name="prev_pyr">最初の画像に対するピラミッドのバッファ.これが NULL でない場合は,このバッファは,レベル 1 からレベル#level までのピラミッドを格納するのに十分なサイズでなければならない. (image_width+8)*image_height/3 バイトの合計が十分なサイズとなる.</param>
            <param name="curr_pyr">prev_pyr と同様に,2番目のフレームに対して用いられる</param>
            <param name="prev_features">フローを検出するのに必要な点の配列</param>
            <param name="curr_features">2次元の点の配列.2番目の画像(フレーム)中の入力特徴の新たな位置が計算され,ここに格納される</param>
            <param name="win_size">各ピラミッドレベルでの探索ウィンドウのサイズ</param>
            <param name="level">ピラミッドレベルの最大値.0 の場合はピラミッドは用いられない(シングルレベル).1 の場合はレベル 2 となる.</param>
            <param name="status">配列.特徴に対応するフローが見つかった場合に,配列の各要素 が 1 にセットされる.そうでない場合は0 になる.</param>	
            <param name="track_error">移動前の点と移動後の点の周辺領域の差(誤差)を含む倍精度型の配列.オプションパラメータ(NULL も取りうる).</param>	
            <param name="criteria">各ピラミッドの各点に対するフローを検出する繰り返し計算の終了条件</param>
            <param name="flags">雑多なフラグ</param>	
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcPCA(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.PCAFlag)">
            <summary>
            ベクトル集合の主成分分析を行う
            </summary>
            <param name="data">入力データ.それぞれのベクトルは単一行(CV_PCA_DATA_AS_ROW)か,単一列(CV_PCA_DATA_AS_COL)である.</param>
            <param name="avg">平均ベクトル.関数内で計算されるか,ユーザによって与えられる. </param>
            <param name="eigenvalues">出力である共変動行列の固有値.</param>
            <param name="eigenvectors">出力である共変動行列の固有ベクトル(つまり,主成分).一つの行が一つのベクトルを意味する.</param>
            <param name="flags">操作フラグ.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcPGH(OpenCvSharp.CvSeq,OpenCvSharp.CvHistogram)">
            <summary>
            輪郭の pair-wise geometrical histogram を求める
            </summary>
            <param name="contour">入力輪郭.現在のところ座標が整数値の点のみが利用可能.</param>
            <param name="hist">求められたヒストグラム.必ず2次元になる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcProbDensity(OpenCvSharp.CvHistogram,OpenCvSharp.CvHistogram,OpenCvSharp.CvHistogram)">
            <summary>
            一つのヒストグラムをもう一方のヒストグラムで割る
            </summary>
            <param name="hist1">一番目のヒストグラム(除数)</param>
            <param name="hist2">二番目のヒストグラム</param>
            <param name="dst_hist">出力ヒストグラム</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcProbDensity(OpenCvSharp.CvHistogram,OpenCvSharp.CvHistogram,OpenCvSharp.CvHistogram,System.Double)">
            <summary>
            一つのヒストグラムをもう一方のヒストグラムで割る
            </summary>
            <param name="hist1">一番目のヒストグラム(除数)</param>
            <param name="hist2">二番目のヒストグラム</param>
            <param name="dst_hist">出力ヒストグラム</param>
            <param name="scale">出力ヒストグラムのスケール係数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalcSubdivVoronoi2D(OpenCvSharp.CvSubdiv2D)">
            <summary>
            仮想点の座標を計算する.元の細分割面のある頂点に対応する仮想点全てを接続すると,その頂点を含むボロノイ領域の境界を構成する. 
            </summary>
            <param name="subdiv">ドロネー細分割.全ての点は追加済みである</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalibrateCamera2(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            内部パラメータと各画像に対する 外部パラメータを推定する.
            </summary>
            <param name="object_points">オブジェクト(キャリブレーションパターン)上の点群座標の結合行列.3xN または Nx3の配列.Nはすべてのビューでの点の数の合計である.</param>
            <param name="image_points">対応する画像上の点群座標の結合行列. 2xN またはNx2 の配列.Nはすべてのビューでの点の数の合計である.</param>
            <param name="point_counts">それぞれのビューに含まれる点の数を表すベクトル.サ イズは 1xM または Mx1 でMはビューの数.1xM or Mx1</param>
            <param name="image_size">画像サイズ.内部カメラ行列の初期化のみに用いられる.</param>
            <param name="intrinsic_matrix">出力されるカメラ行列 (A) [fx 0 cx; 0 fy cy; 0 0 1]. CV_CALIB_USE_INTRINSIC_GUESS  や CV_CALIB_FIX_ASPECT_RATION が指定され た場合,fx, fy, cx, cyのパラメータのうち いくつか,またはすべてを初期化する必要がある.</param>
            <param name="distortion_coeffs">出力される1x4のひずみ係数ベクトル [k1, k2, p1, p2]. </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalibrateCamera2(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            内部パラメータと各画像に対する 外部パラメータを推定する.
            </summary>
            <param name="object_points">オブジェクト(キャリブレーションパターン)上の点群座標の結合行列.3xN または Nx3の配列.Nはすべてのビューでの点の数の合計である.</param>
            <param name="image_points">対応する画像上の点群座標の結合行列. 2xN またはNx2 の配列.Nはすべてのビューでの点の数の合計である.</param>
            <param name="point_counts">それぞれのビューに含まれる点の数を表すベクトル.サ イズは 1xM または Mx1 でMはビューの数.1xM or Mx1</param>
            <param name="image_size">画像サイズ.内部カメラ行列の初期化のみに用いられる.</param>
            <param name="intrinsic_matrix">出力されるカメラ行列 (A) [fx 0 cx; 0 fy cy; 0 0 1]. CV_CALIB_USE_INTRINSIC_GUESS  や CV_CALIB_FIX_ASPECT_RATION が指定され た場合,fx, fy, cx, cyのパラメータのうち いくつか,またはすべてを初期化する必要がある.</param>
            <param name="distortion_coeffs">出力される1x4のひずみ係数ベクトル [k1, k2, p1, p2]. </param>
            <param name="rotation_vectors">出力される3xMの回転ベクトルの配列 (コンパクトな回転行列の表記についてはcvRodrigues2を参照).</param>
            <param name="translation_vectors">出力される3xMの並進ベクトルの配列.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalibrateCamera2(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CalibrationFlag)">
            <summary>
            内部パラメータと各画像に対する 外部パラメータを推定する.
            </summary>
            <param name="object_points">オブジェクト(キャリブレーションパターン)上の点群座標の結合行列.3xN または Nx3の配列.Nはすべてのビューでの点の数の合計である.</param>
            <param name="image_points">対応する画像上の点群座標の結合行列. 2xN またはNx2 の配列.Nはすべてのビューでの点の数の合計である.</param>
            <param name="point_counts">それぞれのビューに含まれる点の数を表すベクトル.サ イズは 1xM または Mx1 でMはビューの数.1xM or Mx1</param>
            <param name="image_size">画像サイズ.内部カメラ行列の初期化のみに用いられる.</param>
            <param name="intrinsic_matrix">出力されるカメラ行列 (A) [fx 0 cx; 0 fy cy; 0 0 1]. CV_CALIB_USE_INTRINSIC_GUESS  や CV_CALIB_FIX_ASPECT_RATION が指定され た場合,fx, fy, cx, cyのパラメータのうち いくつか,またはすべてを初期化する必要がある.</param>
            <param name="distortion_coeffs">出力される1x4のひずみ係数ベクトル [k1, k2, p1, p2]. </param>
            <param name="rotation_vectors">出力される3xMの回転ベクトルの配列 (コンパクトな回転行列の表記についてはcvRodrigues2を参照).</param>
            <param name="translation_vectors">出力される3xMの並進ベクトルの配列.</param>
            <param name="flags">処理フラグ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalibrationMatrixValues(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvSize)">
            <summary>
            様々なカメラ特性を計算する
            </summary>
            <param name="camera_matrix">内部パラメータ行列(例えば cvCalibrateCamera2 によって求められたもの). </param>
            <param name="image_size">画像のサイズ.ピクセル単位.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalibrationMatrixValues(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvSize,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            様々なカメラ特性を計算する
            </summary>
            <param name="camera_matrix">内部パラメータ行列(例えば cvCalibrateCamera2 によって求められたもの). </param>
            <param name="image_size">画像のサイズ.ピクセル単位.</param>
            <param name="aperture_width">アパーチャ幅.実際の長さ単位.</param>
            <param name="aperture_height">アパーチャ高さ.実際の長さ単位.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalibrationMatrixValues(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvSize,System.Double,System.Double,System.Double@,System.Double@)">
            <summary>
            様々なカメラ特性を計算する
            </summary>
            <param name="camera_matrix">内部パラメータ行列(例えば cvCalibrateCamera2 によって求められたもの). </param>
            <param name="image_size">画像のサイズ.ピクセル単位.</param>
            <param name="aperture_width">アパーチャ幅.実際の長さ単位.</param>
            <param name="aperture_height">アパーチャ高さ.実際の長さ単位.</param>
            <param name="fovx">x-方向の画角.degree単位.</param>
            <param name="fovy">y-方向の画角.degree単位.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalibrationMatrixValues(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvSize,System.Double,System.Double,System.Double@,System.Double@,System.Double@)">
            <summary>
            様々なカメラ特性を計算する
            </summary>
            <param name="camera_matrix">内部パラメータ行列(例えば cvCalibrateCamera2 によって求められたもの). </param>
            <param name="image_size">画像のサイズ.ピクセル単位.</param>
            <param name="aperture_width">アパーチャ幅.実際の長さ単位.</param>
            <param name="aperture_height">アパーチャ高さ.実際の長さ単位.</param>
            <param name="fovx">x-方向の画角.degree単位.</param>
            <param name="fovy">y-方向の画角.degree単位.</param>
            <param name="focal_length">焦点距離.実際の長さ単位.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalibrationMatrixValues(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvSize,System.Double,System.Double,System.Double@,System.Double@,System.Double@,OpenCvSharp.CvPoint2D64f@)">
            <summary>
            様々なカメラ特性を計算する
            </summary>
            <param name="camera_matrix">内部パラメータ行列(例えば cvCalibrateCamera2 によって求められたもの). </param>
            <param name="image_size">画像のサイズ.ピクセル単位.</param>
            <param name="aperture_width">アパーチャ幅.実際の長さ単位.</param>
            <param name="aperture_height">アパーチャ高さ.実際の長さ単位.</param>
            <param name="fovx">x-方向の画角.degree単位.</param>
            <param name="fovy">y-方向の画角.degree単位.</param>
            <param name="focal_length">焦点距離.実際の長さ単位.</param>
            <param name="principal_point">主点(光学中心)実際の長さ単位.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CalibrationMatrixValues(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvSize,System.Double,System.Double,System.Double@,System.Double@,System.Double@,OpenCvSharp.CvPoint2D64f@,System.Double@)">
            <summary>
            様々なカメラ特性を計算する
            </summary>
            <param name="camera_matrix">内部パラメータ行列(例えば cvCalibrateCamera2 によって求められたもの). </param>
            <param name="image_size">画像のサイズ.ピクセル単位.</param>
            <param name="aperture_width">アパーチャ幅.実際の長さ単位.</param>
            <param name="aperture_height">アパーチャ高さ.実際の長さ単位.</param>
            <param name="fovx">x-方向の画角.degree単位.</param>
            <param name="fovy">y-方向の画角.degree単位.</param>
            <param name="focal_length">焦点距離.実際の長さ単位.</param>
            <param name="principal_point">主点(光学中心)実際の長さ単位.</param>
            <param name="pixel_aspect_ratio">ピクセルのアスペクト比 fy/fx</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CamShift(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvRect,OpenCvSharp.CvTermCriteria)">
            <summary>
            オブジェクト中心,サイズおよび姿勢を求める
            </summary>
            <param name="prob_image">オブジェクトヒストグラムのバックプロジェクション</param>
            <param name="window">初期探索ウィンドウ</param>
            <param name="criteria">ウィンドウ探索を終了するための条件. </param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CamShift(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvRect,OpenCvSharp.CvTermCriteria,OpenCvSharp.CvConnectedComp@)">
            <summary>
            オブジェクト中心,サイズおよび姿勢を求める
            </summary>
            <param name="prob_image">オブジェクトヒストグラムのバックプロジェクション</param>
            <param name="window">初期探索ウィンドウ</param>
            <param name="criteria">ウィンドウ探索を終了するための条件. </param>
            <param name="comp">結果として得られる構造体.収束した探索ウィンドウの座標(comp->rect フィールド),およびウィンドウ内の全ピクセルの合計値(comp->area フィールド)が含まれる. </param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CamShift(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvRect,OpenCvSharp.CvTermCriteria,OpenCvSharp.CvConnectedComp@,OpenCvSharp.CvBox2D@)">
            <summary>
            オブジェクト中心,サイズおよび姿勢を求める
            </summary>
            <param name="prob_image">オブジェクトヒストグラムのバックプロジェクション</param>
            <param name="window">初期探索ウィンドウ</param>
            <param name="criteria">ウィンドウ探索を終了するための条件. </param>
            <param name="comp">結果として得られる構造体.収束した探索ウィンドウの座標(comp->rect フィールド),およびウィンドウ内の全ピクセルの合計値(comp->area フィールド)が含まれる. </param>
            <param name="box">オブジェクトの外接矩形.NULLでない場合,オブジェクトのサイズと姿勢が含まれる. </param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Canny(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            Cannyアルゴリズムを使用して,入力画像 imageに含まれているエッジを検出し,それを出力画像 edges に保存する [aperture_size=3]. 
            threshold1 と threshold2 のうち小さいほうがエッジ同士を接続するために用いられ,大きいほうが強いエッジの初期検出に用いられる. 
            </summary>
            <param name="image">入力画像</param>
            <param name="edges">この関数によって得られたエッジ画像</param>
            <param name="threshold1">1番目の閾値</param>
            <param name="threshold2">2番目の閾値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Canny(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Double,OpenCvSharp.ApertureSize)">
            <summary>
            Cannyアルゴリズムを使用して,入力画像 imageに含まれているエッジを検出し,それを出力画像 edges に保存する. 
            threshold1 と threshold2 のうち小さいほうがエッジ同士を接続するために用いられ,大きいほうが強いエッジの初期検出に用いられる. 
            </summary>
            <param name="image">入力画像</param>
            <param name="edges">この関数によって得られたエッジ画像</param>
            <param name="threshold1">1番目の閾値</param>
            <param name="threshold2">2番目の閾値</param>
            <param name="aperture_size">Sobel演算子のアパーチャサイズ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CartToPolar(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            2次元ベクトルの角度と大きさを計算する
            </summary>
            <param name="x">x座標の配列.</param>
            <param name="y">y座標の配列.</param>
            <param name="magnitude">大きさの出力配列.必要でなければnullがセットされる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CartToPolar(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            2次元ベクトルの角度と大きさを計算する
            </summary>
            <param name="x">x座標の配列.</param>
            <param name="y">y座標の配列.</param>
            <param name="magnitude">大きさの出力配列.必要でなければnullがセットされる.</param>
            <param name="angle">角度の出力配列.必要でなければnullがセットされる.角度はラジアン(0..2π),または度(0..360°)で測定される.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CartToPolar(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.AngleUnit)">
            <summary>
            2次元ベクトルの角度と大きさを計算する
            </summary>
            <param name="x">x座標の配列.</param>
            <param name="y">y座標の配列.</param>
            <param name="magnitude">大きさの出力配列.必要でなければnullがセットされる.</param>
            <param name="angle">角度の出力配列.必要でなければnullがセットされる.角度はラジアン(0..2π),または度(0..360°)で測定される.</param>
            <param name="unit">角度を表すためにラジアン(デフォルト値),または度のどちらを用いるかを示すフラグ.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Cbrt(System.Single)">
            <summary>
            数の立方根を計算する.
            これは,通常,pow(value,1./3)を計算するよりも高速である.一方,負の引数も正しく処理される.
            また,特別な値(±Inf, NaN)は扱うことができない. 
            </summary>
            <param name="value">浮動小数点型の入力値</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Ceil(System.Double)">
            <summary>
            引数より小さくない最小の整数値を返す.
            </summary>
            <param name="value">浮動小数点型の入力値</param>
            <returns>引数より小さくない最小の整数値</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CheckArr(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            入力配列のすべての要素について,無効な値が存在しないかをチェックする 
            </summary>
            <param name="arr">チェック対象の配列</param>
            <returns>チェックが正しく終わればtrue</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CheckArr(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CheckArrFlag)">
            <summary>
            入力配列のすべての要素について,無効な値が存在しないかをチェックする 
            </summary>
            <param name="arr">チェック対象の配列</param>
            <param name="flags">処理フラグ</param>
            <returns>チェックが正しく終わればtrue</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CheckArr(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CheckArrFlag,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            入力配列のすべての要素について,無効な値が存在しないかをチェックする
            </summary>
            <param name="arr">チェック対象の配列</param>
            <param name="flags">処理フラグ</param>
            <param name="min_val">有効な値域の下限値(この値以上).CheckArrFlag.Range がセットされているときのみ有効.</param>
            <param name="max_val">有効な値域の上限値(この値未満).CheckArrFlag.Range がセットされているときのみ有効.</param>
            <returns>チェックが正しく終わればtrue</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CheckArray(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            入力配列のすべての要素について,無効な値が存在しないかをチェックする. CheckArrのエイリアス.
            </summary>
            <param name="arr">チェック対象の配列</param>
            <returns>チェックが正しく終わればtrue</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CheckArray(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CheckArrFlag)">
            <summary>
            入力配列のすべての要素について,無効な値が存在しないかをチェックする. CheckArrのエイリアス. 
            </summary>
            <param name="arr">チェック対象の配列</param>
            <param name="flags">処理フラグ</param>
            <returns>チェックが正しく終わればtrue</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CheckArray(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CheckArrFlag,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            入力配列のすべての要素について,無効な値が存在しないかをチェックする. CheckArrのエイリアス. 
            </summary>
            <param name="arr">チェック対象の配列</param>
            <param name="flags">処理フラグ</param>
            <param name="min_val">有効な値域の下限値(この値以上).CheckArrFlag.Range がセットされているときのみ有効.</param>
            <param name="max_val">有効な値域の上限値(この値未満).CheckArrFlag.Range がセットされているときのみ有効.</param>
            <returns>チェックが正しく終わればtrue</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CheckChessboard(OpenCvSharp.IplImage,OpenCvSharp.CvSize)">
            <summary>
            チェスボードが画像中にあるかどうかを高速に判定する。
            チェスボードが無い画像でcvFindChessboardCornersが遅くなる問題への対処として利用できる。
            </summary>
            <param name="src">入力画像</param>
            <param name="size">チェスボードのサイズ</param>
            <returns>1のときは、チェスボードが画像中に存在し、cvFindChessboardCornersを呼び出せる。
            0のときはチェスボードが存在しない。-1はエラーを示す。</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CheckContourConvexity(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            輪郭が凸であるかを調べる
            </summary>
            <param name="contour">テストする輪郭(点列のシーケンスか配列)</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CheckTermCriteria(OpenCvSharp.CvTermCriteria,System.Double,System.Int32)">
            <summary>
            終了条件をチェックし,type= Iteration|Epsilon に設定し,反復数の max_iterとeprilon の両方が有効になるように変換する
            </summary>
            <param name="criteria"></param>
            <param name="default_eps"></param>
            <param name="default_max_iters"></param>
            <returns>変換結果</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Circle(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="img">画像</param>
            <param name="center_x">円の中心のx座標</param>
            <param name="center_y">円の中心のy座標</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Circle(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="img">画像</param>
            <param name="center_x">円の中心のx座標</param>
            <param name="center_y">円の中心のy座標</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
            <param name="thickness">線の幅.負の値を指定した場合は塗りつぶされる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Circle(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="img">画像</param>
            <param name="center_x">円の中心のx座標</param>
            <param name="center_y">円の中心のy座標</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
            <param name="thickness">線の幅.負の値を指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Circle(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="img">画像</param>
            <param name="center_x">円の中心のx座標</param>
            <param name="center_y">円の中心のy座標</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
            <param name="thickness">線の幅.負の値を指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
            <param name="shift">中心座標と半径の小数点以下の桁を表すビット数.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Circle(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="img">画像</param>
            <param name="center">円の中心</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Circle(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="img">画像</param>
            <param name="center">円の中心</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
            <param name="thickness">線の幅.負の値を指定した場合は塗りつぶされる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Circle(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="img">画像</param>
            <param name="center">円の中心</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
            <param name="thickness">線の幅.負の値を指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Circle(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="img">画像</param>
            <param name="center">円の中心</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
            <param name="thickness">線の幅.負の値を指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
            <param name="shift">中心座標と半径の小数点以下の桁を表すビット数.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DrawCircle(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="img">画像</param>
            <param name="center_x">円の中心のx座標</param>
            <param name="center_y">円の中心のy座標</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DrawCircle(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="img">画像</param>
            <param name="center_x">円の中心のx座標</param>
            <param name="center_y">円の中心のy座標</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
            <param name="thickness">線の幅.負の値を指定した場合は塗りつぶされる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DrawCircle(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="img">画像</param>
            <param name="center_x">円の中心のx座標</param>
            <param name="center_y">円の中心のy座標</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
            <param name="thickness">線の幅.負の値を指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DrawCircle(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="img">画像</param>
            <param name="center_x">円の中心のx座標</param>
            <param name="center_y">円の中心のy座標</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
            <param name="thickness">線の幅.負の値を指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
            <param name="shift">中心座標と半径の小数点以下の桁を表すビット数.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DrawCircle(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="img">画像</param>
            <param name="center">円の中心</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DrawCircle(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="img">画像</param>
            <param name="center">円の中心</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
            <param name="thickness">線の幅.負の値を指定した場合は塗りつぶされる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DrawCircle(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="img">画像</param>
            <param name="center">円の中心</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
            <param name="thickness">線の幅.負の値を指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.DrawCircle(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32,OpenCvSharp.LineType,System.Int32)">
            <summary>
            円を描画する
            </summary>
            <param name="img">画像</param>
            <param name="center">円の中心</param>
            <param name="radius">円の半径</param>
            <param name="color">円の色</param>
            <param name="thickness">線の幅.負の値を指定した場合は塗りつぶされる.</param>
            <param name="line_type">線の種類</param>
            <param name="shift">中心座標と半径の小数点以下の桁を表すビット数.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ClearGraph(OpenCvSharp.CvGraph)">
            <summary>
            グラフから全ての頂点と辺を削除する
            </summary>
            <param name="graph">グラフ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ClearHist(OpenCvSharp.CvHistogram)">
            <summary>
            ヒストグラムをクリアする.
            密なヒストグラムの場合,全てのヒストグラムのビンを0にセットする, また疎なヒストグラムの場合は,すべてのヒストグラムのビンを削除する.
            </summary>
            <param name="hist">対象のヒストグラムへの参照</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ClearMemStorage(OpenCvSharp.CvMemStorage)">
            <summary>
            ストレージの先頭(空き領域の境界)を,一番最初に戻す.
            この関数はメモリを解放しない.もしストレージが親を持つ場合,この関数は親に全てのブロックを返す.
            </summary>
            <param name="storage">対象のストレージへの参照</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ClearND(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32[])">
            <summary>
            密な配列と疎な配列の指定した要素をクリア(0にセット)する.要素が存在しなければ,この関数は何もしない.
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="idx">要素のインデックスの配列(可変長引数)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ClearSeq(OpenCvSharp.CvSeq)">
            <summary>
            シーケンスをクリアする
            </summary>
            <param name="seq">シーケンス</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ClearSet(OpenCvSharp.CvSet)">
            <summary>
            セットをクリアする
            </summary>
            <param name="set">クリアされるセット</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ClearSubdivVoronoi2D(OpenCvSharp.CvSubdiv2D)">
            <summary>
            全ての仮想点を削除する. 
            この関数の前回の呼出し後に細分割が変更された場合,この関数は cvCalcSubdivVoronoi2D の内部で呼ばれる. 
            </summary>
            <param name="subdiv">ドロネー細分割</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ClipLine(OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.CvPoint@,OpenCvSharp.CvPoint@)">
            <summary>
            線分を画像領域で切り取る
            </summary>
            <param name="img_size">画像の大きさ</param>
            <param name="pt1">線分の1番目の端点.この値はこの関数によって変更される.</param>
            <param name="pt2">線分の2番目の端点.この値はこの関数によって変更される.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Clone(System.IntPtr)">
            <summary>
            オブジェクトのコピーを作成する
            </summary>
            <param name="struct_ptr">コピーするオブジェクト</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Clone``1(``0)">
            <summary>
            オブジェクトのコピーを作成する
            </summary>
            <param name="struct_ptr">コピーするオブジェクト</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CloneGraph(OpenCvSharp.CvGraph,OpenCvSharp.CvMemStorage)">
            <summary>
            グラフをコピーする
            </summary>
            <param name="graph">コピーするグラフ</param>
            <param name="storage">コピーのためのコンテナ</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CloneImage(OpenCvSharp.IplImage)">
            <summary>
            ヘッダ,ROI,データを含む画像の完全なコピーを作成する. 
            </summary>
            <param name="image">オリジナル画像</param>
            <returns>コピーされた画像</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CloneMat(OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            行列のコピーを作成する
            </summary>
            <param name="mat">入力行列</param>
            <returns>コピーされた行列</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CloneMatND(OpenCvSharp.CvMatND)">
            <summary>
            多次元配列の完全なコピーを作成する
            </summary>
            <param name="mat">入力行列</param>
            <returns>コピーされた行列</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CloneSeq(OpenCvSharp.CvSeq)">
            <summary>
            入力行列のコピーを作成し返す
            </summary>
            <param name="seq">シーケンス</param>
            <returns>コピーされたCvSeq</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CloneSeq(OpenCvSharp.CvSeq,OpenCvSharp.CvMemStorage)">
            <summary>
            入力行列のコピーを作成し返す
            </summary>
            <param name="seq">シーケンス</param>
            <param name="storage">新しいシーケンスヘッダとコピーされたデータ(もしデータがあれば)を保存する出力ストレージ. nullの場合,入力シーケンスに含まれるストレージを使用する.</param>
            <returns>コピーされたCvSeq</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CloneSeq``1(OpenCvSharp.CvSeq{``0})">
            <summary>
            入力行列のコピーを作成し返す
            </summary>
            <param name="seq">シーケンス</param>
            <returns>コピーされたCvSeq</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CloneSeq``1(OpenCvSharp.CvSeq{``0},OpenCvSharp.CvMemStorage)">
            <summary>
            入力行列のコピーを作成し返す
            </summary>
            <param name="seq">シーケンス</param>
            <param name="storage">新しいシーケンスヘッダとコピーされたデータ(もしデータがあれば)を保存する出力ストレージ. nullの場合,入力シーケンスに含まれるストレージを使用する.</param>
            <returns>コピーされたCvSeq</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CloneSparseMat(OpenCvSharp.CvSparseMat)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="mat">入力行列</param>
            <returns>コピーされた行列</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Cmp(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.ArrComparison)">
            <summary>
            二つの配列の各要素ごとの比較を行う. 対応する要素を比較し,出力配列の値にセットする.
            dst(I) = src1(I) op src2(I) .
            比較結果が真(true)であれば dst(I) には 0xff(要素すべてのビットが 1 )をセットし,それ以外の場合(false)であれば 0 をセットする.
            </summary>
            <param name="src1">入力配列(シングルチャンネル)</param>
            <param name="src2">2番目の入力配列.どちらの入力配列もシングルチャンネルでなければならない.</param>
            <param name="dst">出力配列(タイプは 8u か 8s でないといけない)</param>
            <param name="cmp_op">比較方法を示すフラグ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CmpS(OpenCvSharp.CvArr,System.Double,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.ArrComparison)">
            <summary>
            配列要素とスカラーを比較し,出力配列の値をセットする.
            dst(I) = src1(I) op scalar .
            比較結果が真(true)であれば dst(I) には 0xff(要素すべてのビットが 1 )をセットし,それ以外の場合(false)であれば 0 をセットする.
            </summary>
            <param name="src">入力配列(シングルチャンネル)</param>
            <param name="value">それぞれの配列要素と比較されるスカラー</param>
            <param name="dst">出力配列(タイプは 8u か 8s でないといけない)</param>
            <param name="cmp_op">比較方法を示すフラグ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ConDensInitSampleSet(OpenCvSharp.CvConDensation,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="condens"></param>
            <param name="lower_bound"></param>
            <param name="upper_bound"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ConDensUpdateByTime(OpenCvSharp.CvConDensation)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="condens"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CompleteSymm(OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            指定した行列を、その下三角行列を用いて対称行列として書き換える
            </summary>
            <param name="matrix"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CompleteSymm(OpenCvSharp.CvMat,System.Boolean)">
            <summary>
            指定した行列を、その下三角行列 (LtoR=false) または上三角行列 (LtoR=true) を用いて対称行列として書き換える
            </summary>
            <param name="matrix"></param>
            <param name="LtoR"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CompareHist(OpenCvSharp.CvHistogram,OpenCvSharp.CvHistogram,OpenCvSharp.HistogramComparison)">
            <summary>
            2つの密なヒストグラムを比較する.
            疎なヒストグラム,あるいは重み付けされた点が集まったような,より一般的な構造を比較するためには,関数cvCalcEMD2 を用いる方が良い場合もある.
            </summary>
            <param name="hist1">1番目の密なヒストグラム</param>
            <param name="hist2">2番目の密なヒストグラム</param>
            <param name="method">比較手法</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ComposeRT(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            Computes r3 = rodrigues(rodrigues(r2)*rodrigues(r1)),
            t3 = rodrigues(r2)*t1 + t2 and the respective derivatives
            </summary>
            <param name="rvec1"></param>
            <param name="tvec1"></param>
            <param name="rvec2"></param>
            <param name="tvec2"></param>
            <param name="rvec3"></param>
            <param name="tvec3"></param>
            <param name="dr3dr1"></param>
            <param name="dr3dt1"></param>
            <param name="dr3dr2"></param>
            <param name="dr3dt2"></param>
            <param name="dt3dr1"></param>
            <param name="dt3dt1"></param>
            <param name="dt3dr2"></param>
            <param name="dt3dt2"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ComputeCorrespondEpilines(OpenCvSharp.CvMat,System.Int32,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat@)">
            <summary>
            2枚の画像間の点対応から基礎行列(F行列)を計算する
            </summary>
            <param name="points">入力点で大きさは2xN, Nx2, 3xN,また はNx3の配列である (ここで N は 点の数). マルチチャンネルの 1xN,または Nx1 の配列も使用可能.</param>
            <param name="which_image">pointsを含む画像のインデックス(1 または 2).</param>
            <param name="fundamental_matrix">基礎行列</param>
            <param name="correspondent_lines">計算されたエピポーラ線.大きさは3xN また Nx3 の配列.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ContourArea(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            輪郭全体の領域,または輪郭の一部を計算する. 
            後者の場合,輪郭の弧と選択された2点を繋ぐ弦で区切られたエリア全体が計算される.
            </summary>
            <param name="contour">輪郭(頂点のシーケンスまたは配列)</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ContourArea(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvSlice)">
            <summary>
            輪郭全体の領域,または輪郭の一部を計算する. 
            後者の場合,輪郭の弧と選択された2点を繋ぐ弦で区切られたエリア全体が計算される.
            </summary>
            <param name="contour">輪郭(頂点のシーケンスまたは配列)</param>
            <param name="slice">注目領域の輪郭の始点と終点.デフォルトでは全領域が計算される.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ContourFromContourTree(OpenCvSharp.CvContourTree,OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.CvTermCriteria)">
            <summary>
            ツリーから輪郭を復元する
            </summary>
            <param name="tree">輪郭の二分木</param>
            <param name="storage">復元した輪郭の出力先</param>
            <param name="criteria">復元を止める基準</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ContoursMoments(OpenCvSharp.CvSeq,OpenCvSharp.CvMoments@)">
            <summary>
            Alias for Moments with CvSeq contours
            </summary>
            <param name="contour"></param>
            <param name="moments"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ContourPerimeter(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            cvArcLength(curve,Whole_Seq,1) のエイリアス
            </summary>
            <param name="contour"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ConvertImage(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.ConvertImageFlag)">
            <summary>
            画像を必要に応じて変換する
            </summary>
            <param name="src">入力画像.</param>
            <param name="dst">出力画像.1 チャンネル 8 ビット画像,あるいは,3 チャンネル 8 ビット画像である.</param>
            <param name="flags">操作フラグ.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ConvertMaps(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            Converts mapx &amp; mapy from floating-point to integer formats for cvRemap
            </summary>
            <param name="mapx"></param>
            <param name="mapy"></param>
            <param name="mapxy"></param>
            <param name="mapalpha"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ConvertPointsHomogenious(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            2枚の画像間の点対応から基礎行列(F行列)を計算する
            </summary>
            <param name="src">入力点の配列.大きさは2xN, Nx2, 3xN, Nx3, 4xN,またはNx4(ここでNは点の数).マルチチャンネルの1xNまたはNx1の配列も使用可能.</param>
            <param name="dst">出力点の配列.入力配列と同じ数の点が含まれる次元数は,同じ, あるいは入力より1少ないか1大きい.そして2..4の範囲内でなければならない. </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ConvertPointsHomogeneous(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            2枚の画像間の点対応から基礎行列(F行列)を計算する
            </summary>
            <param name="src">入力点の配列.大きさは2xN, Nx2, 3xN, Nx3, 4xN,またはNx4(ここでNは点の数).マルチチャンネルの1xNまたはNx1の配列も使用可能.</param>
            <param name="dst">出力点の配列.入力配列と同じ数の点が含まれる次元数は,同じ, あるいは入力より1少ないか1大きい.そして2..4の範囲内でなければならない. </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ConvertScale(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            任意の線形変換によって配列の値を変換する.[scale=1, shift=0]
            </summary>
            <param name="src">入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ConvertScale(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double)">
            <summary>
            任意の線形変換によって配列の値を変換する.[shift=0]
            </summary>
            <param name="src">入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="scale">スケーリング係数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ConvertScale(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            任意の線形変換によって配列の値を変換する.
            </summary>
            <param name="src">入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="scale">スケーリング係数</param>
            <param name="shift">スケーリングした入力配列の要素に加える値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CvtScale(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            任意の線形変換によって配列の値を変換する.[scale=1, shift=0]
            </summary>
            <param name="src">入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CvtScale(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double)">
            <summary>
            任意の線形変換によって配列の値を変換する.[shift=0]
            </summary>
            <param name="src">入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="scale">スケーリング係数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CvtScale(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            任意の線形変換によって配列の値を変換する.
            </summary>
            <param name="src">入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="scale">スケーリング係数</param>
            <param name="shift">スケーリングした入力配列の要素に加える値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Scale(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            任意の線形変換によって配列の値を変換する.[scale=1, shift=0]
            </summary>
            <param name="src">入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Scale(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double)">
            <summary>
            任意の線形変換によって配列の値を変換する.[shift=0]
            </summary>
            <param name="src">入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="scale">スケーリング係数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Scale(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            任意の線形変換によって配列の値を変換する.
            </summary>
            <param name="src">入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
            <param name="scale">スケーリング係数</param>
            <param name="shift">スケーリングした入力配列の要素に加える値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Convert(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            scale=1, shift=0 でのcvConvertScale呼び出し. 任意の線形変換によって配列の値を変換する.
            </summary>
            <param name="src">入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列(デプスは 8u)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ConvertScaleAbs(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            任意の線形変換によって,入力配列の要素を8ビット符号無し整数型の配列に変換する.[scale=1, shift=0]
            </summary>
            <param name="src">入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列(デプスは 8u)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ConvertScaleAbs(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double)">
            <summary>
            任意の線形変換によって,入力配列の要素を8ビット符号無し整数型の配列に変換する.[shift=0]
            </summary>
            <param name="src">入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列(デプスは 8u)</param>
            <param name="scale">ScaleAbs 係数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ConvertScaleAbs(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            任意の線形変換によって,入力配列の要素を8ビット符号無し整数型の配列に変換する.
            </summary>
            <param name="src">入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列(デプスは 8u)</param>
            <param name="scale">ScaleAbs 係数</param>
            <param name="shift">スケーリングした入力配列の要素に加える値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CvtScaleAbs(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            任意の線形変換によって,入力配列の要素を8ビット符号無し整数型の配列に変換する.[scale=1, shift=0]
            </summary>
            <param name="src">入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列(デプスは 8u)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CvtScaleAbs(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double)">
            <summary>
            任意の線形変換によって,入力配列の要素を8ビット符号無し整数型の配列に変換する.[shift=0]
            </summary>
            <param name="src">入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列(デプスは 8u)</param>
            <param name="scale">ScaleAbs 係数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CvtScaleAbs(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            任意の線形変換によって,入力配列の要素を8ビット符号無し整数型の配列に変換する.
            </summary>
            <param name="src">入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列(デプスは 8u)</param>
            <param name="scale">ScaleAbs 係数</param>
            <param name="shift">スケーリングした入力配列の要素に加える値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ConvexHull2(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32[]@,OpenCvSharp.ConvexHullOrientation)">
            <summary>
            Sklanskyのアルゴリズムを使って2次元の点列の凸包を見つける
            </summary>
            <param name="input">32ビット整数型,もしくは浮動小数点型で表された2次元の点のシーケンスまたは配列. </param>
            <param name="hull">出力される凸包.凸包を構成する点の元の配列におけるインデックス(0基準)のベクトル</param>
            <param name="orientation">凸包を構成するデータの並び.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ConvexHull2(OpenCvSharp.CvPoint[],System.Int32[]@,OpenCvSharp.ConvexHullOrientation)">
            <summary>
            Sklanskyのアルゴリズムを使って2次元の点列の凸包を見つける
            </summary>
            <param name="input">32ビット整数型,もしくは浮動小数点型で表された2次元の点のシーケンスまたは配列. </param>
            <param name="hull">出力される凸包.凸包を構成する点の元の配列におけるインデックス(0基準)のベクトル</param>
            <param name="orientation">凸包を構成するデータの並び.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ConvexHull2(OpenCvSharp.CvPoint2D32f[],System.Int32[]@,OpenCvSharp.ConvexHullOrientation)">
            <summary>
            Sklanskyのアルゴリズムを使って2次元の点列の凸包を見つける
            </summary>
            <param name="input">32ビット整数型,もしくは浮動小数点型で表された2次元の点のシーケンスまたは配列. </param>
            <param name="hull">出力される凸包.凸包を構成する点の元の配列におけるインデックス(0基準)のベクトル</param>
            <param name="orientation">凸包を構成するデータの並び.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ConvexHull2(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint[]@,OpenCvSharp.ConvexHullOrientation)">
            <summary>
            Sklanskyのアルゴリズムを使って2次元の点列の凸包を見つける
            </summary>
            <param name="input">32ビット整数型,もしくは浮動小数点型で表された2次元の点のシーケンスまたは配列. </param>
            <param name="hull">出力される凸包.凸包を構成する点の元の配列におけるインデックス(0基準)のベクトル</param>
            <param name="orientation">凸包を構成するデータの並び.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ConvexHull2(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint2D32f[]@,OpenCvSharp.ConvexHullOrientation)">
            <summary>
            Sklanskyのアルゴリズムを使って2次元の点列の凸包を見つける
            </summary>
            <param name="input">32ビット整数型,もしくは浮動小数点型で表された2次元の点のシーケンスまたは配列. </param>
            <param name="hull">出力される凸包.凸包を構成する点の元の配列におけるインデックス(0基準)のベクトル</param>
            <param name="orientation">凸包を構成するデータの並び.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ConvexHull2(OpenCvSharp.CvPoint[],OpenCvSharp.CvPoint[]@,OpenCvSharp.ConvexHullOrientation)">
            <summary>
            Sklanskyのアルゴリズムを使って2次元の点列の凸包を見つける
            </summary>
            <param name="input">32ビット整数型,もしくは浮動小数点型で表された2次元の点のシーケンスまたは配列. </param>
            <param name="hull">出力される凸包.凸包を構成する点の元の配列におけるインデックス(0基準)のベクトル</param>
            <param name="orientation">凸包を構成するデータの並び.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ConvexHull2(OpenCvSharp.CvPoint2D32f[],OpenCvSharp.CvPoint2D32f[]@,OpenCvSharp.ConvexHullOrientation)">
            <summary>
            Sklanskyのアルゴリズムを使って2次元の点列の凸包を見つける
            </summary>
            <param name="input">32ビット整数型,もしくは浮動小数点型で表された2次元の点のシーケンスまたは配列. </param>
            <param name="hull">出力される凸包.凸包を構成する点の元の配列におけるインデックス(0基準)のベクトル</param>
            <param name="orientation">凸包を構成するデータの並び.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ConvexityDefects(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            輪郭の凸包から凹状欠損を見つける
            </summary>
            <param name="contour">入力輪郭</param>
            <param name="convexhull">凸包の点そのものではなく,輪郭の点へのポインタまたはインデックスを持つ,つまりcvConvexHull2のreturn_pointsパラメータが0であるような cvConvexHull2 を使って得られた凸包.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ConvexityDefects(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMemStorage)">
            <summary>
            輪郭の凸包から凹状欠損を見つける
            </summary>
            <param name="contour">入力輪郭</param>
            <param name="convexhull">凸包の点そのものではなく,輪郭の点へのポインタまたはインデックスを持つ,つまりcvConvexHull2のreturn_pointsパラメータが0であるような cvConvexHull2 を使って得られた凸包.</param>
            <param name="storage">凹状欠損の出力シーケンスを格納する変数.これがnullである場合,代わりに,輪郭あるいは凸包のストレージが(この順番で)利用される.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ConvexityDefects(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32[])">
            <summary>
            輪郭の凸包から凹状欠損を見つける
            </summary>
            <param name="contour">入力輪郭</param>
            <param name="convexhull">凸包の点そのものではなく,輪郭の点へのインデックスを持つ cvConvexHull2 を使って得られた凸包.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Copy(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            一つの配列を別の配列にコピーする.
            </summary>
            <param name="src">コピー元画像</param>
            <param name="dst">コピー先の画像</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Copy(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            一つの配列を別の配列にコピーする.
            </summary>
            <param name="src">コピー元画像</param>
            <param name="dst">コピー先の画像</param>
            <param name="mask">8 ビットシングルチャンネル配列の処理マスク.コピー先の配列の変更する要素を指定する.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CopyHist(OpenCvSharp.CvHistogram,OpenCvSharp.CvHistogram@)">
            <summary>
            関数 cvCopyHist は,ヒストグラムのコピーを作成する.
            コピー先のヒストグラムへのポインタdstがNULLの場合は,srcと同じサイズの新しいヒストグラムが作成される.
            それ以外の場合は,二つのヒストグラムは同一タイプ,サイズでないといけない.
            この関数はコピー元のヒストグラムのビンの値を,コピー先にコピーし, src内に定義されているのと同じビンの値域をセットする. 
            </summary>
            <param name="src">コピー元のヒストグラム.</param>
            <param name="dst">コピー先のヒストグラムへのポインタ. </param>        
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CopyMakeBorder(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.BorderType)">
            <summary>
            画像をコピーし,その周りに境界線をつける
            </summary>
            <param name="src">入力画像</param>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="offset">入力画像(あるいはROI)がコピーされる出力画像内矩形領域の左上角座標 (左下に原点を持つ画像の場合は,左下角座標).</param>
            <param name="bordertype">コピーされた矩形領域の周りに生成する境界線のタイプ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CopyMakeBorder(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.BorderType,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            画像をコピーし,その周りに境界線をつける
            </summary>
            <param name="src">入力画像</param>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="offset">入力画像(あるいはROI)がコピーされる出力画像内矩形領域の左上角座標 (左下に原点を持つ画像の場合は,左下角座標).</param>
            <param name="bordertype">コピーされた矩形領域の周りに生成する境界線のタイプ</param>
            <param name="value">bordertype=Constant の場合は境界を埋める値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CornerEigenValsAndVecs(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Int32)">
            <summary>
            コーナー検出のために画像ブロックの固有値と固有ベクトルを計算する.
            </summary>
            <param name="image">入力画像</param>
            <param name="eigenvv">結果保存用の画像.入力画像の6倍のサイズが必要.</param>
            <param name="block_size">隣接ブロックのサイズ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CornerEigenValsAndVecs(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,OpenCvSharp.ApertureSize)">
            <summary>
            コーナー検出のために画像ブロックの固有値と固有ベクトルを計算する.
            </summary>
            <param name="image">入力画像</param>
            <param name="eigenvv">結果保存用の画像.入力画像の6倍のサイズが必要.</param>
            <param name="block_size">隣接ブロックのサイズ</param>
            <param name="aperture_size">Sobel演算子のアパーチャサイズ(cvSobel参照).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CornerHarris(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Int32)">
            <summary>
            入力画像について Harris エッジ検出を行う. 
            cvCornerMinEigenVal や cvCornerEigenValsAndVecsと同様の機能を持ち,それぞれのピクセルにおいて,
            block_size×block_size 隣接における 2×2 サイズの勾配から共変動行列M を計算する.その後, 
            det(M) - k * trace(M)^2
            を計算し,検出結果として出力画像に保存する.結果画像の極大値を求めることで,画像のコーナーを検出することができる. 
            </summary>
            <param name="image">入力画像</param>
            <param name="harris_responce">検出結果を保存する画像.入力画像 image と同じサイズでなくてはならない.</param>
            <param name="block_size">隣接ブロックのサイズ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CornerHarris(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,OpenCvSharp.ApertureSize)">
            <summary>
            入力画像について Harris エッジ検出を行う. 
            cvCornerMinEigenVal や cvCornerEigenValsAndVecsと同様の機能を持ち,それぞれのピクセルにおいて,
            block_size×block_size 隣接における 2×2 サイズの勾配から共変動行列M を計算する.その後, 
            det(M) - k * trace(M)^2
            を計算し,検出結果として出力画像に保存する.結果画像の極大値を求めることで,画像のコーナーを検出することができる. 
            </summary>
            <param name="image">入力画像</param>
            <param name="harris_responce">検出結果を保存する画像.入力画像 image と同じサイズでなくてはならない.</param>
            <param name="block_size">隣接ブロックのサイズ</param>
            <param name="aperture_size">Sobel演算子のアパーチャサイズ(cvSobel参照).入力画像が浮動小数点型である場合,このパラメータは差分を計算するために用いられる固定小数点型フィルタの数を表す</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CornerHarris(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,OpenCvSharp.ApertureSize,System.Double)">
            <summary>
            入力画像について Harris エッジ検出を行う. 
            cvCornerMinEigenVal や cvCornerEigenValsAndVecsと同様の機能を持ち,それぞれのピクセルにおいて,
            block_size×block_size 隣接における 2×2 サイズの勾配から共変動行列M を計算する.その後, 
            det(M) - k * trace(M)^2
            を計算し,検出結果として出力画像に保存する.結果画像の極大値を求めることで,画像のコーナーを検出することができる. 
            </summary>
            <param name="image">入力画像</param>
            <param name="harris_responce">検出結果を保存する画像.入力画像 image と同じサイズでなくてはならない.</param>
            <param name="block_size">隣接ブロックのサイズ</param>
            <param name="aperture_size">Sobel演算子のアパーチャサイズ(cvSobel参照).入力画像が浮動小数点型である場合,このパラメータは差分を計算するために用いられる固定小数点型フィルタの数を表す</param>
            <param name="k">Harris検出器のパラメータ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CornerMinEigenVal(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Int32)">
            <summary>
            コーナー検出のために,画像ブロックの最小固有値を計算する. 
            すべてのピクセルについて,隣接ブロックにおける導関数の共変動行列の最小固有値だけを求める関数である.
            </summary>
            <param name="image">入力画像</param>
            <param name="eigenval">最小固有値を保存する画像.image と同じサイズでなくてはならない.</param>
            <param name="block_size">隣接ブロックのサイズ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CornerMinEigenVal(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,OpenCvSharp.ApertureSize)">
            <summary>
            コーナー検出のために,画像ブロックの最小固有値を計算する. 
            すべてのピクセルについて,隣接ブロックにおける導関数の共変動行列の最小固有値だけを求める関数である.
            </summary>
            <param name="image">入力画像</param>
            <param name="eigenval">最小固有値を保存する画像.image と同じサイズでなくてはならない.</param>
            <param name="block_size">隣接ブロックのサイズ</param>
            <param name="aperture_size">Sobel演算子のアパーチャサイズ(cvSobel参照).入力画像が浮動小数点型である場合,このパラメータは差分を計算するために用いられる固定小数点型フィルタの数を表す</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CorrectMatches(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            The Optimal Triangulation Method
            </summary>
            <param name="F">3x3 fundamental matrix</param>
            <param name="points1">2xN matrix containing the first set of points</param>
            <param name="points2">2xN matrix containing the second set of points</param>
            <param name="new_points1">the optimized points1_. if this is null, the corrected points are placed back in points1_</param>
            <param name="new_points2">the optimized points2_. if this is null, the corrected points are placed back in points2_</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CountNonZero(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列要素において 0 ではない要素をカウントする.
            配列が IplImage の場合, ROI,COI の両方に対応している.
            </summary>
            <param name="arr">配列(シングルチャンネルまたはCOIがセットされたマルチチャンネルの画像).</param>
            <returns>0 ではない要素数</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateBGCodeBookModel">
            <summary>
            
            </summary>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateButton">
            <summary>
            コントロールパネル上にボタンを作成します.
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateButton(System.String)">
            <summary>
            コントロールパネル上にボタンを作成します.
            </summary>
            <param name="name">ボタンの名前. (これが null の場合,”button &lt;number of boutton&gt;” という名前になります)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateButton(System.String,OpenCvSharp.CvButtonCallback)">
            <summary>
            コントロールパネル上にボタンを作成します.
            </summary>
            <param name="name">ボタンの名前. (これが null の場合,”button &lt;number of boutton&gt;” という名前になります)</param>
            <param name="callback">ボタン状態が変更される度に呼び出されるデりゲート</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateButton(System.String,OpenCvSharp.CvButtonCallback,System.Object)">
            <summary>
            コントロールパネル上にボタンを作成します.
            </summary>
            <param name="name">ボタンの名前. (これが null の場合,”button &lt;number of boutton&gt;” という名前になります)</param>
            <param name="callback">ボタン状態が変更される度に呼び出されるデりゲート</param>
            <param name="userdata">コールバック関数に渡されるオブジェクト</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateButton(System.String,OpenCvSharp.CvButtonCallback,System.Object,OpenCvSharp.ButtonType)">
            <summary>
            コントロールパネル上にボタンを作成します.
            </summary>
            <param name="name">ボタンの名前. (これが null の場合,”button &lt;number of boutton&gt;” という名前になります)</param>
            <param name="callback">ボタン状態が変更される度に呼び出されるデりゲート</param>
            <param name="userdata">コールバック関数に渡されるオブジェクト</param>
            <param name="button_type">ボタンの種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateButton(System.String,OpenCvSharp.CvButtonCallback,System.Object,OpenCvSharp.ButtonType,System.Int32)">
            <summary>
            コントロールパネル上にボタンを作成します.
            </summary>
            <param name="name">ボタンの名前. (これが null の場合,”button &lt;number of boutton&gt;” という名前になります)</param>
            <param name="callback">ボタン状態が変更される度に呼び出されるデりゲート</param>
            <param name="userdata">コールバック関数に渡されるオブジェクト</param>
            <param name="button_type">ボタンの種類</param>
            <param name="initial_button_state">ボタンのデフォルトの状態.チェックボックスとラジオボックスの場合,これは 0 または 1 になります.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateCameraCapture(System.Int32)">
            <summary>
            カメラからのビデオキャプチャを初期化する.
            Windows では,次の二つのカメラインタフェースが利用できる:Video for Windows(VFW),Matrox Imaging Library(MIL). 
            Linux では,次の二つカメラインタフェースが利用できる:Video for Linux(V4L),FireWire(IEEE1394). 
            </summary>
            <param name="index">使われるカメラのインデックス.使用するカメラが1台のとき,あるいは,何台のカメラを使うかが重要でないときは,-1 でも問題ない場合もある.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateCameraCapture(OpenCvSharp.CaptureDevice)">
            <summary>
            カメラからのビデオキャプチャを初期化する.
            Windows では,次の二つのカメラインタフェースが利用できる:Video for Windows(VFW),Matrox Imaging Library(MIL). 
            Linux では,次の二つカメラインタフェースが利用できる:Video for Linux(V4L),FireWire(IEEE1394). 
            </summary>
            <param name="device">使われるカメラの種類</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateChildMemStorage(OpenCvSharp.CvMemStorage)">
            <summary>
            子メモリストレージを生成する.
            </summary>
            <param name="parent">親メモリストレージ</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateConDensation(System.Int32,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            ConDensation フィルタ構造体の領域確保を行う
            </summary>
            <param name="dynam_params">状態ベクトルの次元</param>
            <param name="measure_params">観測ベクトルの次元</param>
            <param name="sample_count">サンプル数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateContourTree(OpenCvSharp.CvSeq,OpenCvSharp.CvMemStorage,System.Double)">
            <summary>
            輪郭の階層的表現を生成する
            </summary>
            <param name="contour">入力輪郭</param>
            <param name="storage">結果のツリーの出力先</param>
            <param name="threshold">近似精度</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateData(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            画像,行列あるいは多次元配列のデータを確保する.
            </summary>
            <param name="arr">配列ヘッダ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateFeatureTree(OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            特徴ベクトルのツリーを作成する
            </summary>
            <param name="desc">d 次元特徴ベクトルの n × d 行列(CV_32FC1 or CV_64FC1).</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateFileCapture(System.String)">
            <summary>
            ファイルからのビデオキャプチャを初期化する
            </summary>
            <param name="filename">ビデオファイル名</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateHist(System.Int32[],OpenCvSharp.HistogramFormat)">
            <summary>
            指定サイズのヒストグラムを生成し,そのヒストグラムの参照を返す. 
            </summary>
            <param name="sizes">ヒストグラム各次元のサイズを示す配列</param>
            <param name="type">ヒストグラム表現フォーマット</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateHist(System.Int32[],OpenCvSharp.HistogramFormat,System.Single[][])">
            <summary>
            指定サイズのヒストグラムを生成し,そのヒストグラムの参照を返す. 
            </summary>
            <param name="sizes">ヒストグラム各次元のサイズを示す配列</param>
            <param name="type">ヒストグラム表現フォーマット</param>
            <param name="ranges">ヒストグラムのビン(bin)(値域)を示す配列.このパラメータの意味はパラメータuniformに依存している.
            このレンジは,ヒストグラムを計算したり,またどのヒストグラムのビンが入力画像のどの値やどのデータ要素に対応するかを決めるためのバックプロジェクションで用いられる.
            null の場合は,後から関数 cvSetHistBinRanges を用いて決定される.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateHist(System.Int32[],OpenCvSharp.HistogramFormat,System.Single[][],System.Boolean)">
            <summary>
            指定サイズのヒストグラムを生成し,そのヒストグラムの参照を返す. 
            </summary>
            <param name="sizes">ヒストグラム各次元のサイズを示す配列</param>
            <param name="type">ヒストグラム表現フォーマット</param>
            <param name="ranges">ヒストグラムのビン(bin)(値域)を示す配列.このパラメータの意味はパラメータuniformに依存している.
            このレンジは,ヒストグラムを計算したり,またどのヒストグラムのビンが入力画像のどの値やどのデータ要素に対応するかを決めるためのバックプロジェクションで用いられる.
            null の場合は,後から関数 cvSetHistBinRanges を用いて決定される.</param>
            <param name="uniform">一様性に関するフラグ</param>
            <returns>多次元ヒストグラムクラス</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateGraph(OpenCvSharp.SeqType,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvMemStorage)">
            <summary>
            空のグラフを生成する
            </summary>
            <param name="graph_flags">生成したグラフのタイプ.無向グラフの場合,CV_SEQ_KIND_GRAPH,有向グラフの場合,CV_SEQ_KIND_GRAPH | CV_GRAPH_FLAG_ORIENTED. </param>
            <param name="vtx_size">グラフのヘッダサイズ (sizeof(CvGraph)以上)</param>
            <param name="edge_size">グラフの頂点サイズ</param>
            <param name="storage">グラフの辺サイズ</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateGraph(OpenCvSharp.SeqType,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvMemStorage,System.Int32)">
            <summary>
            空のグラフを生成する
            </summary>
            <param name="graph_flags">生成したグラフのタイプ.無向グラフの場合,CV_SEQ_KIND_GRAPH,有向グラフの場合,CV_SEQ_KIND_GRAPH | CV_GRAPH_FLAG_ORIENTED. </param>
            <param name="header_size">グラフのヘッダサイズ (sizeof(CvGraph)以上)</param>
            <param name="vtx_size">グラフの頂点サイズ</param>
            <param name="edge_size">グラフの辺サイズ</param>
            <param name="storage">グラフコンテナ</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateGraphScanner(OpenCvSharp.CvGraph)">
            <summary>
            グラフの深さ優先走査のための構造体を生成する
            </summary>
            <param name="graph">グラフ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateGraphScanner(OpenCvSharp.CvGraph,OpenCvSharp.CvGraphVtx)">
            <summary>
            グラフの深さ優先走査のための構造体を生成する
            </summary>
            <param name="graph">グラフ</param>
            <param name="vtx">走査開始頂点.nullの場合,走査は先頭の頂点(頂点シーケンスのうち最小のインデックスを持つ頂点)から始まる.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateGraphScanner(OpenCvSharp.CvGraph,OpenCvSharp.CvGraphVtx,OpenCvSharp.GraphScannerMask)">
            <summary>
            グラフの深さ優先走査のための構造体を生成する
            </summary>
            <param name="graph">グラフ</param>
            <param name="vtx">走査開始頂点.nullの場合,走査は先頭の頂点(頂点シーケンスのうち最小のインデックスを持つ頂点)から始まる.</param>
            <param name="mask">イベントマスク.どのイベントにユーザが着目したいのかを指定する .</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateImage(OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.BitDepth,System.Int32)">
            <summary>
            画像のヘッダを作成し,データ領域を確保する
            </summary>
            <param name="size">画像の幅と高さ</param>
            <param name="depth">画像要素のビットデプス</param>
            <param name="channels">要素(ピクセル)毎のチャンネル数.1,2,3,4 のいずれか.</param>
            <returns>画像ポインタ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateImageHeader(OpenCvSharp.CvSize,OpenCvSharp.BitDepth,System.Int32)">
            <summary>
            メモリ確保と初期化を行い,IplImage クラスを返す
            </summary>
            <param name="size">画像の幅と高さ</param>
            <param name="depth">画像要素のビットデプス</param>
            <param name="channels">要素(ピクセル)毎のチャンネル数.1,2,3,4 のいずれか.このチャンネルはインタリーブされる.例えば,通常のカラー画像のデータレイアウトは,b0 g0 r0 b1 g1 r1 ...となっている.</param>
            <returns>画像ポインタ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateKalman(System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            カルマンフィルタ構造体の領域確保を行う.
            </summary>
            <param name="dynam_params">状態ベクトルの次元数</param>
            <param name="measure_params">観測ベクトルの次元</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateKalman(System.Int32,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            カルマンフィルタ構造体の領域確保を行う.
            </summary>
            <param name="dynam_params">状態ベクトルの次元数</param>
            <param name="measure_params">観測ベクトルの次元</param>
            <param name="control_params">コントロールベクトルの次元</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateKDTree(OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="desc"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateLSH(System.IntPtr,System.Int32)">
            <summary>
            Construct a Locality Sensitive Hash (LSH) table, for indexing d-dimensional vectors of
            given type. Vectors will be hashed L times with k-dimensional p-stable (p=2) functions.
            </summary>
            <param name="ops">(not supported argument on OpenCvSharp)</param>
            <param name="d"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateLSH(System.IntPtr,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            Construct a Locality Sensitive Hash (LSH) table, for indexing d-dimensional vectors of
            given type. Vectors will be hashed L times with k-dimensional p-stable (p=2) functions.
            </summary>
            <param name="ops">(not supported argument on OpenCvSharp)</param>
            <param name="d"></param>
            <param name="L"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateLSH(System.IntPtr,System.Int32,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            Construct a Locality Sensitive Hash (LSH) table, for indexing d-dimensional vectors of
            given type. Vectors will be hashed L times with k-dimensional p-stable (p=2) functions.
            </summary>
            <param name="ops">(not supported argument on OpenCvSharp)</param>
            <param name="d"></param>
            <param name="L"></param>
            <param name="k"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateLSH(System.IntPtr,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.MatrixType)">
            <summary>
            Construct a Locality Sensitive Hash (LSH) table, for indexing d-dimensional vectors of
            given type. Vectors will be hashed L times with k-dimensional p-stable (p=2) functions.
            </summary>
            <param name="ops">(not supported argument on OpenCvSharp)</param>
            <param name="d"></param>
            <param name="L"></param>
            <param name="k"></param>
            <param name="type"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateLSH(System.IntPtr,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.MatrixType,System.Double)">
            <summary>
            Construct a Locality Sensitive Hash (LSH) table, for indexing d-dimensional vectors of
            given type. Vectors will be hashed L times with k-dimensional p-stable (p=2) functions.
            </summary>
            <param name="ops">(not supported argument on OpenCvSharp)</param>
            <param name="d"></param>
            <param name="L"></param>
            <param name="k"></param>
            <param name="type"></param>
            <param name="r"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateLSH(System.IntPtr,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.MatrixType,System.Double,System.Int64)">
            <summary>
            Construct a Locality Sensitive Hash (LSH) table, for indexing d-dimensional vectors of
            given type. Vectors will be hashed L times with k-dimensional p-stable (p=2) functions.
            </summary>
            <param name="ops">(not supported argument on OpenCvSharp)</param>
            <param name="d"></param>
            <param name="L"></param>
            <param name="k"></param>
            <param name="type"></param>
            <param name="r"></param>
            <param name="seed"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateMat(System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.MatrixType)">
            <summary>
            新たな行列とその内部データのためのヘッダを確保し,作成された行列への参照を返す.
            </summary>
            <param name="rows">行列の行数</param>
            <param name="cols">行列の列数</param>
            <param name="type">行列要素の種類</param>
            <returns>行列</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateMatHeader(System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.MatrixType)">
            <summary>
            新たな行列のヘッダを作成し,その参照を返す.
            さらに,cvCreateData を用いるか,cvSetData により,ユーザが確保したデータ領域を明示的にセットすることで,行列データが確保される.
            </summary>
            <param name="rows">行列の行数</param>
            <param name="cols">行列の列数</param>
            <param name="type">行列要素の種類</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateMatND(System.Int32,System.Int32[],OpenCvSharp.MatrixType)">
            <summary>
            多次元の密な配列のヘッダとその内部データを確保し,作成された配列のポインタを返す.
            </summary>
            <param name="dims">配列の次元数.CV_MAX_DIM(デフォルトでは32.ビルド時に変更される可能性もある)を超えてはいけない.</param>
            <param name="sizes">次元サイズの配列.</param>
            <param name="type">配列要素の種類.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateMatNDHeader(System.Int32,System.Int32[],OpenCvSharp.MatrixType)">
            <summary>
            多次元の密な配列のヘッダを確保する.
            さらに,cvCreateData を用いるか, cvSetData により,ユーザが確保したデータ領域を明示的にセットすることで,配列データが確保される. 
            </summary>
            <param name="dims">配列の次元数.</param>
            <param name="sizes">次元サイズの配列.</param>
            <param name="type">配列要素の種類.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateMemoryLSH(System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            Construct in-memory LSH table, with n bins.
            </summary>
            <param name="d"></param>
            <param name="n"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateMemoryLSH(System.Int32,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            Construct in-memory LSH table, with n bins.
            </summary>
            <param name="d"></param>
            <param name="n"></param>
            <param name="L"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateMemoryLSH(System.Int32,System.Int32,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            Construct in-memory LSH table, with n bins.
            </summary>
            <param name="d"></param>
            <param name="n"></param>
            <param name="L"></param>
            <param name="k"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateMemoryLSH(System.Int32,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.MatrixType)">
            <summary>
            Construct in-memory LSH table, with n bins.
            </summary>
            <param name="d"></param>
            <param name="n"></param>
            <param name="L"></param>
            <param name="k"></param>
            <param name="type"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateMemoryLSH(System.Int32,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.MatrixType,System.Double)">
            <summary>
            Construct in-memory LSH table, with n bins.
            </summary>
            <param name="d"></param>
            <param name="n"></param>
            <param name="L"></param>
            <param name="k"></param>
            <param name="type"></param>
            <param name="r"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateMemoryLSH(System.Int32,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.MatrixType,System.Double,System.Int64)">
            <summary>
            Construct in-memory LSH table, with n bins.
            </summary>
            <param name="d"></param>
            <param name="n"></param>
            <param name="L"></param>
            <param name="k"></param>
            <param name="type"></param>
            <param name="r"></param>
            <param name="seed"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateMemStorage">
            <summary>
            メモリストレージを生成し,その参照を返す.初期状態ではストレージは空である.
            block_sizeを除くヘッダのフィールドは全て0に設定されている.
            </summary>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateMemStorage(System.Int32)">
            <summary>
            メモリストレージを生成し,その参照を返す.初期状態ではストレージは空である.
            block_sizeを除くヘッダのフィールドは全て0に設定されている.
            </summary>
            <param name="block_size">ストレージブロックのバイト単位のサイズ.0の場合,デフォルト値(現在は≈64K)が使われる.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreatePOSITObject(OpenCvSharp.CvPoint3D32f[])">
            <summary>
            オブジェクトの情報を持つ構造体を初期化する
            </summary>
            <param name="points">3次元オブジェクトモデル上の点データの配列</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreatePOSITObject(OpenCvSharp.CvPoint3D32f[],System.Int32)">
            <summary>
            オブジェクトの情報を持つ構造体を初期化する
            </summary>
            <param name="points">3次元オブジェクトモデル上の点データの配列</param>
            <param name="point_count">オブジェクト上の点データの数</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreatePyramid(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,System.Double,OpenCvSharp.CvSize[],OpenCvSharp.CvArr,System.Boolean,OpenCvSharp.CvFilter)">
            <summary>
            Builds pyramid for an image
            </summary>
            <param name="img"></param>
            <param name="extra_layers"></param>
            <param name="rate"></param>
            <param name="layer_sizes"></param>
            <param name="bufarr"></param>
            <param name="calc"></param>
            <param name="filter"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateSpillTree(OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="raw_data"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateSpillTree(OpenCvSharp.CvMat,System.Int32)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="raw_data"></param>
            <param name="naive"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateSpillTree(OpenCvSharp.CvMat,System.Int32,System.Double)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="raw_data"></param>
            <param name="naive"></param>
            <param name="rho"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateSpillTree(OpenCvSharp.CvMat,System.Int32,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="raw_data"></param>
            <param name="naive"></param>
            <param name="rho"></param>
            <param name="tau"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateSeq(OpenCvSharp.SeqType,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvMemStorage)">
            <summary>
            シーケンスを生成する
            </summary>
            <param name="seq_flags">生成されたシーケンスのフラグ.生成されたシーケンスが,特定のシーケンスタイプを引数にとるような関数に一切渡されない場合は,この値に0を指定してもかまわない.そうでない場合は,定義済みのシーケンスタイプのリストから適切なタイプが選択されなければならない.</param>
            <param name="header_size">シーケンスのヘッダサイズ.sizeof(CvSeq)以上でなければならない. また,特別なタイプかその拡張が指示されている場合,そのタイプは基本タイプのヘッダと合致していなければならない.</param>
            <param name="elem_size">シーケンスの要素サイズ(バイト単位).サイズはシーケンスタイプと合致しなければならない.例えば,点群のシーケンスを作成する場合,要素タイプにCV_SEQ_ELTYPE_POINTを指定し,パラメータ elem_size は sizeof(CvPoint) と等しくなければならない.</param>
            <param name="storage">シーケンスが保存される場所</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateSeq``1(OpenCvSharp.SeqType,System.Int32,OpenCvSharp.CvMemStorage)">
            <summary>
            シーケンスを生成する
            </summary>
            <typeparam name="T"></typeparam>
            <param name="seq_flags">生成されたシーケンスのフラグ.生成されたシーケンスが,特定のシーケンスタイプを引数にとるような関数に一切渡されない場合は,この値に0を指定してもかまわない.そうでない場合は,定義済みのシーケンスタイプのリストから適切なタイプが選択されなければならない.</param>
            <param name="header_size">シーケンスのヘッダサイズ.sizeof(CvSeq)以上でなければならない. また,特別なタイプかその拡張が指示されている場合,そのタイプは基本タイプのヘッダと合致していなければならない.</param>
            <param name="storage">シーケンスが保存される場所</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateSeqBlock(OpenCvSharp.CvSeqWriter)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="writer"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateSet(OpenCvSharp.SeqType,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvMemStorage)">
            <summary>
            空のセットを生成する
            </summary>
            <param name="set_flags">生成するセットのタイプ. </param>
            <param name="header_size">セットのヘッダのサイズ(sizeof(CvSet)以上). </param>
            <param name="elem_size">セットの要素のサイズ(CvSetElem 以上). </param>
            <param name="storage">セットのためのコンテナ. </param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateSet``1(OpenCvSharp.SeqType,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvMemStorage)">
            <summary>
            空のセットを生成する
            </summary>
            <typeparam name="T"></typeparam>
            <param name="set_flags">生成するセットのタイプ. </param>
            <param name="header_size">セットのヘッダのサイズ(sizeof(CvSet)以上). </param>
            <param name="elem_size">セットの要素のサイズ(CvSetElem 以上). </param>
            <param name="storage">セットのためのコンテナ. </param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateSparseMat(System.Int32,System.Int32[],OpenCvSharp.MatrixType)">
            <summary>
            疎な配列を作成する
            </summary>
            <param name="dims">配列の次元数.密な行列とは逆に,次元数は実質的には無制限である(2^16 まで).</param>
            <param name="sizes">次元サイズの配列.</param>
            <param name="type">配列要素の種類.</param>
            <returns>多次元の疎な配列</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateStereoBMState">
            <summary>
            ステレオブロックマッチング構造体を作成する
            </summary>
            <returns>ステレオブロックマッチング構造体</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateStereoBMState(OpenCvSharp.StereoBMPreset)">
            <summary>
            ステレオブロックマッチング構造体を作成する
            </summary>
            <param name="preset">あらかじめ定義されたパラメータのID.構造体を作成した後で,任意のパラメータをオーバーライドできる. </param>
            <returns>ステレオブロックマッチング構造体</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateStereoBMState(OpenCvSharp.StereoBMPreset,System.Int32)">
            <summary>
            ステレオブロックマッチング構造体を作成する
            </summary>
            <param name="preset">あらかじめ定義されたパラメータのID.構造体を作成した後で,任意のパラメータをオーバーライドできる. </param>
            <param name="numberOfDisparities">視差数(最大視差-最小視差). このパラメータが 0 の場合,preset から選択される. そうでない場合は,与えられた値が preset の値をオーバーライドする.</param>
            <returns>ステレオブロックマッチング構造体</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateStereoGCState(System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            グラフカットステレオマッチングアルゴリズムの構造体を作成する
            </summary>
            <param name="numberOfDisparities">視差数.視差の探索範囲は, state-&gt;minDisparity &lt;= disparity &lt; state-&gt;minDisparity + state-&gt;numberOfDisparities となる.</param>
            <param name="maxIters">繰り返し計算の最大数. 各繰り返しにおいて,すべての(あるいは,適度な数の)α拡張を行う. このアルゴリズムは,コスト関数全体を減少させるα拡張が見つからなかった場合は,そこで終了する.</param>
            <returns>グラフカットステレオマッチングアルゴリズムの構造体</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateStructuringElementEx(System.Int32,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.ElementShape)">
            <summary>
            膨張・収縮処理に用いる構造要素を生成する
            </summary>
            <param name="cols">構造要素の列数</param>
            <param name="rows">構造要素の行数</param>
            <param name="anchor_x">構造要素の原点のx座標</param>
            <param name="anchor_y">構造要素の原点のy座標</param>
            <param name="shape">構造要素の形状</param>
            <returns>構造要素</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateStructuringElementEx(System.Int32,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.ElementShape,System.Int32[0:,0:])">
            <summary>
            膨張・収縮処理に用いる構造要素を生成する
            </summary>
            <param name="cols">構造要素の列数</param>
            <param name="rows">構造要素の行数</param>
            <param name="anchor_x">構造要素の原点のx座標</param>
            <param name="anchor_y">構造要素の原点のy座標</param>
            <param name="shape">構造要素の形状</param>
            <param name="values">構造要素データへのポインタ。このパラメータは形状がCV_SHAPE_CUSTOMのときのみ有効</param>
            <returns>構造要素</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateSubdiv2D(OpenCvSharp.SeqType,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvMemStorage)">
            <summary>
            CvSubdiv2Dを生成する。
            このあと、cvInitSubdivDelaunay2Dで初期化するべし
            </summary>
            <param name="subdiv_type"></param>
            <param name="header_size"></param>
            <param name="vtx_size"></param>
            <param name="quadedge_size"></param>
            <param name="storage"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateSubdivDelaunay2D(OpenCvSharp.CvRect,OpenCvSharp.CvMemStorage)">
            <summary>
            空のドロネー三角形を作成する
            </summary>
            <param name="rect">細分割のために追加される全ての2次元点を包含する矩形.</param>
            <param name="storage">細分割のための領域.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateTrackbar(System.String,System.String,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvTrackbarCallback)">
            <summary>
            指定された名前と範囲のトラックバー(スライダ,レンジコントロールとも呼ばれる)を作成する.
            作成されたトラックバーは,与えられたウィンドウの最上段に表示される.
            </summary>
            <param name="trackbar_name">トラックバーの名前</param>
            <param name="window_name">トラックバーの親ウィンドウの名前</param>
            <param name="value">スライダの初期位置</param>
            <param name="count">スライダの最大値.最小値は常に 0.</param>
            <param name="on_change">スライダの位置が変更されるたびに呼び出されるデリゲート</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateTrackbar2(System.String,System.String,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvTrackbarCallback2,System.Object)">
            <summary>
            指定された名前と範囲のトラックバー(スライダ,レンジコントロールとも呼ばれる)を作成する.
            作成されたトラックバーは,与えられたウィンドウの最上段に表示される.
            </summary>
            <param name="trackbar_name">トラックバーの名前</param>
            <param name="window_name">トラックバーの親ウィンドウの名前</param>
            <param name="value">スライダの初期位置</param>
            <param name="count">スライダの最大値.最小値は常に 0.</param>
            <param name="on_change">スライダの位置が変更されるたびに呼び出されるデリゲート</param>
            <param name="userdata"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateVideoWriter(System.String,System.String,System.Double,OpenCvSharp.CvSize)">
            <summary>
            ビデオライタを作成し、返す.
            </summary>
            <param name="filename">出力するビデオファイルの名前</param>
            <param name="fourcc">
            フレームを圧縮するためのコーデックを表す 4 文字.例えば,"PIM1" は,MPEG-1 コーデック, "MJPG" は,motion-jpeg コーデックである. 
            Win32 環境下では,null を渡すとダイアログから圧縮方法と圧縮のパラメータを選択できるようになる. 
            </param>
            <param name="fps">作成されたビデオストリームのフレームレート</param>
            <param name="frame_size">ビデオフレームのサイズ</param>
            <returns>CvVideoWriter</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CreateVideoWriter(System.String,System.String,System.Double,OpenCvSharp.CvSize,System.Boolean)">
            <summary>
            ビデオライタを作成し、返す.
            </summary>
            <param name="filename">出力するビデオファイルの名前</param>
            <param name="fourcc">
            フレームを圧縮するためのコーデックを表す 4 文字.例えば,"PIM1" は,MPEG-1 コーデック, "MJPG" は,motion-jpeg コーデックである. 
            Win32 環境下では,null を渡すとダイアログから圧縮方法と圧縮のパラメータを選択できるようになる. 
            </param>
            <param name="fps">作成されたビデオストリームのフレームレート</param>
            <param name="frame_size">ビデオフレームのサイズ</param>
            <param name="is_color">trueの場合,エンコーダはカラーフレームとしてエンコードする. falseの場合,グレースケールフレームとして動作する(現在のところ,このフラグは Windows でのみ利用できる).</param>
            <returns>CvVideoWriter</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CrossProduct(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            二つの3次元ベクトルの外積を計算する.
            dst = src1 × src2,  (dst1 = src12src23 - src13src22 , dst2 = src13src21 - src11src23 , dst3 = src11src22 - src12src21).
            </summary>
            <param name="src1">1番目の入力ベクトル</param>
            <param name="src2">2番目の入力ベクトル</param>
            <param name="dst">出力ベクトル</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CvtColor(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.ColorConversion)">
            <summary>
            入力画像の色空間を変換する
            </summary>
            <param name="src">入力画像. 8ビット(8u), 16ビット(16u), あるいは単精度浮動小数点型(32f).</param>
            <param name="dst">出力画像. 入力画像と同じデータタイプ. チャンネル数は違うこともある.</param>
            <param name="code">色空間の変換の方法</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CvtSeqToArray``1(OpenCvSharp.CvSeq,``0[]@)">
            <summary>
            シーケンスをメモリ内の連続した一つのブロックにコピーする
            </summary>
            <typeparam name="T"></typeparam>
            <param name="seq">シーケンス</param>
            <param name="elements">十分に大きな領域を持つ出力配列</param>
            <returns>出力される配列. outされる引数 element と同じ値.</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CvtSeqToArray``1(OpenCvSharp.CvSeq,``0[]@,OpenCvSharp.CvSlice)">
            <summary>
            シーケンスをメモリ内の連続した一つのブロックにコピーする
            </summary>
            <typeparam name="T"></typeparam>
            <param name="seq">シーケンス</param>
            <param name="elements">十分に大きな領域を持つ出力配列</param>
            <param name="slice">配列へコピーするシーケンス内の部分</param>
            <returns>出力される配列. outされる引数 element と同じ値.</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ToPtr(OpenCvSharp.ICvPtrHolder)">
            <summary>
            引数がnullの時はIntPtr.Zeroに変換する
            </summary>
            <param name="obj"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="F:OpenCvSharp.Cv.WHOLE_SEQ">
            <summary>
            CV_WHOLE_SEQ
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ARE_TYPES_EQ(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            指定した2つの行列のデータタイプが等しければtrueを返す
            </summary>
            <param name="mat1">1つ目の入力行列</param>
            <param name="mat2">2つ目の入力行列</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ARE_TYPES_EQ(OpenCvSharp.CvMatND,OpenCvSharp.CvMatND)">
            <summary>
            指定した2つの行列のデータタイプが等しければtrueを返す
            </summary>
            <param name="mat1">1つ目の入力行列</param>
            <param name="mat2">2つ目の入力行列</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ARE_TYPES_EQ(OpenCvSharp.CvSparseMat,OpenCvSharp.CvSparseMat)">
            <summary>
            指定した2つの行列のデータタイプが等しければtrueを返す
            </summary>
            <param name="mat1">1つ目の入力行列</param>
            <param name="mat2">2つ目の入力行列</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ARE_CNS_EQ(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            指定した2つの行列のチャンネル数が同じならばtrueを返す
            </summary>
            <param name="mat1">1つ目の入力行列</param>
            <param name="mat2">2つ目の入力行列</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ARE_DEPTHS_EQ(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="mat1">1つ目の入力行列</param>
            <param name="mat2">2つ目の入力行列</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ARE_SIZES_EQ(OpenCvSharp.CvMat,OpenCvSharp.CvMat)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="mat1">1つ目の入力行列</param>
            <param name="mat2">2つ目の入力行列</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ELEM_SIZE1(System.Int32)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="type"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ELEM_SIZE(System.Int32)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="type"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FOURCC(System.Byte,System.Byte,System.Byte,System.Byte)">
            <summary>
            4つの文字からFOURCCの整数値を得る
            </summary>
            <param name="c1"></param>
            <param name="c2"></param>
            <param name="c3"></param>
            <param name="c4"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FOURCC(System.Char,System.Char,System.Char,System.Char)">
            <summary>
            4つの文字からFOURCCの整数値を得る
            </summary>
            <param name="c1"></param>
            <param name="c2"></param>
            <param name="c3"></param>
            <param name="c4"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.FOURCC(System.String)">
            <summary>
            4つの文字からFOURCCの整数値を得る
            </summary>
            <param name="fourcc"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.IS_IMAGE_HDR(System.IntPtr)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="img"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.IS_IMAGE(System.IntPtr)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="img"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.IS_GRAPH_EDGE_VISITED(OpenCvSharp.CvGraphEdge)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="edge"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.IS_GRAPH_EDGE_VISITED(OpenCvSharp.ICvPtrHolder)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="edge"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.IS_GRAPH_EDGE_VISITED(System.IntPtr)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="edge"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.IS_GRAPH_VERTEX_VISITED(OpenCvSharp.CvGraphVtx)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="vtx"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.IS_GRAPH_VERTEX_VISITED(OpenCvSharp.ICvPtrHolder)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="vtx"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.IS_GRAPH_VERTEX_VISITED(System.IntPtr)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="vtx"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.IS_MAT_HDR(System.IntPtr)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="mat"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.IS_MAT(System.IntPtr)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="mat"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.IS_MAT(OpenCvSharp.ICvPtrHolder)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="mat"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.IS_SET_ELEM(OpenCvSharp.CvSetElem)">
            <summary>
            指定したノードが使用されているかどうかを判断する
            </summary>
            <param name="elem">ノードポインタ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.IS_SET_ELEM(OpenCvSharp.ICvPtrHolder)">
            <summary>
            指定したノードが使用されているかどうかを判断する
            </summary>
            <param name="ptr">ノードポインタ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.IS_SET_ELEM(System.IntPtr)">
            <summary>
            指定したノードが使用されているかどうかを判断する
            </summary>
            <param name="ptr">ノードポインタ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.MAKETYPE(System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="depth"></param>
            <param name="cn"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.MAT_CN(System.Int32)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="flags"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.MAT_DEPTH(System.Int32)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="flags"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.MAT_ELEM_PTR_FAST(OpenCvSharp.CvMat,System.Int32,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="mat"></param>
            <param name="row"></param>
            <param name="col"></param>
            <param name="pix_size"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.MAT_ELEM_PTR(OpenCvSharp.CvMat,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="mat"></param>
            <param name="row"></param>
            <param name="col"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.CV_MAT_ELEM``1(OpenCvSharp.CvMat,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            
            </summary>
            <typeparam name="T"></typeparam>
            <param name="mat"></param>
            <param name="row"></param>
            <param name="col"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.MAT_TYPE(System.Int32)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="flags"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.NEXT_LINE_POINT(OpenCvSharp.CvLineIterator)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="line_iterator"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.NEXT_SEQ_ELEM(System.Int32,OpenCvSharp.CvSeqReader)">
            <summary>
            次のシーケンスへ
            </summary>
            <param name="elem_size"></param>
            <param name="reader"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.NODE_IDX(OpenCvSharp.CvSparseMat,OpenCvSharp.CvSparseNode)">
            <summary>
            CV_NODE_IDX
            </summary>
            <param name="mat"></param>
            <param name="node"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.NODE_VAL``1(OpenCvSharp.CvSparseMat,OpenCvSharp.CvSparseNode)">
            <summary>
            CV_NODE_VAL
            </summary>
            <typeparam name="T"></typeparam>
            <param name="mat"></param>
            <param name="node"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.NODE_VAL(OpenCvSharp.CvSparseMat,OpenCvSharp.CvSparseNode)">
            <summary>
            CV_NODE_VAL
            </summary>
            <param name="mat"></param>
            <param name="node"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.NODE_TYPE(OpenCvSharp.NodeType)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="flags"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.NODE_IS_INT(OpenCvSharp.NodeType)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="flags"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.NODE_IS_REAL(OpenCvSharp.NodeType)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="flags"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.NODE_IS_STRING(OpenCvSharp.NodeType)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="flags"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.NODE_IS_SEQ(OpenCvSharp.NodeType)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="flags"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.NODE_IS_MAP(OpenCvSharp.NodeType)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="flags"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.NODE_IS_COLLECTION(OpenCvSharp.NodeType)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="flags"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.NODE_IS_FLOW(OpenCvSharp.NodeType)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="flags"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.NODE_IS_EMPTY(OpenCvSharp.NodeType)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="flags"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.NODE_IS_USER(OpenCvSharp.NodeType)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="flags"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.NODE_HAS_NAME(OpenCvSharp.NodeType)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="flags"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.PREV_SEQ_ELEM(System.Int32,OpenCvSharp.CvSeqReader)">
            <summary>
            前のシーケンスへ
            </summary>
            <param name="elem_size"></param>
            <param name="reader"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.READ_SEQ_ELEM``1(``0@,OpenCvSharp.CvSeqReader)">
            <summary>
            シーケンスの要素を一つ読みだして、読み出しポインタを次へ1つ移動させる
            </summary>
            <param name="elem"></param>
            <param name="reader"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.REV_READ_SEQ_ELEM``1(``0@,OpenCvSharp.CvSeqReader)">
            <summary>
            シーケンスの要素を一つ読みだして、読み出しポインタを次へ1つ移動させる
            </summary>
            <param name="elem"></param>
            <param name="reader"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.RGB(System.Int32,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            カラー値を作成する
            </summary>
            <param name="r"></param>
            <param name="g"></param>
            <param name="b"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SUBDIV2D_NEXT_EDGE(OpenCvSharp.CvSubdiv2DEdge)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="edge"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SWAP(System.Object@,System.Object@,System.Object@)">
            <summary>
            2つの引数の値を入れ替える (OpenCV準拠版)
            </summary>
            <param name="a"></param>
            <param name="b"></param>
            <param name="t"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SWAP``1(``0@,``0@)">
            <summary>
            2つの引数の値を入れ替える (ジェネリック版)
            </summary>
            <param name="a"></param>
            <param name="b"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.WRITE_SEQ_ELEM_VAR(System.IntPtr,OpenCvSharp.CvSeqWriter)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="elem_ptr"></param>
            <param name="writer"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.WRITE_SEQ_ELEM``1(``0,OpenCvSharp.CvSeqWriter)">
            <summary>
            
            </summary>
            <typeparam name="T"></typeparam>
            <param name="elem"></param>
            <param name="writer"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.WRITE_SEQ_ELEM``1(``0,OpenCvSharp.CvSeqWriter{``0})">
            <summary>
            
            </summary>
            <typeparam name="T"></typeparam>
            <param name="elem"></param>
            <param name="writer"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SampleLine(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvPoint,OpenCvSharp.CvPoint[]@,System.Int32)">
            <summary>
            ラスタ表現の線分を構成する点をサンプリングする
            </summary>
            <param name="image">線分をサンプリングするための入力画像</param>
            <param name="pt1">線分の始点</param>
            <param name="pt2">線分の終点</param>
            <param name="buffer">線分上の点を保存するためのバッファ</param>
            <param name="connectivity">線分の接続性.4 または 8.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Save(System.String,System.IntPtr)">
            <summary>
            オブジェクトをファイルに保存する
            </summary>
            <param name="filename">ファイル名.</param>
            <param name="struct_ptr">保存するオブジェクト.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Save(System.String,System.IntPtr,System.String)">
            <summary>
            オブジェクトをファイルに保存する
            </summary>
            <param name="filename">ファイル名.</param>
            <param name="struct_ptr">保存するオブジェクト.</param>
            <param name="name">オブジェクト名(オプション).nullの場合,名前はfilenameから生成される.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Save(System.String,System.IntPtr,System.String,System.String)">
            <summary>
            オブジェクトをファイルに保存する
            </summary>
            <param name="filename">ファイル名.</param>
            <param name="struct_ptr">保存するオブジェクト.</param>
            <param name="name">オブジェクト名(オプション).nullの場合,名前はfilenameから生成される.</param>
            <param name="comment">ファイルの最初に置かれるコメント(オプション).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Save(System.String,System.IntPtr,System.String,System.String,OpenCvSharp.CvAttrList)">
            <summary>
            オブジェクトをファイルに保存する
            </summary>
            <param name="filename">ファイル名.</param>
            <param name="struct_ptr">保存するオブジェクト.</param>
            <param name="name">オブジェクト名(オプション).nullの場合,名前はfilenameから生成される.</param>
            <param name="comment">ファイルの最初に置かれるコメント(オプション).</param>
            <param name="attributes">cvWriteに渡される属性(オプション).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Save(OpenCvSharp.ICvPtrHolder,System.String)">
            <summary>
            オブジェクトをファイルに保存する
            </summary>
            <param name="struct_ptr">保存するオブジェクト.</param>
            <param name="filename">ファイル名.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Save(OpenCvSharp.ICvPtrHolder,System.String,System.String)">
            <summary>
            オブジェクトをファイルに保存する
            </summary>
            <param name="struct_ptr">保存するオブジェクト.</param>
            <param name="filename">ファイル名.</param>
            <param name="name">オブジェクト名(オプション).nullの場合,名前はfilenameから生成される.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Save(OpenCvSharp.ICvPtrHolder,System.String,System.String,System.String)">
            <summary>
            オブジェクトをファイルに保存する
            </summary>
            <param name="struct_ptr">保存するオブジェクト.</param>
            <param name="filename">ファイル名.</param>
            <param name="name">オブジェクト名(オプション).nullの場合,名前はfilenameから生成される.</param>
            <param name="comment">ファイルの最初に置かれるコメント(オプション).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Save(OpenCvSharp.ICvPtrHolder,System.String,System.String,System.String,OpenCvSharp.CvAttrList)">
            <summary>
            オブジェクトをファイルに保存する
            </summary>
            <param name="struct_ptr">保存するオブジェクト.</param>
            <param name="filename">ファイル名.</param>
            <param name="name">オブジェクト名(オプション).nullの場合,名前はfilenameから生成される.</param>
            <param name="comment">ファイルの最初に置かれるコメント(オプション).</param>
            <param name="attributes">cvWriteに渡される属性(オプション).</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SaveImage(System.String,OpenCvSharp.CvArr,System.Int32[])">
            <summary>
            画像を指定したファイルに保存する.画像フォーマットは,filename の拡張子により決定される.
            この関数で保存できるのは,8 ビット 1チャンネル,あるいは 8 ビット3 チャンネル('BGR' の順)画像だけである.
            </summary>
            <param name="filename">ファイル名</param>
            <param name="image">画像ポインタ</param>
            <param name="prms"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SaveImage(System.String,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.ImageEncodingParam[])">
            <summary>
            画像を指定したファイルに保存する.画像フォーマットは,filename の拡張子により決定される.
            この関数で保存できるのは,8 ビット 1チャンネル,あるいは 8 ビット3 チャンネル('BGR' の順)画像だけである.
            </summary>
            <param name="filename">ファイル名</param>
            <param name="image">画像ポインタ</param>
            <param name="prms"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SaveMemStoragePos(OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.CvMemStoragePos@)">
            <summary>
            メモリストレージの位置を保存する
            </summary>
            <param name="storage">メモリストレージ.</param>
            <param name="pos">出力するストレージ先頭の位置.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SaveWindowParameters(System.String)">
            <summary>
            ウィンドウのパラメータを保存します.
            </summary>
            <param name="name">ウィンドウの名前</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ScalarAll(System.Double)">
            <summary>
            指定した値を配列のすべての要素として初期化し、返す
            </summary>
            <param name="val0123"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ScaleAdd(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            スケーリングされた配列ともう一つの配列の和を計算する.
            dst(I)=src1(I)*scale + src2(I)
            </summary>
            <param name="src1">1番目の入力配列</param>
            <param name="scale">1番目の配列のためのスケールファクタ</param>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.MulAddS(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            スケーリングされた配列ともう一つの配列の和を計算する (cvScaleAddのエイリアス).
            dst(I)=src1(I)*scale + src2(I)
            </summary>
            <param name="src1">1番目の入力配列</param>
            <param name="scale">1番目の配列のためのスケールファクタ</param>
            <param name="src2">2番目の入力配列</param>
            <param name="dst">出力配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.AXPY(OpenCvSharp.CvArr,System.Double,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            cvScaleAdd(A, cvRealScalar(real_scalar), B, C)
            </summary>
            <param name="A"></param>
            <param name="real_scalar"></param>
            <param name="B"></param>
            <param name="C"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SegmentFGMask(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="fgmask"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SegmentFGMask(OpenCvSharp.CvArr,System.Boolean)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="fgmask"></param>
            <param name="poly1Hull0"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SegmentFGMask(OpenCvSharp.CvArr,System.Boolean,System.Single)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="fgmask"></param>
            <param name="poly1Hull0"></param>
            <param name="perimScale"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SegmentFGMask(OpenCvSharp.CvArr,System.Boolean,System.Single,OpenCvSharp.CvMemStorage)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="fgmask"></param>
            <param name="poly1Hull0"></param>
            <param name="perimScale"></param>
            <param name="storage"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SegmentFGMask(OpenCvSharp.CvArr,System.Boolean,System.Single,OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.CvPoint)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="fgmask"></param>
            <param name="poly1Hull0"></param>
            <param name="perimScale"></param>
            <param name="storage"></param>
            <param name="offset"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SegmentMotion(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvMemStorage,System.Double,System.Double)">
            <summary>
            全体のモーションを動作部分毎に分割する
            </summary>
            <param name="mhi">モーション履歴画像</param>
            <param name="seg_mask">検出されたマスクが格納される画像,シングルチャンネル,32ビット浮動小数点型.</param>
            <param name="storage">成分に関連づけられたモーション列が格納されるメモリ領域. </param>
            <param name="timestamp">ミリ秒単位,あるいはその他の単位で表される現在時刻. </param>
            <param name="seg_thresh">セグメンテーション閾値.モーション履歴の間隔と同じか,それより大きい値にすることが推奨される. </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqElemIdx``1(OpenCvSharp.CvSeq,``0)">
            <summary>
            指定されたシーケンスの要素のインデックスを返す
            </summary>
            <typeparam name="T">要素の型</typeparam>
            <param name="seq">シーケンス.</param>
            <param name="element">シーケンス要素</param>
            <returns>指定されたシーケンス要素のインデックス</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqElemIdx``1(OpenCvSharp.CvSeq,``0,OpenCvSharp.CvSeqBlock@)">
            <summary>
            指定されたシーケンスの要素のインデックスを返す
            </summary>
            <typeparam name="T">要素の型</typeparam>
            <param name="seq">シーケンス.</param>
            <param name="element">シーケンス要素</param>
            <param name="block">要素を含むシーケンスブロックのアドレスがこの場所に保存される.</param>
            <returns>指定されたシーケンス要素のインデックス</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqInsert``1(OpenCvSharp.CvSeq,System.Int32,``0)">
            <summary>
            シーケンスの中に要素を挿入する
            </summary>
            <typeparam name="T">追加する要素の型.プリミティブ型か、OpenCVの構造体(CvPointなど).</typeparam>
            <param name="seq">シーケンス</param>
            <param name="before_index">要素が挿入されるインデックス(このインデックスの前に挿入される)</param>
            <param name="element">追加される要素. プリミティブ型か、OpenCVの構造体(CvPointなど).</param>
            <returns>追加された要素</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqInsertSlice(OpenCvSharp.CvSeq,System.Int32,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            シーケンス内に配列を挿入する
            </summary>
            <param name="seq">シーケンス.</param>
            <param name="before_index">配列が挿入される場所へのインデックス(インデックスの前に挿入される).</param>
            <param name="from_arr">追加される要素の配列.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqInvert(OpenCvSharp.CvSeq)">
            <summary>
            シーケンス要素の順序を反転させる
            </summary>
            <param name="seq">シーケンス.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqRemove(OpenCvSharp.CvSeq,System.Int32)">
            <summary>
            与えられたインデックスをもつ要素を削除する.
            </summary>
            <param name="seq">シーケンス</param>
            <param name="index">削除される要素のインデックス</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqRemoveSlice(OpenCvSharp.CvSeq,OpenCvSharp.CvSlice)">
            <summary>
            シーケンススライスを削除する
            </summary>
            <param name="seq">シーケンス</param>
            <param name="slice">削除するシーケンスの一部分. </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqPartition(OpenCvSharp.CvSeq,OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.CvSeq@,OpenCvSharp.CvCmpFunc)">
            <summary>
            データシーケンスを同値類(同じクラスに属すると定義されたデータ群)に分割する
            </summary>
            <param name="seq">分割対象のシーケンス.</param>
            <param name="storage">同値類として分割されたシーケンスの保存領域.nullの場合は,seq->storage を使用する.</param>
            <param name="labels">出力パラメータ.入力シーケンスの各要素に割り振られた(分割結果を表す)0から始まるラベルシーケンスへのポインタのポインタ.</param>
            <param name="is_equal">2つのシーケンス要素が同じクラスである場合,関係関数は 0以外を返す. そうでなければ0を返す.分割アルゴリズムは,同値基準として関係関数の推移閉包を用いる.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqPartition``1(OpenCvSharp.CvSeq{``0},OpenCvSharp.CvMemStorage,OpenCvSharp.CvSeq@,OpenCvSharp.CvCmpFunc{``0})">
            <summary>
            データシーケンスを同値類(同じクラスに属すると定義されたデータ群)に分割する
            </summary>
            <param name="seq">分割対象のシーケンス.</param>
            <param name="storage">同値類として分割されたシーケンスの保存領域.nullの場合は,seq->storage を使用する.</param>
            <param name="labels">出力パラメータ.入力シーケンスの各要素に割り振られた(分割結果を表す)0から始まるラベルシーケンスへのポインタのポインタ.</param>
            <param name="is_equal">2つのシーケンス要素が同じクラスである場合,関係関数は 0以外を返す. そうでなければ0を返す.分割アルゴリズムは,同値基準として関係関数の推移閉包を用いる.</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqPop(OpenCvSharp.CvSeq)">
            <summary>
            シーケンスの末尾から一つの要素を削除する.
            シーケンスが既に空の場合は,エラーを返す.この関数の計算量は O(1) である.
            </summary>
            <param name="seq">シーケンス</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqPop``1(OpenCvSharp.CvSeq,``0@)">
            <summary>
            シーケンスの末尾から一つの要素を削除する.
            シーケンスが既に空の場合は,エラーを返す.この関数の計算量は O(1) である.
            </summary>
            <typeparam name="T">要素の型</typeparam>
            <param name="seq">シーケンス</param>
            <param name="element">削除した要素をコピーする出力先</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqPopFront(OpenCvSharp.CvSeq)">
            <summary>
            シーケンスの先頭から一つの要素を削除する.
            シーケンスが既に空の場合は,エラーを返す.この関数の計算量は O(1) である.
            </summary>
            <param name="seq">シーケンス</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqPopFront``1(OpenCvSharp.CvSeq,``0@)">
            <summary>
            シーケンスの先頭から一つの要素を削除する.
            シーケンスが既に空の場合は,エラーを返す.この関数の計算量は O(1) である.
            </summary>
            <typeparam name="T">出力先オブジェクトの型</typeparam>
            <param name="seq">シーケンス</param>
            <param name="element">削除した要素をコピーする出力先</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqPopMulti``1(OpenCvSharp.CvSeq,``0[]@,System.Int32,OpenCvSharp.InsertPosition)">
            <summary>
            複数の要素をシーケンスのどちらかの端(先頭か末尾)から削除する
            </summary>
            <typeparam name="T">削除する要素の型</typeparam>
            <param name="seq">シーケンス.</param>
            <param name="elements">削除される要素.</param>
            <param name="count">削除される要素数. </param>
            <param name="in_front">変更するシーケンスの端を指定するフラグ.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqPush(OpenCvSharp.CvSeq)">
            <summary>
            シーケンスの末尾に要素一つ分の領域を確保する.
            </summary>
            <param name="seq">シーケンス</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqPush``1(OpenCvSharp.CvSeq,``0)">
            <summary>
            シーケンスの末尾に要素を追加し,割り付けられた要素を返す.
            入力の element が null の場合,この関数は単に要素一つ分の領域を確保する.
            </summary>
            <param name="seq">シーケンス</param>
            <param name="element">追加される要素. プリミティブ型か、OpenCVの構造体(CvPointなど).</param>
            <returns>追加された要素</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqPushFront(OpenCvSharp.CvSeq)">
            <summary>
            シーケンスの先頭に要素一つ分の領域を確保する.
            </summary>
            <param name="seq">シーケンス</param>
            <returns>追加された要素へのポインタ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqPushFront``1(OpenCvSharp.CvSeq,``0)">
            <summary>
            シーケンスの先頭に要素を追加し,割り付けられた要素へのポインタを返す.
            入力の element が null の場合,この関数は単に要素一つ分の領域を確保する.
            </summary>
            <typeparam name="T">追加する要素の型. プリミティブ型か、OpenCVの構造体(CvPointなど).</typeparam>
            <param name="seq">シーケンス</param>
            <param name="element">追加される要素. プリミティブ型か、OpenCVの構造体(CvPointなど).</param>
            <returns>追加された要素</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqPushMulti``1(OpenCvSharp.CvSeq,``0[],OpenCvSharp.InsertPosition)">
            <summary>
            複数の要素をシーケンスのどちらかの端(先頭か末尾)に追加する
            </summary>
            <typeparam name="T">追加する要素の型</typeparam>
            <param name="seq">シーケンス.</param>
            <param name="elements">追加される要素群.</param>
            <param name="in_front">変更するシーケンスの端を指定するフラグ.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqSearch(OpenCvSharp.CvSeq,System.IntPtr,OpenCvSharp.CvCmpFunc,System.Boolean,System.Int32@)">
            <summary>
            シーケンスの中から要素を検索する
            </summary>
            <param name="seq">ソートされるシーケンス</param>
            <param name="elem">検索する要素</param>
            <param name="func">要素の関係に応じて,負・0・正の値を返す比較関数</param>
            <param name="is_sorted">シーケンスがソート済みか否かを示すフラグ</param>
            <param name="elem_idx">出力パラメータ.見つかった要素のインデックス.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqSearch``1(OpenCvSharp.CvSeq,``0,OpenCvSharp.CvCmpFunc{``0},System.Boolean,System.Int32@)">
            <summary>
            シーケンスの中から要素を検索する
            </summary>
            <param name="seq">ソートされるシーケンス</param>
            <param name="elem">検索する要素</param>
            <param name="func">要素の関係に応じて,負・0・正の値を返す比較関数</param>
            <param name="is_sorted">シーケンスがソート済みか否かを示すフラグ</param>
            <param name="elem_idx">出力パラメータ.見つかった要素のインデックス.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqSlice(OpenCvSharp.CvSeq,OpenCvSharp.CvSlice)">
            <summary>
            シーケンススライスのための別のヘッダを作成する
            </summary>
            <param name="seq">シーケンス</param>
            <param name="slice">抽出するシーケンスの一部分</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqSlice(OpenCvSharp.CvSeq,OpenCvSharp.CvSlice,OpenCvSharp.CvMemStorage)">
            <summary>
            シーケンススライスのための別のヘッダを作成する
            </summary>
            <param name="seq">シーケンス</param>
            <param name="slice">抽出するシーケンスの一部分</param>
            <param name="storage">新しいシーケンスヘッダとコピーされたデータ(もしデータがあれば)を保存する出力ストレージ. nullの場合,この関数は入力シーケンスに含まれるストレージを使用する</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqSlice(OpenCvSharp.CvSeq,OpenCvSharp.CvSlice,OpenCvSharp.CvMemStorage,System.Boolean)">
            <summary>
            シーケンススライスのための別のヘッダを作成する
            </summary>
            <param name="seq">シーケンス</param>
            <param name="slice">抽出するシーケンスの一部分</param>
            <param name="storage">新しいシーケンスヘッダとコピーされたデータ(もしデータがあれば)を保存する出力ストレージ. nullの場合,この関数は入力シーケンスに含まれるストレージを使用する</param>
            <param name="copy_data">抽出されたスライスの要素をコピーするかしないかを示すフラグ</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqSlice``1(OpenCvSharp.CvSeq{``0},OpenCvSharp.CvSlice)">
            <summary>
            シーケンススライスのための別のヘッダを作成する
            </summary>
            <param name="seq">シーケンス</param>
            <param name="slice">抽出するシーケンスの一部分</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqSlice``1(OpenCvSharp.CvSeq{``0},OpenCvSharp.CvSlice,OpenCvSharp.CvMemStorage)">
            <summary>
            シーケンススライスのための別のヘッダを作成する
            </summary>
            <param name="seq">シーケンス</param>
            <param name="slice">抽出するシーケンスの一部分</param>
            <param name="storage">新しいシーケンスヘッダとコピーされたデータ(もしデータがあれば)を保存する出力ストレージ. nullの場合,この関数は入力シーケンスに含まれるストレージを使用する</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqSlice``1(OpenCvSharp.CvSeq{``0},OpenCvSharp.CvSlice,OpenCvSharp.CvMemStorage,System.Boolean)">
            <summary>
            シーケンススライスのための別のヘッダを作成する
            </summary>
            <param name="seq">シーケンス</param>
            <param name="slice">抽出するシーケンスの一部分</param>
            <param name="storage">新しいシーケンスヘッダとコピーされたデータ(もしデータがあれば)を保存する出力ストレージ. nullの場合,この関数は入力シーケンスに含まれるストレージを使用する</param>
            <param name="copy_data">抽出されたスライスの要素をコピーするかしないかを示すフラグ</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqSort(OpenCvSharp.CvSeq,OpenCvSharp.CvCmpFunc)">
            <summary>
            シーケンスの要素を,指定した比較関数を用いてソートする
            </summary>
            <param name="seq">ソートされるシーケンス</param>
            <param name="func">要素の関係に応じて,負・0・正の値を返す比較関数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SeqSort``1(OpenCvSharp.CvSeq,OpenCvSharp.CvCmpFunc{``0})">
            <summary>
            シーケンスの要素を,指定した比較関数を用いてソートする
            </summary>
            <typeparam name="T">要素の型</typeparam>
            <param name="seq">ソートされるシーケンス</param>
            <param name="func">要素の関係に応じて,負・0・正の値を返す比較関数</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Set(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            スカラー値 value を,配列の選択された各要素にコピーする.
            </summary>
            <param name="arr">値をセットする配列. IplImage 型の場合, ROI は利用されるが,COI がセットされていてはならない.</param>
            <param name="value">配列を埋める値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Set(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvScalar,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            スカラー値 value を,配列の選択された各要素にコピーする.
            mask(I) != null の場合,arr(I)=value. 
            </summary>
            <param name="arr">値をセットする配列. IplImage 型の場合, ROI は利用されるが,COI がセットされていてはならない.</param>
            <param name="value">配列を埋める値</param>
            <param name="mask">8 ビットシングルチャンネル配列の処理マスク.配列の変更する要素を指定する.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Set1D(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            新しい値を指定した配列要素に割り当てる. 
            疎な配列の場合,ノードが存在しなければ,この関数はノードを生成する.
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="value">割り当てる値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Set2D(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            新しい値を指定した配列要素に割り当てる. 
            疎な配列の場合,ノードが存在しなければ,この関数はノードを生成する.
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="idx1">要素インデックスの,0を基準とした第2成分.</param>
            <param name="value">割り当てる値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Set3D(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,System.Int32,System.Int32,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            新しい値を指定した配列要素に割り当てる. 
            疎な配列の場合,ノードが存在しなければ,この関数はノードを生成する.
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="idx1">要素インデックスの,0を基準とした第2成分.</param>
            <param name="idx2">要素インデックスの,0を基準とした第3成分.</param>
            <param name="value">割り当てる値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetND(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvScalar,System.Int32[])">
            <summary>
            新しい値を指定した配列要素に割り当てる. 
            疎な配列の場合,ノードが存在しなければ,この関数はノードを生成する.
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="value">割り当てる値</param>
            <param name="idx">要素インデックスの配列(可変長引数)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetAdd(OpenCvSharp.CvSet)">
            <summary>
            セットに新しいノード(要素)を追加する
            </summary>
            <param name="set_header">セット</param>
            <returns>ノードへのインデックス</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetAdd(OpenCvSharp.CvSet,OpenCvSharp.CvSetElem)">
            <summary>
            セットに新しいノード(要素)を追加する
            </summary>
            <param name="set_header">セット</param>
            <param name="elem">挿入する要素. nullでない場合,新たに確保したノードにデータをコピーする (コピーした後,先頭の整数フィールドの最上位ビットはクリアされる). </param>
            <returns>ノードへのインデックス</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetAdd(OpenCvSharp.CvSet,OpenCvSharp.CvSetElem,OpenCvSharp.CvSetElem@)">
            <summary>
            セットに新しいノード(要素)を追加する
            </summary>
            <param name="set_header">セット</param>
            <param name="elem">挿入する要素. nullでない場合,新たに確保したノードにデータをコピーする (コピーした後,先頭の整数フィールドの最上位ビットはクリアされる). </param>
            <param name="inserted_elem">割り当てられた要素への参照</param>
            <returns>ノードへのインデックス</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetHistBinRanges(OpenCvSharp.CvHistogram,System.Single[][])">
            <summary>
            ヒストグラムのビンのレンジをセットする
            </summary>
            <param name="hist">ヒストグラム</param>
            <param name="ranges">ビンのレンジの配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetHistBinRanges(OpenCvSharp.CvHistogram,System.Single[][],System.Boolean)">
            <summary>
            ヒストグラムのビンのレンジをセットする
            </summary>
            <param name="hist">ヒストグラム</param>
            <param name="ranges">ビンのレンジの配列</param>
            <param name="uniform">一様性フラグ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetCaptureProperty(OpenCvSharp.CvCapture,OpenCvSharp.CaptureProperty,System.Double)">
            <summary>
            ビデオキャプチャのプロパティをセットする
            </summary>
            <param name="capture">ビデオキャプチャクラス</param>
            <param name="property_id">プロパティID</param>
            <param name="value">プロパティの値</param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetData``1(OpenCvSharp.CvArr,``0[],System.Int32)">
            <summary>
            ユーザデータを配列のヘッダに割り当てる. 
            ヘッダは,関数 cvCreate*Header,関数 cvInit*Header あるいは 関数 cvMat(行列の場合)を用いて,あらかじめ初期化されるべきである.
            </summary>
            <typeparam name="T"></typeparam>
            <param name="arr">配列ヘッダ</param>
            <param name="data">ユーザデータ</param>
            <param name="step">バイト単位で表された行の長さ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetData(OpenCvSharp.CvArr,System.IntPtr,System.Int32)">
            <summary>
            ユーザデータを配列のヘッダに割り当てる. 
            ヘッダは,関数 cvCreate*Header,関数 cvInit*Header あるいは 関数 cvMat(行列の場合)を用いて,あらかじめ初期化されるべきである.
            </summary>
            <param name="arr">配列ヘッダ</param>
            <param name="data">ユーザデータ</param>
            <param name="step">バイト単位で表された行の長さ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetErrMode(OpenCvSharp.ErrMode)">
            <summary>
            エラーモードをセットする. 直前のエラーモードを返す.
            </summary>
            <param name="mode">エラーモード</param>
            <returns>セットする前のエラーモード</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetErrStatus(OpenCvSharp.CvStatus)">
            <summary>
            エラーステータスをセットする
            </summary>
            <param name="status">エラーステータス</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetIdentity(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            スカラー倍された単位行列を用いた初期化を行う
            </summary>
            <param name="mat">初期化される行列(正方である必要はない)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetIdentity(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvScalar)">
            <summary>
            スカラー倍された単位行列を用いた初期化を行う
            </summary>
            <param name="mat">初期化される行列(正方である必要はない)</param>
            <param name="value">対角成分の値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetImageCOI(OpenCvSharp.IplImage,System.Int32)">
            <summary>
            与えられた値を channel of interest(COI)としてセットする.
            値 0 は全てのチャンネルが選択されている事を意味し,値 1 は最初のチャンネルが選択されている事を意味する.
            </summary>
            <param name="image">画像ヘッダ</param>
            <param name="coi">COI(Channel of interest)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetImageROI(OpenCvSharp.IplImage,OpenCvSharp.CvRect)">
            <summary>
            与えられた矩形を画像の ROI としてセットする.
            </summary>
            <param name="image">画像ヘッダ</param>
            <param name="rect">ROI を表す矩形</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetImagesForHaarClassifierCascade(OpenCvSharp.CvHaarClassifierCascade,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,System.Double)">
            <summary>
            画像を隠れ分類器カスケードに割り当てる.
            </summary>
            <param name="cascade">cvCreateHidHaarClassifierCascade によって作成された隠れHaar分類器カスケード</param>
            <param name="sum">32 ビット整数シングルチャンネルのインテグラルイメージ</param>
            <param name="sqsum">64ビット浮動小数点型のシングルチャンネル画像の各ピクセルを二乗した値に対するインテグラルイメージ</param>
            <param name="tilted_sum">32 ビット整数型のシングルチャンネル画像を 45°傾けたものに対するインテグラルイメージ</param>
            <param name="scale">カスケードのウィンドウスケール</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetMouseCallback(System.String,OpenCvSharp.CvMouseCallback)">
            <summary>
            指定されたウィンドウ内で発生するマウスイベントに対するコールバック関数を設定する
            </summary>
            <param name="window_name">ウィンドウの名前</param>
            <param name="on_mouse">指定されたウィンドウ内でマウスイベントが発生するたびに呼ばれるデリゲート</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetNew(OpenCvSharp.CvSet)">
            <summary>
            セットに要素を加える(高速版)
            </summary>
            <param name="set_header">セット</param>
            <returns>ノードへのポインタ</returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetNumThreads">
            <summary>
            並列化されたOpenCV関数によって使用されるスレッド数を0にセットする.
            </summary>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetNumThreads(System.Int32)">
            <summary>
            並列化されたOpenCV関数によって使用されるスレッド数をセットする.
            </summary>
            <param name="threads">スレッド数.
            負の場合,またプログラム開始時は,スレッド数にOpenMPランタイムの関数omp_get_num_procs() の戻り値であるシステムのプロセッサ数がセットされる. </param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetPostprocessFuncWin32(OpenCvSharp.CvWin32WindowCallback)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="on_postprocess"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetPreprocessFuncWin32(OpenCvSharp.CvWin32WindowCallback)">
            <summary>
            
            </summary>
            <param name="on_preprocess"></param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetReal1D(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,System.Double)">
            <summary>
            シングルチャンネルの配列の指定した要素に新しい値を割り当てる.配列がマルチチャンネルのときは,ランタイムエラーが起こる.
            疎な配列の場合に,ノードが存在しなれば,この関数はノードを生成する.
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="value">割り当てる値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetReal2D(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,System.Int32,System.Double)">
            <summary>
            シングルチャンネルの配列の指定した要素に新しい値を割り当てる.配列がマルチチャンネルのときは,ランタイムエラーが起こる.
            疎な配列の場合に,ノードが存在しなれば,この関数はノードを生成する.
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="idx1">要素インデックスの,0を基準とした第2成分.</param>
            <param name="value">割り当てる値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetReal3D(OpenCvSharp.CvArr,System.Int32,System.Int32,System.Int32,System.Double)">
            <summary>
            シングルチャンネルの配列の指定した要素に新しい値を割り当てる.配列がマルチチャンネルのときは,ランタイムエラーが起こる.
            疎な配列の場合に,ノードが存在しなれば,この関数はノードを生成する.
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="idx0">要素インデックスの,0を基準とした第1成分.</param>
            <param name="idx1">要素インデックスの,0を基準とした第2成分.</param>
            <param name="idx2">要素インデックスの,0を基準とした第3成分.</param>
            <param name="value">割り当てる値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetRealND(OpenCvSharp.CvArr,System.Double,System.Int32[])">
            <summary>
            シングルチャンネルの配列の指定した要素に新しい値を割り当てる.配列がマルチチャンネルのときは,ランタイムエラーが起こる.
            疎な配列の場合に,ノードが存在しなれば,この関数はノードを生成する.
            </summary>
            <param name="arr">入力配列</param>
            <param name="value">割り当てる値</param>
            <param name="idx">要素インデックスの配列(可変長引数)</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetRemove(OpenCvSharp.CvSet,System.Int32)">
            <summary>
            セットから要素を削除する
            </summary>
            <param name="set_header">セット.</param>
            <param name="index">削除する要素のインデックス.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetRemoveByPtr(OpenCvSharp.CvSet,System.IntPtr)">
            <summary>
            ポインタで指定したセットの要素を削除する
            </summary>
            <param name="set_header">セット.</param>
            <param name="elem">削除される要素.</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetSeqBlockSize(OpenCvSharp.CvSeq,System.Int32)">
            <summary>
            シーケンスのブロックサイズを設定する
            </summary>
            <param name="seq">シーケンス</param>
            <param name="delta_elems">シーケンス要素のブロックサイズ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetSeqReaderPos(OpenCvSharp.CvSeqReader,System.Int32)">
            <summary>
            読み込み位置を絶対位置で表された位置に移動する
            </summary>
            <param name="reader">リーダの状態</param>
            <param name="index">移動先の位置</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetSeqReaderPos(OpenCvSharp.CvSeqReader,System.Int32,System.Boolean)">
            <summary>
            読み込み位置を絶対位置か相対位置で表された位置に移動する
            </summary>
            <param name="reader">リーダの状態</param>
            <param name="index">移動先の位置.位置決めモード(次のパラメータis_relativeを参照)が使用されている場合, 実際の位置は index を reader->seq->totalで割った剰余になる.</param>
            <param name="is_relative">true,index は現在位置からの相対値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetTrackbarPos(System.String,System.String,System.Int32)">
            <summary>
            指定されたトラックバーの位置を設定する
            </summary>
            <param name="trackbar_name">トラックバーの名前</param>
            <param name="window_name">トラックバーの親ウィンドウの名前</param>
            <param name="pos">新しい位置</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetWindowProperty(System.String,OpenCvSharp.WindowProperty,System.Double)">
            <summary>
            ウィンドウのプロパティを設定する
            </summary>
            <param name="name"></param>
            <param name="prop_id">プロパティの種類</param>
            <param name="prop_value">プロパティに設定する値</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SetZero(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列をクリアする
            </summary>
            <param name="arr">クリアされる配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Zero(OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            配列をクリアする
            </summary>
            <param name="arr">クリアされる配列</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.ShowImage(System.String,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            指定したウィンドウ内に画像を表示する.
            そのウィンドウのフラグに CV_WINDOW_AUTOSIZE が指定されていた場合は,画像はオリジナルサイズで表示される.
            それ以外の場合,ウィンドウサイズに合わせて 表示画像サイズが変更される. 
            </summary>
            <param name="name">ウィンドウの名前</param>
            <param name="image">画像ヘッダ</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Size(System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            矩形のピクセル精度でのサイズ構造体を生成する (cvSize相当)
            </summary>
            <param name="width"></param>
            <param name="height"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.SliceLength(OpenCvSharp.CvSlice,OpenCvSharp.CvSeq)">
            <summary>
            シーケンスのスライス長を計算する
            </summary>
            <param name="slice"></param>
            <param name="seq"></param>
            <returns></returns>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Smooth(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr)">
            <summary>
            画像の平滑化を行う
            </summary>
            <param name="src">入力画像</param>
            <param name="dst">出力画像</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Smooth(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.SmoothType)">
            <summary>
            画像の平滑化を行う
            </summary>
            <param name="src">入力画像</param>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="smoothtype">平滑化の方法</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Smooth(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.SmoothType,System.Int32)">
            <summary>
            画像の平滑化を行う
            </summary>
            <param name="src">入力画像</param>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="smoothtype">平滑化の方法</param>
            <param name="param1">平滑化処理のパラメータ1</param>
        </member>
        <member name="M:OpenCvSharp.Cv.Smooth(OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.CvArr,OpenCvSharp.SmoothType,System.Int32,System.Int32)">
            <summary>
            画像の平滑化を行う
            </summary>
            <param name="src">入力画像</param>
            <param name="dst">出力画像</param>
            <param name="smoothtype">平滑化の方法</param>
            <param name="param1">平滑化処理のパラメータ1</param>